転職するということ自体、たとえ何歳になっても初めての人にとっては緊張するものですし、「転職をする以上は、転職に失敗したくないな」と思うのは当然のことです。

他ページでもお話してきたように、転職活動に転職エージェントを利用することは、「満足の高い転職を成功させたい」と思っている人にとってとてもメリットが多く、利用する価値は十分にあると思います。

ただ、転職エージェントというのは今とても人気が高く、数や種類がたくさんあるので、「転職エージェントは使ってみたいと思っているけど、どこを選んだらいいんだろう」、「それぞれどこが違うのかわからない」、「自分にはどの転職エージェントが合っているのかな」と思っている人はとても多いです。

あなたがもし、とりあえず大手で知名度の高い転職エージェントというだけで転職エージェントを選んでしまった場合、思うような転職活動ができなかったりする可能性もあります。

このページでは、転職エージェントの選び方やポイント、キャリアアドバイザーの見極め方などについてお話していきたいと思います。



転職エージェントに出来ることと、転職成功の仕組み

転職エージェントは、転職を考えている私たち転職希望者(求職者)と、人材を求めている企業との橋渡し的な存在で、転職エージェントに所属するキャリアアドアイザーを通じて、さまざまなサポートを受けることになります。



キャリアアドバイザーとは、求職者1人1人を転職成功まで二人三脚のようにサポートしてくれる、言わば転職のプロで、「キャリアコンサルタント」や「キャリアカウンセラー」などその転職エージェント会社ごとで多少呼び方が異なります。

基本的にはどの転職エージェント会社もサポート内容はだいたい同じで、例えばどんなことがしてもらえるのかというと…

転職エージェントがしてくれること

  • 転職者のキャリアや希望職種、勤務条件等に関するヒアリング
  • 転職市場や業界に関する情報提供
  • 転職活動全般に対するアドバイス
  • 面接対策や職務経歴書の添削
  • 応募企業の仕事内容や職場環境についての情報提供
  • 求人紹介と面接等のセッティング
  • 選考のフィードバックとアドバイス
  • 年収や勤務条件等の交渉
  • 内定後のフォローアップ

などとなっています。


派遣 次男派遣 次男

これだけのサービスが受けられるなら、まずは登録してみる価値はありそうだよね。

僕は転職が初めてだから、わからないことが多くて聞ける人がいるのは心強いよ。

転職サイトなどで自分1人で転職活動をするよりも、わからないことや転職の悩みをキャリアアドバイザーに相談しながら進められることが1番のメリットだと言えます。

もっと詳しく知りたい方はこちらのページ「転職エージェント」とは?使い方や手順、利用するメリット&デメリットやアドバイザーとの面談は?なぜ費用が無料なのか?へ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

また、転職エージェントは幅広い職種や求人を扱う総合型の転職エージェントのほか、IT・WEB業界や介護、アパレルなど専門分野に特化した転職エージェントがあります。

さらには既卒やフリーター、第二新卒を得意とした若者向けの転職エージェントや、外資系や海外転職に強い転職エージェントなどさまざまです。

転職エージェントの特徴を、ざっくり表にしてみました。



もちろんこの表にはまとめきれないくらい、それぞれの転職エージェントごとに良さがあり、その転職エージェントごとでどんなことを得意としているのか、なにを売りとしているのかは変わってきます。

この表を見て、「ここに登録してみようかな」とか「この転職エージェント気になるな」と思うところがあれば、まずはそこに登録してみるのもいいでしょう。

この表で紹介した転職エージェントは、こちらのカテゴリで詳しく解説しています。
おすすめの転職エージェント一覧

転職エージェントの選び方は?最も重視するべきことはココ

SE 長男SE 長男

転職エージェントって、本当にいろんな会社があるんだね。

これだけあると、確かにどこを選べばいいのか迷っちゃうな。

どこに注目したらいいんだろう?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントを選ぶ際に1番重視したいのは、”自分に合うキャリアアドバイザー”に出会うこと。

会社の知名度やインターネットでの口コミや評判だけでなく、実際に担当するキャリアコンサルタントが優秀かどうかを自分で確かめることがポイントになるわ。

転職エージェントの数は非常に多く、従業員1,000人を超える大手企業から、数人で経営しているエージェントまでさまざまです。

小さなエージェントでは社長自ら自分の人脈を利用して人材紹介を行うケースもありますが、大手の総合転職エージェントでは10万単位の求人案件を抱えており、転職者に合ったものをデータベースから検索して紹介してくれます。

転職エージェントに登録すると、あなたに専任のキャリアアドバイザーがついてくれて、転職成功まで総合的にサポートしてくれます。

つまり、私が考えるには大切なことは”どこの転職エージェントに登録するかではなく、どんなキャリアアドバイザーが担当になるか”だと思います。

例えばわかりやすくお話すると、あなたが服を買うために買い物にでかけた時、服を買うのはお店からですが、実際に接客を受けるのはそのお店の販売員からですよね。

確かにどこのお店で服を買うかも大切ではありますが、あなたが「この服にしよう!」と納得して買い物が出来るかどうかは、そのお店の販売員の接客スキルであったり、販売ノウハウが大きく関係するのではないでしょうか。

