社会人としてデビューをして、社風や仕事内容が合わずに転職をしたいと感じる人は毎年存在します。
しかし、辞めた後のことや自分の経歴に支障がでることを不安に感じ、なかなか辞めると言い出しにくく思い悩む人もいるでしょう。

新卒ですぐに仕事を辞めてしまうとリスクもあるのは事実ですが、自分の環境と自分が進むべき将来によっては会社を辞めたほうが良いこともあります。
ここでは新卒の人が、入社してわずかで会社を辞めることのメリットとデメリットをご紹介しましょう。



新卒はどんな理由で仕事を辞めてる?意外と多い新卒で退職

転職の女神 長女 転職の女神 長女

厚生労働省による「新規大学卒業者の事業所規模別卒業3年後の離職率の推移」の統計によると、実は新卒で仕事を辞める人は、企業規模によって異なりますが3年以内に3~5割と高い傾向にあるのです。

特に小規模の会社の方が、離職率が高い数字になっています。

会社を辞める理由は人それぞれですが、会社での人間関係や労働環境が劣悪なブラック企業に就職してしまったなど、心身的に追い詰められ辞めていく人が多くいます。
入社前は会社に対するイメージは表向きしか見えずに、いざ入ってみると仕事内容とのギャップに戸惑ってしまうケースも多いでしょう。

また、アルバイトなどを経験した人やインターネット上の情報を閲覧している人の中には、労働基準法通りに働けると思い入社した人もいるはずです。
しかし、実際に正社員として働いてみると残業が当たり前で、サービス残業をしている人もたくさんいることに気が付くでしょう。

もちろん政府の対策や、企業改善によって労働時間などの見直しがされています。
しかし、現実的に1日8時間以内で就労を終えることや、サービス残業なしに目標を達成していくことが難しいことだと実感する面もでてくるでしょう。

会社や顧客間の人間関係でつまずく人もいます。
今まで体育会系の環境にいなかったので、叱咤などのプレッシャーをかけられると委縮してしまいミスを連発してしまうパターンもあるでしょう。

自分が望む環境ではなかったり、自分にとって劣悪な環境だったりしては仕事が長続きしません。
そのように、仕事場に自分の役割を見出すことができずに辞めていく新卒が毎年多く離職していくのです。



まずは仕事を辞めたい理由を明確にすることも大切

本人がどうしても耐えられない環境で仕事をすると、自分のパフォーマンスが下がってしまい満足に仕事をこなすことができません。
それどころか、仕事仲間の足を引っ張る結果になることや、顧客に迷惑をかけることにつながります。

仕事を辞めようと決めた場合は、辞める理由を明確にしましょう。
自分は何が原因で辞めたいと思っているかを考えることや、見つけることが大切です。

仕事を辞めた方が良いケースは、「基準を超えている労働時間を強いられる場合」や「会社内でのパワハラやセクハラなどハラスメントをうけているとき」「サービス残業など手当がつかないこと」「違法経営が目についた」などです。

パワハラについてはこちら上司のパワハラが嫌で仕事を辞めたい人がするべき対処法と対策、セクハラについてはこちらセクハラが原因で仕事を辞めたい…具体例と対処法・解決方法へ。



自分がおかしいなと疑問に感じているときは、会社以外の人とコンタクトをとり第三者の意見を求めると冷静な意見が聞けるのでおすすめです。

相談をする相手は、必ずしも親類や友人に限らなくても大丈夫です。
労働環境に疑問を感じた場合は、最寄りの労働基準監督署に相談にのってもらえます。

また、他人からうつの傾向を指摘されたり、精神科に通うようすすめられたりした場合は精神科に足を運んでみましょう。
会社が原因でうつ病になっていた場合、会社の辞職や休暇をとる理由になります。

うつ病についてはこちら仕事辞めたい…無理してうつ病(鬱)に?症状とチェック。退職・転職するべき?傷病手当金とはへ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

精神的な疾患を持っていると診断されると、条件によっては健康保険で定められている傷病手当金を受け取ることができるので、仕事を休むことになってもお金の心配を軽減することができます。

もし休暇もとれない環境で働いていている場合は、すぐに仕事を辞めて、心にゆとりをつくり、仕切り直した方が良いでしょう。

ある程度理由がわかれば、今後会社を辞めるかどうかの判断につかえ、無理にキャリアを傷つけるリスクや自分を追いつめるリスクを整理することができるはずです。

新卒で仕事を辞めるデメリットは?

