IT業界に限らず、「今の仕事を変えようかな」とか「他の会社に行こうかな」と思うことは珍しいことではありません。

新卒のまま同じ仕事、同じ会社で働くことだけが全てではありません。

ただ、働いてきた会社を辞めて他の会社に転職しようと思った時、誰もが1番気になるのがやはり”年齢”でしょう。

社会に出て長く働いてきた人ほど、30代、40代になって「この年になってからの転職は年齢的に難しいかも…」と諦めかけている人も多いと思います。

また、未経験でエンジニアなどのIT業界の職種への転職を考えている場合もあるでしょう。

実際のところ、経験やスキルには自信があっても、年齢的な問題で転職を躊躇している人は多く、”35歳限界説”という言葉もよく耳にします。

そこで、IT業界でエンジニアとして転職するのに年齢制限や年齢の限界はあるのか?ミドル世代のIT業界での転職は難しいのか?そして、年齢が高いエンジニアが転職で成功するためのポイントなどについて解説していきます。



30代、40代のエンジニアは転職は無理?エンジニア不足の背景

SE 長男SE 長男

エンジニアに限ったことじゃないけど、やっぱり年齢は高くなると転職は無理なんじゃないかな?

若ければ若いほうが企業も採用してくれるんじゃないの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

もちろん年齢が上がれば上がるほどハードルは高くなるものの、慢性的なエンジニア不足によって、30代や40代のエンジニアを積極的に採用する企業が増加しています。

30代や40代のエンジニアにも転職のチャンスは十分ありますし、IT業界だからと言って転職に関して年齢制限があるわけではないのよ。

なぜ”エンジニア35歳限界説”と囁かれているのか?

これまで囁かれてきたITエンジニアの”35歳限界説”や”35歳定年説”というのは、ひたすら納期に間に合わせるように仕事をこなし続ける開発現場では、体力的にも精神的にも若い世代でないと活躍しずらいというイメージや、新しい技術を習得していくスキル面での向上が年齢が上がっていると厳しいのではないかというイメージから来ているものであり、エンジニアが転職できるのは35歳までだという意味ではありません

体力的、精神的な負担の部分から考えると必ずしも間違っているということではありませんし、年齢的に考えると、IT業界に限らず若い世代のほうが記憶力やスキルアップの面では将来性を期待し、若手を中心に採用を行うベンチャー企業もとても多いです。

しかし、IT・WEB業界はどの企業も長期的に人材不足に悩まされていることなどから、35歳を越えた40代などのミドル世代のエンジニアを必要とする企業はたくさんあるということもまた事実です。

つまり、エンジニアの転職には年齢制限はないものの、どういった人材を必要としているかはその企業によって異なるというのが正しいでしょう。

ただし、未経験でIT業界への転職となると、いくら求人票には「未経験者歓迎」と書かれていても、40代での未経験転職は厳しく、未経験であれば30歳前後までがある意味ボーダーラインかもしれません。

また、IT業界が長期的な人材不足に悩まされているということは、企業の中でも1人1人の仕事量の負担が大きくなり、残業時間に悩まされるエンジニアや、ハードな勤務内容に耐えられなくなり、転職を考える人も増加してしまい、悪循環が起きているといっても過言ではありません。

例えば、dodaが調査した転職求人倍率によると、他の業種と比べてもIT業界の求人倍率は飛び抜けて高くなっています。


(転職サイトdoda転職求人倍率レポート(データ)より)

求人倍率というのは、dodaエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出したもので、これを見るとIT業界はかなりの売り手市場となっており、転職希望者にとって有利な業界だと言えるでしょう。

さらに今後もIT業界は慢性的な人材不足に悩み続けると言われており、時代の変化に対応するべく、エンジニアの需要は高まるものだと考えられます。

この不足分を若い世代だけで補うのは大変難しく、ミドル世代のエンジニアの市場価値は他の職種と比較しても決して低くないことがわかります。

40代以上でも、転職でさらに年収アップが見込めるケースも!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職をすると、転職先によっては年収が下がってしまうことがあり、転職を思いとどまる人も少なくないと思います。

特に年齢が上がれば上がるほど、その可能性が高いと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし40代以上であっても、転職によって年収のアップを見込めるケースがあります。

