転職をする時には、転職サイトやハローワークなどから求人を探す方法は一般的ですが、転職のプロがサポートしてくれる『転職エージェント』というサービスを知っていますか?

自分1人で転職活動をするよりも、転職エージェントを利用して転職をしたほうが、満足度の高い転職が出来るとして、多くの人が選んでいる転職方法です。

たくさんの人に選ばれているということは、それだけ転職エージェントを利用する価値があるということはなんとなくわかりますが、利用したことがない人からすると、「転職サイトとなにが違うんだろう?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

そもそも転職というのは簡単に決めていいことではなく、人生のうちに何度も何十回も経験することではありません。

だからこそ、たった1回の転職やその時の判断が、のちのちの自分の人生を大きく左右することになりかねないものです。

後で「しっかりと調べておけばよかった」と後悔することのないよう、転職エージェントと転職サイトの利用の違いでそれぞれどんなメリットが生まれるのか、自分はどちらを利用するべきなのかなどについて解説します。



転職サイトと転職エージェントとの違いは何?

まずは、転職サイトと転職エージェントがそれぞれどんなものなのかをチェックしてみましょう。

転職サイトとは?メリットやデメリット

転職サイトとは、さまざまな求人の中から自分の希望条件や勤務地、職種、年収などを入力し、自分の条件に合った求人を自分で探すものです。

よくテレビCMでも見かけるような大手の転職サイトには、例えばマイナビ転職やリクナビNEXT、dodaなどがあり、名前は聞いたことがある人や、学生時代などにアルバイトや派遣など実際に求人を検索してみたことがある人もいると思います。

求人欄には、基本的な仕事内容や給与、勤務時間、休日、従業員数、簡単な社風などが書かれています。

自分で気になる求人があったら、自分でその企業に応募し、面接の予定や審査の流れなどを確認します。

「子供がいるので残業はあまり出来ない」とか「勤務地は○○以外は無理」、「給料はいくらくらいもらえるのか」など、自分の希望の勤務条件があれば自分で交渉して雇用契約を結びます。

何千件とある求人の中から、自分が求めているような求人を見つけ出すのはかなり大変で、大手の求人サイトだと条件を指定して検索しても同じような求人が何度も出てきたり、本当にぴったり条件に当てはまる求人を探すのは難しいです。

しかもありがたいことに1週間に1回以上更新がどんどんされていくので、常に新しい求人が追加されて、私は見始めると何時間も過ぎていることが多々ありました。

それでも見切らなくて途中で探すのを断念してしまったり…(笑)

ですが転職サイトで転職活動をする上での自由度がかなり高く、行動に制限がないのですべて自分がやりたいように行動することが可能です。

どんな求人に応募するのも自分次第なので、例えば以前は営業職として働いていたけど次は企画マーケティングの仕事をやりたくなったなど、キャリアチェンジをしたい場合や、様々な求人に触れることで将来への可能性が感じられるはずです。

誰もが手軽にさまざまなジャンルの求人を検索することが出来るので、今すぐ転職したいわけでなくとも、条件の良い求人を常にチェック出来たり、自分のペースで転職活動が出来る良さもあります。

自分のペースで求人探しが行えるため、自分に合った求人を見つけるまで粘りたい場合や、異業種に挑戦するまでの間にしっかりと勉強しておきたい場合にもいいですね。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

それゆえに転職の意思が固くないとだらだらと転職活動をしてしまったり、逆に誰でも気軽に応募できることから、条件の良い求人はすぐに採用者が決まってしまいやすい時間・タイミング勝負なところもあります。

前提として、自分がどういう人間で将来的にどのような働き方をしていきたいのか、というような明確な基準や条件を持っていなければなりません。

また、不採用を何度も経験したりしてもなぜ不採用になったのかを自分で分析して改善していく必要があります。



簡単にまとめると…

  • 転職サイトのメリット
  • ●いつでも誰でも気軽に求人が検索できる
    ●自分のペースで転職活動ができる
    ●常に最新の求人をチェックできる
    ●転職するつもりがなくても参考にしやすい
    ●無料で利用できる

  • 転職サイトのデメリット
  • ●大手ほど膨大な数の求人数があるので、全て自分1人でチェックするのは困難
    ●面倒になって検索しなくなると、良い求人を見逃しやすい
    ●誰でも気軽に応募出来るので、優秀なスキルを持った人で良い条件の求人はすぐに埋まりやすい
    ●自分で企業とやり取りしなければならず、積極性が必要となる
    ●勤務条件の交渉は自分次第になってしまう


転職エージェントとは?メリットやデメリット

次に転職エージェントとは、転職のプロともいえる”キャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)”が求職者1人1人について、希望に合わせた求人の紹介だけではなく、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策、キャリアの棚卸しなどのアドバイスをくれたり、転職に関するさまざまな悩みの相談に乗ってくれるサービスです。

仕組みとしてはこんな感じで、自分1人で転職活動するのとは違い、キャリアアドバイザーが転職成功までサポートしてくれるので、転職が初めての人や選考の通過率、合格率を上げたい人にも向いています。

時にはあなたの経歴から、あなたに合う求人を提案してくれたり、条件に合う求人をピックアップしてくれるので、忙しくて自分だけでは求人を探しきれない人にも人気があります。

