転職をしようとしている人の中には、転職エージェントの利用を検討している人もいるのではないでしょうか。

転職エージェントを利用することで、在職中の忙しい方や転職が初めての方でも効率的に転職活動を進めることができます。
ここでは、転職活動に転職エージェントを利用することのメリットとデメリットについてご説明します。



転職エージェントとはどんなもの?仕組みは?

派遣 次男派遣 次男

転職エージェントって、具体的にどんなことをしてくれるの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントは、人材を募集している企業と仕事を探している求職者の橋渡しをする役目を担っているの。
企業から依頼を受けて人材紹介を行うので、求職者は無料でサービスを受けることができます!

候補者が内定を受諾し入社に至れば、採用した企業がその人材の年収の3割程度の成功報酬を転職エージェントに支払うという仕組みになっています。
そのため、転職エージェントにとって、候補者が高収入で転職が決まったほうが高い報酬を受けることができます。



企業にとっては、求人広告を掲載するよりも費用が高くつきますが、その分候補者の1次スクリーニングや面接調整などの個別対応に労力と時間を割かれないことや、より質の高い候補者とのみ面接をすることができるというメリットがあります。

また、給与設定や求人票の内容について相談に乗るなど、人材採用に関するコンサルティングを行う転職エージェントも多くあります。
特に専門職に特化したエージェントや、ハイスペックな人材を専門的に紹介するエージェントでは、その業界や市場の動向にも精通しているので、人事担当者にとって大きなサポートとなり得ます。

求職者にとっても、同様に転職のプロとしての目線で、応募書類の添削や面接対策を行ってくれるため、まだどのような仕事に就きたいか明確でないという方にとっても、大きなメリットがあると言えるでしょう。



転職活動で転職エージェントを利用するメリット!面接まで徹底サポート

求職者が企業の求人を直接探して応募することはもちろん可能ですが、大きな手間とストレスがかかります。
時には企業から返信がないとか、採用担当者に質問したいことがあっても何度も連絡しづらいという懸念もあるでしょう。

SE 長男SE 長男

緊張して本当に聞きたいことが聞けなかったり、わからないことがあっても遠慮してしまったり…
転職経験がない人は、余計に不安になるよね。

また面接で不採用だった場合には一般的にその理由をフィードバックされることがないため、何が悪かったのかを知って次に活かすことはできません。
内定をもらった後の給与や入社日に関する交渉も、直接行わなければいけないという負担もあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

その一方で、転職エージェントを利用して応募している場合は、これらのサポートを全て引き受けてもらえます。

応募から面接の日程調整や面接のフィードバック、内定通知など、企業とのやりとりは全てエージェントを通して行うため、初めて転職する人も安心して任せることができますよ!

また、福利厚生や職場の環境、上司となる人のキャラクターなど気になることもエージェント経由で質問できるというメリットもあります。
キャリアコンサルタントによっては、面接官の特徴やよく聞かれる質問など、その企業の面接対策やアドバイスを受けることもできるため、面接にしっかり準備して臨むことができます。

また、自己分析が自分ひとりではできない、キャリアプランがうまく描けない、といった就職活動やキャリアに対する漠然とした相談にも乗ってもらえるので、自己PRや志望動機の作成においても心強い味方といえるでしょう。



転職エージェントが求人をマッチング!非公開求人のメリットも

転職エージェントの代表的なお仕事は、求職者と求人企業のマッチングをすることです。
双方の相性がよければよいほど、採用につながる確率が高くなるので、エージェント側も十分な情報収集を行い、求職者が求める仕事と企業が求める人材像やスキルが合うかどうかを検討して紹介をします。

求職者が応募意志を伝えるまでは、転職エージェントは候補者の名前や経歴などの個人情報を企業に伝えることはできず、先に求職者が企業情報を紹介されるシステムです。



転職エージェントを利用するメリットのひとつは、非公開求人があるという点です。
企業の中には、求人内容をホームページやハローワークなどに公開せず、転職エージェントのみを利用して採用活動をするケースがあります。

これは、競合他社に求人条件などを知られたくない場合や、大量の応募が殺到するのを避けて優秀な候補者だけを集めたいという場合が考えられます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

当然ながら、非公開求人はインターネットで探して応募することができません。
その企業が依頼した転職エージェントのみが紹介できるので、全ての転職エージェントが持っている求人とも限りません。

そのため、複数の転職エージェントに登録して幅広くアンテナを張ることが重要といえるでしょう!

また、費用を多くかけてでもよい人材を採用したいという企業は、一般的に社員を大切にしている企業とも受け取れます。
例えば離職率が高いブラック企業では年中採用をかけていることもありますが、年収の3割という報酬を支払って転職エージェントに人材紹介を依頼しているとは考えにくいのではないでしょうか。

転職エージェントを利用するときの注意点、デメリットは?

転職エージェントを利用するデメリットは、直接応募より時間がかかる場合があるということです。
求職者と企業の間にコンサルタントが入ってやりとりをするためです。

しかし、逆になかなか連絡がない企業の採用担当を急かしてくれることもありますし、複数企業に個別に連絡をとるよりも窓口を一本化したほうが結果的に時間短縮につながることも考えられるので、一概には言えません。

自分の思っている求人内容とは違う求人の紹介を受けることもあるかもしれません。
しかし、紹介を受けた求人は必ず応募しなければいけないというわけではないので、希望しない求人の紹介を受けたときにはもちろん断ることも出来ます。

また、転職エージェントやコンサルタントによっても得意分野が異なることもあるため、エンジニア、IT業界、アパレル、医療業界、外資系、管理職などの専門的な分野は、それぞれに特化した転職エージェントに登録するのもいいでしょう。



サービスの質は、転職エージェントよりもコンサルタントの経験やスキルに依存することがあります。
口コミの評判がいいエージェントでも、担当コンサルタントが必ずしも優秀とは限りません。
複数の転職エージェントに登録をして、最終的に数社に絞るという方法が理想的でしょう。

さらには、転職市場価値が低いと判断されると、登録自体を断られることもあります。
その場合はその転職エージェントとは縁がなかったと思い、別のエージェントに相談してみましょう。

転職エージェント利用の流れ

転職エージェントを利用する場合には、ホームページなどでエージェントの得意分野や特徴を把握し、どの企業が自分に合っているか調べてみるといいでしょう。

インターネットの口コミや評判も参考程度に見てみることで、どのようなサービスを行っているか理解することができます。
この時点で1社に絞る必要はなく、できれば3社から5社程度の転職エージェントにコンタクトしてみることをおすすめします。

ホームページから連絡をする場合には、簡単な個人情報と経歴などを記入する場合があります。
その後、コンサルタントから連絡があり、カウンセリングの日程調整を行います。
地方在住の方や時間がどうしても取れない方は電話でのカウンセリングを行うこともあります。

カウンセリングでのヒアリングを通して登録が完了し、その後マッチングする求人があればメールや電話で連絡が来るという流れになります。



実際に応募したい求人があれば、コンサルタントが求職者に代わって応募、面接調整などを行います。
内定後の条件交渉や入社までのフォローアップも行います。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

このように、転職エージェントを利用する価値は非常に大きいと言えます。
転職エージェントのメリットとデメリットを十分理解し、効率的な転職活動を行いましょう!

転職サイトとの違いについてはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットでもお話しています。