今まで都会に住んでいて田舎暮らしを考えはじめてみたり、ふとしたキッカケで地元に帰ろうかな?と思ったり、今住んでいるところから離れて生活しようと考えている人は珍しくありません。

今住んでいる場所から離れるとなると、住む場所や環境、さらには仕事などさまざまなものが変化することになりますよね。

今の場所から離れて転職したりする人は、「Uターン」や「Iターン」、「Jターン」などと呼ばれたりしますが、地方へ移住、転職する場合のメリットやデメリットをしっかりと知った上で行動に移しましょう。

そうでないと、いざ転職して移住してから「思っていたのと違った」とか、「想像していたより大変だった」などとなりかねません。

このページでは、UターンやIターンなど地方や田舎に移住して転職する人のために、UターンやIターン、Jターンなどの用語の意味、それぞれのメリット・デメリット、そして移住の基本的な流れや、移住先としておすすめの地域、移住に伴う自治体の支援制度などのお役立ち情報まで解説していきます。

私の友人で、実際にUターン、Iターンをした人のリアルな生活や環境の変化などについても紹介しますので、参考にしてくださいね!



Uターン、Iターン、Jターンとはどんなもの?

派遣 次男派遣 次男

UターンやIターンって、そもそもどんな転職のことを言うの?
普通の転職とはなにが違うのかな?

UターンやIターン、Jターンという言葉を聞くことはあっても、具体的にどのような意味なのか詳しくは知らない人も多いと思います。

それぞれ、今住んでいる居住地から離れて就職、転職という意味は同じですが、全く同じものではありません。
まずはこれらの言葉の意味と違いから解説していきます。

Uターンとは?



Uターンとは、進学や就職で生まれ育った地元の出身地を離れ、東京や大阪などの大都市に住んで通学をしたり仕事をしていたりした人が、卒業や就職、転職を期に地元に戻ることです。

Uターン転職はというと、学校を卒業して一度は都心で就職したものの、その後また地元に戻って転職したりすることです。

Uという文字の、書きはじめと書き終わりの点が地元、カーブ部分が学生時代や会社員時代を過ごした都市部と、文字の形にちなんでそう呼ばれています。

Iターンとは?



Iターンとは、生まれ育った場所から進学や就職を機会に、故郷とは違う土地に移住して就職や転職をすることを指します。

例えば、都会や首都圏で育った人が、地方の田舎の暮らしに魅力を感じて、移住とともに就職や転職したりすることです。

結婚して子育てを通じて、都会での暮らしではなく田舎暮らしに憧れたり、旅行をきっかけにその土地での生活に魅力を感じて、Iターンを考え始める人が多いです。

Uターンと比べると、Uターンは出身地である地元に戻ることで、Iターンは出身地から出ていくという違いがあります。

Jターンとは?



Jターンとは、地方出身者が自分が生まれ育った地元の故郷から、進学や就職を機会に都会へ移住し、その後自分の故郷とは異なる地方へ移住し、就職や転職をすることです。

Jという文字通り、故郷ではないものの故郷にやや近い地方都市に移住することで、Uターンとの違いは地元に戻るわけではないこと、Iターンとの違いは、地方から都会へ出てから地方都市へ移住する点です。

それぞれの違いがわかってもらえたでしょうか?

Uターン、Iターン、Jターンの他には、秋田県へのU・I・Jターンを総称した「Aターン」や、子育て(Child)を機に移住する「Cターン」、福島県へのU・I・Jターンの総称の「Fターン」、一度Uターンをして地元に戻ったものの再び都会へ戻る「Oターン」なども存在します。

SE 長男SE 長男

新しい場所で何かを始めるのは、ドキドキワクワクして楽しそうだなぁ。

でも住む場所が変わるとなると、普通の転職よりもなんだか大変そうだね…!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

普通の転職は、ただ会社を変えたり職種を変えることだけれど、UターンやIターン、Jターンでの転職を考えている人は、これまでの職種や仕事環境が変わるだけではなく、自分の生活環境やライフスタイル、さらには家族の暮らしや在り方までもが大きく変化することなるわね。

