IT業界では、毎年たくさんのエンジニアが転職しています。
自分も転職に関心があるけど、年齢的に不可能だと思って諦めている人もいるでしょう。

実際のところ、年齢の高いエンジニアが転職を成功させるのは難しいのでしょうか。
そこで今回は、30代や40代のエンジニアの転職について、現状やポイントなどを紹介します。



30代、40代のエンジニアは転職は無理?エンジニア不足の背景

転職の女神 長女 転職の女神 長女

これまでのIT業界は、年齢が高くなるほど転職は難しくなるといわれていました。

しかし現代では30代や40代のエンジニアにも転職のチャンスは十分あります。
慢性的なエンジニア不足によって、30代や40代のエンジニアを積極的に採用する企業が増加しています。

どうしてエンジニア不足が起こっているのでしょうか。
その背景には、昔と異なるさまざまな現状があります。

たとえば、情報端末の種類が増えたことが挙げられます。
スマートフォンやタブレットの普及によって、いろいろな企業がアプリを提供するようになりました。
そのため、アプリを開発できるスキルを持ったエンジニアの需要が高まっています。

クラウドをはじめとしたオンラインのサービスが多くなった影響もあります。
ネットワークの技術を持ったエンジニアが活躍する機会も増え、情報流出の事件が増加したことによる変化も見られます。
その他、企業や多くの人が危機感を持つようになり、セキュリティに精通しているエンジニアの需要が高まったのです。

SE 長男SE 長男

また従前はアナログだったものが、デジタル化されるケースも多くなっています。
マイナンバーなどの新しい要素を、既存のシステムに導入するケースも増えているよね。

現状のエンジニアだけでこれらすべてをこなすのは難しく、人材を補充したいと考えている企業が多いのです。
そのため30代や40代であっても、採用してもらえる可能性が以前より高くなったといえます。

40代以上でも、転職でさらに年収アップが見込めるケースも!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職をすると、転職先によっては年収が下がってしまうことがあります。
これまで昇給してきた給与額を維持するために、転職を思いとどまる人も少なくないと思います。

特に若手以外の転職は、その可能性が高いと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし40代以上であっても、転職によって年収のアップを見込めるケースがあります。

若手のころはエンジニアとしてひたすら開発に取り組むのが一般的ですが、40代にもなるとただのエンジニアとして働くだけでなく、マネジメントの仕事も任されることが珍しくありません。
マネジメントの経験がある人は、IT業界における市場価値が高いといわれています。

IT関連の仕事は、プロジェクトとしてチームで取り組むことが多いです。
プロジェクトには仕様の検討から完成品のテストまで、さまざまな工程があります。

それらに遅れが出ないようにして、納期に間に合わせなければなりません。
そのためには、チームのエンジニアをまとめてプロジェクトを推進できる管理能力を持った人物が必要です。



そのような人物を1から自社で育てようとすると、非常に時間がかかってしまいます。
スピード感が重要なIT業界でそのような余裕を持つのは難しく、そのため高い給与を支払ってでも、マネジメントに長けているエンジニアを獲得しようとする企業は少なくありません。

30代、40代以上ではどんなエンジニアのニーズが高いか?

30代や40代以上のエンジニアを積極的に採用する企業は、若手にはない経験の豊富さに注目しています。
IT業界は日進月歩なので、エンジニアは常に最新技術を身につけておくことが重要です。
そのため、新しいことを覚えやすい若手を中心に採用する企業が多く見られます。

その一方で、30代や40代以上のエンジニアの力を必要とする企業も少なくありません。
エンジニアが担当する仕事は最新技術を用いたものばかりではないからです。

新商品の開発には最新技術を導入することが多いですが、そうでないものを担当する場合は既存の技術を用いるのが一般的です。
そのため、新旧問わず技術を習得している熟練のエンジニアは重宝されます。

たとえば、もう主流ではなくなったプログラミング言語を用いて、デバッグやアップデートをしなければならないケースは珍しくありません。
10年以上前のシステムを解析して、保守作業を行うケースなどもあります。

そのような作業は、経験の少ない若手のエンジニアには荷が重く、使用したことがない古い技術について勉強しなければなりません。



しかし、経験豊富な30代や40代以上のエンジニアであれば、過去に使用経験があるので迅速に対応できるでしょう。
このように担当分野において、スペシャリストと呼ぶのに相応しい経験を積んできたエンジニアはニーズが高いと言えます。

30代、40代のエンジニアが転職して活躍出来る場とは?

IT系のエンジニアが活躍する場というと、パソコンが並んでいる開発現場をイメージする人が多いのではないでしょうか?
30代や40代のエンジニアが転職した場合も、開発現場で活躍しているケースは多くあります。
熟練のスキルで開発に貢献することにより、社内での地位を確立していけるでしょう。

また豊富な知識を用いて、若手の教育を担当するポジションで活躍するケースもあります。
社内研修の講師を任されるなど、企業全体のレベルアップにつながる働きを期待されることも多いです。
他の社員が安心して働けるように、社内インフラの構築や運用の場でノウハウを活かす人も見られます。

転職によって、主に社外で活躍するようになる人も珍しくありません。
セールスエンジニアとして営業活動を行うケースなどです。

セールスエンジニアには、エンジニアとしての知識のほかに、コミュニケーションやプレゼンの能力が求められます。
30代や40代であれば、これまでのプロジェクトを通じて多くの人に関わっているのが一般的です。

取引先に赴いて、技術的な説明を行った経験がある人もいるでしょう。
そのような人はセールスエンジニアになるベースがあるといえます。

取引先も経験が少ない若手より、30代や40代に担当してもらったほうが安心できるでしょう。
特に英語が堪能であれば、幅広い取引先を相手にできるので活躍しやすいです。

30代以上のエンジニアの転職には転職エージェントの利用は必須!

近年は30代以上のエンジニアの求人は増えている傾向にありますが、自分だけで転職活動を行うのは得策とはいえません。
エンジニアの転職は、いろいろことを考慮しなければならない点が多いからです。

特にこれまでのキャリアを見直すことは、30代以上のエンジニアとって非常に重要です。
たとえば一口にプログラムといっても、いくつものプログラミング言語が存在します。
習得しているプログラミング言語はエンジニアによってさまざまですよね。

担当してきたソフトウェアも、OSやミドルウェア、デバイスドライバなど、エンジニアによって種類が違います。
自分にどのようなスキルがあって、何を担当してきたのかを明確にしなければなりません。
そうでなければ、経験が豊富であっても自分の価値をアピールするのは困難です。



そのため30代以上のエンジニアが転職するのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。
キャリアの棚卸しについてサポートを受けられるので、自分の強みを明確にできるでしょう。

また、30代以上を対象とした求人を紹介してもらえるのも大きなメリットです。
世の中には30代以上も募集の対象にしておきながら、実際には採用実績がない企業も存在します。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントは企業の実情を把握しているので、採用の可能性が高い求人を紹介してくれると思います。
今回紹介したように、30代や40代のエンジニアでも転職を諦める必要はありません。
ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。