例えば、若手の頃はエンジニアとしてひたすら開発に取り組むのが一般的ですが、40代にもなるとただのエンジニアとして働くだけでなく、マネジメントの仕事も任されることが珍しくなく、マネジメントの経験がある人は、IT業界における市場価値が高いと言われています。

また、IT関連の仕事はプロジェクトとしてチームで取り組むことが多く、プロジェクトには仕様の検討から完成品のテストまで、さまざまな工程があります。

それらに遅れが出ないように納期に間に合わせなければならず、チームをまとめてプロジェクトを推進できる管理能力を持った人物が必要です。

しかし、そのような人物を1から自社で育てようとすると、非常に時間がかかってしまいますし、スピード感が重要なIT業界でそのような余裕を持つのは難しく、高い給与を払ってでもマネジメントに長けているエンジニアを獲得しようとする企業は少なくありません。



転職の女神 長女 転職の女神 長女

つまり年齢だけを重視せず、キャリアやスキル、経験など、若手にはない人材を求めている企業から、ミドル世代のエンジニアは重宝されるということです。

即戦力として活躍できる30代、40代のエンジニアの価値が見直されているという証拠に、数多くのエンジニアが転職に成功しています。

30代や40代でも転職する時期として決して遅いというわけもなく、例えばdodaが調査した「みんなは何歳で転職している?
転職成功者の年齢調査(2019年上半期)」では、転職成功者の平均年齢は31.7歳という結果が出ていました。


(dodaみんなは何歳で転職している?
転職成功者の年齢調査(2019年上半期)
より)

しかしこれを職種別で見ると、IT企業の場合は32.6歳となっており、その他にも専門職においては平均年齢が高くなっていることがわかります。



さらにこれを見ると、IT業界の場合は40歳以上でも転職に成功している人が14.4%いることがわかります。



どの業界でも40歳以上で転職に成功している人は必ずいますし、年齢という部分だけに引け目を感じることはなさそうですね。

30代、40代以上ではどんなエンジニアのニーズが高いか?

では、30代、40代以上のエンジニアには、どんなことが求められるのでしょうか。

例えば、今はスマートフォンやタブレットの普及で情報端末の種類が増えたことでいろいろな企業がアプリを提供するようになり、アプリを開発できるスキルを持ったエンジニアの需要が高まっていたり、クラウドをはじめとしたオンラインのサービスが多くなった影響もあります。

情報流出の事件が増加したことにより、企業や多くの人が危機感を持つようになり、セキュリティに精通しているエンジニアの需要も高くなっています。

SE 長男SE 長男

また従来はアナログだったものが、デジタル化されるケースも多くなっています。

マイナンバーなどの新しい要素を、既存のシステムに導入するケースも増えているよね。

現状のエンジニアだけでこれら全てをこなすのは難しく、新たに人材を補充したいと考えている企業はとても多く、そのため30代や40代であっても、採用してもらえる可能性が以前より高くなったと言えます。



ここまでお話したように、IT業界は日進月歩であり、エンジニアは常に最新技術を身につけておくことが重要で、新しいことを覚えやすい若手を中心に採用する企業が多く見られるものの、その一方で、30代や40代以上のエンジニアの力を必要とする企業も少なくありません。

30代や40代以上のエンジニアを積極的に採用する企業は、若手にはない経験の豊富さに注目しています。

エンジニアが担当する仕事は、最新技術を用いたものばかりではありません。

新商品の開発には最新技術を導入することが多いですが、そうでないものを担当する場合は既存の技術を用いるのが一般的で、新旧問わず技術を習得している熟練のエンジニアは重宝されます。

例えば、もう主流ではなくなったプログラミング言語を用いて、デバッグやアップデートをしなければならないケースは珍しくありません。

10年以上前のシステムを解析して、保守作業を行うケースなどもあり、そのような作業は経験の少ない若手のエンジニアには荷が重く、使用したことがない古い技術について勉強しなければなりませんが、経験豊富な30代や40代以上のエンジニアであれば、過去に使用経験があるので迅速に対応できるでしょう。

このように自分の担当分野において、スペシャリストと呼ぶのに相応しい経験を積んできたエンジニアはニーズが高いと言えます。

30代、40代のエンジニアが転職して活躍出来る場とは?