自分の話を親身に聞いてくれて、「この服はこんなところがオススメですよ」、「こんな良さがありますよ」などと的確なアドバイスをくれる販売員から買い物が出来たほうが、満足度が高くなると思います。

それと同じで、もちろんどこの転職エージェントを利用するかも大切ですが、そもそも実際にあなたの転職活動のあらゆるサポートをしてくれるのは転職エージェントの会社そのものではなく、その転職エージェントに所属しているキャリアアドバイザーという1人の人間です。

つまり、大切なのは入り口ではなく、どんな人があなたの担当となるかのほうが重要のはずです。

しかし、実際のところ自分の担当者の人がどんな人なのか、相性が合うか、本当に自分の希望条件を理解しているかなどは、担当になってその人と関わりを持ってからしか判断が出来ないことです。

カウンセリングで会話したりサポートを受けてみて、初めてそこでようやく「この人に付いていきたい」とか「この人に任せたい」と思えるものですので、まずは気になる転職エージェントに登録してカウンセリングを受けたり求人を紹介してもらったりしてみましょう。

担当になったキャリアアドバイザーは、もし「この人とは合わないな」と途中で感じたら、担当者を変更してもらうことも可能でし、その転職エージェントにこだわらず、別のエージェントに登録してもいいでしょう。

SE 長男SE 長男

担当になるキャリアコンサルタントの人との相性かぁ、考えたこともなかったよ。

そう言われてみると、僕もお店で服を買おうか悩んでいる時、「こんなコーディネートと合いますよ」とか説得力のある接客をされて、購入の決め手になったことがあったなぁ。

自分では気付けない角度からその服の良さを伝えてもらえると、納得して買い物が出来るよね。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

優秀な販売員と出会えた時の買い物のように、自分と相性の合うキャリアコンサルタントと出会えれば、満足度の高いスムーズな転職が成功すると思うわ。

自分と相性の良い優秀なキャリアコンサルタントは、自分の目で確かめる必要があるわね。

自分と相性が良いかどうかは、例えば自分の話を親身に聞いてくれるかや、話しやすさ、人柄、人間性などでも判断できます。

そのほか、良いキャリアアドバイザーの判断基準として、次のような特徴も挙げられます。

こんな人なら任せよう!良いキャリアアドバイザーの特徴

  • 求人の紹介だけではなく、転職に対する悩みや不安もとことん聞いてくれる
  • 無理に転職させようとせず、転職するべきかどうかも相談に乗ってくれる
  • あなたが希望している業界・職種の知識や情報に精通している
  • 思ってもいなかった求人案件などの提案力がある
  • 話に説得力があって信頼感が持てる
  • などです。


例えば今のあなたの置かれている状況や年齢、仕事のスキルや業界の動きによっては、もちろん転職しないほうがいいケースも存在すると思います。

転職するべきかしないべきか?という相談にもとことん乗ってくれたり、あなたが乗り気ではない求人に対して強引に転職を進めてくるようなことがないキャリアアドバイザーを選ぶといいでしょう。

また、あなたの強みや得意とすること、人間性、性格、過去の職歴などから、「こんな職種も向いていると思いますよ」などと、あなたが希望している職種ではないけれど、思ってもよらなかった新しい可能性のある求人を提案してくれるキャリアアドバイザーもいます。

これはキャリアアドバイザーの実績や経験にもよると思いますが、あまり実力のないキャリアアドバイザーだと、求職者の悩みや要望、良さを引き出せず、希望していない的はずれな求人ばかり紹介されたり、企業とのマッチング力が弱かったり、企業へのあなたの売り込み・営業スキルが不足していたりします。

無理をして付き合う必要のないコンサルタントの例としては、求人の紹介数が極端に少ない、的外れな求人を紹介される、業界や職種のことを知らなすぎる、アドバイスや情報がもらえない、フィードバックが遅いなどが起きることがあります。

このようなことに注意しながら、キャリアアドバイザーを選ぶようにしましょう。

効率的な転職活動は、転職エージェントの複数利用が基本!

SE 長男SE 長男

なるほど、自分にとって納得のいく転職をするためには、こんなところに注目してキャリアアドバイザーを選べばいいんだね。

じゃあまず、ここだ!って思う転職エージェントを1つ決めてみるよ!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ちょっとまって、最初にお話した通り、転職エージェントによって得意とする分野や内容、特色がいろいろと違います。

優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、最初に2~3社ほど複数の転職エージェントに登録し、実際にサポートを受けた上でキャリアコンサルタントを比較することです。

コンサルタントを多く抱える大手転職エージェントでは、職種や業界によって部署や担当者が分かれていることもあります。

エンジニアの転職者であれば、ITやメーカーなどに強いコンサルタントが担当者になるというように、専門分野に合わせたアサインメントが行われている転職エージェントではサービスの質も期待できるでしょう。

