百聞は一見に如かずということわざがありますが、面接で直接対面することは、履歴書を読むよりもその人物をより深く知ることができます。

そのため、面接当日の身だしなみに気を使うことはとても重要だといえます。
面接前には服装で悩みがちですが、面接時の格好はどこまでが守らないといけない一線なのかを詳しく解説していきます。



身だしなみの基本は清潔感とビジネスシーンに合っているか?

派遣 次男派遣 次男

高校生の時はバイトの面接って制服で良かったけど、大人になってからはそうはいかないよね。
就職でも転職でも、これで大丈夫って思い込みで面接に行って、大失敗しないようにしたいな。

具体的にどんな服装がいいのかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

面接時の身だしなみでまず重要になってくるのは、第一に清潔感、そしてその会社が人材として求めるビジネスシーンにあった格好がされているかよ。

せっかく面接の受け答えが完璧でも、身だしなみが出来てないことでマイナス評価に繋がるのはもったいないですよね!
思い込みや勘違いのないよう、気をつけましょう。

男性はまず、髭をきちんと剃ったり襟足を整えたりします。
基本的に指定がないと書かれている場合でも、ネクタイを締めてスーツを着ることが基本です。

女性は化粧をしているとわかる範囲の薄いメイクを行い、髪が長い場合は後ろでまとめます。
前髪は目にかからないようにしてください。
爪は長すぎると印象が悪くなるので、適度な長さに整えてください。
深爪もよくありません。

女性の場合も仕事の面接を受ける場合、基本的にはスーツを着用します。
男女ともに面接で重要なのは清潔感です。
服装もさることながら汚らしい感じを相手に与えない身だしなみをすることが求められます。



服装にはセンスが求められますが、センスは人それぞれです。
デザイン系の業種などではない限り、採用するかどうかの大きな判断基準になることはあまりないでしょう。

しかし、清潔感はセンスのあるなしに関係なく、その人物の性格や考え方を見極める重要な指標となります。
シャツがよれていたり爪が伸びていたりすると清潔感がないと思われる可能性が高いので、面接前には服装のメンテナンスを行い、面接当日は身だしなみをきちんと整える必要があります。

面接には男女とも原則としてスーツが基本!生地やデザインは?

面接では、原則スーツを着ることが一般的です。
これは服装の指定がなく自由であったとしても同様です。
20代前半や新卒はリクルートスーツを着るのが一般的ですが、20代後半以降で転職をする場合は、ビジネススーツを着用してください。

リクルートスーツとビジネススーツは、生地の素材が違います。
リクルートスーツは化学繊維でできておりシワがつきやすく耐久性も弱いという特徴があります。
着る期間が10代後半から20代前半と短いため、長く着るような丈夫なものとして設定されてはいません。

一方ビジネススーツはウールや綿など、自然素材が多く使われています。
デザインはストライプやウインドペンなどの柄が付いていることが多いです。



  • 男性の場合、スーツの色はグレーや黒、紺などの定番のものを着用し、ネクタイも紺や赤など無難な色のものをしめます。

リクルートスーツは光沢がなく柄もないさっぱりしたデザインを選びます。
ビジネススーツもデザインが目立たないほど控えめなものか無地のものを着用してください。

  • 女性も男性同様に、新卒や若いならリクルートスーツを、転職したりある程度年を取っていたりする場合はビジネススーツを着ます。

スカートかパンツかは自由ですが、スカートの場合ストッキングは原則ベージュを履きましょう。

忘れがちで大切なのは靴です。
男性はスーツに合う色の革靴が基本で、たいていの場合は黒か濃い茶系の色となります。
女性は多くの場合黒で、ヒールが高過ぎないパンプスを履きます。
面接に行く前は履いていく靴を拭いたり靴墨を塗ったりしてメンテナンスを行っておきましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

特に社会人経験がある転職希望者は、身だしなみをしっかり整えておく必要があります。

新卒や若ければ多少大目に見てくれることもありますが、すでに社会人として活躍していた履歴がある場合は、より一層厳しい目で身だしなみは観察されます。

女性は面接時の髪型も注意!茶髪やネイルをしていくのはNG?

