転職を希望し、応募したい企業がみつかれば応募書類を用意します。
その際に必要となる職務経歴書は、書類審査の過程で重要視される書類です。

では、どのような内容を書くと好印象が与えられるのでしょう。
手書きかパソコン、どちらで作成するのがいいのでしょうか。
正しい書き方を知り、面接試験へとつなげましょう。ここでは職務経歴書の書き方について詳しく説明します。



職務経歴書には何を書く?手書きとパソコンはどちらが評価される?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

職務経歴書は、これまでどのような仕事の経験があるのかを明確に伝えることを目的とした書類です。

そのため、これまでの勤務先で所属していた部署や役職、詳しい業務内容を書きます。
どのくらいの期間その業務にかかわってきたのかという事も忘れずに記入しましょう。

そこでどのような評価を受けていたかというアピールも重要です。
これまでの業務で習得した知識や技術を具体的に説明することで、それが応募先でどのように活かせるかという自己PRにつなげるのも効果的でしょう。

つまり職務経歴書は、これまでどのような仕事をしてきて、新しい職場で何ができるのかということを企業に示すために作成するのです。
職務経歴書は「手書き」か「パソコン」での作成か、どちらが企業にとって好印象であるのかというのは気になるところです。

派遣 次男派遣 次男

今まで手書きで書くのが当たり前だと思ってきたけど、パソコンの方が作業は効率が良さそうだね。
採用してもらえるような職務経歴書を作るには、どっちの方がいいのかな?

これまで手書きのほうが仕事への熱意が伝わりやすく、人格も評価されるといった点から手書きでの作成が主流でした。
企業においても手書きでの職務経歴書を評価する理由として、きちんとした人格が伝わりやすいということや、慣習的に手書きを評価しているという意見もあげられます。



しかしさまざまな書類がパソコンで作成されるのが当たり前となり、パソコンのスキルを判断できるとい理由からパソコンでの作成を評価している企業もみられます。
読みやすさを重視してパソコンでの作成を評価している企業もあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

つまり、応募する企業や仕事内容を研究し、どちらが好まれるのかということを判断するのがいいでしょう。
しかし、応募する側においては少しでも印象をよくするために手書きでの作成を続けている人が多いのが現状です。

職務経歴書の書き方のポイント&履歴書との違いは?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

履歴書はプロフィールを記入する書類であり、学歴や職歴、所有している資格などその人のこれまでの経歴がわかる内容を記します。

つまり、一目見てその人がこれまでどのような人生を送ってきたのかがわかるように書いたものです。

職歴については具体的な内容には触れず、いつその会社に入社し、いつ退職したのかといった非常に端的な内容を書きます。
そのため、履歴書だけでは不足している情報や、これまで携わってきた業務の内容を詳しく説明するために職務経歴書を作成するのです。
履歴書と職務経歴書がそろうことで初めて「応募書類」であると言えます。

職務経歴書を書くポイントはどのような業務の経験があり、どのようなスキルを持っているのかという事を詳しく説明することです。
あらかじめ応募する企業について研究し、企業がどのような人材を求めているのかということを見極めましょう。

その内容をもとに、自身がこれまでの業務で経験した内容やスキルを見直し、どの内容が企業で活かせるのかを考えます。
その内容を職務経歴書に詳しく記入し、自己PRとして盛り込みましょう。
企業にとっての必要な人材であることをアピールすることが重要なのです。



職務経歴書の書き方で注意すること、NG例は?

職務経歴書を書くときにはいくつかの注意点がありますので、ここではNG例をあげながら説明します。
まず1つめに、企業が求めている人材を意識しないで書くのはNGです。

書類選考では、職務経歴書の限られたスペースでしか自己PRができません。
そのため、限られたスペースでの中でいかに企業の求める人材であるのかをアピールすることが重要です。

また、職務経歴書の枚数が多いこともマイナスポイントです。
一般的には3枚程度が目安といわれていますので、それ以上になることは読む側にとっても負担に感じられるでしょう。
ダラダラと書くことで要点が伝わりにくくなることも問題です。

