「仕事を辞めたい」と思っていてもなかなか行動に移せないケースもあるかもしれません。
「同僚に迷惑がかかる」「今後の生活が不安」「お世話になった会社や上司に申し訳ない」といった後ろめたさが首をもたげてくるでしょう。

しかし、そうした気持ちは転職を考える人には誰しも起こるものでもあります。
ここでは気持ちを切り替える方法や、会社をうまく辞める方法を見ていきましょう。



このまま会社を続けることによるリスクをもう一度考える

仕事の現状や待遇などに特に不満がなければ、「仕事辞めたい」とは思わないはずです。
ただ実際に辞めることを会社に伝えるとなると、なかなか言い出せないこともあるでしょう。

目の前のことだけに意識が向いてしまうと、そのままズルズルと会社に居続けてしまうことにもなります。
一度落ち着いて、会社に残ることのリスクを整理しておく必要があるでしょう。



まずは初心に立ち返って、「どうして会社を辞めたいと思ったのか」といった点を掘り下げて考えてみる必要があります。
「上司や同僚とうまくいかない」「なかなか休めない」「無茶な業務を振られることが多い」「給与が少ない」「自分に合った仕事ではない」といった点があがってくるのではないでしょうか。

我慢をして現状の仕事を続けるという選択肢もありますが、それによって失われてしまうリスクも念頭に置く必要があります。
精神的なリスク・経済的なリスク・健康に対するリスクなど、総合的に判断してみましょう。

収入を得るために仕事をすることは必要ですが、それによって人生そのものが不幸になってしまっても仕方がありません。
「何のために、今の仕事をしているのか」という問いに、明確な答えが出せないときは迷わず仕事を変えてみるのもいいでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

大切なことは、仕事を通じて人生をより豊かにしていくということを忘れないでください。
そして、退職したり転職をしたりすることで影響を受ける家族や親とも、しっかりと話をしておく必要があります。

つらいと感じるときほど自分ひとりで何でも抱え込んでしまわずに、周りの人や専門家に相談してみることを心がけてみましょう。
家族の理解があることで、退職までのハードルも下がっていくはずです。

割り切って気持ちを切り替える

いざ仕事を辞めたいと思っても、上司にどう伝えればいいのか分からずに、言い出せない状況が続いてしまうこともあるでしょう。
言い出せないということは、心のどこかで整理がついていないのかもしれません。

介護士 次女介護士 次女

「就職に困っていたときに雇ってくれて恩義を感じている」「上司にとてもお世話になった」「同僚に対して申し訳ない」といったことが思い浮かぶのではないでしょうか?
なかなかすんなりと割り切れる人ばかりじゃないですよね。

確かに、そうした事実はあるでしょう。
しかし、「仕事辞めたい」と思った自分自身の気持ちも大事にする必要があります。

仕事を辞めるときには、それなりにエネルギーを必要とする部分があるものです。
ある程度は、割り切って物事を考えていく必要があります。



「会社に対する恩義」は、これまで自分の生活を支えてくれた感謝でもあります。
ただ、会社側も労働者を雇うことによって利益を出して潤っていたはずです。

雇用主と労働者は、対等な関係であることを意識しましょう。
「上司にお世話になった」といっても会社を辞めたからといって、個人的な関係が切れてしまうわけではありません。
きちんとこれまでの感謝の気持ちを伝えれば、上司も理解を示してくれるでしょう。

「同僚に申し訳ない」といった気持ちは、一緒に苦労をして取り組んできたからこそ感じる気持ちでもあります。
ただ、本当の仲間であれば、新しいスタートを切ることを応援してくれるはずです。
そして、会社を辞めてからも個人的な関わりがなくなるわけではありません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

仕事を変えるということは、人生の選択をするということです。

勇気を持って前向きに取り組んでみましょう。

退職願を実際に書いてみる

あれこれと考えているうちに、辞めるタイミングを見失ってしまっては本末転倒です。
「仕事辞めたい」という気持ちが強いうちに、何らかの行動を起こすことは大切だといえます。

まだ自分の気持ちがよく定まっていないときでも、とりあえず退職願を書いてみるというのも1つの方法です。
文章にして書き起こすことによって、自分自身の気持ちを整理することにもつながります。



退職願を書くだけなら、まだ実際に退職をするわけではないため、心理的なハードルを下げられます。
カバンに入れて持ち歩き、いつでも上司に提出できる状態を作れますし、しばらく様子を見るときも後から気持ちが変わってしまうのを防ぐことができるでしょう。

もし退職願をどうしても書けないというときは、心底現状の仕事を辞めたいと思っていないということなので、それはそれで結論が出ます。
退職願を書くことによって、実際に仕事を辞めるという実感が持てますし、退職によるメリットやデメリットを把握するのにも役立ちます。

仕事を辞めたいと思っていても、なかなか辞めることができないのは実際に行動を起こしていない場合が多いといえます。
いきなり上司に退職の意志を伝えようとするよりも一歩前進といった状況を作れるので、迷ったときこそ退職願を書いてみましょう。

退職願を書く機会というものはそれほど多くないでしょうから、文面にそれほどこだわる必要はありません。
「一身上の都合により、退職します」といった簡潔な形でまとめてみましょう。
大事なポイントは、退職する意志をハッキリと示すことにあるのです。

退職願についてはこちら転職の際の退職届と退職願、辞表の違いと注意すること&自己都合退社と会社都合退社の違いへ。



また、退職願を提出するときには、上司に個別の時間をとってもらうことを心がけてみてください。
周りに人がいると上司に気を遣わせてしまうことにもなりますし、話を聞いた同僚のモチベーションが下がってしまうことにもつながります。

できるだけ会社側の迷惑にならない形で、退職に向けた行動を起こしてみましょう。

すでに新しい転職先を確保してしまうのも1つの手

仕事を辞めるためのステップとして大事なことは、退職願を書くこともそうですが、心理的なハードルを下げることが重要です。
そのために、新しい転職先を在職中に確保してしまうことも1つの方法だといえます。

「現状の仕事を辞める」といった最終的な結論を出す前に、自分にできることを全部取り組んでおくことは有効です。
新しい仕事を探すといった行動を通じて、今後の生活の道筋を具体的にイメージするきっかけにもなるでしょう。
今の仕事が自分に合っていないと感じるのであれば、自分の可能性を探る良い機会でもあります。

また転職活動を通じて、改めて今の仕事の大切さを理解するといったことにもつながるかもしれません。
いずれにしても、具体的な行動を起こせば、なにかしら具体的な答えが返ってくることが期待できます。



「会社に所属しながら、転職先なんて探せない」などと考えずに、柔軟さをもって行動していくことも大切です。
新しい転職先が見つかれば、退職することへの気持ちのハードルもかなり低くなるでしょう。
経済的な不安や家族・親からの心配といった部分も、うまく解消できます。

実際に退職の意志を示すときも、「転職先が決まったので辞めます」と思いきって伝えることができるはずです。
転職活動をする一番のメリットは、「気持ちに余裕ができる」ことです。

2~3カ月の間、転職活動に時間が必要であれば、その間に在籍している会社にも変化があるかもしれません。
ただ、転職活動に対する不安がある場合には先に今の仕事を辞めてから、じっくりと取り組んでいくといった方法もあるでしょう。

在職中に転職活動をするメリットについてはこちら転職活動は働きながら(在職中)?退職してから?メリット&デメリット!会社にバレる?へ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

どんな形であれ、最初の一歩を踏み出さなければ退職はできません。

自分の人生をより豊かな方向に導いていくためにも、具体的な行動を起こしてみましょう!