システムの設計や開発、テストといった仕事を行うシステムエンジニアはSEと呼ばれ文系出身者でも理系出身者でもチャレンジすることができる職種です。

コンピューターが広く使用されるようになり、需要が高まっているSEの中でも特に社内SEという仕事に注目が集まっています。
そこでSEの中でも人気の高い社内SEについて具体的な仕事の内容から年収や残業、転職方法まで詳しくご紹介します。



情報システム(社内SE)になるには?

情報システム(社内SE)になるためには、まずはシステムエンジニアとしての知識が必要となります。
システムエンジニアになるために必須となる資格はありませんが、一般的にはITや情報処理関係の専門学校や高専、大学の情報学部や理系の学部で専門知識を学んでおくことが必要です。

転職で社内SEを目指す場合には、さらに経験が問われることもあります。
そのような場合には、専門知識を学んだ学校を卒業した後、システム開発やシステム管理を行う部署などで経験を積むことが必要となるのです。



新卒であれば、専門知識がない場合でもシステムエンジニアの業務に就くことが可能となる企業もあります。
大学などへ進学後にシステムエンジニアの道に進みたいと考えた場合には、ポテンシャル重視の企業に就職し、経験を積むという方法もあるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

SEの情報システムに関わる仕事の経験を積んだ後に、転職して社内SEとなるルートには2つの方法があります。

一般企業に別の職種として入社した後にシステムの専門部署に異動する方法と、社内SEの求人に応募して入社する方法です。

別の職種として入社した後に社内SEを目指す場合には、入社後一定の期間を経た後に上司に異動の希望を申し出るか、社内公募制度がある場合には自ら応募するかの2つの手段があります。

社内公募制度に応募する場合には、社内SEとしての適性があれば大きなチャンスはありますが、上司への申し出により社内SEを希望する場合には、会社の人事による事情もあるため、自分の想いだけで実現することは簡単ではありません。

転職して別の会社で社内SEを目指す場合には、自分が応募できる求人が必ずしも随時たくさん出ているわけではないので、根気強く積極的に情報を得ることが必要となります。

情報システム(社内SE)の仕事内容と求められる資格、スキルとは?

情報システム(社内SE)は、自社の情報システムに関わるさまざまな業務をITの専門家として担う仕事です。
企業によって詳細な仕事内容には異なる点もありますが、一般的にはたとえば、会社の経営戦略に従ったシステムやネットワークについての企画や開発をIT分野の視点から行います。

また、新たに作り上げる業務だけではなく、既存の情報システムやネットワークの運用が安定的に行われるために管理を行うことも大切な仕事です。
ヒアリングなどにより現状を把握し、改善させるべき点を見つけ出して改善策を取ります。

情報システムを外部の企業に委託している場合には、自社と外注する企業との間に入り、希望を伝えたり進捗状況を把握し作業調整を行ったりといった役割も担います。



さらに、社内で使用されているパソコンやネットワークなどにトラブルが生じた際の対応も、社内SEの仕事です。
新しいパソコンや周辺機器、システムを導入した際の利用者への説明や、トラブル時の問題解決を行うことも重要な業務となるでしょう。

このような仕事を通して社内SEは多くの人と接するため、業務をスムーズに行うためにも高いコミュニケーション能力が求められます。

また、さまざまな人の意見や希望を上手に調整することができる調整力や、そのときの状況に応じて動くことができる柔軟性を持っていることも大切です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そしてこれらの能力やスキル以前に、SEとしての専門的な知識を有していることは基本となります。

システム管理者としての専門知識を有していることの証となる「システムアドミニストレータ」や高度なIT技術や知識を持っているとされる「基本情報技術者」といった資格を取得しておくとよいでしょう。

社内SEの年収や残業時間の多さについて

  • 社内SEの年収 

転職を検討する際にチェックしておきたい項目のひとつが、年収でしょう。
企業の一社員として、企業が掲げている給与体系に従った収入を得ることになるため、社内SEの年収は企業によって異なります。
社内SEに限りませんが、一般的には大企業に勤めるほど年収が高い傾向にあります。

大企業の場合には、基本給が高いだけではなく、それに加えて手当や福利厚生も充実していることが多いという点も特徴です。
厚生労働省で発表されている「平成28年賃金構造基本統計調査」によるとSE職全体の年収は500万円台が相場となっています。

