千葉県は東京都、埼玉県、茨城県の1都2県と接し、太平洋にも面している県です。
南北に延びた地形となっていて、それぞれの地域の特性を活かした仕事が存在しています。

千葉県で転職を考えた場合、「どのような仕事や企業があるのか」「収入はどのくらいであるのか」「働きやすい地域であるのか」といったことは気になるポイントとなることでしょう。
そこで千葉県への転職をする前に、知っておきたい転職情報についてご紹介します。



共働き・子育てしやすい千葉!女性が活躍出来る街

転職の女神 長女 転職の女神 長女

働きながら子育てをしている人にとって住みやすい街となるポイントの1つが、保育園の利用の可否と利用のしやすさです。

この2つの点に関して、積極的な対策を取っている市区町村は住みやすい傾向にあり、千葉県は子育て中の女性が活躍しやすい街としてとってもオススメです!

近年、共働きをする世帯は増加傾向にあります。
中には共働きをしながら、子育てをしているという人も少なくないことでしょう。

必要としている親が、子どもを預けることができない待機児童は大きな問題となっていますが、その要因の1つが保育士不足です。
船橋市では、市内の私立保育園や認定子ども園といった指定の保育所で働く保育士に、年額45万6,780円の給与上乗せを行ったり、急ピッチで施設の整備に取り組んだりすることで、保育士不足への対策に取り組んでいます。

認可保育園に入ることができずに、認可外保育所を利用する家庭に対しては、保護者負担の保育料の月額の半額を補助するサービスもあるのです。



また、実際に子どもが保育所に入れたとしても、利用しやすいかということは大切なポイントとなります。
浦安市では、全国の自治体の中でも珍しい19時半まで対応する学童保育を行っています。

さらに子育て支援として、母親の息抜きを考慮した理由を問わない無料の一時預かり事業も行っているのです。
このサービスでは、生後4カ月から就学前までであれば1時間まで無料にて利用可能となっています。

そして流山市では、市内2カ所の駅前に各保育園とつなぐ送迎ステーションを設けています。
通勤のための駅利用の際に、駅で子どもを預けてそのまま出勤できるのです。
働く親たちにとって、朝の忙しい時間に保育園まで送迎をする必要がないということは、働きやすさの面での大きなメリットとなることでしょう。

日中家にいない働く親たちにとって、子どもの急な病気も悩みの種となる場合もあります。
松戸市では、18~23時まで365日開設されている夜間小児急病センターがあるため、いざというときに助かることでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

私が既婚女性100人に「結婚や出産後に今の仕事を続けにくいと感じたことはあるか」というアンケートをとったところ、73%の人が「ある」と回答しています。

結婚や出産を迎えても、積極的な対策がされている千葉であれば、女性が活躍しやすい職場とも出会えそうですね!


このアンケートについてはこちら「結婚や出産後も今の仕事を続けるのは難しい?」既婚女性に実態調査をしてみました!

千葉の平均年収は?最低賃金は高め?

仕事をすることで受け取る収入は、生活にとって欠かすことができないものであり、仕事のモチベーションにもつながるものです。
年収は同じ仕事をしていても、地域によって差が生じることもあります。

そのため、自分に必要な年収を受け取ることができる地域かを事前にチェックしておくことも、転職する上で重要なポイントとなるのです。

厚生労働省による2016年の、一般労働者を対象とした賃金構造基本統計調査をもとに算出した結果では、千葉県の平均年収は473万1,800円です。
2016年を含めた過去5年の年収額では2012年が464万4,900円、2013年が465万3,800円、2014年が472万9,500円、2015年が487万7,100円となっているため、大きな変動はないことがわかります。

さらに詳しく年収の詳細を見てみると、月収の平均は33万500円、賞与の平均は76万5,800円となっています。
これは年齢42.9歳、勤続年数11.3年、労働時間164時間が平均となっている人たちの結果です。



男女別に見てみると、男性の平均年収は519万300円、女性の平均年収は370万5,900円となっていて男性の方が高い傾向にあります。
年収を一番高くもらっている年代は50代です。
男性の平均年収のピークが50歳の622万7,000円、女性は55歳の408万2,000円となっています。

逆に一番低い年収額となっている年代が、20代前半です。
千葉県男性の20歳の平均年収は287万8,000円、女性の20歳の平均年収は243万2,000円となっています。

全国の1都1道2府43県の中で比較すると千葉県の平均年収の金額は11位です。
全国の上位3割以内に入っているとことになります。
参考までに、全国トップとなっている東京都の同年の平均年収は605万9,909円です。

一方、各都道府県内で働くすべての人に適用される地域別の最低賃金については、千葉県は全国的にも高めとなっています。
2016年10月に発効された、千葉県の最低賃金は時間制で842円です。
全国平均の823円を超える金額となっています。

ちなみに800円台以上となっている都道府県は、千葉県のほかに1都2府5県で千葉県は6位です。

その他の都道府県についてはこちら日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングで紹介しています。

千葉にはどんな仕事・業種の求人が多い?