そのため、仕事のことだけではなく日々の生活や今後の将来設計までも見通して検討する必要が出てくるわ。

メリットだけではなく、デメリットとなる点もしっかり知ることが大切よ。

地方へ移住して就職、転職するメリット

まずは地方に移住して就職または転職するメリットについて紹介します。

(1)自然が豊かでストレスから開放される

地方に移住する1番のメリットに感じる人が多いのが、やはり都会にはない自然豊かな暮らしでしょう。

空気や水すべてが都会よりも美味しく感じたり、緑いっぱいの景色や海、川などに癒やされる生活が出来ます。

人で溢れかえる都会での生活とは違って、日々のストレスからも開放されますし、四季折々の自然を感じながら、アウトドアなどの趣味をたっぷり楽しむことも可能です。

家族や友人とキャンプや釣り、登山など、休日に自然を満喫した遊びは、田舎生活ならではの魅力ですね。

(2)通勤ラッシュがない

都会での生活は、毎日仕事に行くたびに通勤ラッシュで人混みの中職場へ通わなければなりませんが、地方へ移住することで、通勤時のラッシュなどに悩むこともなく、さらに電車やバスではなく車通勤になることも多いと思います。

毎日の通勤ラッシュが苦痛になってる人も多いですよね。

総務省統計局の「平成30年度土地・住宅統計調査」によると、東京都とその隣接県では通勤時間が40分前後と、全国的に見ても通勤時間が長い結果が出ています。


(総務省統計局平成25年住宅・土地統計調査の解説「通勤時間の状況」より引用)
2019年現在最新のデータになります。

その他の地域は、平均片道30分以下となっており、会社の近くに家を借りたり、家を買ったり出来ているということになりますね。

都心部では毎日片道約1時間弱も通勤にかかっているということは、毎日約2時間の時間短縮になるので、その分朝起きる時間を遅らせたり、帰宅後のプライベートの時間を作ることができます。

通勤ラッシュから逃れられるだけでも、精神的にも体力的にも負担がかなり軽減されるのではないでしょうか。

(3)子育て環境が抜群に良い

結婚して自分が子育てをする立場になって、自分の立場だけではなく子供の幸せを1番に考えるようになりますね。

メリットの1でもお話しましたが、子供の健やかな成長を考えたときに、都会での生活よりも、地方の大自然の中で四季を肌で感じながら、のびのびと育ってもらいたいと田舎への移住を決意する人はとても多いです。

自分の家の庭で野菜を育てたりと、農業を身近に感じてもらうことで「食べ物の大切さを知ってもらいたい」、「自分たちが食べるものは自分たちで育ててみたい」という願いも、田舎なら叶えることができます。

また、都会の場合は女性が出産を終えていざ社会復帰したいと思っても、保育園や幼稚園がいっぱいで子供を預けることが出来ず、待機児童の問題があり、働きたいのに働けないという悩みを抱えていたりします。

地方へ移住することで保育園や幼稚園にも入りやすく、共働きのハードルも低くなるので、仕事と育児とのバランスが取りやすいというメリットもあります。

(4)物価、生活費が安い

東京などの都会は、便利な反面生活コストが高くなりますが、地方の場合は物価や居住費が安く、生活費を安く抑えることが出来るのもメリットです。

特に都会と地方との差が大きいのが居住費で、全国賃貸管理ビジネス協会によると、東京都の平均家賃は72,146円なのに対し、同じ関東にある群馬県や4万円台という結果が出ています。


(全国賃貸管理ビジネス協会全国平均家賃による間取り別賃料の推移「2019年5月調査調査」より引用)

家賃だけで約3万円もの開きがあるのは大きいですよね。

そのほか、都会と地方を比較すると居住費だけではなく居住面積にも違いがあり、地方のほうが同じ家賃でも広い部屋が借りられることになります。

東京などだと、ワンルームしかないのに7万円以上するところなどは珍しくなく、地方であれば7万円もあれば駐車場付きだったりもっと広くてグレード的にも高くて広い部屋が借りられてしまいますよね。