そしてリクナビNEXTによる「業種別平均年収」の2013年の調査結果を見るとソフトウェア・ネットワークのIT系の場合、勤務先が金融や保険系の人の平均年収が最も多く、ついでシステムインテグレーションやネットワークインテグレーションを行う外資系やコンサルティングファームも高い傾向です。

ただし、同じSEの仕事をしている人でも高度なスキルが求められるシステム開発の上流工程を担当する場合や、英語力も必要となる外資系企業で働く場合には、さらに高い年収を得ているケースもあります。

こちらのページ日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングも参考にすると、SEの年収の高さがよくわかると思います。

  • 社内SEの残業の実態

また、転職する先での残業の状況も気になるポイントのひとつでしょう。
特に、IT関連の仕事は残業が多い企業も少なくありません。
年収が高くても、残業が過剰に多い仕事は避けたいと考える人もいるかもしれません。

しかし、社内SEは他のSEと比べると一般的には残業が少ない傾向にあります。
ただし規模の小さい企業で幅広い業務を任されている場合には、残業が多くなってしまうケースもあるでしょう。

ある程度の規模を持った企業で専門の部署があり役割の分担ができている場合や、部署としての基本的な業務が定まっている場合には、残業をあまり行わずに仕事をすることも可能となっているのです。

ちなみに残業時間についてはこちらエンジニアは残業が多い?平均残業時間はどれくらい?残業が多すぎて転職したい!でもお話しています。

多くのSEが社内SEへの転職を希望する理由?社内SEが人気の理由

一般的にSEは、クライアントの希望を聞き、開発スタッフとの間に立ってプロジェクト全体の管理を行うことが仕事です。
クライアント先に常駐して業務を行ったり、下請けとして仕事をしたりすることがほとんどとなっています。

クライアント先でSEとして働く場合、新たな仕事を受けるたびに常駐先のスタッフとの人間関係を1から作り上げなければいけません。
また、下請けとして見合わない残業を強いられたりする状況も少なくないため、ストレスを感じたり体力的につらく感じたりする人もいるのです。

対して社内SEは、社内で同じ会社の人を相手に仕事をすることとなります。
このため、仕事をするたびに人間関係の構築をゼロから始める必要はなく、精神的にストレスがかかりにくいというメリットがあるでしょう。

また、クライアント先で扱う仕事は自社の仕事ではないため、エンドユーザーの顔が見えにくく、やりがいにつながりにくい仕事が多いという傾向もあります。
しかし社内SEの場合、扱う業務のユーザーは同じ社内の人間であることからユーザーの顔が見えやすく、自分の仕事への評価を実感しやすい環境となり、やりがいを感じやすくなるという魅力があります。



そして、下請けの職場で働くSEから社内SEに転職すると、残業や休暇などの労働環境の向上にも期待が持てます。
一般企業の一部署の社員として配属され社内で働くことにより、企業の労働規約に乗った働き方をすることができるからです。

さらにクライアント先の仕事の納期に比べると、社内の業務は余裕を持った納期が設定されることが少なくありません。
また、状況によっては融通を利かせるといったことも可能となります。

SE 長男SE 長男

納期へのプレッシャーによるストレスや、絶対的な納期を守るために過度の残業を強いられる状況が生じにくい社内SEの環境が、人気の理由のひとつとなっているんだよね。

競争率が高い社内SEだからこそ、IT業界に強い転職サイトを利用

安定した労働環境や、仕事のモチベーションが上がりやすい点などの魅力から、社内SEはSEの中でも高い人気を集めています。
さまざまな業務においてコンピューターの利用が増加する中で、SEの需要も年々高まっている傾向にあります。

しかし、SEが活躍する専門部署を設けていない企業や、外注をメインとする企業もあるため、各企業におけるSEの求人枠は希望する人に対してまだまだ不足しているのが現状です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

競争率の高い社内SEとなるためには、専門的な情報を多く持つIT業界に強い転職サイトの利用が効果的です。
IT業界を得意とする転職エージェントには、一般には公開されていない非公開の求人情報を数多く持つ場合もあります。

またIT業界を専門とする転職サイトでは、求められる最新のニーズを正確につかみ、内定を取るために有効となる具体的な方法についてのアドバイスを与えてくれるところも少なくありません。

社内SEへの転職を考えている人は、現状のSEの就職状況や企業での労働環境を踏まえた上で、必要があれば事前に資格を取得するなどしながら、専門知識のある転職サイトを上手に活用して内定獲得を目指すとよいでしょう。