人によって、「そろそろ転職しようかな?」と思うタイミングはそれぞれですが、上司からのパワハラや仕事に関するストレスなどで悩んでいて”今すぐに転職したい”と考える人と、今すぐでなくとも転職は考えているため”有利な時期を見計らって転職したい”と考えている人の両方がいると思います。

SE 長男SE 長男

「転職したい」とは思っているけど、やっぱり転職するのであれば失敗はしたくないよね。

僕は自分のスキルやキャリアにはあまり自信がある方じゃないし…。

もし転職をするとしたら、転職するのにベストな時期ってあるのかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そうね、”何月に転職するといいのか?”というのは、私が転職サポートをしていてよく聞かれる質問の1つね。

もちろん、転職には”ベストな時期”という時期が存在します。

このページでは、転職したいと考えている人に向けて、転職をどのタイミングで始めたらいいのかについて解説しています。

後悔することのないようベストなタイミングを掴み、誰よりも有利に転職を進めてくださいね!

転職活動をスムーズに行うためには、『転職に有利な時期』や『転職のベストタイミング』を見計らって転職することで、ライバルが少なく内定を獲得をしやすかったり、企業の受け入れ大切が出来ている、転職活動にしっかり取り組めるなどといった、嬉しいメリットがあります。

そこで今回は、転職市場から読み取れる求人数が増加する時期や、その業界・業種ごとの転職のおすすめ時期、自分にとってもベストタイミングがいつなのか判断するポイントなどについてもご紹介ていきますので、参考にしてください。



転職に有利なタイミングの考察

①求人数が多くなり、企業が積極的に採用するタイミング

一般的に考えて、企業から出ている求人数が多ければ多いほど、自分にピッタリの求人が見つかる可能性も高くなり、自分が採用される確率も高くなると考えますよね。

中途採用が増えるのは、2~3月と9月~10月の2つがあると言われています。

企業側も、せっかくお金をかけて求人広告を出すのであれば、1回の求人で多くの転職希望者へアプローチして良い人材を確保したいと思うのが自然ですよね。

なぜこの時期に中途採用が増えるのかと言うと、上期の期初である4月と下期の期初である10月の中途社員を見越した採用活動を企業が行っているからです。

転職者側も、3月に退職してそのまま4月に転職を済ませるという流れを作りやすいため、転職希望者にとっても悪くないタイミングであることがわかり、下半期が始まる9月から10月というのは、企業による新規プロジェクトを開始する時期でもあり、それに向けた人材確保のために中途採用が集中することもあります。

この2つの時期は、年度の切り替わりのタイミングで昇格などの組織変更や人事異動があったり、退職者が出る時期とも重なっているため、求人ニーズがとても高くなるのです。

もし4月入社を目指すのであれば1月頃から、10月入社を目指すのであれば7月頃からしっかりと準備する必要があります。

第二新卒の採用場合は、新卒採用の研修と一本化して行うことから、それを見越して1月から採用を開始する企業もあれば、中途採用と新卒採用の時期を分けて、新卒の配置が固まった後で即戦力となる中途採用に力を入れるため、4月から5月求人を出す企業も多くあります。

反対に、新卒採用と中途採用を同一の採用担当者が行っている場合には、新卒採用が一段落してからしか中途採用に乗り出さないため、6月になってから中途採用を活発に行う企業もあります。

企業が年度の途中で求人を出す場合には、欠員補充のため採用を急いでいるケースも多く、こういったタイミングなら採用もされやすいケースもありますが、もともといた人材の欠員補充のための一時的な求人募集のほか、決められた枠内で時期問わず随時採用を行っている企業もあり、根本的な部分はその企業によるのが正直なところです。

欠員補充の急募の求人が出やすいのは4月や5月が一般的に多いため、穴場的時期と言われることがあります。

逆に新規の求人も転職者も少ないのは12月で、12月というのは年末であるために通常業務で忙しく、転職のことまで手が回らないのは企業も転職希望者も同じであり、企業側からしても、年末年始などの大型連休を挟むと選考も途切れることや、中途採用には力を入れない傾向が強いことが理由として挙げられます。

