転職を考えているものの、「やっぱり私って転職回数が多い方かも…」とちょっと不安に思っている人は結構多いものです。

やはり誰もが入社する時には「すぐに辞めよう」と思って働き始めるわけではありませんよね。

ただ、実際にその会社で働いてみて、「最初に思っていた仕事内容とは違う」とか、「ちょっと自分には向いていないかも」、「職場の人と合わない」など、仕方なくまた転職をすることになってしまうのは誰もが経験していることだと思います。

そもそも一昔前までは、一度入った会社に定年まで務め続けるというのはごく普通のことでしたが、最近では20代、30代、40代など年齢問わず転職経験があるのは珍しいことではなくなってきました。

とは言え、何度も転職を繰り返してきている人にとっては、今回また転職したいと考えてはいても、「これだけ転職回数があるのは不利なんじゃないか?」、「採用されずらいマイナスイメージではないか」、「面接官にどう思われるんだろうか」と、気になりますますよね。

そこでこのページでは、転職回数は何回からが多いのか、転職回数の数え方、転職回数が多いとやはり企業にマイナスイメージを与えるのか?ということだけではなく、転職回数が多い人が履歴書や職務経歴書、面接対策としてするべきことや成功のコツなどを、私の体験談を含めて解説していきたいと思います。



転職回数の数え方は?アルバイトやパートはカウントする?

SE 長男SE 長男

転職の回数が多いか少ないかの前に、『転職回数』というのはどうやって数えるものなの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そうね、まずは自分の転職回数を正しく知るところから始めましょう。

自分の転職回数の数え方は、”在籍した会社数-1”で数えます。

つまり、今働いている会社が3社目であれば3社-1で、転職回数は「2回」となります。

この転職回数は、一般的にはアルバイトや派遣の回数はカウントせず、正社員として在籍した会社のみで計算します。

ただ、アルバイトやパートで働いたことしかない場合や、アルバイト経験なども記載しないとブランク期間が長いと思われそうな場合、または次の転職先の業種や職種に活かせるようなアルバイト経験などは、転職回数としてカウントされてもアルバイトやパート経験を記載した方がいいケースです。


次に契約社員については転職回数のカウントに含めるものの、派遣社員の場合は派遣元と契約して仕事をするため、派遣元が変わっていないのであれば「1回」としてカウントし、派遣元自体変わったのであれば派遣元が変わった回数分をカウントします。

このように、その雇用形態において転職回数としてカウントする、しないが変わってきますので注意しましょう。

年代別に見る、”転職回数が多い”と思われるのは何回から?

そもそも、いくら転職が珍しいことではないとは言え、みんなはどれくらいの転職をしているのか気になりますよね。

そこで、転職サイトとして知名度が高い「リクナビNEXT」が、転職サイトに新規登録した会員に対して、転職回数のアンケートを取ったものがあったので、ここで紹介します。


(リクナビNEXT年代別の転職回数と採用実態より引用)

このアンケート結果によると、20代では全体の8割ほどの人が転職回数は0回で、30代になると転職回数が0回の人は大幅に減少し、30代の半分以上の人が転職経験がある結果となり、全体のうち3割の人は2回以上の転職をしていることになります。

40代や50代になると、転職回数0回の人はさらに減り、全体のうち半数の人は2回以上の転職回数がある結果が出ています。

ただ、もちろんこれはリクナビNEXTに新規登録した人へのアンケートですので、全ての社会人にとったアンケートではないですから、一概にこれが全てとは言えないものの、参考になるデータだと思います。

介護士 次女介護士 次女

これを見ると、その年代によってかなり開きがあるわね。

ということは、やっぱり転職回数についても年代別に考える必要があるってことかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そういうことね。
「転職の回数として何回が多いと思われるか」は、その年代によっても見られ方が変わってくると思います。

例えば、社会人になりたての20代で3回も転職回数があるのと、社会人歴が長い50代で転職回数が3回なのとでは、全く印象が変わってくるわよね。

ではここから、年代別に見て転職回数がどれくらいだと多いのかについて見ていきましょう。

  • 20代

まず、20代では転職回数0回の転職未経験者も多いため、「1回以上」でも転職経験があると、転職回数が多いと受け取られる可能性があります。

やはり社会人になりたてで社会人経験も浅いということから、まずは今の会社でもう少し耐えて頑張ってみようと思っている人が多いということかも知れません。

ただ、なかには転職回数が3回という人もいて、若さを武器に自分に合う会社を積極的に探している人もいるみたいです。

20代の転職についてはこちら20代の転職ノウハウ!最適な転職のタイミングと成功術!転職回数は影響する?