そのため内容をきちんとまとめ、企業が求めるスキルや人間性をうまく強調しましょう。
応募する職種と、これまでの職歴の合致点がないのも悪い印象を与えます。
全く関係のない職歴を書いているだけではその企業で何がしたいのかという事が伝わりません。

応募する企業に対して全く関係の無い職種ばかりを書くのはNGですが、応募する企業において少しでも関連性のある職種を書いたうえで、ほかにも経験のある職種を記載することは好印象につながります。
未経験の仕事に応募する際でも、少しでも関連性のある内容を盛り込みましょう。

さらに、応募する職種に関して勉強している場合にはそれを書くことも効果的です。
これまでの業務に関して実績や評価が盛り込まれていないことも減点対象になります。

どのような仕事をしてきたというだけではなく、その仕事でどれくらい評価されたかということで、応募者の能力が判断されるのです。
そのため、仕事で工夫したことや、気を付けたことを詳しく記載しましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

具体的な数字や、お客様からの評価を交えて説明するとより効果的です。
そうすることで企業にとって活躍が期待できる人材であるかどうかが見え、ほかの応募者との競争に打ち勝つことができます。



職務経歴書で企業が重視することは何か?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

企業にとって書類選考というのは「会ってみたいと思う人物」を選び抜く作業です。

そのため、企業にとって魅力的な人物をアピールすることに重点を置いて職務経歴書を作成しましょう!

職務経歴書で企業が注目しているのは…

  • これまで何をしてきたのか
  • それによってどのような成果をあげたのか
  • リーダーなどの上の立場に立った経験があるのか
  • 転職する理由は何か

という4つです。

その中でもこれまでの仕事内容には特に重点が置かれます。
その内容と企業の事業内容とをすり合わせ、採用するメリットがあるのかどうかを判断します。
これまでの職種と大きく離れている内容に応募している場合には、その人材を育成することは可能であるか、間接的な共通点は見いだせるかといったことがポイントです。

どのような成果を上げたのかという点は、書類では表現が難しく事実かどうかの判断がつきにくいこともあります。
しかし具体的な数字を盛り込むことで少しでも現実味のある内容に仕上げることができ、伝わりやすく信頼できるものとなるでしょう。



リーダーなどのチームをまとめ上げた経験があるのかというのも評価されるポイントです。
しかし企業によってはすでに役職を持っている人材は使いにくいと懸念されることもありますので、企業を分析したうえで記載するかどうかの判断が重要になるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

さらに企業は転職理由を重視しています。
これは、応募者がこの企業で長く働けるか、企業の運営方針とあっているかどうかを見極めるポイントになるからです。

そのため記載する場合にはネガティブな表現は極力避け、企業にとって将来性の感じられる退職理由を記入しましょう。

職務経歴書の自己PRの書き方と文字数は?

職務経歴書に書く自己PRは、その企業にとって最適な内容である必要があります。
どの企業に対しても使えるような抽象的な表現では採用担当者に熱意が伝わりません。

自身が活躍するためには、その企業でなければおけないという理由を盛り込んで具体的に書きましょう。
職務内容に連動させることも重要です。
応募する企業でいかに必要とされる人材であるのかという事をアピールすることで、好印象を与えます。

しかし自己PRが長すぎる場合には、熱意は伝わっても読みづらいために好感をもたれることは少ないでしょう。
長いというだけの理由で読み飛ばれてしまう可能性もあるのです。
そのため読みやすい見出しをつけ、見出しに対して120文字程度の説明を心掛けましょう。

また、自己PRでは謙遜する表現を避けます。
職務経験が浅い場合に、まだまだ未熟といった表現を用いることで自信のなさを感じさせてしまいます。
自慢しすぎることや嘘はいけませんが、企業にとって必要な人材であるということを、自信をもってアピールすることが大切です。

さらに、経験の少なさから学生時代のことばかり書くのも、学生気分が抜けていないと判断されやすいので避けましょう。
実務経験が少ない場合でも上司やお客様からの評価を盛り込むことで、好印象につながります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

職務経歴書は、自身が応募する企業で活躍できる人物であるという事をわかりやすくアピールし、仕事への熱意を見せることが大切です!