ただ、自分が希望しているような条件の求人が企業からいつ出されるのかというのは、予測の範囲でしかありませんし、最も効率的なのはそういった求人が出た時に見逃すことなく、スムーズに応募できるかどうかではないでしょうか。

「あの会社で働きたい」などと希望の企業が決まっているのであれば、こまめに求人はチェックしておくほうがいいでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

また考えてもらいたいのは、求人数が多ければ多いほど、自分が希望にマッチする求人も埋もれてしまいやすいため、全ての求人の中から自分が欲しい求人情報を全てピックアップするのは難しく、その上いろいろな求人が出ているので目移りもしやすいですし、自分1人では探しきれないという可能性が出てくることも頭においておきましょう。

さらに、求人数が増加するということは転職者にとってメリットにもなりますが、逆に言えば他の転職希望者も増加する時期にあたるので、ライバルが多く競争率は高くなると言えます。

そのため、この時期は”転職しやすい”と言える反面、”有利であるかどうか”は別問題だと言えるため、「この時期に転職しよう」とこだわりすぎるのはオススメできません。

②ボーナスの時期から考える転職のタイミング

さらに、求人数が増加する時期については、ボーナスも関係していると言われています。

企業によって異なる場合もありますが、だいたいどの企業もボーナスを支払う時期は7月~8月の夏季と12月の冬季の年2回となっています。

「ボーナスを受け取った後に退社をしよう」と計画を立てている人はとても多く、もちろんそうした方が自分にとってもメリットは大きいと言えます。

ただ、みんな考えることは同じなので、”ボーナス受給後”というのは同時に他の転職者も多くなることから、企業からの欠員補充のための求人も出やすくなる反面、同じような転職希望者も多くなることが予測できます。

だからと言って、あえてボーナスをもらわないで時期をずらして転職をするのはやはりもったいないですから、ボーナスをしっかり受け取ってから退職する方がいいでしょう。

ボーナスを受け取ってから退職する場合、急に退職することを会社側に伝えてもすぐには退職できませんし、仕事を辞めてから転職先を見つけていては無職の期間が出来てしまうので、しっかりと在職中から転職活動を始めるのがベストです。

自分の会社のボーナス支給月の、だいたい3ヶ月前くらいから転職活動を開始するといいでしょう。

例えば夏のボーナスの支給月の7月に合わせるなら、転職活動を開始するのは4月または5月、冬のボーナスに合わせるなら10月あたりから転職活動を開始するといった感じです。

SE 長男SE 長男

ということは、ボーナスを受け取る前の時期の転職は絶対に辞めたほうがいいのかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

答えは『いいえ』ね。
例えばせっかく自分の希望条件に近い求人が出ているのに、ボーナスが欲しいばかりに応募を諦めたりするのは1番良くない例です。

自分の求める条件の求人は常にあるとは限らないし、目先のボーナスよりも今後自分がより良い条件で仕事が出来る方が価値が高いと言えるわよね。

もし良い求人が出ているのであれば、ボーナスを優先するのではなく、すぐにでも応募し転職活動を始めたほうが良いでしょう。

③企業の受け入れ体制の違いから見るタイミング

4月は新入社員が入社する時期でもあり、中途採用であっても新入社員と一緒に入社後の研修を受けることができるといったメリットがあります。

特に第二新卒者などで、「ビジネスマナーにはあまり自信がない」「ブランクがあるから不安」などといった人でも、4月の入社を目指せば新入社員と共に丁寧な研修を受けることができると考えられます。

企業側としてもそういったタイミングでマナー講習や研修などをまとめて行えることでメリットも高く、転職者にとってもメリットがあるということです。

しかし、異動や新卒の研修などが一通り落ち着いたタイミングで入社したとしても、手が空いているからこそ「手厚くサポートしてもらえた」などの体験談もあります。

ですので、絶対に4月というのを意識しなくとも、基本的にはどのタイミングで入社してもある程度は受け入れフォローは期待できるでしょう。

④キャリアや年代別で見るタイミング

企業側としては、社会人経験が3年未満の第二新卒の場合、新卒にはない実務経験や社会人経験などを身に付けている人材を即戦力として求める企業が多く、転職先の選択肢の数としては決して少なくないと思います。

介護士 次女介護士 次女

でも、転職したいと思っても”最低でも3年は辞めないほうがいい”と聞いたことがあるけど、やっぱり3年は我慢した方がいいのかな?