IT系のエンジニアが活躍する場というと、パソコンが並んでいる開発現場をイメージする人が多いのではないでしょうか?

30代や40代のエンジニアが転職した場合も、開発現場で活躍しているケースは多くあり、熟練のスキルで開発に貢献することにより、社内での地位を確立していけるでしょう。

また豊富な知識を用いて、若手の教育を担当するポジションで活躍するケースもあり、社内研修の講師を任されるなど、企業全体のレベルアップにつながる働きを期待されることも多いです。

他の社員が安心して働けるように、社内インフラの構築や運用の場でノウハウを活かす人も見られます。

これまで現場でバリバリとコードを書くプレイヤーとして働いてきた人が、実作業ではなくチームをまとめたりするマネジメント&管理職側や、プロジェクトリーダーとして期待して採用する企業もあります。

もちろん「まだまだコーディングを続けたい」という人も少なくはないと思いますが、どの企業でも少なからず開発業務から離れるタイミングは来るものでしょう。

もし開発業務から離れず現役としてコーディングを続けたいと思っている人は、大手企業ではなくベンチャーや中堅企業などがいいかもしれません。

ただし、自分のキャリアのステップアップとして、給与アップとともに開発業務から離れる人も多くなっています。

転職によって主に社外で活躍するようになる人も珍しくなく、例えばセールスエンジニアとして営業活動を行うケースなどです。

30代や40代であれば、これまでのプロジェクトを通じて多くの人に関わっているのが一般的で、取引先に赴いて、技術的な説明を行った経験がある人もいるでしょう。

セールスエンジニアには、エンジニアとしての知識のほかに、コミュニケーションやプレゼンの能力が求められるため、取引先も経験が少ない若手より、30代や40代に担当してもらったほうが企業としても安心できます。

この場合、特に英語が堪能であれば、幅広い取引先を相手にできるので活躍しやすいと言えます。

30代以上のエンジニアの転職には転職エージェントの利用は必須!

近年は30代以上のエンジニアの求人は増えている傾向にありますが、自分だけで転職活動を行うのは得策とはいえません。

30代、40代以上のエンジニアの転職は、若手の転職以上に考慮しなければならない点が多いからです。

特にこれまでのキャリアを見直すことは、30代以上のエンジニアとって非常に重要で、たとえば一口にプログラムといっても、いくつものプログラミング言語が存在し、習得しているプログラミング言語はエンジニアによってさまざまですよね。

担当してきたソフトウェアも、OSやミドルウェア、デバイスドライバなど、エンジニアによって種類が違います。

まずは自分にどのようなスキルがあって、何を担当してきたのか、売りになる得意分野は何なのかを明確にしなければなりません。

そうでなければ、経験が豊富であっても自分の価値を最大限に企業にアピールするのは難しくなります。



そのため30代以上のエンジニアが転職するのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントなら、キャリアの棚卸しや今後のキャリアプランの描き方についてサポートを受けられるので、自分の強みを明確にできますし、30代以上を対象とした求人など、自分を本当に必要としている企業を紹介してもらえるのも大きなメリットです。

例えば、自分では「そんなことわざわざアピールすることではないのでは」と思っていることが、実は他の企業にとってはとても重宝するようなスキルであったり、今まで当たり前のようにこなしてきたことが、他の会社では価値のある経験であったりすることがあります。

意外にも、自分の本当の価値に気付いていない人はとても多く、今の会社以外でどう評価されるのかを知らない人は少なくありません。

転職エージェントは、そういったキャリアの深堀りや年齢が高いからこそアピールできる部分についてアドバイスをくれるので、とても頼りになるのではないでしょうか。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントは企業の実情を把握しているので、採用の可能性が高い求人を紹介してくれると思います。

今回紹介したように、30代や40代のエンジニアでも転職を諦める必要はありません。

ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。



転職エージェントは、総合的にさまざまな職種に対応しているところもあれば、IT・WEB業界の転職を専門的に扱うプロのエージェントもあります。

転職エージェントについてはこちらのページ転職エージェントとは?使い方や手順、利用するメリット&デメリットやアドバイザーとの面談は?なぜ費用が無料なのか?へどうぞ。

IT・WEB業界の転職に特化した転職エージェントについてはこちらIT業界・Webエンジニアの転職サイト&転職エージェントへ。