転職活動の面接では、いろいろな受け答えすることになります。
その内容は業界や職種などによって異なりますが、共通して多く見られるものがあります。

それは自己紹介と自己PR、志望動機の3つです。
この3つをしっかり話せるようにするのが面接対策の基本です。
そこで今回は、これらの回答の仕方やポイントなどを紹介します。

<

面接官に好印象な自己紹介のコツ!時間指定されることも

多くの場合、面接の冒頭では自己紹介を求められます。
良い第一印象を与えられると、その後も和やかな雰囲気で進行することが多いです。

自己PRや志望動機なども話しやすくなるので、自己紹介で好印象を与えることは非常に重要であるといえます。
自己紹介といっても、趣味や好きなものなどについて話す必要はありません。

面接官が紹介して欲しいのは、仕事に関することだからです。
ただし、それらは後で詳しく質問される機会があるので、自己紹介の段階では簡潔に話しましょう。
自分が働いてきた業界や、関わってきた仕事内容について要点をピックアップして話してください。



  • またスキルや実績についても紹介しましょう。

「チームリーダーとしてプロジェクトを3つ担当しました」など、自分がアピールしたいことの概要を話すだけで良いです。
自己紹介の位置づけは、あくまでも面接官に対する最初の挨拶だからです。

面接時間には制限があるため、自己紹介は長くならないように注意する必要があります。
これから質疑応答を開始するためのきっかけづくりと考えましょう。

ポイントは、面接官が興味を持って質問したくなる内容を盛り込んでおくことです。
狙いどおりに質問してもらえると、アピールする大きなチャンスになります。

1分や3分など、時間を指定されることもあります。
自己紹介が長くなることを防ぐ目的もありますが、時間指定にはもう一つの目的があります。

それはビジネスシーンにおける適応力を見ることです。
働いていると、短時間で説明しなければならなくなるケースは少なくありません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そのため指定された時間で、分かりやすい自己紹介を行えると好印象を与えられます。

準備としては最初に長めの自己紹介を考え、それを段階的に短くしたバージョンを用意しておきましょう。

自己PRでは何をアピールする?面接の合否を左右する!

自己PRは自分を売り込む最大のチャンスであり、面接の合否を左右するといっても過言ではありません。
面接官は自己PRを聞くことにより、応募者に関するさまざまな情報を得られます。

能力や人間性など多くのことを把握して、自社の戦力になりうるか判断するための材料にします。
そのため応募者にとっては、企業の求めている人物像と合致する印象を与えることが大切です。

自分の長所をアピールする場合も、その企業にとって有益な内容でなければ意味がありません。
たとえば、失敗を恐れない人を求めているのに、慎重な性格をアピールしても印象は良くならないでしょう。



また、自己PRは自慢話ではないことを理解しておくことも大切です。
大きな成功の話ばかりをする必要はありません。
失敗したり困ったりした経験も、自己PRのネタになるのです。
そのときに自分がどうやって乗り越えたのかを話しましょう。

働いていると、困難な状況に陥ることはよくあります。
その状況を打破できる社員は、企業内で頼りにされ高く評価されます。
困難に直面した経験がある場合、乗り越えた方法やそこから学んだことなどを話すと良いアピールになります。

話に客観性を持たせることも、自己PRの重要なポイントです。
根拠のない主観的な話は信憑性に欠けてしまい、ただの個人的な感想と見なされかねません。
そのような話を延々と続けると、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

客観的な説明を行うには、具体的なデータを用いることが大切です。
そうすれば面接官は納得しやすくなります。

たとえば、営業職の経験をアピールするときは、自身が関与した部門の売上金額や前年比などを伝えると良いです。



志望動機の伝え方と回答例。どんなことをアピールする?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

志望動機は面接官が慎重にチェックするポイントです。

回答の際に重要なのは、熱意と必然性を感じさせることです。
熱意が感じられないと、すぐに辞めてしまう可能性があると懸念されます。

また自社で働く必然性が感じられない場合も同様です。
待遇の良い企業などを見つけるとすぐ転職するのではないか、と思われかねません。
採用した後にすぐに辞められてしまうと、企業は困ってしまいます。

もう一度募集をする必要があるので、手間やコストが発生してしまうからです。
業務に支障が出ることも予想されます。
そのため働き続ける熱意と、その企業に転職する明確な理由を伝えることが大切です。

また、企業に貢献できるという話を含めることも忘れてはいけなせん。
採用するメリットが大きいと感じさせることが大切です。
企業が新卒を採用するときは、ポテンシャルを重視しています。
配属先や任せる仕事などは後から決めることも多いです。



しかし中途採用の場合は、任せたい仕事があって募集を行っているのが一般的です。
多くの場合、担当予定の仕事内容は求人に書かれています。
その仕事を通じて、会社に貢献できることをアピールしなければなりません。

  • これらのポイントを踏まえて、例えば

『御社を志望したのは、この業界では珍しくグローバル展開を行っており、常に世界を視野に入れたマーケティングをなさっているからです。前職では海外の支社で働いていた経験があり、英語による交渉には自信があります。海外事業を推進する人材を募集しているのを拝見し、自分ならきっと貢献できると感じたので、このたび応募いたしました。御社が海外でトップシェアを取れるように、尽力していく所存です』
などがベストな回答例となります。

絶対避けるべき!志望動機のNG回答とは?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

面接官は、面接を通じて書類だけでは分からないことを知りたいと考えています。
履歴書に書いた内容をそのまま伝えてはいけません。

志望動機には、面接官のイメージを悪くするNG回答もあるので気を付けましょう。

履歴書に記入した内容を深掘りするつもりで、新しい情報を加えて話すことを心がけてください。
履歴書に書いた志望動機と矛盾がある話をするのもNGです。

一貫性がないと志望動機に説得力がなくなってしまいます。
あくまでも履歴書に書いた志望動機を軸にして考えることが重要です。

企業の理念や方針と合致していない志望動機も良くありません。
それらが合っていなければ、スキルや実績がマッチしていても採用されない可能性があります。

企業に馴染めずにパフォーマンスを発揮できない恐れがあるからです。
職場のチームワークが悪くなる原因にもなりかねません。

企業の理念や方針を調べておき、それに合わない志望動機を話すのは避けましょう。
また、知識やスキルを習得したいというだけの志望動機も良くないです。

成長意欲を持つことは大切ですが、企業は学校ではありません。
戦力になる人物を雇いたいと考えています。
特に転職者には、即戦力なってもらいたいと考えているのが一般的です。
企業のために働く意志を示した後で、自分の成長にも繋がるという話をするのであれば問題ありません。

企業研究をせずに考えた志望動機もNGです。
そのような志望動機は抽象的な内容になりがちです。

企業のホームページを読むだけでなく、業界紙や新聞などもチェックしておきましょう。
OB訪問も行うと、より具体的な内容が書きやすくなりますし、他の応募者との差別化にもなります。

ぜひ今回紹介した内容を参考にして、面接官に好印象を与えられる回答を考えてみてはいかがでしょうか。