昔はよくそう言われたものですが、今ではそういった風潮は重視されたいのが一般的で、同じ企業で3年耐えたからと言ってそれによって必ず内定が獲得できるわけではありません。

厚生労働省の「新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況」によると、2019年現在公開されている最新の調査データを見ると、平成28年の場合高卒で就業して3年目までの離職率は29%、短大などを卒業して3年目までの離職率は29.8%、大卒で就業して3年目までの離職率は21.9%という結果が出ており、だいたい3人に1人~5人に1人くらいは社会人3年目以内に退職していることがわかります。
(引用:厚生労働省新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況

転職の女神 長女 転職の女神 長女

未経験の分野に挑戦するのも、社会人になって3年以内や4年以内でも若くて柔軟性があると評価されることで、十分採用の可能性はあると言えるため、社会人経験がまだ浅くても挑戦する価値はあると思います。

次に、同業種でのキャリアアップを目指した転職の場合は、未経験分野への転職とは違って、ある程度経験が長い方が「その分野において一定の経験を積んでいる」と評価される可能性が高くなるため、同業種でのキャリアアップなら経験を積んだほど転職は有利になります。

20代や30代など、年代問わず即戦力として企業の力になれるため、だいたい経験3年以上ならば転職に有利な時期にあるのではないでしょうか。

その際には、前の企業でどんなスキルが習得できているか、次の企業ではどんなキャリアアップを目指したいのかしっかりとビジョンを描いておくと、職務経歴書や面接時にも活かせると思います。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

もし、自分のキャリアプランに合わせた資格取得などを考えているなら、もちろん資格を取得した後での転職のほうが、履歴書や職務経歴書により有利に響いてくるので、資格取得後の転職がオススメです。

年代別に見ると、25歳以降の20代後半の場合、30代に入ってからでは求められるスキルが大きく変化するため、自分の経験や実績に自信がなくとも転職を考えているなら早めに活動した方がいいです。

例えば30代以降の転職の場合は、年を重ねれば重ねるほど企業に求められるスキルはどんどん上がってくることが予測され、企業側としても、年齢が上がるほど採用者に提示する年収も高く設定しなければならなくなるため、高い年収を支払っても採用の価値はあるのか見極めるため、採用のハードルは高くなりがちです。

30代の転職は、その分野において即戦力となれるような知識や経験が求められ、年齢相応にキャリアやスキルを持ち合わせていれば内定も難しくないと思います。

40歳以上の転職は、管理職を中心とした求人が中心となり、自分で転職活度をするにはなかなか良い求人が見つからない可能性が高いため、転職エージェントなどを利用した方がその年代に合わせたサポートを行ってくれるのでオススメです。

⑤業界・職種別で見るタイミング

転職市場の動向というのは、その業界や職種ごとに異なると言われています。

例えば営業や販売、サービス業などでは、3月と9月に求人が増加します。

これは、ここまでお話したような期初との関係や、ボーナスを受け取ってから退職する人が多くそれに合わせて採用を行っている傾向があるからです。

次に企画・管理・経理については、6月に人材募集が多い業界と言えます。

決算来の年度末と株主総会の準備が開始される年度初めから6月までは繁忙期となり、繁忙期が終わってからの求人募集になるためです。

さらに、ITエンジニア・クリエイティブに関しては、活気のある業界ということで、1年を通して月ごとの求人数の変化はあまりなく、どの企業でも年間を通して常に採用が行われています。


経済産業省の調査によると、特にITエンジニアは”2030年には59万人不足する”とも言われており、どこの会社でもエンジニアの人材不足は深刻な問題となっており、他の業種と比べても時期に関係なく転職しやすい環境にあります。

特に、VRやAIのスキルを身に付けているとさらに重宝される傾向にあるので、転職前にプログラミングスクールに通ったりするなどしておくと、転職にさらに有利に働くのではないでしょうか。

観光業界は、GWや夏季休暇、年末年始などの繁忙期に向けて採用を強化することが多く、外資系企業の場合は年度の開始が1月であることから、10月~12月頃にかけて求人が多くなるため、この頃がオススメの時期と言えます。