もし新卒で直ぐに仕事を辞めた場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

自分に起こるデメリットとして、自信を喪失する可能性があります。
会社勤務が長い方が評価が高いなどの世間の評価が目についてしまい、自分は仕事ができない人間だと決めつけネガティブになることがあるのです。

また、新卒という一生に1度ともいえる肩書がなくなり、スキルやキャリアもないまま次に転職を行うのはハードルが高くなると考えている人もいるでしょう。
このように、短い期間で辞めることで、今までの経歴に傷がつくことや今後の評価が落ちるイメージが強く残ってしまいます。



また、インターネット上の情報を見ても、長いキャリアがある方が良いという意見も記載されているので、早くに辞めてしまったことを余計気にしてしまうものです。
多くのデメリットは、将来的な不安から来るものといえるでしょう。

転職回数についてはこちら年代別!転職回数は何回までOK?回数が多くても不利にならない履歴書、面接対策も参考になると思います。

しかし、現状の自分が追い詰められ本当に潰れてしまっては将来も何もありません。
キャリアや経歴を重視しすぎても、環境を良くすることにはつながらないので、条件によってはできるかぎり早い辞職も必要になってくることを覚えておきましょう。

新卒で仕事を辞めて転職するメリットは?

精神的にキツイと感じていた環境にいた人は、仕事を辞めることで日ごろの疲れから解放される点はメリットといえます。
日々を自由に送ることができるので、心身のケアを行ったり、新たな仕事場を探したりと時間を自分のために使えるようになるのです。

1度辞めた後は、今後どうするかゆっくり決める時間をとることや、先が決まっている場合はすぐに行動を起こすのが良いでしょう。
労働環境や会社側が劣悪な環境なことが明白な場合は、次回の転職の際に正直に伝えることで理解を示してくれる企業もいるので自信をもって転職活動に取り組みましょう。



新卒で会社を直ぐに辞めた人は、第二新卒として就職活動を行うことができます。
新卒が3年以内に3割以上辞めているという事実は、多くの企業の人事担当者が認知している情報です。

中には会社の環境や人間環境のせいで優秀な人材が辞めるケースがあることを把握しており、そのような人材を自社に採用しようと必死になる企業もあります。

第二新卒についてはこちら第二新卒とは?求人や採用について!転職や就職サイトのオススメは?へ。

キャリアとして仕事を辞め、新たに仕事を探す場合、同じ職種で探すケースが多くなる傾向です。
新たな仕事を探すのは難しくなりますが、新卒で仕事を辞めた人は年齢もまだ若いので新しい職に就ける可能性も高いです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

新卒と違い第二新卒は、基本的な社会人のマナー研修などが行われた状態で転職をするため、企業側は研修などに人件費などをかけず、若い戦力を確保できるメリットがあります。

必ずしも、新卒ですぐに仕事を辞めることはデメリットだけではないことを覚えておきましょう。

勢いで辞めるのはNG!第二新卒に強い転職エージェントを利用しよう

ここまで、新卒で仕事を辞める場合のメリットやデメリットをご紹介しました。
メリットだけに目がいき、勢いで仕事を辞めようとしてはいけません。

ただ仕事に飽きてしまい、辞めたいと考えていたり、自分に責任のある仕事を任せてもらえないので仕事を変えたいと感じていたりする場合は、早めに辞めるとデメリットが強調される可能性があります。

転職において、その事実を正直に話しても、自身を過信しているだけととらえられる可能性もあるのです。
会社の仕事をしっかりとこなし、余裕がある分には仕事を辞めずにスキルを伸ばせるよう努力をしたり、自分に仕事が任されるまでキャリアを積み上げることも大切です。

仕事を早期に辞めるときに明確な理由をみつけることは、離職時に起こるリスクを回避するためにあります。
それでも辞める理由があるならば、早めに見切りをつけて前向きに転職活動を行いましょう。

新卒と違い、第二新卒は仲間が少なく気力が持続しにくくなる可能性があります。
転職活動をするときは、第二新卒をサポートしてくれる転職エージェントと一緒に行うことで、より前向きに転職活動に取り掛かることができるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

第二新卒の転職を得意とする転職エージェントなら、自分に合った転職先を見つけられると思います。

転職することで、自分が長く働き続けられる会社に出会いたいですね!

転職エージェントについてはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットへ。