転職エージェントを利用する際には、内定までのスピードや紹介求人数も重要ですが、エージェントとの関係性も気になるところです。
親身になって対応してくれるエージェントと出会えたら、全面的に信頼を寄せることができ、ストレスを抱えずに転職活動ができるでしょう。

ここでは、クライアントを第一に考えてくれると評判のワークポートについて解説します。


>>IT・インターネット・ゲーム業界への転職なら【WORKPORT(ワークポート)】公式サイトはこちら<<

ワークポートの転職相談サービスの申し込み後の流れ



ワークポートの登録はインターネットで簡単に入力できます。
すぐにエージェントから連絡が来て、面談の日時を調整されます。
面談では希望業種や希望条件などを深くヒアリングされ、条件に合った企業を紹介されます。

ワークポートが特に強いといわれているのは、ITやWEB関係です。
IT関係の仕事を続けたい、あるいは新たに始めたいと考えている人はワークポートに相談することをおすすめします。

また、他の部門にも力を入れており、多彩な業種の紹介を期待できるといえるでしょう。
ヒアリングから会社を紹介してもらえるまでの期間も短く、転職を急いでいる人にも適したエージェントです。

専任の転職コンシェルジュによるマンツーマンサポート

転職の際には分からないことや不安も多く、頼れる存在との出会いは転職の成否を握ります。

ワークポートでは、転職コンシェルジュと呼ばれるアドバイザーが一人のクライアントを担当し続け、責任を持って転職の成功へと導きます。
どんなに細かいことでもマンツーマンで解決に奔走してくれるため、孤独を感じがちな転職の道のりが明るくなるでしょう。



ワークポートではクライアントと転職コンシェルジュの関係性を重視しているため、もし転職コンシェルジュとの相性が悪いと感じたら担当者変更を願い出ることも可能です。
ヒアリング内容も引き継がれるので、転職エージェント自体を変えるよりも手間は省けるでしょう。

オリジナルツールの”e コンシェル”で転職活動もスムーズに!

転職活動とは、情報戦でもあります。
特に、インターネットが転職活動の主戦場となった現代では、リアルタイムで求人がめまぐるしく変動しています。
後悔しない転職活動を成し遂げるためにも、自分に合った企業を見逃さないだけのリサーチ力が求められているのです。

ワークポートが独自に開発した“eコンシェル”という転職ツールは、情報線を勝ち抜くための大きな武器となるでしょう。
自身の経歴を一括管理できるほか、特定条件での求職情報を絞り込み、探し出すことが可能です。

情報の更新もリアルタイムで行われているため、転職のライバルを先取る情報を手に入れることも可能でしょう。

ワークポートにはハイクラス専門の転職支援も!

転職エージェントには、「早く転職を決めることばかり考えていて内容が伴っていない」という批判も寄せられがちです。
もちろん、多くのエージェントは案件の内容も考慮して紹介を行っていますが、ハイクラス志向のクライアントからすれば不満を感じるケースもあるでしょう。

そこで、ワークポートではハイクラスの求人だけに絞り込んだ転職支援も実施しています。
単に企業を紹介するだけでなく、面接対策なども行い、少しでも採用率が高まるようにサポートしています。

転職をするからには前の企業よりも良い条件の企業に入社したいところですが、ワークポートならそんな願いも実現に近づきます。



「ワークポート」まとめ

転職エージェントを利用しなくても転職活動を行なうことはできますが、情報量の面で遅れをとってしまうことは否めないでしょう。
個人のリサーチ力には限界があるうえ、WEBで調べるだけでは見つからない求人もたくさん存在するからです。

また、疑問点がすぐに解決するのも転職エージェントを利用する強みです。
ワークポートは登録者の転職がポジティブな成果を結ぶよう、日々サービスを進化させている転職エージェントです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

登録者目線で用意されたコンテンツの数々は、心強い味方となるでしょう。

ライバルが多い転職活動だからこそ、ワークポートという頼れるパートナーと共に歩むことをおすすめします!



>>IT・インターネット・ゲーム業界への転職なら【WORKPORT(ワークポート)】公式サイトはこちら<<