転職の女神 長女 転職の女神 長女

こういったように、業界・職種によって求人が出る時期が異なるということを知っておくと、転職活動のスケジュールを立てやすくなるといったメリットがあります。

業界ごとで繁忙期がわかっていれば、その2~3ヶ月前から転職活動を開始すると、目当ての求人に出会えやすいのではないでしょうか。

⑥結婚などプライベートなケース別のベストタイミング

転職活動に関するスケジュールを立てる時には、プライベートのタイミングも考えながら行うことがポイントです。

人生にはいくつもの帰路や転機と呼ばれるターニングポイントがありますが、例えばマイホームの購入を考えている場合、住宅ローンを組むという人がほとんどだと考えられますが、転職直後で勤務期間が短い状態だったり失業中では、住宅ローンの審査が通らないといったことも考えられます。

そのため、住宅購入を近々考えているのであれば、住宅ローンを組んだ後で転職した方が無難だと思います。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

また、女性で結婚の予定があったりなるべく早く子供が欲しいと考えている場合、『育児休暇』を取得するには「同一事業主に引き続き1年以上雇用されている」などの条件があるため、転職後1年以内は育児休暇が取れないため、出産予定があるならこういった点にも注意が必要です。

さらに子供を産んだあとでは、自分が動ける時間が限られてしまったり、育児などで働く時間に制限ができたり、残業がしずらくなったりなど、いろいろと仕事との付き合い方や理想が変化してくると思います。

そのため、早い段階から子育てをしやすい環境の仕事や会社に転職を済ませて、育児の環境を整えておくのも、自分の今後のライフプランにおいて有利だと言えるのではないでしょうか。

⑦現職になるべく迷惑をかけないタイミング

立つ鳥跡を濁さずとはよく言ったもので、いくら自分が転職したいと思っていても、「今いる会社になるべくなら迷惑をかけない状態で辞めたい」と思っている人も少なくありません。

自分の将来のことだけを考えないで、お世話になった会社のことまで考えられるのは素晴らしいと思います。

もちろん円満退職は誰もが望んでいることかもしれませんが、取引先やクライアントなどを含め、今在籍中の会社のことを配慮して転職時期を決めようと思っているなら、その会社や所属先の『繁忙期』と『引き継ぎ期間』について把握する必要があります。

繁忙期に転職しようとすると、「今こんなに忙しいのに辞められては困るよ」と引き止めにあってしまって思うように辞められなかったり、良いポジションへ昇格させることで退職をさせまいと条件を出されることがあります。

繁忙期を避けることで会社に迷惑をかけないだけではなく、引き止めによって気持ちがグラついてしまうことも防げるわけです。

また、今あなたが行っている業務の後任への引き継ぎ期間を考慮し、退職を希望している月から逆算して「どれくらい引き継ぎに期間が必要か」を考えて退職と転職活動を開始することで、会社側もフォローがしやすくなります。

例えば、何かプロジェクトなどに参加している立場なら、そのプロジェクトが終了したタイミングを仕事のキリとして退職を申し出るなどもいいでしょう。

もちろんその会社によって「退職は○ヶ月前に申し出ること」などの就業規則がある場合は、それに従うようにします。

法律的には、社員は”2週間前”までに退職届を提出すれば退職出来るものと定められており、会社側は労働基準法上は2週間以上の引き止め行為は出来ませんが、ただし契約社員の場合は契約期間が優先されます。

時期よりも大切なのは『チャンス』を逃さないこと

中途採用という立場から、例えば4月入社の新卒者と同時期に入社して研修やフォローを受けやすくしたり、同期との人間関係を築きやすくすることを重視するならば、1月あたりから転職活動を行うと、その人にとってメリットが大きいと言えますね。

同じようなことで言えば、10月など秋シーズンは人事異動を行う会社が多く求人数も多くなり、7月頃から転職活動を行うと、社内での人事異動により新しい顔ぶれの中に自分の入社のタイミングを合わせることができ、職場にも馴染みやすいかもしれません。

1月、または7月から開始することで、それぞれ年末年始や夏季休暇などの大型連休を挟むことになり、仕事が休みの期間にじっくりと転職についてキャリアプランを立てたり、履歴書や職務経歴書など応募書類をじっくりとまとめる時間が確保しやすいなどのメリットもあります。

