例えば、あなたがまだ知り合いではない人に初めて会った時、その人のどこに注目して見るでしょうか?

その人について書かれたプロフィール文章を読むよりも、直接会って会話したほうがよりその人のことを知ることが出来ることと同じで、面接においても面接官は履歴書を見るよりも面接で対面することによってその人物をより深く知ろうとします。

そのため、面接当日の身だしなみに気を使うことはとても重要だといえます。

面接前の準備では当日の服装で悩みがちですが、面接時の格好や身だしなみのルールや社会人としてのマナーについて詳しく解説していきます。

また、正社員だけではなくアルバイトやパートの場合、そしてスーツ指定がない”服装自由”の場合はどうすればいいのかなどもお話していきます。



身だしなみの基本は、『清潔感』と『ビジネスシーン』に合っているか?

派遣 次男派遣 次男

高校生の時はバイトの面接って制服で良かったけど、大人になってからはそうはいかないよね。
就職でも転職でも、これで大丈夫って思い込みで面接に行って、大失敗しないようにしたいな。

具体的にどんな服装がいいのかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

面接時の身だしなみでまず重要になってくるのは、第一に『清潔感』、そしてその会社が人材として求める『ビジネスシーンにあった格好』がされているかよ。

せっかく面接の受け答えが完璧でも、身だしなみが出来てないことでマイナス評価に繋がるのはもったいないですよね!
思い込みや勘違いのないよう、気をつけましょう。

男女ともに、面接で最も重要なのは清潔感です。

基本的に指定がないと書かれている場合でも、男性・女性問わずスーツを着ることが基本となります。

清潔感というのは、例えば男性は髭をきちんと剃ったり襟足を整えたりする他、寝癖がついたままやボサボサなヘアスタイルはやめましょう。

女性は化粧をしているとわかる範囲の薄いメイクを行い、髪が長い場合は後ろでまとめ、髪は目にかからないようにしてください。

深爪もよくないですが、逆に長すぎても印象が悪くなるので、適度な長さに整えるなどが基本的なマナーとなります。



面接の服装には、ある程度服装の統一感やセンスが求められるものの、センスというのはそもそも人それぞれであり、デザイン系の業種などではない限り、おしゃれかどうかは採用・不採用の大きな判断基準になることはありません。

しかし『清潔感』というはセンスのあるなしに関係なく、その人物の性格や考え方を見極める重要な指標となります。

ボタンを外したほうがオシャレに見えそうなどと勝手に判断し、ワイシャツの第一ボタンを外していたり、長く着られるようにと身体のサイズに合っていない不釣り合いなスーツのサイズだったりするのもよくありません。

例えばあなたが採用担当者だった場合、同じような経験スキルや知識を持った人たちを比較した時、見た目に清潔感もあってビシッと気合いの入った人に好感を持つか、身だしなみに気を使っておらず不清潔な見た目の人に好感を持つかを考えてみてください。

面接と言えども、それは社会人としてのビジネスシーンに変わりありません。

これから一緒に働く人を選考する時に、ビジネスの場にふさわしい格好やマナーを守れていない人と、今後一緒に働きたいと思うでしょうか?

シャツがよれていたり爪が伸びていたりすると「清潔感がない人だな」と思われるだけではなく、「事前に面接に向けた準備をしない人なんだな」とか「準備もしないで、本当に働きたいという意思はあるのか?」など、入社の熱意や姿勢までも疑われる可能性が高くなります。

服装の乱れや身だしなみのマナー違反によって、合格率を自ら下げてしまうことがないよう、面接前には服装のメンテナンスを行い、面接当日は身だしなみをきちんと整えましょう。

SE 長男SE 長男

身だしなみって、面接ではどれぐらい重要なのかな?

転職サイトdodaでは、企業の採用担当者103人に対して「面接時のマナーや振る舞いにおいて、重要視する項目を3つ、1位から3位の順位を付けてお答えください」とアンケートをとった結果が載せられていました。


(転職サイトdoda面接の服装・スーツ・髪型・メイク【転職活動の身だしなみ】より)

この結果によると、最も重要視される項目は「表情」が27.2%、「挨拶」が24.3%、「言葉遣い」が18.4%となっていますが、2番目や3番目に重視する項目を見ると、「身だしなみ」と回答する割合が多くなってきています。

つまり、面接において身だしなみや服装が最重要視されるわけではないものの、その人の評価を左右する項目の1つとしては確実だと言えそうです。

面接には男女ともスーツが基本!リクルートスーツとビジネススーツどっち?

面接では、原則スーツを着ることが一般的で、これは服装の指定がなく自由であったとしても同様です。

転職などの面接でも、企業側から服装について特に指定されることはあまりないですが、何も言われなかったから何を着ていってもいいということではなく、”困ったらスーツ”という考え方が基本です。

派遣 次男派遣 次男

リクルートスーツは持っているんだけど、面接ってリクルートスーツじゃダメなのかな?

