転職をする際には転職エージェントもしくは転職サイトを利用することが一般的です。
しかしこの2つにはそれぞれ違いがあり、目的に応じて適切な使い方をする必要があります。

それではこの2つは一体なにが異なるのでしょうか。
どちらを使った方がより良い転職が行えるのでしょうか。
サービスの特徴や違いを理解した上で、有効活用し、転職を成功させましょう。



転職サイトと転職エージェントとの違いは何?

まず、転職サイトと転職エージェントの違いを簡単に押さえておきましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

両者の違いを一言で言うならば、キャリアアドバイザーの有無です。

つまり、キャリアアドバイザーが付かず一人で転職活動を行うのが転職サイトであり、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けながら一緒に転職活動を行うのが転職エージェントです。

またキャリアアドバイザーの有無により、転職サイトと転職エージェントでは活動の仕方が異なります。

  • 転職サイトの場合

転職サイトの場合はキャリアアドバイザーがいないため、転職サイトに掲載されている求人から自分で自由に選び、個人的に活動を進めます。
もちろん選考過程における企業とのやり取りも個人的に行うことになります。

  • 転職エージェントの場合

それに対し転職エージェントの場合は、求人の紹介や企業とのやり取りはすべてキャリアアドバイザーを仲介することになります。
どの企業を受けるのかといった選択は最終的にはサービスの利用者自身で行うことになりますが、あくまでもキャリアアドバイザーからの提案の中での選択になります。



以上のような基本的な違いを押さえた上で、それぞれの具体的な特徴やメリット、デメリットを見てみましょう。

転職サイトのメリットとデメリット

  • 転職サイトのメリット

転職サイトの最大の特徴は、転職活動をする上での自由度の高さにあります。
キャリアアドバイザーがいないので、行動に制限がなく、すべて自分がやりたいように行動することが可能です。

この自由度の高さに伴うメリットとして、まずは選択できる求人数の多さを挙げることが出来ます。
転職サイトに掲載されている求人は、基本的にはすべて応募することが可能です。

これは当たり前のことに感じられますが、転職エージェントの場合は求人は自分で選ぶのではなくキャリアアドバイザーからの提案であるため選択できる幅が限られており、すべての求人を選べることは非常に大きな利点です。

また、求人を自由に選べるということはキャリアチェンジしやすいというメリットもあります。
例えば、以前は営業職として働いていたが次は企画マーケティングの仕事をやりたくなった、というような場合です。
様々な求人に触れることで将来への可能性が感じられるはずです。

また自分のペースで求人探しが行えるため、自分に合った求人を見つけるまで粘りたい場合や、異業種に挑戦するまでの間にしっかりと勉強しておきたい場合にも役に立ちます。

ちなみに、未経験であったとしても、未経験者歓迎の求人を中心に検索すれば、入社後に能力不足で苦労することを回避することが出来ます。



  • 転職サイトのデメリット

これらのメリットに対してデメリットとしては、根気や体力が必要になることが挙げられます。
確かに転職サイトには膨大な数の求人が掲載されており、さらにそれらを自由に選ぶことが出来ます。

しかし逆に言えば、その中から自分に適したものを選び出さなければならないということでもあります。
そのためには、前提として、自分がどういう人間で将来的にどのような働き方をしていきたいのか、というような明確な基準や条件を持っていなければなりません。

また、不採用を何度も経験した時には自分を否定されたような気持ちにもなりますが、その際にもなぜ不採用になったのかを自分で分析して改善していく必要があります。
これを誰にも相談することなく一人で行うには、相当な根気や体力が必要になるでしょう。

転職エージェントのメリットとデメリット

  • 転職エージェントのメリット

転職エージェントの場合はキャリアアドバイザーが多くの作業を自分の代わりにやってくれるので非常に楽だと言えます。

例えば、自分が興味のある業界や仕事内容などを伝えておけば、自分でわざわざ探さなくても、条件に適った求人を提案してくれます。
面接などの調整もキャリアアドバイザーが勝手にやってくれるのでスケジュール管理に追われることもありません。

