これから転職活動を始めようとしている方は、一般的な転職活動の流れと要する期間の目安について知っておいたほうがいいといえます。
必要な期間は目安なので人によって異なりますが、ある程度の期間を見込んで余裕をもった転職活動ができるといいでしょう。
ここでは、具体的な転職活動の進め方とスケジュールについてご説明します。



①自己分析や情報収集

転職活動を始めるにあたり、はじめに行うべきことは自己分析と情報収集です。
どちらも新卒入社で企業に就職した方は学生時代に経験したことがあるのではないでしょうか。

社会人経験を積んで転職を検討しているということは、入社時に思い描いていた仕事と現実にギャップがあった、別にやりたいことを見つけた、キャリアアップを目指したいなどの理由があるはずです。

今の仕事で大事にしていることと苦手なことを書き出し、自分にとって本当に向いている仕事は何なのかを考えてみましょう。
その際には、今の職場が嫌だからなどということだけではなく、5年後や10年後にどうなっていたいのかというキャリアプランを描くことが重要です。



また、現職の経験を通して学んだことや次の転職先で活かせるスキルや経験も分析し、自己PRや志望動機に活かしましょう。
次に、どのような企業がどんな職種を募集しているのか情報収集をしましょう。
気になる企業があるのであれば、業績や事業計画などできるだけ詳しく調べてみます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

インターネットで求人広告を検索したり、転職エージェントに登録して求人を紹介してもらったりするのもひとつの手です。
自分のキャリアプランがうまく描けないという方でも、キャリアコンサルタントに相談していくうちにやりたいことが見えてくるということもあります。

また、具体的な求人内容を見てはじめてその仕事に興味がわくということもあるでしょう。
自己分析についてはこちら転職のための”自己分析”と”キャリアの棚卸し”とは?やり方は?へ。

②書類作成や求人への応募、面接

自己分析と情報収集ができたら、早速書類を作成して応募をしていきましょう。
新卒の時とは異なり、転職活動には履歴書の他に職務経歴書の準備も必要です。

また、企業の採用担当者はじっくりと長い書類を読む時間がないことも考えられるので、端的に分かりやすくアピールする工夫が求められます。
自己分析した内容をもとに、自己PRを練る際にはなるべく具体的に説明しましょう。

他の候補者と差別化を図るためにも、オリジナリティのある内容であることが大切です。
求人への応募は複数並行して行うと、より効率的に進められるでしょう。

履歴書についてはこちら履歴書や職務経歴書の自己PR文は何を書く?転職で受かるポイントとは?へ。

応募に際しては、その後面接の調整をすることも考慮し、スケジュール管理をしっかり行います。
複数企業へ応募する場合には、優先順位を明確にすることも重要です。

例えば、企業Aから内定をもらったときに他の応募企業BとCが選考途中であった場合、企業Aへ入社意志を伝えるのか、企業BとCの選考結果を待つのかを決断しなければいけません。

書類選考が通過したら、次に面接があります。
中途採用の面接は一般的に3回、少ないときは2回で終わることもあります。



採用を急いでいる企業ではすぐに次の面接が組まれる可能性があるのに対し、他の候補者と比べたい場合や事業計画上のタイミングの都合で選考時間に時間がかかる場合も考えられます。

面接についてはこちら「転職の面接大解剖!成功のポイント」へ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントを利用している場合には、コンサルタントからあらかじめ選考ステップや面接官について情報提供が受けられるので安心ですね!

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?転職活動に利用するメリット&デメリットへ。

③内定、入社、前職の退職

最終面接まで通過すれば晴れて内定が出ます。
内定をもらう場合には、一般的にメールや書面などで通知されます。
企業によっては、内定受諾の期間を2週間などと定めており、転職者はその期間内に承諾の旨を返信または署名して書類を返送します。

内定の意志が決まっていて、条件に問題がない場合はなるべく早く返信をしたほうがいいでしょう。
給与や条件面で懸念点がある場合には、内定を受諾する前に質問するとか、場合によっては交渉が必要なこともあります。

また、現職を退職するまでに数か月必要などという場合には、あらかじめ最終面接時などに相談しておくのもいいかもしれません。
ただし、退職の意志が決まっているのであれば、新しい転職先の都合を優先するほうが得策といえます。