  • 30代

30代では、全体の約半数の人は転職回数は0回で、残りの半数は1回以上転職を経験していますね。

転職回数は1回が24%、2回は16%、3回は8%、4回から5回は5%となっていることから、だいたい1回までなら平均回数と言え、特に問題視されることはなさそうですが、「2回以上」あると多いと言えそうです。

30代ともなれば、ある程度キャリアやスキルを積んでおり、即戦力として企業に貢献できることから、積極的に転職する人が増え始める年代ということがわかります。

30代の転職についてはこちら30代の転職ノウハウ!年齢は不利となる?転職成功への強みや年収、キャリアについて

  • 40代以上

さらに40代になると、約6割の人は転職経験者となり、2回以上転職している人もかなりの割合を占めていて、なかには6回以上転職をした人もいるようです。

40代の転職についてはこちら40代の転職ノウハウ!年齢で不利?年収は下がる?成功への秘訣

50代になると、転職回数が0回の人は全体の3割ほどまでに減少し、転職回数が1回の人は21%、2回の人は17%、3回の人は11%、4回から5回の人は16%、6回以上ある人は2%という結果に。

50代ともなれば、社会に出て30年ほどは経過していますから、2回、3回と転職回数があってもそれほど多いとは感じられず、割合的に見るのであれば「4回以上」多いと取られそうです。

どの年代においても企業の採用担当者は、転職の回数が1~2回であればあまり気にならず、過度にマイナス評価をすることはないものと考えられますが、「何回までならいいのか?」ということに関しては、その企業の採用担当者や面接官によって見解は異なると思います。

転職サイトによっては、年代問わず「3回から」転職回数が多いと感じる企業が多いとも書かれているため、こればかりはその応募先の企業の受け取り方次第となりそうです。

転職回数はごまかすとばれるのか?

「転職回数多いよな…ちょっとごまかして少なく書いたらいいんじゃないか?」と思う人もいると思います。

転職回数をごまかすことは、その転職先にばれるのかばれないのかというと、雇用保険など他の方法でも、過去の経歴までたどることは出来ないので、そういった面から経歴の詐称が発覚することはないと思いますが、だからと言って嘘の情報を書いていいということにはなりません。

例えば全く違う業種や業界への転職ならいいですが、少しでも同じ場合には、取引先や営業先など人伝いにして過去の経歴が発覚してしまうケースはあると思います。

職歴を偽ることは、民法上の不法行為に該当する可能性もあり、解雇事由にもなってしまいます。

転職回数が多いとそれを隠したくなる気持ちもわかりますし、少しでも採用されたいという願いも痛いほどわかりますが、ばれてしまった後会社にいずらくなると思いますし、ちょっとしたことで口を滑らせてしまったりして、職場の人間関係などに影響しても困りますから、転職回数はしっかりと伝えるのがいいと思います。

「転職回数が多いと不利になる」は本当か?その理由とは

派遣 次男派遣 次男

やっぱり転職回数が多いと、企業からの印象は良くなさそうだよね。

マイナスイメージを持たれて、内定は難しくなりそうだなぁ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

企業からすると、「仕事が長続きしないのではないか」や「忍耐力に欠けるのではないか」などといったマイナスのイメージを持たれる可能性があるわ。

会社からしたら、転職を何度も繰り返している人は”せっかく採用したのにすぐに辞められてしまうリスク”が高いと判断されるからです。

やはり会社ですから、入社してすぐに他の会社に行ってしまう可能性がある人よりも、一度採用したら出来る限り長く働いてもらえる可能性がある人を採用したいのは当然のことですよね。

新しい人材が入ったら、その人に新人教育などさまざまな業務を教えて育てていかなければならないわけですから、少しでも長く働いてくれる人を採用した方が、会社にとってメリットが高くなります。

やはりその人が「これまで何回転職をしているか」という点については、チェックしない採用担当者はいません。

転職回数というのは、採用を決めるにあたって必ず見られる項目の1つであることは間違いありません。

転職回数よりも今採用担当者に重視されるポイントとは



SE 長男SE 長男

では、やっぱり転職回数が多いと採用はされにくいってことだよね?

