現状の仕事を辞めたいと思ったことがある人は、案外多いことでしょう。
その気持ちは一過性のものかもしれませんし、ずっと頭から離れない強い願望なのかもしれません。
仕事を辞めたいと思うこと自体は、それほど珍しいことではありません。

しかし、朝目覚めてから夜眠るまで仕事を辞めたいと考えるなら現状は深刻です。
では、仕事辞めたい病を克服するには、一体どうすれば良いのでしょうか?



どうして仕事を辞めたいのか原因を振り返ってハッキリさせよう

転職の女神 長女 転職の女神 長女

仕事辞めたい病になったとしても、心の片隅では仕事辞めたい病を克服したいという気持ちがある人も多いのではないでしょうか?

仕事辞めたい病を克服するためには、まずはなぜ辞めたいのかをとことん突き詰めて考えることが大切です。

ただ漠然と会社を辞めたいと思う人も、もうこれ以上この会社で働くことはできないと考える人も、辞めたい理由を理解することで解決への道筋を見つけられることでしょう。

仕事を辞めたいという理由には、大きく分けると5つあります。

それではそれぞれの特徴を見ていきましょう。
あなたの仕事を辞めたい理由と似ているものがあるかもしれません。

  • 人間関係

離職したいと考える原因で最も多いのは、人間関係です。
職場の人間関係は、1人で働く個人事業主や在宅ワーカーではなければ、必ずといってよいほど付きまとってくる問題です。
上司や同僚、部下との関係が悪かったりトラブルメーカーが職場の雰囲気を悪くしたりと、人間関係のトラブルはたくさんあります。

人間関係についてはこちら人間関係がもうイヤで仕事辞めたい!今すぐ実践出来る対処法と解決策も参考にどうぞ。



  • 残業や休日出勤

仕事の量が多く体力的にきついと感じることも、仕事辞めたい病にかかる原因のひとつです。
特にサービス残業を強要されるなど、自分のがんばりが給料として返ってこない場合は、体力的だけではなく精神的にも多くのストレスがかかります。

また、家族がいる人にとってプライベートな時間がほとんどなくなってしまうと、家庭環境が悪化する可能性もあります。
そのため、自分の自由な時間が欲しいと強く感じる人は多くいます。

  • セクハラやパワハラ

どんなに仕事に対してやりがいを感じていたとしても、ハラスメント被害を受けてしまうと、仕事に対するモチベーションは著しく低下していきます。
会社が対応してくれるのならまだしも、事件をもみ消そうとしたり無関心で何も対処してくれなかったりする場合は、さらに仕事辞めたい病は悪化していくことでしょう。

ハラスメント被害を受けた場合は我慢せずに、会社や第三者機関に訴える必要があります。
我慢した分だけ仕事辞めたい病は深刻になっていきます。

セクハラについてはこちらセクハラが原因で仕事を辞めたい…具体例と対処法・解決方法、パワハラについてはこちら上司のパワハラが嫌で仕事を辞めたい人がするべき対処法と対策も参考にどうぞ。

  • 仕事内容への不満

技術職で活躍したかったのに営業職に回されるなど、自分が望まない仕事に就かざるをえなくなったときに仕事を辞めたいと感じることがあります。
上司や人事に訴えても何も動いてくれないと不満が高まり、転職したいと願うようになります。

  • 会社の雰囲気が合わない

あまり騒ぐことが好きではないのに会社が飲み会を頻繁に行うなど、社風と自分の性格が合わないときに、仕事辞めたい病を発症することがあります。

特に強制参加ではないはずのイベントに、半ば強制的に参加させられることが続くと、大きなストレスを感じます。
人間関係や仕事内容に不満がなくても社風が合わないと、仕事辞めたい病を発症することは珍しくありません。



転職の女神 長女 転職の女神 長女

私が男女100人に「転職で重視したいことは?」というアンケートをとったところ、労働条件や仕事内容、職場環境・人間関係という回答が多かったです。

やはり、仕事を辞めたい原因と転職で重視したいことは似ていますね。


アンケートについてはこちら「あなたが転職で重視したい条件は?」みんなが転職先に求めるものはどんなこと?アンケートをとってみました!