この他にスーツって持ってないんだよね…。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

リクルートスーツを面接に着ていってもいいのは、学生で就職活動をする時、または新卒で入社してから1年~3年以内の第二新卒の人のみで、それ以外であれば基本的にはビジネススーツを着るほうが無難だと言えるわ。

あなたの場合はまだ第二新卒に入るから、リクルートスーツでも問題ないわ。

リクルートスーツとビジネススーツは、そもそも根本的に生地の素材が違い、リクルートスーツは化学繊維でできておりシワがつきやすく、耐久性も弱いという特徴があります。

リクルートスーツは着る期間が10代後半から20代前半と短いため、長く着るような丈夫なものとして設定されてはいません。

一方、新卒や第二新卒以外の20代後半や中途採用などは、転職活動の面接ではビジネススーツを着用することとなりますが、ビジネススーツはウールや綿など、自然素材が多く使われており、デザインはストライプやウインドペンなどの柄が付いていることが多いです。



  • 男性の場合、スーツの色はグレーや黒、紺などの定番のものを着用し、ネクタイも紺や赤など無難な色のものをしめます。

新卒でリクルートスーツを着る場合は、光沢がなく柄もないさっぱりしたデザインを選びます。
ビジネススーツは、デザインが目立たないほど控えめなものか無地のものを着用してください。

  • 女性も男性同様に、新卒や若いならリクルートスーツを、転職したりある程度年を取っていたりする場合はビジネススーツを着ます。

スカートかパンツかは自由ですが、スカートの場合ストッキングは原則ベージュを履きましょう。

夏や冬などの違いは?

夏については、クールビズ適用しているような会社でも、上着とネクタイはしっかり着用するようにしましょう。
面接で「脱いでも結構ですよ」と言われない限り、暑いからと言ってジャケットを脱いでいくのではやめましょう。

ただ、汗だくで面接会場に行くのは印象が悪いので、汗をかいたりしたら早めに面接会場付近に着いておき、汗がひいてから入るようにしましょう。

冬の面接の場合、コートは受付の前に脱いで、面接を受けている間はカバンの上などに二つ折りでかけておき、会社を出てから着るようにします。

これは男性でも女性でもどちらでも同じことなので注意しましょう。

忘れがちですが、靴も大切です。
男性はスーツに合う色の革靴が基本で、たいていの場合は黒か濃い茶系の色となります。
女性は多くの場合黒で、ヒールが高過ぎないパンプスを履きます。

面接に行く前には、履いていく靴を拭いたり靴墨を塗ったりしてメンテナンスを行っておきましょう。

【面接の服装 男性】


【面接の服装 女性】


転職の女神 長女 転職の女神 長女

30代、40代など年代を問わず、これが基本の服装のルールとなります。

ここから細かい部分について詳しく解説していきます。

女性は面接時の髪型も特に注意!茶髪やネイルをしていくのはNG?

女性が面接に行くときは、男性以上に身だしなみに気を使う必要があります。

プライベートで行うおしゃれと面接に行くときの身だしなみは、当然大きくかけ離れているため、つい普段通りの格好で面接に行ってしまわないように気をつけましょう。

普段から髪を茶色くしている女性は、面接時には黒か、自然に見える黒に近い茶色にしていくのが無難です。

業種や職種によっては髪の色はそれほど気にされないこともありますが、その会社の面接官が髪色を気にするか気にしないかはわからないので、無難な色に染め直すことをおすすめします。

アルバイトのコンビニでさえ、「髪色が明るすぎる人は採用を躊躇する」という採用担当者が多いので、正社員であればなおさら「仕事をする場に釣り合うスタイルなのか」をよく考えてみましょう。

髪型に関しては、ダウンスタイルではないですが、ハーフアップのまとめ髪などをするのが基本です。



女性の中にはネイルアート(ジェルネイルやマニキュア、スカルプなど)を楽しんでいる人も多いと思いますが、基本的に面接にはネイルはしていかない方がベターです。

長いネイルや、ストーンやアートがされた派手なネイルは、もってのほかです。

ただ、クリア系のマニキュアは爪を美しく健康的に見せることも出来るため、問題ないとも言われていますし、ファッション系やオシャレに関する業種や職種であれば、事務や営業などの職種よりはネイルに関しては厳しい目で見られないかもしれません。