女性が面接に行くときは、男性以上に身だしなみに気を使う必要があります。

なぜなら女性の方がプライベートにおけるおしゃれの幅が広いからです。
プライベートで行うおしゃれと面接に行くときの身だしなみは大きく離れているため、つい普段通りの格好で面接に行ってしまわないように気をつけましょう。

普段から髪を茶色くしている女性は、面接時には黒か、自然に見える黒に近いこげ茶色にしていくのが無難です。
業種や職種によっては髪の色はそれほど気にされないこともあります。
しかし、その会社の面接官が気にするか気にしないかはわからないので、無難な色に染め直すことをおすすめします。



女性の中にはネイルアートを楽しんでいる人も多いことでしょうが、基本的に面接に挑む際にはネイルはしない方が望ましいといえます。
ただし、クリア系のマニキュアは爪を美しく健康的に見せることも出来るため、問題ないとも言われています。

ネイルにもさまざまな種類がありますが、特にデコレーションが施されたものなど人の注目を集めるネイルは面接時には避けてください。
清潔感がないと思われたり業務に支障をきたすという印象を与えたりするので、不採用のリスクが高まります。

カバンや時計などの持ち物は?バッグの持ち方や置き方も注意

外見の印象を決めるのは服装と身だしなみだけではありません。
カバンや時計といったアイテムも、面接者の印象を決める大切な要素の一部です。

カバンは黒や濃い茶色、グレーなどの無難な色を選びます。
素材は特にこだわる必要はありませんが、革だと大人の印象を、ナイロンだと若い印象を与えることもあります。

カバンのサイズは、渡された書類を折らずに入れることが可能なA4サイズ程度のものが適しています。
デザインは、柄物やブランドのロゴが大きく目立つように入っているものは避けてください。
また、カバンはトートババッグやリュックサックは選ばないようにしましょう。



面接室には多くの場合カバンも一緒に持って行きますが、カバンだけではなくカバンの持ち方や置き方も面接官からは注目されます。
入室する際はカバンを手に持つか、女性の場合は肩にかけても結構です。

面接室にカバンを置く場所があればそこに置き、ない場合は自分が座る椅子のすぐ隣の足元に置いてください。
カバンは立たせておくのが普通ですが、薄いカバンでは倒れてしまう可能性があるため、マチが広く自立するものを選びましょう。

スマートフォンが普及する中、腕時計をつけている人は少なくなっている傾向にありますが、面接では時計をしていくことは大切です。
面接官は間近に面接者の腕時計を見る機会は少ないため、時計は全体のコーディネートを見たときの見栄えに影響を与えます。
バンドの色は黒やシルバーなど、靴やカバンとあったものを選んでください。

「指定なし」や企業側から「普段着」と指定があった場合は?

ITなどの新興の業界や、アパレルなどおしゃれをビジネスにしている業界などでは、服装に関する指定がなかったり普段着でという指定があったりすることもあります。
募集要項にこのように書かれていた場合は、スーツを着て行くと逆に印象が悪くなる可能性があります。

しかし、だからといってTシャツに短パンというような格好は、面接に行く服装としては適していないといえます。
指定がなかったり普段着指定されていたりしても、ビジネスカジュアルの服を着て行くと良いでしょう。



男女ともにジャケットは最低限羽織ります。
全体的な色の印象は黒やネイビーなどの暗めのものが無難ですが、アパレル業界やデザイン業界などでおしゃれに見せたい場合は、少々明るめの色をインナーに着るなど工夫をすると良いでしょう。

靴はビジネスシューズを履くようにし、スニーカーやサンダルなどは避けてください。
革靴などビジネス用の靴とジャケットやボトムスが合わない場合は、靴をカジュアルなものに変えるのではなく、ジャケットやボトムスを靴に合うようなものに変えると、ビジネスカジュアルがうまくまとまることでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

人の第一印象は最初の5秒で決まるといわれています。

希望の会社に就職するためにも、身だしなみには十分に気を使うようにしましょう!