転職活動をスムーズに行うためには、転職に有利な時期またはタイミングを見計らって行うことがポイントです。
企業による人材募集が活発化するタイミングをあらかじめ知っておくと、内定獲得をしやすいといったメリットがあります。

そこで今回は、求人数が増加する時期や、業界・業種ごとの転職最適時期などについてご紹介します。



転職に有利?求人数の増加時期!ボーナスも関係?

求人数が増加する時期を把握しておくと、転職活動に役立てることができます。

まず、2~3月と8~9月は求人の数自体が増える時期であると言われています。
例えば、2~3月に採用活動を行っている企業というのは、4月入社を目指しての採用計画を立てています。

  • 4月は新入社員が入社する時期でもありますから、中途採用であっても新入社員と一緒に入社後の研修を受けることができるといったメリットがあります。

特に、第二新卒者などで、「ビジネスマナーに自信がない」「ブランクがあるから不安だ」などといった人であっても、4月の入社を目指せば新入社員と共に丁寧な研修を受けることができると考えられます。

  • また、8~9月に転職活動を行って内定を獲得すると、10月入社となる可能性が高まります。

中途採用で10月の入社となると、企業側も即戦力として採用をしたということが考えられます。
同業種であり、キャリアアップのための転職であるのならば、入社時期については10月を目指してみても良いでしょう。



さらに、求人数が増加する時期については、ボーナスも関係していると言われています。
企業によって異なる場合もありますが、6月と12月はボーナスを支払う企業が多いと言われています。

ボーナスを受け取った後に退社をするという社員がいることは事実としてあることですから、6月と12月は社員の数が減少することが考えられます。
6月と12月の社員の減少を見越して求人を出している企業は多くありますから、6月・12月も転職に有利な時期であると言えるでしょう。

企業の求人ニーズや中途採用が活発化するタイミング

転職の女神 長女 転職の女神 長女

前に述べたように、2~3月と8~9月、またボーナスが支払われる6月と12月は、企業側の求人ニーズが高く、中途採用が活発化するタイミングであると言えます。

そのため、普段あまり目にすることのない企業の求人が出ることも考えられます。
転職を希望する企業をピックアップしているのであれば、求人情報を小まめにチェックするよう心がけておきましょう!

また、転職するにあたってはタイミングを見計らって行動を起こすことが大切です。
履歴書や職務経歴書の書き方、面接などの対策を練っておくことが求められます。

企業側が中途採用を活発に行っているからと言って、誰でも簡単に内定が獲得できる時期という訳では決してありません。
これらの時期はライバルが増える時期でもありますし、中途採用ということで若年者であってもある程度ビジネスマナーが身についていることが求められます。



同業種の転職であるならば、ビジネスマナーに加えて、ある程度の経験と知識が必要であるということは言うまでもありません。
企業によっては即戦力を求めている場合もありますので、自分のビジネススキルについては、転職前に客観的に判断し、評価することがポイントであると言えます。

業界・職種によっても転職に最適な時期は異なる

転職に有利な時期というのは、業界や業種ごとに異なります。

  • 例えば、営業や販売、サービス業などでは、3月と9月に求人が増加します。

営業・販売・サービス業は、ボーナスを受け取ってから退職する人が多いといった特徴があります。

そのため、この時期に求人が出て、そして採用活動が活発に行われます。
営業・販売・サービス業は仕事の引継ぎもありますので、早めに求人を出すということが考えられます。

  • 次に、企画・管理・経理については、6月の人材募集が多い業界と言えます。

決算などの繁忙期に採用活動が行われることはあまりなく、繁忙期が終わってからの募集ということで、6月頃に求人が集中する可能性があります。

  • さらに、ITエンジニア・クリエイティブに関しては、活気のある業界ということで、1年を通して月ごとの求人数の変化はあまりありません。

そのため、欠員補充といった意味で採用活動を展開しているということが考えられます。

こういったように、業界・職種によって求人が出る時期が異なるということを知っておくと、転職活動のスケジュールを立てやすくなるといったメリットがあります。

住宅ローンなどの予定がある人は転職前に!プライベートのタイミングも考えて。

転職活動に関するスケジュールを立てる時には、プライベートのタイミングも考えながら行うことがポイントです。
例えば、マイホームの購入を考えている場合、住宅ローンを組むという人がほとんどであると考えられます。

住宅ローンを組むのであれば、転職時期を検討するということは重要なことであると言えます。
軽はずみに転職を決めてしまい、転職直後で勤務期間が短い状態では、住宅ローンの審査が通らないといったことが予想されます。

またボーナスについてですが、ボーナスを臨時収入としてではなく、家計の収入の一部としてあらかじめ組み込んで予測を立てているのであれば、ボーナスを受け取ってから退職をするのがベストタイミングであると言えるでしょう。

転職時期についてしっかりと考えた上で退職の申し出をしなければ、ボーナスが減額される可能性も考えられます。
ボーナスを満額受け取ってから退職したいと希望するのであれば、自社のボーナス対象時期を把握しておきましょう。



また、転職先のボーナス対象期間についても知っておく必要があると考えられますので、処遇決定の時に聞いておくことをおすすめします。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

特に、結婚や出産、進学などといったライフイベントを控えているのであれば、プライベートのタイミングも考えながら転職活動のスケジュールを立てるように気を付けましょう。

職種ごとの転職事情を熟知した転職エージェントの利用がオススメ!

派遣 次男派遣 次男

転職のベストタイミングは、職業によっても変わってくるんだね。
でも、自分が希望する職種のオススメの転職時期なんてわからないし、そういう時期はライバルも多いなんて…
僕みたいに大して取り柄もない人間は、転職なんて成功するはずないよ…
やっぱり僕は一生ニートと正社員の狭間で生きていくんだ…!!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そんなことないわ。
転職活動を行う時には、やはり1番は転職エージェントの利用がおすすめ。

というのも、先ほどお話したように転初をするには職種ごとによって有利な時期があります。
転職エージェントは、その業界&職種ごとの最新の転職事情を熟知しているの。
転職エージェントなら、転職活動そのものをスムーズに進めることが出来ちゃいます!

転職を強く希望する業界や特定の企業などがある場合は、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職エージェントを利用すると、普段なかなか目にすることのない非公開求人に応募することも可能です。
非公開求人に応募することができると、転職活動そのものがスムーズに進む可能性があります。



また、転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の書き方、面接の受け方などについてアドバイスをくれる場合が多くあります。
特に、第二新卒や既卒者の中には面接を苦手とする人も少なくありません。

転職エージェントを利用すると、経験豊富なキャリアアドバイザーがアドバイスをくれるサービスや模擬面接を受けることができるといったメリットがあります。

また、志望動機や自己PRなどについても一緒に考えてくれ、相談に乗ってくれます。
適性診断を受けたり、キャリアプランを提案してくれたりするサービスを行っている転職エージェントもありますので、機会があれば利用してみることをおすすめします。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

こういったサービスを利用して、ビジネスパーソンとしての自分を客観的に判断するということは非常に大切なことです。
自分の適性や自分の弱み・強みなどについて知っておくと、転職活動を行っていく時に役立つと言えるでしょう。
転職のタイミングを上手に計り、転職エージェントの助けを借りたら、いい転職先が見つかりやすくなりますよ。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?転職活動に利用するメリット&デメリット