千葉県は、エリアによって多く見られる求人の種類に違いがある傾向があります。

柏市や松戸市、流山市などがある県北西部の東葛エリアでは、サービス業の求人が多く見られます。
駅周辺に百貨店やショッピングモール、商店が多くあることが要因です。
東葛エリアのほかにも千葉市、船橋市、市川市でも商業が発展しているため、サービス業の求人が多く見られます。



千葉県は全国でも有数の農業県でもあるため、地域によって農業に関わる求人もあります。
県最東部に位置する海匝エリア、海匝エリアに隣接する香取エリア、県北部中央にある印旛エリアでは落花生、スイカ、サツマイモ、米といった農作物の栽培が盛んです。

他にも、山武エリア、長生エリア、夷隅エリア、安房エリアといった地域で稲作やハウス栽培が多く行われています。
このため、県の内陸部を中心に多くの農業に関わる求人が見られるのです。

海に面した千葉県は農業だけではなく、漁業の求人があることも特徴的です。
全国有数の水揚げを誇る調子漁港のある銚子市を含んだ、海匝エリアがその代表です。

工業に関わる仕事は、東京湾岸に広がる京葉工業地域に多く見られます。
京葉工業地域は市川市、船橋市、千葉市、市原市、君津市、木更津市などが含まれ、富津市から浦安市のあたりにまでスケールの大きな工場が建ち並ぶエリアです。

特に盛んな業種は、製品出荷額などの多い順に石油・石炭系、化学系、鉄鋼業系となっています。

千葉に本社がある企業は?大手企業も多い千葉が今狙い目?

都心に集まりやすい傾向にある大手企業の本社ですが、千葉県に本社を持つ企業も多くあります。

たとえばドラッグストアのマツモトキヨシを全国に展開する、株式会社マツモトキヨシホールディングスは県内の松戸市に本社があります。
前身となった事業会社マツモトキヨシのころから、松戸市で事業を行っている会社です。

また醤油をはじめとした、調味料の会社として全国に名が知られているキッコーマン株式会社も、本社の1つが県内にあり野田市に位置しています。
キッコーマンしょうゆやつゆなどを主要製造としているキッコーマンフードテック株式会社や、マンジョウ本みりんなどを手掛ける流山キッコーマン株式会社といった主要グループ会社も本社は県内です。

東京ディズニーランドを運営する企業として知られる、株式会社オリエンタルランドは本社を浦安市に設けています。
ホテル事業を行う株式会社ミリアルリゾートホテルズや、モノレール鉄道業を営む株式会社舞浜リゾートライン、ショッピングセンターの経営を行う株式会社イクスピアリといったグループ会社も、ほとんどが浦安市に所在しています。

全国に数多くのショッピングモールを持つ、イオン株式会社は千葉市美浜区に本社を持つ企業です。
前身となった篠原屋の創業時の所在地は、三重県四日市市でした。
イオンタワーと呼ばれる、幕張にある現在の本社ビルに移転してきたのは2001年にジャスコから社名を変えた際です。

千葉県内には、このほかにも転職先として魅力的な大手企業や優良企業が数多くあります。

千葉の平均年収が高い企業ランキング

  • ランキング1位:キッコーマン株式会社

千葉県北西部に位置するキッコーマン株式会社が、千葉県の数ある企業の中でも最も平均年収が高い会社となっています。
キッコーマン株式会社は、2016年3月31日時点でグループとしての連結従業員数が5,933名もいる大企業です。

単独での従業員数は447名で平均年齢42.7歳、平均勤続年数が14.7年となっています。
従業員の平均年収は816万円です。



  • ランキング2位:東洋エンジニアリング

キッコーマン株式会社に次いで平均年収が高い企業が、東洋エンジニアリングです。
本社を県北西部にある習志野市に置く会社で、連結従業員数は4,397名となっています。

単独でも1,092名の従業員数を持つ東洋エンジニアリングは年齢43.7歳、勤続年数18年が平均となっている従業員構成で、平均年収は791万円です。
プラントエンジニアリング分野を中心とした事業を展開しているため、エンジニアリング会社を希望する人には魅力的な会社でしょう。

  • ランキング3位:株式会社オリエンタルランド

県内3位の平均年収額を誇る企業は、浦安市に本社を持つ株式会社オリエンタルランドです。
上位3つの中では最も多い、2,236人の従業員を持っている規模の大きな企業となっています。
44歳が平均年齢で、19.8年の平均勤続年数を持つ従業員の平均年収は775万円です。

このほかにも平均年収が県内で高い企業として、地元に密着した金融業を行う千葉銀行や、全国に事業を展開するマツモトキヨシホールディングス、小型直流モーターブランドとして世界トップの活躍を見せているマブチモーター株式会社といった企業が続いています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

千葉県は優良企業や大手企業も数多くあり、1都2県と隣接しアクセスもよい県です。

千葉県での転職を考える際には、地域ごとの求人の特徴をつかんだ上で、自分の希望に合った業種や企業を見つけるとよいでしょう!