誰もが最初から「この会社はそのうち辞めよう」と思って入社するわけではないものの、いざ入社してみると仕事が合わなかったり、思っていた仕事と違ったり、会社の社風や上司、同僚と合わんなかったりなど、さまざまな事情によって転職を考えている人は少なくありません。

転職をしようとしている人の中には、今まで転職は一度もしたことがないという人もいれば、転職サイトしか使ったことがない人、ハローワークにしか行ったことがない人などもいるでしょう。

ただ全ての人に共通して言えるのは、誰もが転職に失敗したくないということ。

そこでオススメしたいのが、『転職エージェント』という無料で転職のプロに相談ができる転職サポートです。

転職エージェントを利用することで、在職中の忙しい方や転職が初めての方でも効率的に転職活動を進めることができたり、求職者にとって何かとメリットの多いサービスなんです。

ここでは、転職活動に転職エージェントを利用することのメリットやデメリットのほか、転職エージェントの利用の流れやどんな人に向いているサービスなのかについてお話します。



転職エージェントとはどんなサービス?仕組みは?

派遣 次男派遣 次男

「転職エージェント」って最近よく聞く言葉だけど、具体的にどんなことをしてくれるの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントは、人材を募集している企業と、仕事を探している求職者の橋渡しをする役目を担っているサービスで、あなたの条件に合う求人を紹介してくれるだけではなく、応募先企業に提出する履歴書などの添削や面接アドバイス、面接日の調整や企業とのやり取り、勤務条件の交渉代行などを全て無料で行ってくれる転職サポートです!

派遣 次男派遣 次男

なんだかすごく力になってくれそうだね!

でもどうしてそんないろいろなサポートが無料で受けられるの?

後々になって利用料がかかったりしないか、心配だなぁ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントのサービスは、私たち転職希望者に料金がかかることは一切ないから安心して。

なぜ転職希望者は無料でサービスを受けられるのかというと、転職エージェントは転職希望者が企業に入社した際に企業から受け取れる紹介料を報酬としているからです。

わかりやすく言うとこんな感じです。



そうなると、「報酬を得るために無理矢理転職させられるんじゃないか」と不安に思うかもしれませんが、そういったことを防ぐために、その転職希望者が入社して○ヶ月以内に退職してしまった場合には紹介料を返金するなどの決まりを設けている転職エージェントもあったり、私たち転職希望者側も、求人を紹介されても希望するものでなければもちろん断ることもできます。

そもそも、例えば転職エージェントでも人気はトップクラスの「パソナキャリア」の場合、2019年オリコン顧客満足度調査では転職エージェント第1位に輝いており、これまで25万人の転職をサポートしてきました。

もしも転職エージェントが転職希望者の目線に立たず、自分の利益を優先するサービスだとしたら、ここまでの満足度や利用者数にはなっていないんじゃないでしょうか?

ちなみにパソナキャリアについてはこちら求人情報、転職エージェントの「パソナキャリア 」の評判は良い?再就職支援、中途採用などもサポート。へ。

企業にとっても自社が求める人材に、よりマッチした人材と出会える確率が高まることにもなり、入社後のミスマッチによる早期退職を防ぐことにも繋がります。

そのため、転職エージェントに紹介料を支払ってでも企業側にもメリットが高いと考えられます。

企業側にとっても転職希望者にとっても、双方のニーズと利益を考えたサポートを行うのが転職エージェントというサービスということです。

SE 長男SE 長男

それなら安心して利用できそうだね。

具体的に、転職エージェントにどんなことをしてもらえるのか詳しく知りたいな。

転職エージェントがしてくれること

  • あなたの希望条件にマッチした求人の紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 自己分析やキャリアの棚卸しのサポート
  • 履歴書や職務経歴書など応募書類の作成、添削
  • 面接対策、アドバイス
  • 企業との面接の日程調整代行
  • 給与や勤務条件など企業との交渉代行

などです。


転職の女神 長女 転職の女神 長女

また、転職エージェントの最大のメリットとも言えるのが、求職者1人1人に専任のコンサルタントが付き、仕事を探すところから転職成功、退職に至るまであなたのパートナーとしてサポートしてもらえることです。

これら転職エージェントにしてもらえることは、言い換えれば”転職エージェントを利用するメリット”ということにもなります。

ではここから、各項目について詳しく見ていきましょう!