もう転職するの辞めようかな…。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ちょっと待って、それは違うわ。

確かに転職回数というのは採用担当者にチェックされるポイントでもあるけど、転職回数が多いことが必ずしも不利になるとは限らないの。

簡単に言うと、企業には『転職回数を重視する会社』と、『回数ではなく、転職の理由や在籍期間を重視する会社』があるのよ。

例えば、特定の業界や専門ジャンルに対しての深い知識や積み上げたキャリアを求めているような会社だと、転職回数が多いというだけでマイナスな先入観を持ち、それだけで採用は難しくなることがあります。

しかし最近では、多くの企業が転職回数ではなく”転職理由”や”在籍期間”、または”転職で本人の経験値やキャリア、スキルがしっかりとアップしているか”を重視する会社が多くなってきています。

転職理由というのは、退職の回数が多くても、それぞれの転職において明確な理由、面接官が納得できるような理由であれば、特に問題視されないということです。

逆に言えば、転職回数が少なくとも転職の理由が曖昧ではっきりせず、面接官が納得しない理由であれば、転職回数が少なくとも採用の可能性は低くなるでしょう。

次に、在籍期間というのは、例えば半年置きに3回転職している人と、3年務めるごとに4回転職している人とでは、どちらが忍耐力があると取られるかと言うと、3年ごとに転職している人の方が忍耐力はあると取られます。

要するに、転職回数が多くとも短期での転職が何度も何度も続いていたりするとマイナス評価とするものの、3年以上勤務したのちの転職であれば問題なしとされるでしょう。

ただこれも、短期で転職をしていたとしても、本人の経験値やキャリア、スキルがしっかりとアップしていたり、何を学んだのかをしっかりと面接官にアピール出来るならば、これもマイナスにはならないと思います。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

まとめると、転職回数が多い場合でも、「転職理由」が明確で納得出来るものであったり、「在籍期間が長い」、あるいは「転職によってあなたがしっかりキャリアアップ、スキルアップしていることが説明できる」のであれば、転職において不利にはならないということです。

これらのことは、リクナビNEXTが有名な企業の人事担当者に取ったインタビューにおいても、ハッキリと企業側がそう回答していることなのです。

人事担当者は、転職回数の多い求職者をどう見ている?

●GMOインターネット株式会社…20代は3回、30代は5回以上で多いと感じるが、退職理由をきちんと説明できればマイナスに評価することはない。3ヶ月未満や半年など短期間に職を変えた場合、実際職務に必要なスキルが身に付いており、退職理由や今後のキャリアプラン、ライフプランを語れることに加え、応募者の考え方と会社の考え方がマッチしていたら採用する。

●日本マクドナルド株式会社…20代は3回、30代は3~4回で転職回数が多いと感じるが、書類選考では先入観は極力抱かないようにしている。最も大切にしたい点は、なぜ転職したのかという理由などについて確認するようにしている。転職回数だけで判断することはせず、どう考えて離職し、これからどうしたいのかを確認し、合否の分かれ目は自分なりの目的意識がしっかりしていることです。

などと書かれていました。
(リクナビNEXT何回までOK? 転職回数が多くても「内定」を勝ち取る方法より)

業種・職種によっても、転職回数は重要視されない

転職の回数だけが、直接的に採用に不利に影響するものではなく、むしろ業種によっては転職回数が多いこともプラスに影響するというケースもあります。

まず、「クリエイティブ系」や「技術系(メディカル・科学・食品)」では、専門性が高く日々技術が進化していく分野で、転職回数が多くても転職成功率は比較的高いと言えます。

ステップアップの転職を希望する人も多く、ひとつの職場に長くとどまっているよりも、転職を経験して勉強を重ね、技術を向上させたいといった人もたくさんいます。

特に、技術系(メディカル)の中でも「看護師」や「薬剤師」というのは常に人材不足であるといった背景がありますし、ニーズが高い職種であり、人材が不足しているということは新たな人材の確保には積極的なため、転職成功率も高くなります。

転職者や中途採用がもともと多い、「小売業界」、「外食業界」、「営業職」などもオススメです。

また、「外資系企業」は”能力の高い人は転職するもの”だと、転職に対する考え方が日本とはかなり違い、転職回数の多さはマイナスではなく”その分経験やキャリアを持った人”と判断してもらえやすい傾向にあります。

