就職は、雇用する側と雇用される側がお互いに理解し合うことが欠かせません。
そのため企業は、書類選考だけではわかりにくい応募者の熱意や人間性などについて面接を通じて見極めようとします。

面接が採用に大きな影響を与えます。転職を成功させるには面接対策が重要になります。
そこで、面接の種類や面接時の注意点、第一印象の重要性、さらには転職エージェントを活用した面接対策などについてお伝えします。



面接の種類は?個人、集団、グループディスカッションなど

転職の女神 長女 転職の女神 長女

採用面接というと、数人の面接官の前に1人で座って面接を受ける形式が一般的ですが、面接にもさまざまな種類があることを知っておく必要があります。

その理由は、自分がまったく想定していなかった面接形式の指定があった場合に、準備ができていなくて面接当日に焦って力を出し切れない可能性があるからです。
どんな形式の面接であっても、志望動機や自分の強みのアピールなどができるように準備をしておくことが大切です。

そこで、面接の4種類をご紹介します。

  • 1.個別面接

まず1つ目は転職希望者1人と面接官で行う個別面接です。
面接官は1人もしくは複数です。複数の場合、全員の視線を一身に浴びることになりますので緊張しやすいという特徴があります。

  • 2.集団面接

転職希望者が複数いる中で行われる面接形式で、グループ面接と呼ばれることもあります。
面接時間中に自分が質問を受ける時間や意見などを発言する時間は限られ、他人の意見をどのように理解しているかも評価されるといった特徴があります。

  • 3.グループディスカッション

転職希望者数人がグループとなり指定されたテーマなどについて議論をします。
この形式もグループ面接と呼ばれることがあります。
他人の意見を踏まえてどのように議論のまとめに参加していくかを評価される点が特徴です。

  • 4.プレゼンテーション形式

与えられたテーマについて自分の意見を含めて発表する形で行われます。

大切なのは、質問への典型的な回答よりも表情や熱意

派遣 次男派遣 次男

面接官に好印象を持たれるようなコツって、どんなことがあるのかな?
やっぱり大切なのは質問に対する回答の内容?
何かコツあれば知りたいな。

面接に受かるための大切なポイントがいくつかありますが、主なポイントは3つです。

  • 1.自分の意見をしっかり回答

1つ目は、質問に対して面接対策の書籍に載っているような一般的な回答をするのではなく、自分なりの意見をはっきり持って回答することです。
面接官は数多くの転職希望者の面接を行っています。
そのため、一般的・模範的な回答では「またか」と思われてしまい、印象に残らないばかりか悪い印象につながるリスクもあります。

また、自分の意見を構築せず一般的な回答だけ用意して面接に臨むと、さまざまな角度から質問を受けているうちに一貫性を欠いた回答になってしまう場合もあります。
面接に臨む前に、想定質問に対して自分の考えを整理しておく準備が必要です。

その準備ができていれば、想定外の質問に対してもその場で自分の考えをまとめられるようになります。

  • 2.表情を意識

2つ目は相手にどのような印象を与えているかを意識して表情に気をつけることです。
緊張するのは問題ありませんが、険しい表情にならないようにしましょう。



  • 3.入社意欲のアピール

3つ目は入社したいという熱意をはっきりと示すことです。
文章で書かれた書類から熱意を読み取るのは難しいですが、面接だからこそできるポイントです。
具体的に入社してどうしたいのかを示し、学ぶ意欲があることをアピールすると面接官の印象がよくなる可能性が高いでしょう。

グループ面接ではどんな姿勢で待つべき?聞く姿勢も見られている!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

グループ面接とも呼ばれる集団面接は、個別面接の対策が活かせる点も多いですが、グループ面接ならではの特徴がありますので、グループ面接用の対策もしておく必要があります。
グループ面接におけるポイントは2つです♪