生活費が安いということは、浮いたお金はその分貯金や娯楽、趣味などに回したり出来るのは嬉しいポイントです。

(5)持ち家も夢ではない

都会と比較すると地方の方が家賃などの居住費も安く住むとお話しましたが、地方の場合は一戸建てやマンションの購入価格も安いというメリットがあります。

もちろん土地の価格、地価というのはその都道府県や地域によっても異なりますが、やはり全国的に見ても東京、大阪、神奈川などの都会は地価が高い傾向にあります。


(土地代データ都道府県の公示地価ランキングより)

持ち家を持っている人は東京都は45%と全国の地域の中でもやはり低くなっており、やはり購入価格が高いことなどが関係していると思います。


(総務省統計局平成25年住宅・土地統計調査の解説「2-3 住宅の所有の関係」より引用。※2019年現在最新の公開データとなります)

「子供も大きくなってきたし、そろそろ一軒家の持ち家が欲しいな」など、若い世代でも夢のマイホームを手に入れるのも不可能ではありません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ちなみに私の友人はまだ20代半ばで田舎に戸建てをたてましたが、お庭がとっても広くて駐車場もたっぷりあって、都会で同じ金額で家を建てようと思うと、そんなおうちは建てられないだろうなー…と感じました。

(6)地域との繋がりや交流がある

都会の場合、マンションや戸建てなど関係なく、隣の人がどんな人が住んでいるのかもあまりわからなかったり、ただ挨拶を交わすくらいで会話などもなかったりするのが普通ですが、地方の場合は周囲に住む人たちとも繋がりができやすい傾向にあります。

都会だと人との関わりがほとんどなく、近所付き合いというのもないことが多いですが、田舎は人と人との付き合いを大切にする傾向が強く、ご近所同士での助け合いの精神も強いです。

地域間でのコミュニティが形成されているのは、防犯上でもすごくメリットが高くなります。

例えば、日頃から近所付き合いがないと、知らない人を見かけても、付近に住んでいる人なのか怪しい人物なのかという見分けはつかなかったりしますが、地域での交流があれば、見知らぬ人物なのかの判断がつき、注意しやすくなります。

(7)地方自治体の支援制度がある

「自然豊かな環境で子育てをしたい」、「移住して新しい人生を楽しみたい」と思っている、人を積極的に受け入れている地方自治体がたくさんあります。

その自治体によってどんな支援制度が行われているのかという内容はそれぞれ異なりますが、住宅や子供(子育て)、仕事、コミュニティ活動、保健、福祉など、さまざまな分野の支援がされています。

その一部を紹介すると、例えば…

全国自治体支援制度

【住居】
●千葉県南房総市…新築を建設または購入した若年転入者の人に奨励金200万円
●北海道岩内町…移住者の引っ越し費用補助を最大10万円、住宅家賃補助を毎月2万円
●北海道芽室町…15歳以下の子供がいる移住者で、指定区域の新築購入で商品券最大50万円
etc…
【子育て】
●栃木県益子町…18歳までの子供がいる世帯に子育て応援手当として、毎年子供1人あたり1万円
●長野県天龍村…保育園、公立小・中学校の給食費を100%村が補助
●奈良県川上村…子供の習い事に対して年間受講料等の1/3補助
etc…
【仕事】
●北海道羽幌町…新造船の建造、漁具の購入など上限50万円を補助
●鹿児島県いちき串木野市…新規開業の店舗改装経費を30万円補助
●新潟県上越市…市内企業等で就業体験(インターンシップ)受け入れ
●北海道和寒町…新規に就農する方に奨励金最大100万円
●長野県諏訪市…新規就農を目指す方に毎年最大で150万円(最長5年間)
●秋田県…秋田県外在住の方に、短期、注記の漁業研修の滞在費無料

etc…
【活動支援】
●島根県川本町…町内に住む幼・小・中・高校生対象に、事務、プール、温泉などで使えるフリーパスポート発行
●岐阜県海津市…21歳から40歳の同窓会に対して最大3万円商品券補助
etc…
【保健、福祉など】
●大分県豊後高田市…週1回、1ヶ月の筋力トレーニングなどの無料介護予防教室
●栃木県鹿沼市…運転免許を返納した方に路線バス、予約バスの終身無料券
etc…
【移住体験】
●宮崎県延岡市…移住希望者が市街地で仕事や住まい探し時の宿泊費、レンタカー代一部補助
●兵庫県朝来市…移住体験住宅を1ヶ月~最長1年間家賃3万円
etc…