「ベンチャー企業」なども、転職回数ではなくその人自身の能力やスキルを重視する会社が多く、狙い目だと言えます。

転職を繰り返すこと20代で8回以上の私、30代の今何を思うか。

転職の回数が多いことは誰しもが不安になります。

私は現在30代ですが、実のところ20代のうちに8回以上の転職を繰り返してきました。

もちろん面接には行ったけど落ちてしまった会社、採用はいただいたもののお断りした会社など、面接に行った企業を数えるととんでもない数になります。

それでも、その都度自分の希望通りの転職は成功させてきたのではないか、と考えています。

私がその中でもとても印象に残っているのは、現在働いている会社に面接に行ったときのことです。

社長社長

君は転職回数がとても多いけど、飽き性な方なのかな?(笑)
でもそれは、うちの会社にとっては悪いことじゃないです。
1つのジャンルに限らずいろんな業務を担当してもらうことになるので、常に新しいことに対応できたり、いろいろな仕事を楽しめる人の方が、うちの会社に向いていますから。

と面接をしてくれた社長に言われたんです。

私は転職の度に、その都度自分のやりたいことやビジョンは明確にして行動してきましたが、正直なところ、多分私が不採用となったのは「転職回数」を重視する企業だったのではないか?と思います。

もちろん、自分自身のスキル不足やアピール不足もあったと思いますが、採用をいただいた企業の共通点としては、やはり転職回数よりも他を重視してもらえる会社だったり、回数の多さ以上に自分が的確なアピールが出来たところだったのではないかと気づきました。

この会社の面接でこんな言葉を社長からかけてもらえ、無事採用となったわけですが、あれだけ転職を繰り返してきた私は、この会社に入社してからもう7年以上が経ちました。

私はこれまで、「自分が納得出来る上司の元で働きたい」、「やりがいを持って毎日楽しめる仕事に就きたい」という思いから、「自分がこれだ!!と思える会社、職場に出会えるまで諦めないで転職しよう。」としてきた結果、出会えた会社だと思っています。

転職回数の多さは、時として自分の強みにもなり、武器にもなります。

転職回数が多いからと言って、諦めないでください。

転職回数が多い人が採用されるコツ!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ただ転職回数が多い人の場合、転職回数が少ない人よりも、さまざまな工夫が必要になります。

履歴書や面接においても、あなたのキャリアやスキルをわかりやすくアピールし、採用することにメリットがあると思ってもらうことがポイントです。

転職の回数が多いことが不利にならないようにするためには、採用担当者に転職回数が多いことがプラスとなるような印象を与えることがポイントとなります。

最初に履歴書や職務経歴書の書き方のコツからお話します。

履歴書、自己PRの書き方

まず履歴書を書く前に、自分の”スキルや経歴の棚卸”をして、採用担当者に自分に興味を持ってもらえる要素、もっと知りたいと思ってもらえる要素がないか考えてみましょう。

特に職務経歴書は、人事担当者が採用を判断する上でも重要な書類であるため、転職回数の多さをカバーしつつ、自分の培った経験やスキルをどうアピール出来るか?が腕の見せどころです。

転職回数が多い人は、いろんな企業やいろんな職場、仕事を経験しているだけあって、さまざまな視野を持ち、視野が広く考え方も臨機応変であったり、自分適応力が高い人であるとも言えます。

偏った視点に囚われすぎず、時間や労力をかけてでも自分に合う職場を積極的に探している、行動力のある人であるとも言えます。

転職回数が多いからこそ、アピール出来ることを探してみましょう。

自分が努力したこと、仕事の成果、過去の実績など数字で書けるものは書き、その他にPCスキルや提案スキル、企画書作成などどんなことでもいいので、これまでの会社で何を習得したか?どんなふうにキャリアアップしたのか?をできるだけ明確に書けるといいでしょう。




自己PR欄の書き方は、同じ職種で何度も転職をしている人は、その業種において特化しているということ、プロフェッショナルであることを強調したり、職種がバラバラな人は、その経験がこの会社でどう活かせるのか、この会社に関係しそうな仕事を重点的に紹介するといいと思います。

その会社でどんなことに挑戦したいかなども明確にビジョンや目的が描けているほど、印象も良くなると言えます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

大切なのは、自分はしっかりとキャリアプランや将来のビジョンを持っており、キャリアに一貫性があること、それも今回の転職に繋がっていることがわかるようにすること、転職によって自分のスキルがステップアップしているということです。

企業が求める人材と自分がマッチしているということも重要になります。

また、転職回数が多いと職務経歴書はどうしても全体的に長々と文章量が多くなりがちですが、採用担当者に「読みずらいな…」と感じさせてしまったら、せっかく時間をかけて書いても意味がありません。

用紙はA4で枚数は1枚または2枚程度に収めるよう、まとめ方を工夫して視覚的に見やすいかどうかにも注意しましょう。

古い時系列順に書く決まりはないので、「販売」や「営業」など業務内容別に書いたり職種別に書いたりすると、転職回数の多さが目立たないなどのメリットもありますので、どんなふうに書いたらいいかいろいろ試してみるといいと思います。


転職回数が多くても有利に!成功に導く面接対策とは?