実は結構多いのが、お盆や年末年始などの大型連休中に実家に帰省し、親や地元の友人と久しぶりにいろいろ会話した中で、自分の将来のことや今後のキャリア、結婚などについて改めて見直すキッカケとなり、そこで転職を決意する人です。

「転職をしよう」と思った時こそが、あなたのベストなタイミングなのです。



もちろん「今すぐ転職したい」と思っているのに、転職の時期を見極めるために我慢して今の会社で耐え続ける必要はありません。

転職活動におすすめの時期などをここまで解説してきましたが、読んでもらってわかるように、その時期によって大きく採用に”有利”に働く時期というのが何月というわけではなく、まずは準備をしっかり整えておき、自分が希望する条件に近い求人が企業から出された時に、すぐにアプローチ出来るようにしておくことが大切です。

つまり、転職において重視しなければならないのは、『時期』ではなく『効率』

せっかく良い条件の求人に出会えたとしても、転職の準備が整っていなければ良い求人を逃してしまうことになりますし、ボーナスの時期や求人の多い時期を優先しすぎてしまうと、そのタイミングで自分が希望する条件に近い求人が出ているとは限りません。

少しでも転職したいと考えているならば、自分の今後のスケジュールに合わせて臨機応変に対応できるよう、なるべく早期から転職活動は始めておくことが、転職を有利に進められるポイントだと言えます。

もちろん、みなさんが置かれている状況はそれぞれなので、その人にとって転職活動を始めるベストな時期というのは異なると思いますが、そういった転職に関わる相談が出来るような存在がいるのといないのでは、気持ちの面でも効率の面でも大きく違ってくるのは確かです。

職種ごとの転職事情を熟知した転職エージェントの利用がオススメ!

派遣 次男派遣 次男

転職のベストタイミングは、職業によっても変わってくるんだね。
でも、自分が希望する職種のオススメの転職時期なんてわからないし、そういう時期はライバルも多いなんて…
僕みたいに大して取り柄もない人間は、転職なんて成功するはずないよ…
やっぱり僕は一生ニートと正社員の狭間で生きていくんだ…!!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そんなことないわ。
転職活動を行う時には、やはり1番は転職エージェントの利用がおすすめ。

というのも、先ほどお話したように転初をするには職種ごとによって有利な時期があるわ。
転職エージェントは、その業界&職種ごとの最新の転職事情を熟知しているから、転職活動そのものを効率的に進めることが出来るわ。

企業側が中途採用を活発に行っているからと言って、誰でも簡単に内定が獲得できる時期という訳では決してありません。

求人が多くチャンスが多い時期はその分ライバルが増える時期でもありますし、中途採用ということで若年者であってもある程度ビジネスマナーが身についていることが求められます。

現職の仕事の都合もありますし、次の転職先が自分の希望条件に合った求人が見つかるかなど、さまざまな事情があるからこそ、転職のベストな時期の見極めというのは難しい人も多いと思います。

そのため今の仕事は辞めないで、早い段階から転職エージェントに登録してサポートを受けつつ在職中に転職活動を開始することで、自分1人で転職時期に悩むこともなくなり、応募企業とのやり取りや円満退社のための手助けをしてもらえるため、最も効率的な転職活動が出来るのではないでしょうか。

仕事を続けながらであれば、無職になって収入が途切れるなど不利な状況になる心配もなく、転職エージェントによる非公開求人の紹介なども受けられます。

特に、第二新卒や既卒者の中には面接を苦手とする人も少なくありませんが、転職エージェントでは経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの履歴書や職務経歴書の書き方、面接の受け方などについてアドバイスをくれたり、その人の強みや長所となる部分を引き出してくれるほか、模擬面接を行ってくれるなどのサポートがあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

こういったサービスを利用して、ビジネスパーソンとしての自分を”客観的に判断する”ということは非常に大切なことです。

自分の適性や自分の弱み・強みなどについて知っておくと、転職活動を行っていく時に役立つと言えるでしょう。

転職のタイミングを見極めるのが難しい人も、まずは相談してみると本当に今転職するべきなのかも親身になってアドバイスがもらえるはずです。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?転職活動に利用するメリット&デメリット