などがあります。
一般社団法人移住・交流推進機構より

ただ、これは昨年の情報になるので、最新の情報などはしっかりその都度確認してくださいね。

詳しくは国土交通省のHPや、一般社団法人の移住・交流推進機構のHPなどでも見ることが出来ます。
国土交通省の地方振興活力と魅力のある地域づくり「UIJターン、二地域居住の推進」
一般社団法人移住・交流推進機構「移住っていいことあるんだ!!知らないと損する全国自治体支援制度<2018年度版>」

(8)キャリアアップ出来る可能性がある

地域の活性化であったり、優秀な人材を確保したいと考えている地方の企業が、積極的に求人を幅広く出して募集していたりします。

もちろん田舎に行くことで都会よりも求人は限られるとは思いますが、地方自治体の相談窓口があったり、各種セミナーなどを実施していたりするので、始めから「この仕事しかやりたくない」と選択肢に制限をかけないで、幅広い視点で求人を探すのがオススメです。

都会でしか就職や転職を考えていなかった人も、いざ地方の求人に目を向けてみると、「こういう仕事も楽しそうだな」と思えるものや、やりがいのありそうな仕事が見つかる可能性があります。

また、都会で身に付けた高いスキルや経験は地方企業で重宝されることは間違いないですし、より専門性を持った人材が求められています。

都会で仕事をしているときには気付かなかったスキルや資格が、地方に転職したことで思わぬところでニーズがあったり、あらゆる場面で活かされたりすることがあり、キャリアアップが出来たりする可能性も高くなります。

企業によっては、経営陣の高齢化などによって世代交代が起きていたりして、若手メンバーによる経営幹部候補になる人材を募集しているケースがあったり、企業に即戦力や教育係として活躍してもらえるミドル世代のベテランを確保したいという動きが見られるからです。

企業がUターン、Iターン、Jターン転職者を採用することは、企業側にもメリットが高く、例えばこうした企業の組織構成についてだけではなく、都心部の人材を採用することで今までにはなかったネットワークが広げられたり、新しい発想を得られることでその地域のニーズ以外にも対応できる新企画や新商品の開発に繋がったりするためです。

介護士 次女介護士 次女

地方移住と転職って、なんだかいいことがいっぱいあるのね!

都会での暮らしよりも地方への移住に魅力を感じるのがわかる気がするわ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

実際に国民意識調査では、移住希望者が地方に住むことの魅力として、「自然環境」や「生活費の安さ」、「時間的余裕」などが挙げられたわ。


(国土交通省意識調査図表2-1-22 地方に住むことの魅力より)

都市部に住んでいる地方移住希望者も、地方在住者も、「地方に住むことの魅力」として最も回答が多いのは「自然環境が豊かである」、次に「生活費が安く、ゆとりをもって生活ができる」、「時間的に余裕をもった生活ができる」、「広々とした居住環境が得られる」、「家族と一緒にすごす時間が多く持てる」、「趣味のための環境が整っている」などがありました。

実際に行われた調査によってもこのような結果が出ていると言うことは、それだけやはり多くの人が地方に明確な魅力を感じているということですね。

地方へ移住して就職、転職するデメリット

次に、地方へ移住して就職、転職することで生まれるデメリットについてお話します。

(1)求人で業種、職種の選択肢が少ない可能性がある

都心部と地方の人口や企業数が異なることに比例して、地方ではそもそも出ている求人数が東京などの都会よりも少ないことが多いです。

全体の求人数が少ないということは、自分が選べる求人の種類や条件なども、おのずと選択の幅が狭くなってしまいますよね。

また、都会では狭い専門分野に特化している職種に就いてきた人は、地方ではその職種での求人募集は見つからないというケースが多いです。

地方では専門分野に限った仕事だけではなく、例えば営業とマーケティングも兼任していたり、企画書やプレゼンも出来て営業もするなど、1人でいくつかの仕事内容を兼任したり、幅広い分野の業務を担当しているというケース。