例えば、自分が興味のある業界や仕事内容などを伝えておけば、自分でわざわざ探さなくても、条件に適った求人を提案してくれます。

一般の求人サイトには載っていない、非公開求人の紹介も受けられるなどのメリットもあります。

SE 長男SE 長男

履歴書の書き方や職務経歴書の書き方は、意外とわからないところや難しいところも多く、聞ける人もなかなかいないので、プロの人に聞けるというだけでもかなり心強いね。

具体的な利用の流れとしてはこんな感じのイメージです。



さらに、企業との面接日の調整や勤務条件の交渉など、面倒なやり取りは全てキャリアアドバイザーが代行してくれるので、スケジュール管理に追われることもありませんし、今仕事をしていて企業とのやり取りがしにくい人にも向いているでしょう。

また、転職エージェントに登録したとしても、紹介を受けた求人は絶対受けなければいけないわけではないですし、すぐに転職するつもりがない人でも、「今自分は転職するべきかどうか悩んでいる」などの相談でも親身に対応してもらえます。

ただし、満足のいく転職ができるかどうかは自分の担当となるキャリアアドバイザーとの相性次第にもなるなど、注意することもあります。

ちなみにキャリアアドバイザーについてはこちら自分に合う転職エージェントの選び方!失敗しないための比較ポイントとコツは?優秀なキャリアアドバイザーの条件と見極め方へ。



  • 転職エージェントのメリット
  • ●キャリアコンサルタントにわからないことが聞けたり相談に乗ってもらえる
    ●自分の条件に合わせた求人を紹介してもらえる
    ●企業に推薦してもらえる
    ●履歴書や職務経歴書の書き方アドバイスがもらえる
    ●面接対策がしてもらえる
    ●非公開求人の紹介が受けられる
    ●面接の日程調整や勤務条件の交渉なども代行してもらえる
    ●非採用の場合もフィードバックしてもらえて次に活かしやすい

  • 転職エージェントのデメリット
  • ●自分でマイペースに進めていきたい人には向いていない
    ●自分の条件に合う求人がなければ紹介がない可能性もある
    ●キャリアアドバイザーとの相性が悪いと満足のいく転職が成功しない可能性がある


転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職サイトと転職エージェントとの1番の違いは、キャリアアドバイザーのサポートがあるかないかです。

つまり、キャリアアドバイザーが付かず一人で転職活動を行うのが転職サイトであり、キャリアアドバイザーからサポートを受けながら一緒に転職活動を行うのが転職エージェントです。

この転職エージェントのキャリアアドバイザーのサポートは、やはり利用する魅力に感じている人が多く、マイナビ転職エージェントサーチの「転職エージェントを使って良かったと感じたことは?」というアンケートでも、転職エージェントならではのメリット点が多数挙げられていました。


(マイナビ転職エージェントサーチ転職エージェント(人材紹介)と転職サイトの違いとは? どっちを使う人が多い?より)

不安になりがちな転職を、キャリアアドバイザーがサポートしてくれるのは、転職サイト利用にはない良さですね。

どちらを利用するべき?有利なのは?オススメなのは併用利用!

派遣 次男派遣 次男

じゃあ、満足のいく転職活動を成功させるためには、一体どちらのサービスを利用すればいいのかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

結論から言うと、どちらか一方ではなく転職サイトと転職エージェントの併用利用がオススメね。

転職サイトでは自由に求人を選ぶことが出来ますが、転職エージェントのように徹底したサポートや客観的なアドバイスを受けることが出来ません。

どちらか一方を利用するのではなく、両方を使ってそれぞれの利点を伸ばし、欠点を補完し合うような使い方が望ましいわ。

一人で自由に転職活動するのであればその分やるべきことは多くなり、キャリアアドバイザーに頼るのであれば自由度は低くなり、キャリアアドバイザーにサポートしてもらう分、全て自分の自由とまではいかないでしょう。

ここまで紹介してきたように、転職サイトと転職エージェント、どちらにおいてもそれぞれメリットがあることが分かりますよね。

そこで、どちらも基本的には無料ですので、転職サイトと転職エージェントの両方に登録し、併用利用していくことでどちらのメリットも吸収できることになります。

例えば、出来る限り一人で活動したいが客観的なアドバイスも欲しいという場合には、転職サイトを利用した活動をメインにし転職エージェントからは最低限のアドバイスを受けるだけの補助的な使い方をする、というようなことも可能です。

逆に一人で活動するのは不安だけど色々な求人も見たいという場合は、転職エージェントをメインに使いながらも転職サイトで求人の多様性を確認することも出来るでしょう。

ちなみに、どちらを利用した人が多いのか?というアンケートが、マイナビ転職エージェントサーチにのっていました。


(マイナビ転職エージェントサーチ転職エージェント(人材紹介)と転職サイトの違いとは? どっちを使う人が多い?

このアンケートでは、1年以内に転職経験のある20歳から39歳の200人に、転職活動で登録したサービスを聞いたもので、転職エージェントのみが26%、転職サイトのみが24%、どちらも登録したのが29%、その他が21%となっており、1番多かったのは”転職サイトと転職エージェントどちらも登録した”人でした。

さらにどの回答の中でも複数の転職サイトや転職エージェントに登録したという人が多かったそうです。



転職の女神 長女 転職の女神 長女

まずは行動に移すことが大切です!!

転職サイト、転職エージェントそれぞれに登録し、良いとこ取りをして満足度の高い転職を成功させましょう!