転職活動で「転職エージェント」を利用するメリット!

(1)あなたの希望条件にマッチした求人の紹介



転職エージェントの代表的なお仕事は、求職者と求人企業のマッチングをすることです。

双方の相性がよければよいほど採用につながる確率が高くなるので、ここまでお話した通り、転職エージェント側も十分な情報収集を行い、求職者が求める仕事と企業が求める人材像やスキルが合うかどうか両方を検討して紹介をします。

例えば自分1人で転職活動を行っていると、在職中の人は特にプライベートの時間も少なく、仕事をしながらや育児や家事をしながら自分が本当に求めている条件の仕事を探すというのはとてもむずかしいことです。

忙しい人にとって、自分の希望条件に近い求人を見つけてくれるというだけでもメリットが大きいですよね。

もちろん紹介された求人は絶対に引き受けなければならないわけではないので、安心してください。

(2)非公開求人の紹介

転職エージェントを利用するメリットのひとつは、非公開求人が紹介してもらえるという点です。

企業の中には、求人内容をホームページやハローワークなどに公開せず、転職エージェントのみを利用して採用活動をするケースがあります。

これは、競合他社に求人条件などを知られたくない場合や、社外には公開したくない新規プロジェクトのための人材募集のためや、大量の応募が殺到するのを避けて優秀な候補者だけを集めたいなどの場合に、一般には非公開の求人としているのです。

誰もが応募できなくすることで、条件に合わない人材の審査をする手間を省くなど、企業側にもメリットが多い仕組みとなっています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

当然ながら、非公開求人はインターネットで探して応募することができません。

その企業が依頼した転職エージェントのみがその求人を紹介できるので、全ての転職エージェントが持っている求人とも限りません。

そのため、複数の転職エージェントに登録して幅広くアンテナを張ることが重要といえるでしょう。

(3)自己分析やキャリアの棚卸しのサポート

自己分析が自分ひとりではできない、キャリアプランがうまく描けない、といった就職活動やキャリアに対する漠然とした相談にも乗ってもらえるので、自己PRや志望動機の作成においても心強い味方といえるでしょう。

あなた専任のキャリアアドバイザーが、二人三脚のようにサポートしてくれます。

自分がどんな仕事をしたいかわからなくなってしまった人、やりたい仕事がはっきりしていない人も、第三者の目線からあなたの過去のキャリアを見直してもらうことで、将来の目標や本当に自分のやりたいことが明確になるかもしれません。

また、自分の強みや弱み、自己アピールなどは職務経歴書や履歴書、さらには面接でも必ず聞かれる質問です。

それがしっかりわかっていないと質問には答えることができませんし、採用にも繋がりにくいと言えます。

自己アピールなどは特に、過去の自慢話になってしまってはNGなものの、効果的に自分を売り込めていなければ企業に自分の魅力は伝わりません。

それが、転職のプロであるキャリアアドバイザーにサポートしてもらえるというのは、自分1人の力で作成するよりも完成度はかなり高くなるといえるでしょう。

(4)履歴書や職務経歴書など応募書類の作成、添削

転職を初めてする人は特にですが、履歴書や職務経歴書の正しい書き方がわからないという人は意外と多いものです。

履歴書や職務経歴書は、企業の採用担当者があなたに会うかどうか、面接をする価値があるかどうかを見極める大切な書類です。

書類審査を通過して二次審査に進めるかは、応募書類でどれだけ自分をアピールし、自分に興味を持ってもらえるかが重要になります。

そんな履歴書や職務経歴書の正しい書き方や作成のアドバイスも、転職エージェントのキャリアアドバイザーから受けられるので、より書類選考が通過しやすくなると言えます。

(5)面接対策、アドバイス

キャリアコンサルタントによっては、面接官の特徴やよく聞かれる質問など、その企業の面接対策やアドバイスを受けることもできるため、面接にしっかり準備して臨むことができます。

どんな質問がされるのか、その企業が重視していることはどんなことなのかを事前に知ることが出来れば、面接の通過率が高まるのは言うまでもありませんよね。

企業がどんな人材を求めているのかを知ることで、それに合わせた対策が出来るのは、自分1人で転職活動をしているのとは大きない違いだと思います。

(6)企業との面接の日程調整代行

私たちが自分で求人を探して応募する場合、仕事をしながら面接先との面接日の調整や応募に関するやり取りをするのは、時間的にも精神的にも余裕がなくなってしまうこともあるでしょう。

