就職活動や転職活動の面接では、面接官からいろいろな質問を受けることになります。

質問される内容は業界や職種などによって異なりますが、ほとんどは共通しているものも多く、事前にしっかりと準備することで十分に対策できることが多いです。

特に必ず聞かれる質問というのが、「志望動機」、「自己紹介」、「自己PR」の3つで、やはりこれはその面接を通過するかどうかを左右することになります。

いくら履歴書を頑張って書いて身だしなみも万全に面接に挑んでも、面接官からの質問の受け答えがしっかりと出来ていなければ、そういった事前の努力も台無しになりかねません。

そこでこのページでは、面接でなぜ志望理由が聞かれるのか?についてや、「志望動機」、「自己紹介」、「自己PR」の具体的な回答例、答え方で気をつけるべきNG回答例などについてお話します。



なぜ面接官は志望動機を聞くのか?志望動機の重要性

転職の女神 長女 転職の女神 長女

面接では面接官からさまざまな質問を受けますが、「志望動機」は特に重要な質問です。

納得できる志望動機を書くには、そもそもなぜ面接で志望動機を聞かれるのかを知っておく必要があります。

まず最初に、『志望動機』とは簡単に言うと”あなたがその企業を選んだ理由”のことであり、面接官はあなたに志望動機を聞くことによって、次の3つを知りたいと思っています。

  • 熱意…どれくらいその企業に入社したい意欲があるのか
  • メリット…あなたを採用するメリットがあるか
  • マッチ度…企業の方針や方向性が一致しているか

熱意とは、その企業へ入社する意欲がどれくらいあるのか、他の企業ではなくその企業をなぜ選んだのか、その企業でなくてはならない理由などで、入社意欲や志望度の高さを知ろうとしています。

待遇の良い企業などを見つけるとすぐ転職するのではないか?採用した後にすぐに辞められてしまうのではないか?と思われないよう、長く働き続ける熱意と、その企業に転職する明確な理由を伝えることが大切です。

メリットとはあなたがその企業でどんなことが出来るのかをアピールすることで、入社したらどんな風に活躍してくれるのかを見極めようとします。

いかに自分がその企業に貢献できるのか?という話を含め、あなたを採用するメリットが大きいと感じさせることがポイントです。

マッチ度というのは、その人が自分の企業の方針や風土、考え方などと合っているのか、目指す方向が同じなのかということで、今いるメンバーとあなたとのミスマッチを防ぐための意味も込められています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

つまり志望動機を書く上で、面接官が知りたがっているこの3つが含まれていなければ意味がないということです。

中途採用の面接でも志望動機は重視される項目の1つですが、新卒の就活の場合はさらに重視される回答だと考えていいでしょう。

だいたい面接で志望動機について話す場合、一般的には2分から3分程度が目安になります。

もちろんその面接官や面接される人数などによっても変わってきますが、2分から3分というと、文字数にするとだいたい400文字詰め原稿用を2枚程度だと言われています。

自分なりに用紙に書き出せたら、実際に読み上げてみてどれくらい時間がかかるのかを測り、短いなと感じたら長くしたりする練習や磨き上げが必要になります。

また、面接官から「1分で志望動機をお聞かせください」や「簡素にお聞かせください」などと時間を指定されるケースもあります。

簡素にと言われた場合もだいたい1分程度が目安になりますので、1分などと時間を指定されたパターンも答えられるよう、簡素なバージョンも考えておくといいでしょう。



また、直球で「志望動機を教えてください」と質問されるのではなく、「応募するきっかけは?」や「入社後はどんな仕事をしたいですか?」などという聞かれ方をする場合もありますが、そういった系統の質問も志望動機を問われていることと同じなので、焦らず回答できるようにしておきましょう。

志望動機の具体的な回答例文は?

派遣 次男派遣 次男

ポイントはわかったけど、具体的にどんな風に書いたらいいんだろう?

最初の3つのポイントを入れて話さないといけないんだよね。

例文をいくつか参考にして、自分なりに考えてみたいな!