転職先の企業によっては、自分が希望している仕事内容以外の幅広い業務を担当することになる可能性もあるので、そういった可能性も含めて覚悟しておく必要があります。

希望していた条件や職種での仕事が見つかりにくい場合は、大手の求人サイトなどでUIJターンの求人特集が組まれていたりもするので、そういった特集などはこまめにチェックしておくといいでしょう。


こんな感じです。
ちなみにDODAについてはこちらのページ求人情報・転職サイトの「DODA(デューダ)」!エージェントサポートやスカウト、転職フェアなどの評判!へ。

そのほか、移住先のハローワークで検索してみたり、あとはさきほどメリットで紹介したような、地方自治体の就業支援制度を利用してみたりするのもオススメです。

全くの未経験だった仕事が、支援制度を利用することで新たに自分のやりがいのある仕事が見つかるかもしれませんし、例えば「農業を始めたい」、「地元に貢献できる仕事を始めたい」など、希望する仕事に合わせて移住先を決めるのも1つの手ですね。

新たにチャレンジしたい仕事が決まっている人は、移住先から決めるのではなく、その仕事を募集している移住先に合わせるというのもいいと思います。

(2)給料、収入が低下する可能性がある

U・I・Jターン転職をする場合、一般的には都会にいたときよりも年収は低下するケースが多いです。

やはり移住やそれに伴う転職に対して、1番不安に感じることは金銭的な面ではないでしょうか。

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、東京都は約380万円が平均年収となっていますが、同じ関東の群馬では281万円となっており、約100万円の開きがあります。


厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」より

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ただ都会から離れることで年収が下がったとしても、メリットのところでお話したように、全体の収入が減ったとしても地方は家賃などが安く生活費が抑えられることで、ある程度はカバーすることが出来ると思いますし、生活水準や貯金額はこれまでと変わらないと思います。

例えばこちらの国土交通省の記事では、総務省による「家計調査」による調査結果がグラフにされており、全国の項目別支出額を100とした場合、「大都市」と「小都市B・町村」で比較したものが公開されています。


(国土交通省第1節 ヒト・モノ・カネ・情報の流れ図表2-1-38 1世帯当たりの1ヶ月平均消費支出の項目別割合(2014年、2人以上世帯)より)

大都市では食料、住居、被服及び履物、保健医療、教育、教養娯楽において平均を上回る支出となっていますが、小都市B・町村では平均を上回っているのは光熱・水道と交通・通信のみであり、その他の項目は全て平均を下回る結果となっています。

地方の光熱や水道については、地域によって暑かったり寒かったりなどで電気代がかさむこと、そして自動車が主な交通手段となることからガソリン代や自動車購入費、維持費に出費がかかるものだと思います。

ただこうした調査から見ても、都市部と比べて地方のほうが全体的な出費は抑えられているということがわかります。

また、業種によっては、自治体から転職支援制度があったり毎月支援金を受け取れることもあるので、自分が希望している移住先の自治体や候補に挙げている企業に問い合わせてみてもいいでしょう。

(3)仕事、生活環境の変化に戸惑う可能性がある

いざ思い切って移住をしてみたものの、新しい場所での仕事や生活に最初は馴染むことができず、戸惑う可能性があると思います。

転職して仕事が変わるだけではなく、私生活そのものが全て変化するわけですから、どうしても慣れるまでは気疲れしてしまうことも多いでしょう。

仕事への通勤方法が、電車やバスだった人も車通勤になったり、ちょっと出かけるにしても公共交通機関が少なかったりして、どこに行くにも車がないと不便な生活になる可能性も高いです。

都会で生活していると、もともと車の免許はあっても運転には自信がなかったりする人も多く、そういう人は車を運転する機会が増えることも負担に感じてしまうかもしれませんね。

今までは、何か欲しいものがあっても家の近くですぐに買えたり、品揃えも豊富な中から選べたりしたと思いますが、地方の場合は都会に比べてなにかとお店の数や種類も少なく、家から離れた場所にしかなかったり、ネット通販に頼ることも多くなると思います。

買い出しに行くスーパーやコンビニ、ガソリンスタンド、美容院、病院など、日常的に利用するお店や施設が、家の近くにはなかったりすることで、都会での生活スタイルとは全く同じようにはいかないということを覚えておいてください。

