転職活動の面接では必ずといっていいほど「長所と短所を教えてください」という質問が飛んできます。
何気ない質問のように見えて、実は企業への適性を見極められる重要な質問であり、回答が採用の鍵を握っているケースもありえます。

ここでは、「長所と短所」の回答を事前に用意したうえで、面接官の心に響く伝え方をする方法を解説します。



面接官はなぜ長所や短所を聞く?意図を知ることが第一歩!

派遣 次男派遣 次男

僕は自分に自信がないから、短所なら出てくるんだけど長所ってなかなか自分で胸を張って言えないんだよね。

面接官は、なんでそもそも長所と短所なんて質問をするんだろう?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そうね、自分のことが自分でよくわかっていないと、答えられない質問ね。

面接官が「長所と短所」を聞いてくる大きな理由は、もちろんその人の人間性を知りたいという理由もあるけれど、もう1つは”志望者が自己分析をしっかりと行えているかどうか”ということです。

自己分析とは志望者が自分の性格を自覚し、能力適性や得意分野を理解する過程のことです。
自己分析が正確にできていると、苦手な分野に手を出して時間を浪費することがなくなります。

また、志望動機にも説得力が増すでしょう。
自分の性格を把握できている人間は、コミュニケーション能力も高いと考えられます。

能力を過信することがないので、積極的に先輩社員へと質問をしたり、自主的に調べたりして成長しようとする意志があります。
自己分析ができている人間かどうかを判断するために、面接官は「長所と短所」という形で質問をしてくるのです。

もちろん、単純に「長所と短所」そのものを知りたいという意図もあります。
企業が転職者を採用する際には、経験や能力が伴っている人材を好む傾向があります。

未経験者をゼロから育てるよりも、即戦力になることを期待しがちです。
そこで、企業の仕事内容に合っている人間かを知るために「長所と短所」を聞いてくるのです。

「長所と短所」についての質問が出てきたとしたら、面接の山場に差し掛かっていると考えた方がいいでしょう。
面接官は他の質問以上に、回答に注目している可能性があります。
重要な局面で緊張して印象を残せない事態を避けるために、しっかりとした回答を用意しておくことがおすすめです。



面接での自分の長所・強みのベストな答え方は?

SE 長男SE 長男

うーん、質問の意図はわかったけれど、長所って答え方によってはかなり自信家な印象になりやすいよね。
どんなふうに答えるのがベストなんだろう?

ニート 三女ニート 三女

長所かぁ…印象を残すためには「ど根性」とかでいいんじゃないの?
「粘り強さ」です!とか。

ニートの私が言うと、とてつもなく説得力に欠けるわね。(笑)

転職の女神 長女 転職の女神 長女

企業はその人の性格を知りたいというよりも、その性格が仕事に活かせるかを知りたがっているわ。
答えた回答が、どんなに人間的には優れた長所であっても、企業の仕事内容からかけ離れた内容を伝えてしまうと面接官の印象には残りにくいでしょう。

自分の長所や強みを考えるときに気をつけたいのは、面接先の企業に関連付けた回答にすることです!

たとえば、デスクワーク中心で正確な計算や入力作業が求められる仕事であれば、「几帳面さ」や「真面目さ」といった長所が求められています。

外回り中心の営業の仕事であれば、「行動力」や「積極性」が好まれるでしょう。
自己分析の際には、最初に面接先の企業研究を十分に行なっておくのが得策です。


長所をただ伝えるだけでは、面接官に内容を疑われてしまう可能性があります。
そこで、少しでも説得力を持たせるために、具体的なエピソードで回答を補強するようにしましょう。

たとえば、「私は何事も最後までやり遂げる人間です」と伝えたいなら、前職での実績を踏まえて話すと面接官の心に響きやすくなります。

学生時代の体験を話すのも新卒の志望者なら悪くはないのですが、転職者の場合だと「前職の話をどうしてしないのだろう」と違和感を持たれてしまうこともあります。
社会人経験のある人は、会社でのエピソードを盛り込んだ方がより実践的な能力があるとアピールできるでしょう。



自分の長所・強みの答え方でNGな例文はコレ!