例えば…

『御社を志望したのは、この業界では珍しくグローバル展開を行っており、常に世界を視野に入れたマーケティングをなさっているからです。前職では海外の支社で働いていた経験があり、英語による交渉には自信があります。海外事業を推進する人材を募集しているのを拝見し、自分ならきっと貢献できると感じたので、このたび応募いたしました。御社が海外でトップシェアを取れるように、尽力していく所存です』

などがあります。

その他の例文には…

同業界・同職種に転職する場合の志望動機・志望理由の回答例

御社を志望したのは、「IT技術で世界の物流を変える」という御社のビジョンに共感し、私も世界という舞台でチャレンジしたいと考えたからです。私はこれまでエンジニアとして商品管理システムの開発に携わってきましたが、今後は培ってきた技術をグローバルな規模で活かし、世の中を便利にしたいと考えています。現在のIT業界は専門分野化が進んでいますが、御社は物流業界にITを導入したパイオニアであり、リアルタイムにモノを届けるという新たな概念を浸透させ社会を変えました。御社であれば、自分自身の技術を通じて世界中の人々の生活をもっと便利にできると考えています。現在、世界で活躍すべく英語力を磨いていますが、もし内定をいただけたら中国語も習得し、御社のグローバル展開に貢献させていただきたいと考えています。

(転職サイトdoda面接で志望動機を質問されたときの正しい答え方と回答例文より引用)

「自分の経験を活かして、どう貢献できるか」をアピールした志望動機

私はシステムエンジニアになった当初から、「いつかは自社サービス開発に関わってみたい」という想いを持っていました。そのため、自分で企画してアプリやゲームを作る練習をしていました。そんな中、拝見した御社の求人に「新サービスの開発に意見を出すことも可能」という文言を見つけ、ぜひ御社で自社サービス開発に挑戦してみたいと思ったのです。利益・売上の観点もしっかり身に着けながら、ユーザーに喜んでもらえるサービス開発をして、御社に貢献していきたいと思っています。

(エン転職面接でスグ使える!志望動機の回答例・NG例 │よくある質問20パターンより引用)

例文をそのまま丸写しするのはよくありませんが、参考にして自分なりに書き換えたり他の表現を使ったりアレンジをすると、自分の経験に置き換えて考えてみると、まとまりやすいと思いますよ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

いざ面接官を目の前にすると緊張してしまうと思いますが、動揺して早口になったり、声が小さくなってしまことのないよう、ハキハキとゆっくりと話すことがポイントです。

また、結論から話すようにすると、もし時間の都合でカットされるようなことがあっても、1番伝えたい結論を冒頭で話せていれば面接官に1番伝えたいことは伝わっているので、おすすめです。

絶対避けるべき!志望動機のNG回答とは?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

面接官は、面接を通じて書類だけでは分からないことを知りたいと考えています。
履歴書に書いた内容をそのまま伝えてはいけません。

志望動機には、面接官のイメージを悪くするNG回答もあるので気を付けましょう。

(1)応募書類と全く同じ内容や全く違う内容

履歴書に書いた志望動機と矛盾がある話をするのもNGです。

履歴書に記入した内容をさらに深掘りするつもりで、新しい情報を加えて話すことを心がけてください。

一貫性がないと志望動機に説得力がなくなってしまいますので、あくまでも履歴書に書いた志望動機を軸にして考えることが重要です。

全く違う話をするのもよくないですが、応募書類に書かれている内容と全く同じことを話すのもあまりおすすめできません。

書いてあることと同じことを話しては、せっかく面接で話せている意味がありませんので、注意しましょう。

(2)企業理念や方向性のズレ

企業の理念や方針と合致していない志望動機も良くありません。

それらが合っていなければ、スキルや実績がマッチしていても採用されない可能性があります。

職場のチームワークが悪くなってしまったり、企業に馴染めずにパフォーマンスを発揮できない恐れがあるため、企業の理念や方針を調べておき、それに合わない志望動機を話すのは避けましょう。

また、知識やスキルを習得したいというだけの志望動機も良くないです。

成長意欲を持つことは大切ですが、企業は学校ではありませんし、戦力になる人物を雇いたいと考えているのが普通です。

特に転職者には、即戦力なってもらいたいと考えているのが一般的で、企業のために働く意志を示した後で、自分の成長にも繋がるという話をするのであれば問題ありません。

企業研究をせずに考えた志望動機は、抽象的な内容になりがちなのでNGです。

企業のホームページを読むだけでなく、業界紙や新聞などもチェックしておきましょう。

OB訪問も行うとより具体的な内容が書きやすくなりますし、他の応募者との差別化にもなります。

ぜひ今回紹介した内容を参考にして、面接官に好印象を与えられる回答を考えてみてはいかがでしょうか。

転職の面接で志望動機を聞かれなかったら?