「書類選考を通過し、次はいよいよ面接だ」となった時、面接において採用担当者から「転職の理由」について必ず問われると覚悟して、自分なりの回答を用意しておかなければなりません。

「なぜ退職に至ったか」ということを事細かく述べるのではなく、「今後の仕事に活かすことができる」というように、ネガティブな理由ではなくポジティブで前向きな回答にする必要があります。



本当の理由が「人間関係」などの場合、正直にそれを答えてしまうのはNGです。

人間関係という問題はどの職場においても起こりやすいものなので、「うちに入社してもまたすぐ耐えられなくなって退社するのでは」と思われてしまいます。

人や会社の批判は避けて、前向きな表現に言い換えることも必要です。

そのほか、同じ業種で転職を繰り返している場合には、「スキルアップのため」や「多くのことを学び、自分の能力に磨きをかけたい」など、今後のキャリアプランを踏まえた自分の成長につながる理由にすると、とてもポジティブな印象を与え、成長する意欲が高い人だと思ってもらえます。

例文としては

「これまではこの業界において接客経験を積んできましたが、○○という理由で△△会社に転職しましたが、□□の業務や■■の経験をするうちに、▼▼の分野に興味が湧くようになり、さらに▼▼についてより深く携わりたく、転職を決意しました」

など、簡素でわかりやすく、向上心も受け取れる回答であることがポイントです。

ここでも、自分の職歴から仕事の共通点を見つけておき、常に一貫性のある転職であることが説明できると、より評価が高くなります。

もし、過去に一貫性もなく転職を繰り返してしまった場合、「仕事選びに失敗してしまった」と正直に認め、「転職を重ねることで自分の目的がハッキリしたので、御社に応募した」と回答するのもアリでしょう。

転職の理由というのは、どうしても問いただされているような気持ちになりがちですが、後ろめたさが出てしまうと、面接官に見抜かれてしまうので、間違っても言い訳のような理由にはせず、落ち着いて前向きに自信を持って答えられることが1番です。

退職理由についてはこちら転職の面接で退職理由はどう答える?印象のいい回答は?嘘はNG!へ。

転職活動をする上で、「自分自身の経歴について、強みになるようなスキルやアピールポイントが分からない」という人や、「どんな企業が転職回数以外のポイントを重視するのか判断できない」という人は、とても多いと思います。

一度他者の目で客観的に判断してもらうということも大切ですし、その分野や企業に精通した人から、的確なアドバイスを受けると、転職活動が一気に有利になります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

『転職エージェント』に無料登録すると、キャリアアドバイザーからその人に合った職務経歴書の書き方や、面接対策などが受けられるので、転職回数が多くて採用に不安がある人こそ、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職のプロに添削をしてもらった職務経歴書なら、自信を持って企業に提出できますし、転職エージェントなら各応募先の企業情報にも精通しているので、採用担当者が求める人材などについても、的確なアドバイスが受けられるはずです。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?転職活動に利用するメリット&デメリットへ。

転職回数が多いことは、自分にとって自信にもなる。

「転職回数が多い」というのは、どうしても世間でもまだマイナスイメージがついて回ったりすることから、自分の中でもデメリット点、むしろ隠したいことのように思っている人が多いと思います。

しかし、逆に考えるならば、あなたは転職を重ねることによってさまざまな会社、職場、人に出会ってきているわけで、その度に自分の目を養い、考える力や判断する力が確実についているはずです。

例えばブラック企業を見極める目、「この会社はダメだな」と見切りをつけるキッパリとした行動力は、誰もが持っているものではありません。

さらに言うならば、転職回数が多いということは、”それだけ多くの企業に採用されてきた人材である”とも考えられますよね?

転職に成功してきた分だけ、その企業に”欲しい人材だ”と思わせてきたということです。

それはあなたの弱みではなく、強みとして自信を持ってください。