(4)地域の風習や文化に合わせなければならない

都会では、隣に住んでいる人や近所の人がどんな人なのかわからないというのはごく普通のことだったと思いますが、地方の場合はその地域ごとで特有なしきたりや風習、行事、文化があるところも多く、そういった行事への参加がほぼ義務化しているケースがあります。

もちろん、後から新しくその地域に入ってきた以上は、そういったイベントにも積極的に参加していく方が、より早くその地域に馴染めますし、地域の人たちからも好印象が得られると思います。

そういった地域の人たちとの人付き合いや風習を苦手に感じる人は、田舎への移住は避けて、田舎すぎない程度の地方都市のほうが向いているかもしれませんね。

ただ、そういった地域の文化や風習、人付き合いなども、必ずしもデメリットになるとは言えないと思います。

こうした地域の文化や風習は、メリットを生むことも多いのです。

地方移住した、私の友人(33歳女性)へのインタビュー

私が移住した先は、昔からある小さな神社が地域の中にいくつもあり、その全ての神社に毎年祭事を行っている地域でした。

祭事への参加は半強制的なものも、参加自由なものもありますが、祭事を行う係役がその地域の中で順番に回ってくるので、数年に一度は役員として祭事で使う用品の買い出し準備、当日の祭事を仕切ったりしなければならず、係になったときには本当に大変でした。

しかもそれが毎月1度くらいの頻度で土日祝日などが取られてしまうので、「せっかくの休日なのに早朝から地域の行事なんて…」と思ってしまいましたし、私の場合はその役員が引っ越してきた年にすぐ順番が来てしまい、ご近所の方の顔も名前も、神社の場所すらわからない状態でスタートしたのがかなり負担でした。

しかし、引っ越してきてすぐそういった地域の行事に参加せざるを得なくなったことで、村長さんや地区長さんをはじめ、ご近所の人たちともおのずとすぐに顔見知りになり、また私たちの名前も顔も覚えてもらったり人柄を知ってもらえるキッカケとなり、すぐにその地域に馴染ませてもらえたのが、結果的に大きな収穫となりました。

地域で見かけると、「○○さん○○さん!」と声をかけてもらえるようになったり、ご近所の方が自分で育てた野菜をおすそ分けしてくれたり、家の庭で手で草むしりをしていたら「うちの草刈り機貸してあげるよ!」と声をかけてくれたり。(笑)

引っ越してきた私たちを、地域の方たちが”同じ場所に住む人たちの輪”にすぐに入れてくれたのも、地域の文化や風習があったからだと感じています。


転職の女神 長女 転職の女神 長女

このようなインタビューからもわかりますが、地方に住むということは金銭としては評価されないものの、お金以上の価値のある魅力が地方にはあるということだと思います。

ここで、おもしろい調査結果があったので紹介します。

地方への移住や転職は経済的な面でも不安を感じている人が多いと思いますが、(株)NTTデータ経営研究所の「小規模市町村における移住・定住の要因と生活状況に関する調査」では、地方では自給自足やおすそ分けが食費を保管しているという結果が出ています。


(国土交通省第1節 ヒト・モノ・カネ・情報の流れ図表2-1-43 収入別「自給自足・お裾分けの月額換算額」

自給自足やおすそ分けなどを月額換算額で考えたところ、月額1万円以上相当の自給自足やおすそ分けを実施している割合は20%、全体的に考えても2千円以上の月額換算額となっているのは約8割以上にもなります。

自分たち家族で野菜を育てたり、ご近所の方からお野菜をもらったりなど、金銭化はされない地域の魅力が確かにあるということがわかりますね。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

地方への移住&転職による、メリットとデメリットがわかってもらえましたか?

ただ理想やイメージだけで決めてしまわないで、良い面、悪い面どちらも知った上で判断してくださいね!

このほかに、みんなの移住のキッカケや移住をする理由に多いもの、そして移住先で人気の地域や、移住のベストタイミング、地方移住の流れや転職についてなどは、こちらのページUターン・Iターン・Jターンをする人は多い?キッカケや理由は何?UIJターンのベストタイミングと年齢、地方移住の流れや希望先ランキング!転職や仕事の探し方も!でお話していますので、そちらも参考にしてください。