転職活動での面接で、たまに志望動機を聞かれないことがあります。

「なんで志望動機が聞かれなかったんだろう…」と不安になることがあるかもしれませんが、聞かれなかったからと言ってあまり心配することはありません。

面接官が志望動機を聞かない理由は、①応募書類で確認出来るため、②志望動機以外を重視しているからだと考えられます。

①の応募書類で確認できるためというのは、履歴書や職務経歴書で志望動機は確認できるので、わざわざ面接で改めて確認する必要がないと思われたからだと思います。

②の志望動機以外を重視するというのは、例えば新卒の場合入社意欲や人間性、中途採用の場合は過去の実績や経験、スキル、知識、即戦力として働いてくれるかなど、志望動機ではない他の点を重視する面接官の場合です。

面接官に好印象な「自己紹介」のコツ!時間指定された場合は?

多くの場合、面接の冒頭では最初に自己紹介を求められます。

良い第一印象を与えられると、その後も和やかな雰囲気で進行することが多く、その後の自己PRや志望動機なども話しやすくなるので、自己紹介で好印象を与えることは非常に重要であるといえます。

自己紹介といっても、友達などに話す自己紹介のように趣味や好きなものなどについて話す必要はありません。

面接官が本当に紹介して欲しいのは、仕事に関することだからです。

ただ、それらは後で詳しく質問される機会があるので、まず自己紹介の段階では簡潔に話しましょう。

自分が働いてきた業界や、関わってきた仕事内容について要点をピックアップして話すようにします。



  • またスキルや実績についても紹介しましょう。

「チームリーダーとしてプロジェクトを3つ担当しました」など、自分がアピールしたいことの概要を話すだけで良いです。
自己紹介の位置づけは、あくまでも面接官に対する最初の挨拶だからです。

面接時間には制限があるため、自己紹介は長くならないように注意する必要があります。
これから質疑応答を開始するためのきっかけづくりと考えましょう。

ポイントは、面接官が興味を持って質問したくなる内容を盛り込んでおくことです。
狙いどおりに質問してもらえると、アピールする大きなチャンスになります。

1分や3分など、時間を指定されることもあります。
自己紹介が長くなることを防ぐ目的もありますが、時間指定にはもう一つの目的があります。

それはビジネスシーンにおける適応力を見ることです。
働いていると、短時間で説明しなければならなくなるケースは少なくありません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そのため指定された時間で、分かりやすい自己紹介を行えると好印象を与えられます。

準備としては最初に長めの自己紹介を考え、それを段階的に短くしたバージョンを用意しておきましょう。

自己PRでは何をアピールする?面接の合否を左右する!

自己PRは自分を売り込む最大のチャンスであり、面接の合否を左右するといっても過言ではありません。
面接官は自己PRを聞くことにより、応募者に関するさまざまな情報を得られます。

能力や人間性など多くのことを把握して、自社の戦力になりうるか判断するための材料にします。
そのため応募者にとっては、企業の求めている人物像と合致する印象を与えることが大切です。

自分の長所をアピールする場合も、その企業にとって有益な内容でなければ意味がありません。
たとえば、失敗を恐れない人を求めているのに、慎重な性格をアピールしても印象は良くならないでしょう。



また、自己PRは自慢話ではないことを理解しておくことも大切です。
大きな成功の話ばかりをする必要はありません。

失敗したり困ったりした経験も、自己PRのネタになるのです。
そのときに自分がどうやって乗り越えたのかを話しましょう。

働いていると、困難な状況に陥ることはよくあります。
その状況を打破できる社員は、企業内で頼りにされ高く評価されます。

困難に直面した経験がある場合、乗り越えた方法やそこから学んだことなどを話すと良いアピールになります。


話に客観性を持たせることも、自己PRの重要なポイントです。
根拠のない主観的な話は信憑性に欠けてしまい、ただの個人的な感想と見なされかねません。
そのような話を延々と続けると、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

客観的な説明を行うには、具体的なデータを用いることが大切です。
そうすれば面接官は納得しやすくなります。

たとえば、営業職の経験をアピールするときは、自身が関与した部門の売上金額や前年比などを伝えると良いです。