思い切って休養する・休みをとる、休息の時間を作る

転職の女神 長女 転職の女神 長女

仕事を辞めたい病を克服して、高いモチベーションを持って再び仕事をするために、心を決めて長期間休養するのは良い方法です。

仕事をがんばりすぎてしまうと、心身ともに大きなストレスがかかります。

物事をネガティブに考え出したり、朝起きて会社に行きたくないと思い出したりしたら、黄色信号が点灯したと思ってください。
このまま会社に通い続けていくと、うつ病を発症してしまう可能性もあるので、まずは会社や仕事のことよりもあなた自身の健康のことを考える必要があります。

うつ病に関してはこちら仕事辞めたい…無理してうつ病(鬱)に?症状とチェック。退職・転職するべき?傷病手当金とはへ。

有給休暇が残っていれば、うまくつなぎ合わせて長期休暇を取ってみましょう。
会社が忙しい時期ではなければ、周りに迷惑をかけるかもしれないと心配することもありません。

有給休暇が残っていない場合は、土日など休めるときには何も考えないようにしてしっかり休み、睡眠をたっぷりととることがポイントです。

仕事中は休憩なしで続けて働くのではなく、何時間かに1回は小休憩を取り休息の時間を作るようにします。
外の空気を吸ったり軽いストレッチをしたりして、心と体を休めてみてください。



趣味に没頭する、自分なりのストレス発散法を見つける

仕事で受けたストレスはため込まず、上手に発散することで仕事辞めたい病が克服できる可能性が高まります。

どんなささいなことでも良いので、好きなことや趣味を見つけて没頭すれば、日ごろ仕事でためたストレスを発散することは可能です。
とりわけ趣味やしたいことが見つからないという人は、普段と環境を変えることでもストレスの発散ができます。

例えば、休日に温泉旅館に泊まりに行くなども良いアイディアのひとつです。
温泉にも浸かれて自然も満喫できるため、気持ちをリフレッシュさせるのには最適です。

その他、国内外の旅行に出かけたりドライブを楽しんだりすることでも、普段とは違う景色を楽しむことができてストレスは解消されていきます。

一方、そのような時間もお金もないという人は、友達とカフェでおしゃべりするのも良い気分転換になるのでおすすめです。

ストレス発散方法は人それぞれなので、必ずしもお金や時間がかかる方法だけではありません。
自分なりの方法を見つけて、ためたストレスをぜひ発散させていってください。

目標になる先輩や上司を見つける

転職の女神 長女 転職の女神 長女

仕事辞めたい病を克服する方法としては意外に思われるかもしれませんが、目標となる人を社内に見つけることも効果的な方法です。
特に仕事内容に不満があったり、人間関係がうまくいっていなかったりする場合はこの方法を試す価値はあると思いますよ!

目標とする人は上司だけではなく、1歳年上の先輩でも構いません。
尊敬できる人が社内に入ると仕事に対するやる気が出てくるだけではなく、その会社で働き続けることに安心感を覚えることもできます。



ただし、この克服法は裏を返せば目標となる人物がいないような会社であれば、その会社に勤める理由があまりないということを意味するため、自分の進退問題についてよく考えた方が良いでしょう。

頑張りすぎは禁物!転職も1つの方法

さまざまな仕事辞めたい病の克服方法を紹介していきましたが、実践しても大きな効果が得られなかったという人考えられます。
そのような場合は無理をせずに、思い切って転職するという選択肢も必要となるでしょう。

仕事辞めたい病は複雑なもので、どんなに現状の仕事が好きだったりやりがいを感じていたりしても、体力的に無理だったり人間関係が悪かったりすると、その会社を辞めたいと感じてしまいます。

ここで重要なのは、仕事自体に問題があるわけではなく、今勤めている会社に問題があるケースが多いということです。
同じ仕事内容で職場が変われば、嘘のように晴れやかな気分になるということもあります。



会社は、現在勤めている1社だけではありません。
仕事辞めたい病が深刻となり、うつ病などを発症してしまわないためにも、今の会社が合わないと感じたのなら別の会社へ転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職は、仕事辞めたい病の根本的な克服方法のひとつなので試してみる価値はあります。

仕事が原因で人生が暗いものになってしまわないように、出来るだけ早い段階から対策を始めてみましょう!