また転職エージェントの特徴的な利点として、面接などのアドバイスを受けられることが挙げられます。
転職サイトを利用した場合のように個人的に面接を受けた場合は、その面接に関してフィードバックを受ける機会はほとんどありません。

しかし転職エージェントを利用した場合は、面接の内容がキャリアアドバイザーに報告される仕組みになっているので、後日キャリアアドバイザーから良かった点や改善点などを教えてもらうことが可能です。

このように、求人の提案からスケジュール管理、面接のアドバイスまで受けることが出来るので、キャリアアドバイザーに従っていれば比較的早く内定を得られるのが転職エージェントのメリットです。



  • 転職エージェントのデメリット

そんな優れた転職エージェントにもデメリットがあります。
それは選択肢が制限されることです。
もちろん最終的な決定権はサービス利用者にあります。

しかし転職エージェントで提案される求人は、あくまで転職できる可能性が高い求人です。
過去の経歴などを参考にして紹介する求人を選んでいるため、今まで経験したことのない新しい業界や職種に挑戦したい場合にはあまり向きません。

もちろん、転職出来る可能性がない求人は絶対紹介してもらえないわけではないので、全く自由がきかないわけではありません。

またキャリアアドバイザーとの相性の問題もあります。
転職エージェントの利用中にキャリアアドバイザーが変更になることは基本的にはありません。

そのためキャリアアドバイザーが話をよく理解してくれない場合やキャリアアドバイザーがこちらの希望している業界や職種についての知識が乏しい場合などには、興味のない求人が提案されることもあります。

ただ、転職エージェントには何かの分野に特化しているものもあります。
例えば、IT業界を専門に扱う転職エージェントなどです。

このような専門性のあるサービスを利用することでキャリアアドバイザーとのミスマッチを少なくすることが可能です。
しかしこのようなサービスの場合、登録や利用時に費用がかかるエージェントもあるので注意しましょう。
ただ、自分の将来がかかった転職ともなれば、高く感じることはないのではないでしょうか。

どちらを利用するべき?有利なのは?オススメなのは併用利用!

ここまで紹介してきたように、転職サイトと転職エージェント、どちらにおいてもそれぞれ一長一短であることが分かります。
結局のところ、転職サイトと転職エージェントの違いはキャリアアドバイザーの有無であり、自由度の割合の問題です。

一人で自由に行動するのであればその分やるべきことは多くなり、キャリアアドバイザーに頼るのであれば自由度は低くなります。
それぞれに一長一短あることは、ある意味では仕方のないことだと言えるかもしれません。

派遣 次男派遣 次男

では転職活動を成功させるためには、一体どちらのサービスを利用すればいいの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

結論としては、併用がオススメね。

転職サイトでは自由に求人を選ぶことが出来ますが、転職エージェントのように徹底したサポートや客観的なアドバイスを受けることが出来ません。
どちらか一方を利用するのではなく、両方を使ってそれぞれの利点を伸ばし、欠点を補完し合うような使い方が望ましいわ。

しかし併用するにしてもどちらに重点を置くかで自分に合った使い方が行えるはずです。

  • 例えば、出来る限り一人で活動したいが客観的なアドバイスも欲しいという場合には、転職サイトを利用した活動をメインにし転職エージェントからは最低限のアドバイスを受けるだけの補助的な使い方をする、というようなことも可能です。

逆に一人で活動するのは不安だけど色々な求人も見たいという場合は、転職エージェントをメインに使いながらも転職サイトで求人の多様性を確認することも出来るでしょう。

ただ、あまり頭で考えていても前には進まないので、転職を始める前にはとりあえず両方に登録しておくことをオススメします。
どちらも基本的にはお金はかかりません

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントの場合は専門性の高いものに関しては有料になる場合がありますが、多くは無料で利用することが出来ますよ。
登録すること自体にデメリットはありません。
むしろメリットしかないんじゃないかしら?♪
まずは行動に移すことが大切です!!