なおかつ、今の会社に内緒で転職活動をしている場合は、「勤務時間中に応募先から連絡が来たらどうしよう」とか、「今の仕事が忙しすぎて面接のスケジュールが立てづらい…」という事態にもなりがちです。

さらに無事に内定をもらった後は、給与や入社日に関する交渉も自分で直接行わなければいけないという負担もあります。

転職エージェントは、企業との面接日の調整や条件交渉なども全てキャリアアドバイザーが代行して行ってくれるので、自分で企業と直接やり取りする必要がないので、ストレスなく転職活動ができますよ。

また、福利厚生や職場の環境、上司となる人の人柄など、転職エージェント経由で気になることが質問できるというメリットもあります。

こういったことは普通なら転職してからしか入手できない情報ですが、転職を決める前に実際の仕事内容や職場の雰囲気などがわかるのは、転職エージェントの大きなメリットだと思います。

SE 長男SE 長男

緊張して本当に聞きたいことが聞けなかったり、わからないことがあっても遠慮してしまったり…

転職経験がない人は、余計に不安になるよね。

僕はあまりはっきり聞きたいことや言いたいことが言えないタイプだから、アドバイザーのサポートがとても魅力的に感じたよ。


転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントを利用して応募している場合は、これらのサポートを全て引き受けてもらえるわ。

応募から面接の日程調整や面接のフィードバック、内定通知など、企業とのやりとりは全てエージェントを通して行うため、初めて転職する人も安心して任せることができるわね!



転職エージェントを利用するときの注意点、デメリットは?

転職エージェントを利用するデメリットは、例えば自分で好きな時に求人を見て直接応募より時間がかかる場合があるということです。

転職エージェントは、私たち求職者と企業の間にキャリアコンサルタントが入って、あなたの代わりにやりとりをしてくれたりするものだからです。

しかし、逆になかなか連絡がない企業の採用担当を急かしてくれることもありますし、複数企業に個別に連絡をとるよりも窓口を一本化したほうが結果的に時間短縮につながることも考えられるので、一概にこれもデメリットだは言えません。

今の仕事が忙しくて求人を探す時間すらなかったり、職務経歴書の正しい書き方がわからなくて1人で悩んでいたりするよりは、アドバイザーのサポートがあったほうが、スムーズに進むこともあるからです。

そのほか考えられるデメリットとしては、例えば自分の思っている求人内容とは違う求人の紹介を受けることもあるかもしれないということです。

しかし、紹介を受けた求人は必ず応募しなければいけないというわけではないので、希望しない求人の紹介を受けたときにはもちろん断ることも出来ますので、心配はいりません。

「自分が欲しいのはもっと専門性の高い仕事なのに」とか、「持っているスキルや資格をもっと活かせる仕事がいい」という人は、転職エージェントやコンサルタントによっても得意分野が異なることもあるため、エンジニア、IT業界、アパレル、医療業界、外資系、管理職などの専門的な分野は、それぞれに特化した転職エージェントに登録するのもいいでしょう。



また、サービスの質については、転職エージェント全体というよりも、あなたの担当になったそのコンサルタント自身の経験やスキル次第になってしまうところがあります。

口コミで評判がいいエージェントでも、自分の担当コンサルタントが必ずしも優秀とは限りません。

自分に合ったキャリアアドバイザーと出会うためには、複数の転職エージェントに登録をして、最終的に数社に絞るという方法がおすすめです。

転職エージェント利用の流れ

(1)申し込み・登録
転職エージェントを利用する場合には、ホームページなどでエージェントの得意分野や特徴を把握し、どの企業が自分に合っているか調べてみるといいでしょう。

インターネットの口コミや評判も参考程度に見てみることで、どのようなサービスを行っているか理解することができます。

この時点で1社に絞る必要はなく、できれば2社~3社程度の転職エージェントにまずは登録してみることをおすすめします。

転職エージェントの公式HPから、氏名や連絡先、職種や希望条件などの必要事項を記入しましょう。

ちなみに、私がおすすめする転職エージェントについてはこちらおすすめの転職エージェント比較ランキング!へ。

(2)担当のキャリアアドバイザーとの面談

登録をして数日以内に、あなたの担当になる専任のキャリアコンサルタントから登録したメールアドレスなどに連絡があり、カウンセリング・面談の日程調整を行います。

面談は転職エージェントの面談スペースやカフェなどで行われることとなりますが、地方在住の方や直接面談する時間が取れない人は、電話やメールでのカウンセリングを行うこともあります。

