今の会社に不満があるから転職を考えているという人は、案外たくさんいるかもしれません。
しかし、転職に対して不安があるため、転職までの一歩を踏み出せないという人は多いことでしょう。

では、多くの人は一体転職に対して、どのようなリスクや不安を感じているのでしょうか。
アンケート形式で調査したので紹介していきます。

月日が経てば転職するのはどんどん難しくなる!


アンケートの結果、転職先が見つからないのではという不安を抱えている人が、転職リスクの中で1番多いという結果となりました。

・もし転職するとしても田舎は職場が少ない。若い方たちでも就職できなくて都会へ流出しているのが現状。年齢も大きくなり転職先を見つけられない。(60代/女性/個人事業主)
・転職しようとしても、大したスキルや経験もないのですぐに転職先が見つからないということを感じます(30代/男性/正社員)
・今、私は40代後半の男性ですが、若い人でも仕事が見つからない現在、私の年齢ではまず転職先が見つかるとは思えません。(40代/男性/正社員)



転職活動をしても転職先が見つからないと不安を抱いている理由は、大きく分けて3つあることがアンケートから判明しました。

地方在住のため仕事の選択肢が少ないことと、企業が魅力に感じるような特別な資格や経験を持っていないこと、年齢が若くないことが、不安に感じる原因のようです。
理由の中には、自身で状況を変えられるものと変えられないものとがあることがうかがえます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職先が見つからないで収入がなくなるリスクをなくすには、在職中に転職先を見つけることで不安は解消出来ると思います。

これについては、こちらのページ転職活動は働きながら(在職中)?退職してから?メリット&デメリット!会社にバレる?でお話しています。

転職に多少のリスクはつきもの!好きな仕事なら転職する価値あり

同率2位に選ばれたのは、給与や待遇が今よりも悪くなるというリスクと、新たな人間関係に対する不安でした。

・給与、年収等がダウンするリスクはあるが、生活できる程度の収入であれば問題ないと考えている。むしろ、やりがいや人間関係を重視している。(40代/男性/個人事業主)
・転職すると、これまでのキャリアを認めてもらえないと思うから。(60代/女性/専業主婦(主夫))
・人間関係がうまくいかないと、仕事が楽しくても楽しくならないと思うので。(40代/女性/個人事業主)
・どんなに辛い仕事でも人間関係が良ければ多少は頑張れるからです。(20代/女性/専業主婦(主夫))



転職の女神 長女 転職の女神 長女

生活に影響を与える給与や待遇が、今よりも低くなることに危機感を覚える人は多いことがわかりました。

しかし中にはポジティブな意見もあり、やりたいことがあるならスタート時には給料が低くなったとしても転職をしてみる価値はありそうです。

このことはこちらの「あなたが転職で重視したい条件は?」みんなが転職先に求めるものはどんなこと?アンケートをとってみました!のページでもわかるように、転職で年収アップを求めるよりも仕事内容や労働条件の向上を求める人が多いようです。

一方、人間関係を気にする声は多く、人間関係が仕事に与える影響の大きさがアンケートからは見て取れます。
逆に人間関係が良ければ仕事を頑張れるという声もあり、今の職場の人間関係で悩む人は転職してみる価値はありそうです。

希望が確実に叶うわけではない!今までの経験が無に帰す危機感

3番目に多く寄せられたのは、今まで培ってきたキャリアやスキルが評価されないことに対する不安でした。

・自分の今までの仕事の実績が、新しい会社で役に立たないのが一番のリスクと思います。(50代/男性/個人事業主)
・資格を持って働いていても他の場所では意味がなかったりもするので、リスクを感じます(20代/女性/無職)
・自分が思っているような仕事内容や勤務地、待遇の転職先がすぐに見つかるとは限らないので、転職するには勇気がいります。(40代/女性/パート・アルバイト)



今まで自分が努力してきたことが、転職先で否定されることに多くの人は不安を感じるようです。
このことは、特に転職先が自分が希望通りのところではなかった場合に、多く見られることが分かります。
今までの経験を捨てて、新しいスキルを得なければならないことに対するリスクは、精神的な負担が大きいことが見て取れます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントでは、企業側が求めている人材と、転職希望者のスキルや実績とを照らし合わせて明確にすることで、こういったミスマッチを防いでいます。
自分の強みを最大限活かした転職がしたいと考えている人は、転職エージェントなどを利用するといいかもしれません。

詳しくは転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットへ。

転職してからイメージとは違うと気づくことに警戒する人は多い

4位には実際に働いて思っていた仕事と違ったというギャップが、5位には社風に馴染めないのではないかという不安が選ばれました。

・実際に働いてみないとわからないことなので、仕事内容が一番心配。(20代/女性/派遣社員)
・転職先を見つけたとしても求人通りの待遇のところは少ないと思います。(40代/女性/専業主婦(主夫))
・実際に働いてみなければ、会社の中身は、わからないので、働いてみて、そこになじめないのは、精神的にきつい。(30代/男性/パート・アルバイト)



4位と5位の回答から読み取れるのは、せっかく転職したのに、思っていた仕事や雰囲気とは違ったという状況に大きなリスクを感じるということです。
外側から見た状況と、内側から見た状況は違う場合もあるという指摘もあり、求人通りの待遇ではないところに行ってしまうのは避けたいと多くの人は感じているようです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

自分だけの力で転職をしていると、普通なら転職先の職場の雰囲気などはあまりわかりませんが、転職エージェントによっては、面接応募前に事前に職場を見学出来たり、キャリアアドバイザーから職場の雰囲気や一般にはわからない内部事情などを教えてもらえたりします。

詳しくは転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットへ。

転職は仕事が好きだからこそ行うもの

今回のアンケート結果からは、転職は全く新しい分野に飛び込むものではなく、今までの仕事や待遇の延長線上で行いたいと考える人が多いことがわかりました。
また仕事が嫌になったわけではなく、会社や環境を変えたいという人が多いことが読み取れます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職を成功させるためには、転職先をきちんと選ぶことでこれらの不安は解消するかもしれません。

素晴らしい会社に転職するためには、努力してスキルを身につけたり、リサーチして転職先を見極めたりすることが大切です。