一方で、新卒入社した社員がコンサルタントとして1から経験を積む場合も多く、担当者によっては市場や企業についての知識が不足していることもあります。

そのため、複数の転職エージェントに登録したうえで、自分に合ったキャリアコンサルタントに絞るのが賢い転職エージェントの選び方と言えるでしょう。



自分に合うキャリアアドバイザーに出会うための手順

つまり、あなたに合うキャリアアドバイザーに出会うための手順としては…
①気になる転職エージェント2~3社ほどに登録する
最初に紹介した転職エージェントの比較表などを参考に、まずは気になるところや良さそうだなと思う転職エージェントを2~3社ほど選び、登録しましょう。

もちろん気になる会社が多い場合は、3社以上になってもOKです。

この時注意しなければならないのは、新卒や第二新卒ではないのに新卒や第二新卒のサポートが得意な転職エージェントに登録してしまったり、若年層なのにミドル世代やハイクラス求人に強い転職エージェントに登録してしまったりしないようにすることです。

その転職エージェントが得意としている年代や立場に一致する転職エージェントを選ぶようにしましょう。

また、やりたい職種が決まっている人も決まっていない人も、総合的にいろいろな求人ジャンルを扱う転職エージェントには必ず登録するといいでしょう。

その上で、専門的な分野を得意とする転職エージェントにも登録するようにすることです。

代表的なのは、ITなどエンジニアの転職をサポートする転職エージェントです。
キャリアコンサルタントも元エンジニアやIT企業勤務の人も多く、エンジニアにとって技術的な話が通じやすいので、転職活動を効率的に進めることができるでしょう。

特にIT業界は、最新技術の進歩が早くや勢いのあるベンチャー企業が多い業界で、その業界に精通した転職エージェントを選ぶことで、業界の転職市場に関する情報などをいち早く手に入れることができます。

SE 長男SE 長男

僕はシステムエンジニアをしているけど、転職の女神の姉によると、IT・WEB業界を専門に扱う転職エージェントって、最近とっても多いみたいですよ。

せっかく自分が得意とする分野があるんだから、その分野を得意とする転職エージェントにお任せしたいですよね。

他には、アパレル関連や介護など医療関連に特化した転職エージェントがあり、どちらも比較的同じ業界内で人材が流れる傾向が強いため、エージェントも業界や市場に詳しいコンサルタントを持つ傾向にあるといえます。

また外資系の転職エージェントは、外資系企業がクライアントに多いという特色があるため、外資系企業の求人を多く持っており、語学力を活かしたい人や外資系への転職を目指している方は、いくつか外資系の転職エージェントに登録してみるといいでしょう。

転職エージェントというのは、一般公開していない非公開求人を多く保有しているのがメリットの1つで、その転職エージェントによってどんな求人を持っているか、どんな企業やメーカーと関わりが深いかは異なります。

そのため、複数の転職エージェントに登録するというのは、さまざまなキャリアコンサルタントと出会うためでもありますが、より自分が希望する求人を紹介してもらう確率を増やすという目的もあるのです。

もちろん転職エージェントは無料で利用できるので、安心して利用を開始してくださいね。

転職エージェントについてはこちらのカテゴリでわかりやすく各社について解説しています。
おすすめの転職エージェント一覧

②各社のキャリアコンサルタントから実際にサポートを受ける
気になる転職エージェントに登録し、それぞれの会社でカウンセリングを受けたり求人を紹介してもらったり、実際にサポートを受けてみましょう。

そうしていく中で、「このキャリアコンサルタントはよく話を親身になって聞いてくれるな」とか、「この転職エージェントの求人は自分の希望にすごく近いものを紹介してくれるな」とか、「このコンサルタントなら信頼できそうだな」と思えるような要素を見つけていきましょう。

なかにはもちろん、全然連絡が取れなくてサポートに積極的ではないキャリアコンサルタントもいたり、「この人とは合わないな」と感じるような人もいると思います。

それぞれの転職エージェントのコンサルタントを比較し、見極める材料を集めます。



③サポートを受けた上で比較し、自分に合うキャリアコンサルタントを選ぶ
実際にコンサルタントのサポートを受けて比較をしていき、「この人に転職のサポートを任せたい!」と思う人に出会えれば、あまり期待できないキャリアコンサルタントのサポートは断ってもいいでしょう。

転職エージェントに登録したからと言って、必ずしもそこで転職をしなければならないわけではなく、断る権利は私たちにあります。

連絡は来るけれどもう利用したくないという場合には、「転職活動を一旦休止します」などと理由をつけて求人の紹介をお断りすることも可能ですし、転職活動の休止は珍しいことではないので、特に問題になることはありません。

また、今すぐに転職をする予定がないという場合でも、転職市場の動向について情報収集したり、自分の市場価値を確認したりする目的で転職エージェントに登録する人もいます。

もちろん、信頼できそうなキャリアコンサルタントに何人も出会えたなら、それはそれでいいですよね。

最終的には1社または2社くらいのキャリアアドバイザーにお任せしながら、転職活動を進めていくといいでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントを利用して転職活動をするには、自分に合ったキャリアコンサルタントの選び方を知ることが重要です。

総合型、専門分野の特化型など異なるタイプの転職エージェントに複数登録することで、効率的な転職活動を行いましょう♪