例えばDODAの場合、カウンセリング場所は東京の丸の内ビルディングや横浜、札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡などいくつもあります。

面談(キャリアカウンセリング)では、あなたのこれまでの職歴や求めている条件、転職理由、今後のキャリアプランなどのカウンセリングを受けます。

時間帯は「平日19時以降がいい」、「仕事の空き時間がいい」など要望も受けてもらえますし、じっくり相談したい人も手短に済ませたい人もOKです。

平均的には面談は1時間前後で、面談の服装は特に決まりはなく、ラフすぎなければ私服でもいいですし、もちろんスーツでも大丈夫です。

だいたい履歴書や職務経歴書、筆記用具などが持ち物として必要になりますが、書類は完璧に書けていなくても構いません。

カウンセリングでは、転職理由などは嘘をつかずある程度正直に話すほうが、よりあなたのことを理解してもらえますし、転職回数など言いにくいようなこともしっかり回答したほうが印象はいいでしょう。

くれぐれも良い求人を紹介してもらいたいからと、経歴詐称をしたり職歴詐称、学歴詐称、履歴書詐称などをしないようにしましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ちなみに転職活動をしていることは、転職エージェントを利用したからと言って今の職場にばれることはほぼありません。

安心して利用していいと思います!

これについて詳しくはこちら有利な転職活動は働きながら(在職中)?辞めてから(退職後)?メリット&デメリット!会社にバレる?在職中の退職日や入社日の答え方、企業の印象は?へ。

(3)求人の紹介、応募書類の添削
カウンセリングでのヒアリングを通して、その後希望条件にマッチングする求人があれば、メールや電話で連絡が来るという流れになります。

求人の紹介は面談時にそのまま行われることもあります。

応募したいと思う企業があれば、書類選考で通りやすい職務経歴書の書き方や履歴書の書き方、添削などのアドバイスや、希望する人は合格しやすい面接対策などを受けることができます。

(4)エージェントの推薦状とともに企業へ応募、面接
企業に応募する際には、企業への推薦状をキャリアアドバイザーが作成してくれます。

書類選考の結果は、キャリアアドバイザーを通じて知らされます。

書類選考に合格したら、キャリアアドバイザーが面接日の調整などを企業としてくれるので、自分で調整をする必要はありません。

日程が調整できたらいよいよ面接を受けます。

(5)内定、勤務条件交渉、入社
無事企業から内定が出たら、給与や入社日、待遇などの勤務条件の交渉をキャリアアドバイザーが代行して行ってくれます。

今まだ仕事をしている人も、入社日の調整などを自分の代わりに行ってくれるのでありがたいですね。

また、今の仕事を円満に辞めたいと思っている人には、円満退社のためのアドバイスや手続きの相談などもアドバイザーから受けることが出来るので、転職エージェントはただ転職を手伝ってくれるだけではなく、内定後の退社や入社に至るまでのサポートが受けられるということです。

介護士 次女介護士 次女

こうして見てみると、転職サイトとはサポート体制が違うのね。

自分1人で転職活動をする自信がない私みたいなタイプには、転職エージェントがとっても合っている気がするわ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

その人にとってどちらが向いているのかは変わってくるけれど、転職サイトにも転職エージェントにも、どちらにもそれぞれメリットはあるものよ。

例えば転職サイトと転職エージェントには、こんな違いがあるの。


(マイナビエージェント転職エージェントとはより)

確かに、転職エージェントは応募書類の添削や面接のアドバイス、退職後のサポートなどもあるから、転職が初めてだったり手厚いサポートを受けたい人には、転職エージェントのほうが向いていると言えそうです。

転職サイトとの違いについては詳しくはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットでもお話しています。


また、転職エージェントとハローワークなどとの違いについてはこちら20代、30代、40代でおすすめの転職方法は?失敗しない転職の仕方!求人の探し方は?転職サイトや転職エージェント、ハローワーク、人脈のメリット・デメリットとは!へ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

このように、転職エージェントを利用する価値は非常に大きいと言えます。
転職エージェントのメリットとデメリットを十分理解し、効率的な転職活動を行いましょう!