基本的にはネイルは「清潔感がない」と思われたり、「業務に支障をきたすのでは」、「遊びに来ているのか?」という印象を与えたりするので、不採用のリスクが高まります。

カラコンについても色なしで派手ではない通常タイプのもののほうが良いでしょう。

カバンや時計などの持ち物は?バッグの持ち方や置き方も注意

外見の印象を決めるのは服装と身だしなみだけではありません。
カバンや時計といったアイテムも、面接者の印象を決める大切な要素の一部です。

カバンは黒や濃い茶色、グレーなどの無難な色を選びます。
素材は特にこだわる必要はありませんが、革だと大人の印象を、ナイロンだと若い印象を与えることもあります。

カバンのサイズは、渡された書類を折らずに入れることが可能なA4サイズ程度のものが適しています。
デザインは、柄物やブランドのロゴが大きく目立つように入っているものは避けてください。

また、カバンはトートババッグやリュックサックは選ばないようにしましょう。



面接室には多くの場合カバンも一緒に持って行きますが、カバンだけではなくカバンの持ち方や置き方も面接官からは注目されます。
入室する際はカバンを手に持つか、女性の場合は肩にかけても結構です。

面接室にカバンを置く場所があればそこに置き、ない場合は自分が座る椅子のすぐ隣の足元に置いてください。
カバンは立たせておくのが普通ですが、薄いカバンでは倒れてしまう可能性があるため、マチが広く自立するものを選びましょう。

スマートフォンが普及する中、腕時計をつけている人は少なくなっている傾向にありますが、面接では時計をしていくことは大切です。

面接官は間近に面接者の腕時計を見る機会は少ないため、時計は全体のコーディネートを見たときの見栄えに影響を与えます。
バンドの色は黒やシルバーなど、靴やカバンとあったものを選んでください。

「指定なし」や企業側から「私服で」と指定があった場合は?

ITなどの新興の業界や、アパレルなどおしゃれをビジネスにしている業界など、企業によっては服装に関する指定が「指定なし」、「平服で」、「私服で」などと書かれていることがあります。

募集要項にこのように書かれていた場合は、「スーツなら問題ないでしょ」とスーツを着て行ってしまうと、かえって印象が悪くなる可能性があります。

しかしだからといって、「私服で」というのを本当に普段着のTシャツに短パンやジーンズ、パーカーなどの格好は、面接に行く服装としてはおすすめできません。

「普段着でOK」と指定してくる企業は、あなたが実際に働いた時のイメージや雰囲気が知りたいと思っているケースや、お互いリラックスして面接しましょうという意味合いが強い可能性が高く、または接客業などでその人のファッションセンスや身だしなみをチェックしたいというケースも多いです。

ファッション系の企業の場合特に、自社のブランドや方向性がその人と合っているか、企業のブランドイメージを壊さない人かというのを判断したい可能性が高く、そういった企業への応募であれば、ビジネスカジュアルではなくその企業のブランドに合わせて自分なりにコーディネートしてアピールすると良いでしょう。



スーツの指定がなかったり普段着指定されている場合で、その企業がファッション業界などでもない限りは、基本的にはビジネスカジュアルの服を着て行くのがベターです。

ビジネスカジュアルとは、男女ともにジャケットを羽織り、全体的に色の印象は黒やネイビーなどの暗めのものが無難ですが、アパレル業界やデザイン業界などでおしゃれに見せたい場合は、少々明るめの色をインナーに着るなど工夫をすると良いでしょう。

男性の場合、例えばジャケットにチノパンのパンツスタイル、またはビジネス用のポロシャツや襟なしのカットソーなどがおすすめで、女性の場合はブラウスまたはシャツ、カットソーなどのトップスに、アウターを着るとしたらカーディガンやジャケットなどにパンツスタイル、またはスカートスタイルなら膝丈程度の長さくらいがおすすめです。

靴はビジネスシューズを履くようにして、スニーカーやサンダルなどラフなものは避けてください。

革靴などビジネス用の靴とジャケットやボトムスが合わない場合は、靴をカジュアルなものに変えるのではなく、ジャケットやボトムスを靴に合うようなものに変えると、ビジネスカジュアルがうまくまとまることでしょう。

パートやアルバイトの面接の場合の服装は?

正社員の面接はスーツが基本となりますが、パートやアルバイトの場合はどうなのかというと、仕事内容にもよりますがスーツでも私服でも基本的にはどちらでも良いケースが多いです。

「スーツを持っていない…」など私服の場合は、ちょっと綺麗めなセットアップや、持っている服の中でも清潔感が感じられる、着回しすぎていないなるべく新しいものがいいと思います。

シワができていたり、ヘビロテしすぎて裾がヨレヨレになって生地に張りがないものや、シミが付いたもの、派手すぎる柄物や肌の露出が多いものなどはNGです。

靴は服に合わせたシンプルめなデザインのパンプスでいいと思います。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

人の第一印象は最初の5秒で決まるといわれています。

希望の会社に就職するためにも、身だしなみには十分に気を使うようにしましょう!