長所の内容は魅力的でも、答え方が悪くて面接官から評価を落としてしまうこともあります。
注意点としては、要点が絞れていない回答を避けることです。
以下、悪い回答例です。

  • 「私の長所はコミュニケーション能力の高さです。誰とでもすぐに仲良くなれるので、新しい職場にもすぐなじめると思います。また、語学力が高く海外企業との取引もある御社でも能力を活かせるはずです。前職では企画の仕事もしており、多角的な分析力を身につけています。」

一つ一つの長所は的確なものですが、あまりにも詰め込みすぎたため印象に残りづらくなっています。
また、長所を羅列しすぎて嘘っぽく聞こえもします。

長所を答える際には一つに絞ってエピソードを膨らませる方が効果的でしょう。
また、長所を過剰に盛りすぎても面接官には響かない傾向があります。

  • 「私は計画的に物事を達成まで導くことができます。前職でも会社の命運を握るプロジェクトリーダーを任され、立派にやり遂げました。自分は仕事が大きくなればなるほど力を発揮するタイプです。」

自己アピールのために多少は事実を大袈裟に言うのもテクニックですが、行き過ぎると謙虚さのない人間だと思われてしまいます。
また、人を見抜くプロである面接官相手なら、矛盾点や大言壮語はすぐにバレてしまうものです。

あくまでも事実に基づいたアピールをするようにしましょう。



自分の短所・弱みは前向きに変換!ポイントと回答のコツは?

介護士 次女介護士 次女

長所よりもっと答えにくいのが「短所」よね。
答え方によっては、そんな人間採用したくないって思われてしまいそうだし、かと言って適当なことは言えないし…。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そうよね、長所以上に答えにくいといえるのが短所ね。

短所も正直に伝えなければ、面接官から悪い印象を持たれてしまうけれど、正直に伝えすぎれば「能力に欠点のある人間」と判断されて、採用が遠ざかってしまうことも事実です。

まず前提として「短所も自分の個性である」という考え方をするようにしましょう。
個性であるからには、伝え方によって魅力的に見せることも可能なはずです。
面接官にとってむしろポジティブに響くような短所を考えるようにしましょう。

たとえば「内向的」という短所があったとします。
普通に伝えれば、「コミュニケーションが苦手で暗い人なのではないか」と面接官を不安にさせてしまうリスクがあります。

しかし、「空気を読みすぎてしまう傾向があります」と言い換えてみると、ネガティブな要素が薄まるでしょう。
「協調性があって集団の中に溶け込みやすい人材」と思ってもらえる可能性があります。
短所をそのまま伝えるのではなく、表現方法を工夫するようにしましょう。

長所と短所は表裏一体でもあります。
長所も行き過ぎれば短所になってしまうことがあるので、短所を答えるときには長所の延長線上で考えてみるのも一つの手段です。

「意志が強い」という長所がある人なら「意志が強すぎて周りが見えなくなることもある」という風に、長所との整合性がある回答を伝えれば面接官から悪く思われにくいでしょう。



短所・弱みの伝え方で、避けたほうがいい回答は?

短所や弱みを聞かれたとき、避けたい回答は「私には短所がありません」や「思いつきません」というものです。
自分に自信がある人はこうした答え方をしてしまいがちですが、非常に尊大なイメージを面接官に与え、「一緒に働くのが大変そう」だと思われてしまいます。

また、短所を伝えると評価を落としそうで不安な人もいるでしょう。
しかし、短所のない人間がこの世に存在するわけはなく、面接官は志望者の人間性に触れたいと考えているのです。

最初から志望者の短所を否定しようと考えている面接官はまずいないので、安心して短所を伝えるようにしましょう。
正直に短所を伝えることは肝心ですが、回答のボリュームを膨らませて自虐的になるのも避けたい事態です。

コンプレックスが強く、卑屈な人間だと解釈されれば採用率は低くなります。
それよりも、冷静に自分と向き合えている人間だと思われるように意識しましょう。

また、あなたの印象と齟齬がある短所を伝えるのもNGです。
面接の短い時間でも、すでに面接官はあなたに何らかの第一印象を抱いているでしょう。
それと一致しない回答は説得力がなく、面接官を戸惑わせます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

回答に客観性をもたらすためには、自己分析を行う際に親しい人間から協力してもらい、自分の性格を聞き出すのも有効です。

長所も短所も大切なあなたの価値であり、企業にも正確に伝えて転職を成功へと導きましょう!