人気のゲーム業界で活躍するUnityエンジニアになりたい!でも未経験では難しいと考える人もいるでしょう。
UnityエンジニアはUnityが使えれば、未経験者でもなれる可能性もあるのです。

スキルを磨き続けることで年収アップも期待できます。
ここではUnityエンジニアの仕事内容や、Unityエンジニアとして転職するための情報を詳しく紹介します。



Unityエンジニアの仕事内容と求められるもの

SE 長男SE 長男

アメリカのユニティ・テクノロジーズが開発した、ゲームエンジンであるUnityのエンジニアは、ゲーム企業に関する仕事を中心に行います。

ネイティブアプリのソーシャルゲーム開発が多く、スマートフォンの市場の拡大に伴ってその需要も増加が見られます。

現場によって求められるスキルは異なりますが、ネイティブアプリの設計や開発、運用にはObjective-C・JavaScript・C#などの言語のスキルが必要です。

一般的にゲームといってもその内容はさまざまで、カジュアルな一般的なゲームの開発の案件からハイエンドゲームのAI、最新のVRゲームのキャラクターの行動ロジックを考えることもUnityエンジニアが行います。

さらにはデータの収集や解析といった、ゲーム開発の枠をこえるスキルが求められます。
Unityエンジニアに求められるのは、何といってもゲームへの情熱でしょう。



時代の流れを敏感にキャッチすることで、ユーザーが求めているゲームを判断し、ゲームを楽しみながら生み出す遊び心がゲームの開発には求められているのです。
各社の世界観を反映させているゲームを開発できるエンジニアを、企業は必要としています。

さらに、それを効率よくハイスピードに生み出す必要があるため、タイトなスケジュールにも対応できる瞬発力のある人材が好まれます。
Unityエンジニアは即戦力となる人材が求められますので、経験があることで高単価の仕事を得るのが可能です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

しかしUnityエンジニアの需要が高いのに反し、エンジニアの数が圧倒的に少ないことが問題視されています。

そのため実務経験がなくても独学でUnityを覚え、ゲームを作成したことが証明できれば、未経験でもUnityエンジニアとして働くことが可能なケースがあります。

Unityエンジニアの平均年収は?

企業は能力のあるUnityエンジニアをつなぎとめるために、Unityエンジニアには高い年収を約束しているところが多くあります。
たとえば、株式会社イグニスが2017年に出した求人では、Unityエンジニアの年収は460万円~850万円と広い幅で設定されています。
企業によっては、1,000万円をこえるエンジニアもみられます。

企業も経験を重視していますので、20代でも600万円以上の収入が得られる場合もあります。
特にゲーム開発においては、Unityエンジニアの需要が高いため収入も高くなる傾向にあります。



また、資金力の豊富な大企業では優秀なUnityエンジニアの獲得に乗り出しています。
そのため、大きな企業から採用されるチャンスもあるでしょう。

しかし、大きな企業に入れたからと言ってスキルアップを怠ると、企業内で取り残されてしまうことになります。
Unityエンジニアは、常に新しい知識を学び続け仕事に情熱を燃やし続けることが大切です。

Unityエンジニアとして転職する際にはC、C++、Javaといった言語スキルの他にもAndroidアプリの開発経験や、オンラインゲームやコンシューマーゲームの開発経験あると有利に働きます。

転職を考える際には、まずさらなるスキルアップに挑戦し、自分の能力を高めましょう。
そうすることで、大きな企業でUnityエンジニアとして活躍できるチャンスや、高収入が期待できます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

インターネットで求人広告を検索したり、転職エージェントに登録して求人を紹介してもらったりするのもひとつの手です。
自分のキャリアプランがうまく描けないという方でも、キャリアコンサルタントに相談していくうちにやりたいことが見えてくるということもあります。

Unityエンジニアとして未経験で転職するには?

Unityエンジニアの求人は経験者向けに出されているものが多く、さまざまな知識と経験が必要なUnityエンジニアの業界では未経験の場合には転職活動が難しいといえるでしょう。

未経験者が経験のあるUnityエンジニアと競い合って内定を勝ち取るには、相当の売り込みが必要です。
しかし経験がない場合でも自分で経験をつくることで、売り込むこともできるでしょう。



たとえば、ゲーム制作の仕事をしたい場合には自分でゲームをつくり、それを面接で売り込みます。
ゲームのできがそれほど良くない場合でも、独創性や個性が発揮できるゲームが制作できれば評価にもつながるでしょう。

若いエンジニアで、実務経験がそれほど多くない場合に売り込むのはポテンシャルです。
企業にやる気を示すことで、企業側も一緒に仕事がしたいと思ってくれる可能性があります。

さらにスマートフォン向けのゲームを開発した経験や、ネイティブアプリの開発経験など、業界が必要としているスキルを示すことも重要です。

また、基本情報技術者の資格は基礎的な知識を評価されるのに有効で、プロジェクトマネージャー(PM)やPMPの資格も選考では有利に働くこともあるでしょう。
Unityエンジニアへの求人や案件は、安定している傾向といえます。

しかしUnityを使えるエンジニアが非常に少ないのが、この業界における悩みです。
そのためゲーム業界に興味のある人や、新たなエンターテイメントを多くの人に届けたいと未経験者にもチャンスはあると考えられます。

手持ちのスキルをブラッシュアップして、Unityを使用したゲームを制作してみましょう。
あきらめずに何度でもつくることで、Unityエンジニアとしての道が開ける日が期待できます。

Unityエンジニアで転職で年収アップするには?

Unityエンジニアへの求人に応募したいと考えるとき、Unityエンジニアに転職したことで年収のアップが期待できるかは非常に重要でしょう。

ゲーム開発のプロジェクトを主に行うUnityエンジニアは、常にスキルアップを目指す必要のある職業です。
そのため新しいスキルを手に入れると、次の仕事でそれが生かされるようになり、高収入の仕事を受けられるようになるのです。

たとえば2Dだけではなく3Dの経験があると、それだけで高い評価につながります。
世界中で3Dが人気となり、さまざまなコンテンツにおいて3Dへの対応が求められているため、ゲーム開発の現場では特に3Dの経験が重視されています。
そういうことから、年収アップには3Dの経験は欠かせないといえるでしょう。



また2016年以降、VRといった最新技術を使用したゲームの開発がすすめられています。
そういう理由から、常に最新の技術を得ている必要があります。

いち早く最新技術を手に入れることで、年収を上げることが可能です。
つまり、自分を磨き続けることがUnityエンジニアとして評価されるといえます。

さらにはサーバーサイドの知識や見識を持つことも年収アップには効果的です。
Unityエンジニアが活躍する現場というのは効率がよく、スピード感のある開発が求められますので、サーバー側との連携がスムーズに行えることで、さらなるスピードアップが図れるといえます。
そういうことから、サーバーサイドの知識のある人材は好まれるでしょう。

Unityエンジニアとしての求人は非常に多く、需要のある仕事であるといえます。
しかし経験がモノをいう現場ですので、しっかりと経験とスキルを積んで転職するのが高収入を得られるカギを握るでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

未経験者でも、Unityを使用したゲームの制作が行えることが証明できればチャンスはあるといえます。
ゲーム制作にかける情熱や、仕事への熱意をみせることも大切です。

さらなる年収アップには、スキルのブラッシュアップや、最新技術の獲得が効果的であるといえるでしょう!