転職をしようと考えたときに、大都市ではなく、自分が生まれ育った故郷や、地方で仕事をしたいと考えたことはありませんか?
故郷や田舎で仕事をしたいという望みはあっても、企業の数が少ない地方で仕事を見つけることができるのかという不安を感じる人が多いのではないでしょうか。

不安を解消するためには、知ることが大切です。
Uターン・Iターンで転職することのメリットやデメリットなどについて調べてみましょう。



Uターン、Iターン転職とはどんなもの?

派遣 次男派遣 次男

UターンやIターンって、そもそもどんな転職のことを言うの?
普通の転職とはなにが違うの?

UターンやIターンという言葉を聞くことはあっても、具体的にどのようなものだか分からない、ということはないでしょうか。

  • Uターンとは?

Uターンとは進学や就職で生まれ育った地元を離れ、東京や大阪などの大都市に住んで通学をしたり仕事をしていたりした人が、就職や転職を期に地元に戻ることです。
Uの文字の書きはじめと書き終わりの点が地元、カーブ部分が学生時代や会社員時代を過ごした都市部ということになります。

  • Iターンとは?

Iターンとは、生まれ育った場所で進学や就職をしたものの、違う土地で仕事を求めて移住することを指します。
Uターンの場合はこれから仕事を探そうとする場所に実家があり、子供時代の友人や親戚がいる、という人の繋がりがありますが、Iターンの場合は友人も知人もいない場所を選ぶ可能性があるため、不安も大きいと感じる人もいるでしょう。



転職でUターンやIターンをする場合、それまで自分が働いていた経験が強みとなる反面、自分が今まで今まで働いてきた職種での募集が地方では無い、ということがあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

また給与も東京と比べると少ない場合が多く、UターンやIターンでの転職は、それまでの仕事環境や生活など、さまざまな面が大きく変わることに対する覚悟が必要です。

良い面も悪い面も含め、UターンやIターンについて事前にしっかりと調べておくことが大切です。

Uターン、Iターン転職の魅力やメリットは何?

SE 長男SE 長男

なるほど。
生まれ育った地元に貢献したいと思う人や、新たな土地で自分の力を試してみたいいと思う人って、結構多いって聞くね。

UターンやIターンで転職することのメリットって、何なんだろう?

まず一番大きな違いは、通勤ラッシュが無いという点です。
地方は人口が少ないため、電車やバスが空いていることが多く、東京や大阪の殺人的な通勤ラッシュとはくらべものにならないくらい通勤が楽です。



また車社会であることが多いため、UターンやIターンでの転職後は車通勤になったという人も少なくありません。
さらに地方は広々としていて自然が豊かです。空気や水が美味しいため、のびのびと良い環境の中で生活し、仕事をすることができます。

賃貸で家を借りる場合は、東京や大阪と比較すると信じられないくらい安い値段で、条件の良い物件を借りることが可能です。
地方の場合は土地がありますので、部屋そのものが広く、収納も多く、また日当たりが良い物件がたくさんあります。
住環境は各段に良くなるでしょう。

Uターンの場合は親の近くで生活できるため、いざというときに安心というメリットがあります。
親が病気をした場合もそうですし、小さな子供がいる場合は、子供の世話を気軽に頼むことができ、相談できます。
子育てのストレスや不安を母親がひとりで溜め込まずに済むのは大きなメリットです。

Iターンの場合は好きな場所で生活することができますので、高い満足度を感じながら毎日を過ごせます

Uターン、Iターン転職のリスクやデメリットとは?

転職でUターンやIターンをする場合、メリットばかりでなくデメリットもあることを知っておきましょう。
都会と違うところは、地方都市の中心部以外は車が無いと不便という場合が多く、車を所有していることが快適に生活できる条件となります。
一家に1台ではなく、1人1台が当然という地域もありますので、当然ながら車の維持費がかかる点は覚悟が必要です。

またコンサートや美術展、イベントなどのエンターテイメントは当然ながら都会が充実しています。
音楽が好きだけれどコンサート自体が全然開催されない!というストレスを感じる場合もあるでしょう。
外食やショッピングができる場所も地方は限られていますので、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

また地方の会社であればのんびり仕事ができるだろうと考える人がいるかもしれませんが、業種や職種によっては、忙しさはどこで仕事をしても同じということがあります。
地方の会社に転職したけれど、仕事に追われて毎日残業続きという可能性もありますので、会社を選ぶ前にしっかり調べておくことが必要です。

地方は地方でも人口の少ないエリアでは、地域のお祭りなどのイベントや冠婚葬祭にこまめに出席することが当然、という地域社会とのつながり・付き合いが強く深いエリアが数多くあります。

それを求めている、楽しめる人なら構いませんが、都会での生活のようにある程度のドライさを求める場合は、あまり田舎ではなく比較的人口の多い都市部で生活をした方がストレスを感じずに済むでしょう。

地方への転職にオススメな人は?ベストなタイミングとは

派遣 次男派遣 次男

UターンやIターンで地方に転職する場合、おすすめのタイミングはあるの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

新卒ではなく転職なら、30代になってからのほうがおすすめね。
20代ではまだ経験といえるほどの経験を積んでおらず、UターンやIターンをして新天地で仕事を求めるという面に対して、採用する企業に本気度を汲み取ってもらいにくいことがあるわ。

またUターンやIターンにより地方で就職するとなると、どうしても年収が下がってしまいます。
20代ではそれを受け入れることができる人が少なく、30代になると年収が下がってもいいから地方で働きたいと考える人が増えてきます。

というのも、30代となると家族がいて子育て中となる人が多く、子育てのしやすさを求め、家族会議の結果UターンやIターンをするという人が多いのです。
収入が下がっても子育てしやすい環境になるなら受け入れる、という覚悟が決まっているため、地方でも仕事を見つけ、地方での生活を受け入れていくことができやすくなります。

また地方は中小企業が多いため、求人の募集人数が少ない場合がほとんどです。
募集がかかるとすぐに枠が埋まってしまうため、募集が出た直後も仕事を掴むタイミングであるといえます。



Uターン、Iターン転職に強い転職サイト&転職エージェント

転職の女神 長女 転職の女神 長女

地方での求人の数は、都会ほど多くはありません。
UターンやIターンで転職するには、引っ越してから仕事を見つけるよりも、引っ越す前に仕事を見つけるという順序で挑みましょう。

そのためにはUターンやIターンでの転職に強い転職サイトや転職エージェントを利用することをおすすめします。

Uターン・IターンIターンで地方に住むことを考えたとき、まっさきにチェックしたいのが地域おこし協力隊です。
総務省管轄の事業で、全国に準公務員として派遣される事業で、派遣される自治体によっては車や住居が支給されることもあります。

1年から3年と期間が決まっている案件も多いのですが、その後も定住してくれる人を希望している自治体が多いため、会社員ではなく公務員を希望するという人はチェックしておきたいサイトです。

大手の転職サイトではリクナビネクストが地方の案件が充実しています。
パラフトは完全在宅で働くことができる求人を多く扱っています。
地方で暮らしたい、在宅で働くことができればなお嬉しい、という人はチェックしてみましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

Uターン・Iターンで地方に移住すると、メリットもありますがデメリットもあります。
地方とひとくちに言っても、山間部などの本当に田舎なのか、ビルやマンションが多い地方都市なのかで生活スタイルも変わりますよね。
また都会の求人と地方の求人には給与面を含めさまざまな違いがあります。

まずは転職サイトや転職エージェントに登録し、地方の求人の情報をチェックしてみましょう!