  • 1.印象に残るアピール

1つは、限られた時間の中で、面接官の印象に残るようなアピールを行うことです。
グループ面接の場合、面接時間の中で自分が発言できる時間は限られています。

そのため、短い時間でアピールをすることが求められます。
自分が話す順番になったからといって別の応募者の時間を奪って長々と話しをするとマイナス評価につながる可能性がありますので、コンパクトにまとめつつ強い印象を残す必要があります。

また、他の人が興味深く強烈な印象が残るエピソードを披露すると、「自分のエピソードは平凡かもしれない」と不安に駆られるかもしれません。
しかし他人の話は興味深いものですので、自分が用意したエピソードも負けず劣らず興味深い話だと自信を持ってアピールすることが大切です。

自己アピールについてはこちら転職活動の面接での自己紹介と自己PR、志望動機!回答の仕方とポイント、NG例は?

  • 2.聞く姿勢

もう1つのポイントは、他の人が話しをしているときの聞く姿勢です。
面接官は他の人の話をどのように聞いているのかも観察しています。

他の転職希望者が話しているときは、話の内容を把握することに集中しましょう。
そうすれば話を聞く姿勢がとれるでしょうし、自分のエピソードと比較してペースが乱されることもなくなるはずです。

グループディスカッションの場合は、相手の話を踏まえて自分の意見を述べることも重要です。
その際、他の人の発言をまったく受け入れず貶める発言はマイナス評価になるので避けるべきです。



面接合格は最初の5分で決定?!第一印象が合否を左右する?

面接を受かるためには、面接開始後5分間が勝負です。
最初の5分で、面接官の印象のほとんどが決まる可能性あるからです。

メラビアンの法則として知られていますが、人は視覚を通じて得た情報で相手を判断する割合が55%あるといわれています。
その他の口調や抑揚、話す速度など音による情報で38%、残りの7%が話の内容にあたる言語情報ということです。



つまり、第一印象のおいては、半分以上見た目によって印象が決まることを意味します。
面接官が抱く狭い意味での第一印象は、ドアを開けて挨拶をする瞬間です。
大きな声で挨拶をするのはもちろん、不安げな表情ではなく元気な表情を見せて入室することが大切です。

ただし、日常の出会いとは違い、面接官は転職希望者を面接時間全体を通じて判断しようという心構えを持って応募者を見ていますので、最初の瞬間だけですべての印象が決まるわけではないでしょう。
それでも、最初の5分で面接官の印象はほぼ固まるといわれています。

5分間というと短く感じるかもしれませんが、面接官にとっては十分な時間です。
数多くの転職希望者を見ていますので、短時間のうちにある程度適切な判断が下せるのです。

面接時間が15分あったとして、5分間経過した残りの10分間でいくら頑張っても面接官の判断を覆すことは難しいでしょう。
最初の5分間にどんな印象を面接官に与えることができるかについてしっかり準備して面接に臨むことをおすすめします。

面接対策に自信がないなら、転職エージェントの面接サポートを!

派遣 次男派遣 次男

いろいろポイントはわかったよ。
いろんなパターンを想定して、落ち着いて面接に臨みたいね。
でも、企業ごとによって対策とか傾向って変わってくると思うから、そういった情報があるともっと自信が持てるかもしれないな。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そうね、自分だけで対策して面接に受かるのは難しいと感じる人もいるでしょう。
そういった方は、転職エージェントの活用をおすすめします!

転職エージェントは、就職先探しや職務経歴書などの書き方、応募先企業ごとへのアピール方法などについてサポートしてくれます。



また、面接対策についても個別に指導をしてくれます。
転職エージェント会社は、転職における面接対策セミナーなどを主催する場合もあります。
セミナーに参加をしてまずは一般的な面接対策について理解し、その後、転職エージェントに面接の個別指導を受けてみるとよいでしょう。

個別指導では、志望動機の整理や意欲・熱意の効果的なアピール方法、そして受け応えのポイントや事前想定質問とその回答内容に関するアドバイス、さらには服装や面接当日のふるまい方などについて、模擬面接も交えて指導してくれるのが一般的です。

転職者が転職を実現するためには面接のクリアが必要ですので、お伝えしたポイントをしっかり守って面接対策を行ことが大切です。