退職時には退職日の1か月前に通知するなど企業の就業規則で決まっているので、その期間で退職ができるように現職に伝えるといいでしょう。



退職を伝える場合には、直属の上司に直接話をし、その後退職届を正式に提出するのが一般的な流れです。
退職日を決めた後は、誰に何の業務を引き継ぐのかを決めます。
必要に応じて引き継ぎ書などを作成し、スムーズに業務移行ができるようにしましょう。

また、退職と入社に伴い会社への備品の返却、社会保険や税金等の手続き、クレジットカードや生命保険など届け出なども忘れないようにしましょう。

退職届などについてはこちら転職の際の退職届と退職願、辞表の違いと注意すること&自己都合退社と会社都合退社の違いへ。

転職活動の期間はどれくらい?目安は③ヶ月から6ヶ月!

派遣 次男派遣 次男

僕は派遣だから正社員になりたいって気持ちもあるにはあるんだよね…。
実際、一般的には転職はどれくらいの期間がかかるものなの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職って言っても、あなたみたいに派遣から正社員、正社員から正社員など雇用形態はみんなそれぞれ違うわね。
一般的に転職活動にかかる期間は、時期やその人の経験や希望する職種によって大きく異なるけれど、目安としては3か月から6か月と言われているわ。

具体的には、転職の準備や情報収集に1か月から2か月、書類選考と面接に1か月から2か月、退職と入社準備に1か月から2か月という感じです。

もちろん、企業によっては1人に内定を出すのに2か月以上かかることもあります。
応募した企業から全て内定がもらえるとは限らず、複数企業の選考を並行して受けますが、なかなか内定が出ない場合には就職活動が長期化することも考えられるでしょう。

また、応募書類の作成に時間がかかる人もいます。
例えばクリエイターなどは、応募時に自分の作品を見せることもあるのでポートフォリオを準備する必要があるでしょう。
現職の業務の都合上、なかなか時間がとれないというケースも考えられます。

転職活動の流れをあらかじめ理解し、いつまでに転職したいのかという目標を立てて実行することをおすすめします。
年間の繁忙期が分かっている場合は、その時期を避け退職しやすい時期を目標にするなど、スムーズに円満退職できるような計画を立てるといいでしょう。

派遣 次男派遣 次男

う~ん…。なんだか僕みたいな社会人経験が浅い人だと、1人で転職活動するのは大変そうだなぁ…。
長期化するのはやっぱり避けたいからなぁ。
って考えてると、僕はやっぱり一生派遣しか無理なのかも…。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職の女神と呼ばれる私にかかれば、どんな迷える子羊も転職成功させてみせるわ!
それに、あなたみたいな不安を抱えた転職初心者にも、転職エージェントはオススメなのよ♪

転職エージェントの利用で、ムダのない転職活動を!

このように、転職活動の流れは自己分析から始まり、情報収集、応募、選考、内定、入社というステップがあります。
自分ひとりで直接企業の求人に応募することも可能ですが、より効率的に転職活動を行うには、転職エージェントを利用するといいでしょう。

転職エージェントは、キャリア相談や職務経歴書の添削などのサービスも行っているため、自己分析や応募書類に不安がある方も無料で相談することができます。
また、第三者目線から意見をもらうほうが、今まで気づかなかった自分の強みを認識できるし、やりたかった仕事が明確になるなどのメリットもあります。



特に在職中の方は、転職活動に時間を多く割くのが難しい場合も考えられます。
複数の企業に応募する際にはそれぞれの企業担当者とスケジュール調整をしなければいけませんが、転職エージェントを経由していると連絡先を一元化することができます。

さらには、直接応募の際は企業の採用担当者と直接やりとりをすることになるので、福利厚生や条件面については質問しづらいということが起こります。
転職エージェントを利用していると、事前に面接官の情報や対策のアドバイスをもらえたり、条件面の交渉を候補者の代わりに行ってくれたりするため、ストレスも軽減されるでしょう。

転職サイトとの違いはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットへ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職活動をする際には、転職時期の目標を定めてスケジュールを立て計画的に行いましょう。
転職エージェントを利用すると、より効率的でムダのない転職活動ができるでしょう!