ある日ふと突発的に仕事を辞めたい!と思うことがあるのではないでしょうか。
仕事を辞めたくなるのは、このように突発的な感情からくる場合と、今まで我慢してきた事が積み重なっている場合が考えられます。

新しい仕事に挑戦したいという場合もあるでしょう。
いずれにしても仕事を辞めたいと考えるようになったら、それなりの準備が必要です。



仕事に苦労はつきもの!まずは考え方を変えてみる

転職の女神 長女 転職の女神 長女

私が<男女100人に「仕事を辞めたいと思ったことはある?」というアンケートをとったところ、全体の約7割が「ある」と回答しました。 今の仕事を辞めたいと思うことは珍しいことではなく、みんな同じような悩みを抱えていることがわかります。


このアンケートについてはこちら人生の大きな分岐点!「現在の仕事を辞めたいと思ったことはある?」実態アンケート

転職の女神 長女 転職の女神 長女

仕事辞めたいと思いながら仕事を続けていくのはつらいものです。

しかし、辞めたいと思う理由について深く掘り下げて考えてみたことはありますか?

残業が多く自分の時間がないのが悩みの方も多いでしょう。
上司や同僚と合わなくてつらく感じることも多い傾向です。
給料が上がる見込みがないのが理由の方もいます。
これらを自覚しているのであれば、仕事を辞めるのに十分で正直な理由といえます。



しかし、次の仕事に就けたとしても同じような不満や問題が発生する可能性があります。
仕事辞めたい病がでてきたなと思ったら、考え方を変えて気分転換をしてみることが大切です。
同時に自分で出来る限り現状を改善出来ないかどうか考え、行動してから仕事を辞めるかどうか判断しても遅くありません。

例えば残業が多いのにはそれなりの理由があります。
単純に仕事量が多いのか、それとも自分のやり方に問題があるのか考えてみましょう。
ふとしたきっかけで、業務の無駄を見つけることがあります。

周りが納得して協力してもらえる状況を作り出せば、残業は減らせる可能性があるでしょう。
会社の仕事は日々変化していきますし、苦手な上司や同僚が異動することがあります。
考え方ややり方ひとつで、職場が心地よく感じるきっかけになることがあるのです。

しかし、給料が客観的にみて低いと感じている場合、自分で出来ることには限界があるでしょう。
このようなときは、思い切って上司や会社に交渉してみることも大切です。
いずれの状況でも不満を抱えたまま、ただ漠然と仕事辞めたいと悩み続けることは精神衛生上良くないことです。

本当に仕事を辞めたいのか?じっくり自分と向き合う時間を作る

仕事辞めたいと思うのは自然なことです。
しかし、一時的な感情でそのように考えてしまうことがあります。

ニート 三女ニート 三女

忙しすぎて煮詰まって、突発的に辞表を提出してしまうのは避けたいよね。

っていう私は何のプランもなく仕事を辞めちゃった1人だけど。(笑)

時には長めの休暇を取り、じっくり自分と向き合う時間を作ってみましょう。
ひとり旅をしてみても気分転換になります。

さらに、会社の人間関係から離れて好きな趣味に没頭していると、気分がまぎれることがあります。
世代や職業が違う人達と時間を共有することで、さまざまな価値観や生き方に気づくことも重要です。
その経験から、思わぬ気づきや新たな発想が得られることがあるでしょう。



会社の中でほとんどの人間関係が完結しているような状況の中にいると、どうしても偏った考えに陥りがちです。
周囲には自分と同じように、漠然と仕事辞めたいと考えている同僚が多い場合には、特に注意しましょう。

自分自身がなぜ辞めたいのかをはっきり自覚し、理解するためには会社と少し距離をおいてじっくり考えてみることをおすすめします。

さらに、今の職場で働くことが、自分の将来の目標に合っているかどうかを冷静に考えてみることが大切です。
もし、将来のビジョンが今の職場にいても見出せない場合は、新たな道を模索する必要があるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

自分が仕事に何を求めているのかをはっきりさせることで、辞めたほうがよいか明確な判断が出来るようになります。

じっくり自分と正直な気持ちで向き合う時間を、意識的に作ってみましょう!

仕事をいつでも辞められる準備をする

仕事を辞めたいと思うことは、決して悪いことではありません。
必要以上に罪悪感を覚えたり、社内の他の人に気を遣ったりする必要はないでしょう。

もし、時間をかけて自分と向き合い、冷静に自分の向かいたい将来が現状の仕事で叶えることが難しいと判断したのであれば、仕事を辞めるという選択も考えましょう。

しかし仕事を辞めることで失うものもあります。
一番は毎月得ていた収入が途絶えることです。
あたり前に払えていた家賃や光熱費、食費にいたるまで賄えなくなる可能性があるので気をつけましょう。

辞めると密かに決心したら、それなりの事前準備が必要になることを念頭におくことが大切です。
いつでも辞められる準備をしておくことで、精神的にも金銭的にも不安を感じずに前に進むことが出来ます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

今の仕事を続けながら準備出来ること、それは働きながら転職活動を始めることです。

転職活動を開始するメリットとして、他の会社に面接に行くと客観的に自分の今の状態が理解出来ることもあります。

場合によっては、今働いている会社でまだ出来ることがあるかもしれない…と考えるきっかけになるでしょう。
その結果、仕事を辞めないで続けようと判断する材料になる可能性があります。



さらに、転職活動をすると、世の中にはさまざまな会社があり、会社ごとに社風や働き方に違いがあることに気付くでしょう。
多くの会社の情報を得ておくことは、将来的に自分に合った、納得のいく転職が出来るようになります。
仕事辞めたいと本気で考えるのであれば、仕事を続けながら次の方向性を模索するほうが、精神的にも良いといえます。

いったん退職してから仕事を探すのは、転職活動に集中出来る時間は増えます。
しかし、気持ちが焦ってしまい一番先に内定が出た会社で安易に決めてしまうということになりかねません。

在職中に転職活動をするメリットなどについてはこちら転職活動は働きながら(在職中)?退職してから?メリット&デメリット!会社にバレる?へ。

貯金をする!お金の蓄えは精神的な安定に繋がる

残業が多すぎて、現状の仕事を続けながらの転職活動は体力的に難しいと感じることがあるでしょう。
しかし、仕事辞めたい気持ちをひきずったまま時間だけが過ぎていきます。
このような場合には、仕事を辞める準備として備える方法があります。

それは転職に備えて貯金をしておくことです。
お金の蓄えがあれば、万が一、仕事が続けられなくなってしまったり、転職するために退職をせざるを得ないと判断したりしたときに精神的な安定に繋がります。

出来れば仕事を続けながら、次のステップに向けて準備するほうが望ましいです。
難しい場合には、やはり貯金で事前準備しておくことが大切といえます。

では具体的にどれくらいの貯金を準備しておけばよいのでしょうか。

  • 目安としては、毎月の生活費の最低4カ月分の貯金です。

もし自己都合で退職すると、雇用保険の失業給付は退職してから約4カ月後になります。

失業保険の給付までの期間を貯金で乗り越えることが出来れば、とりあえず安心といえるでしょう。
まず、毎月の生活費を洗い出してみて、どれくらいの金額が必要かを知っておきましょう。

貯金をする習慣がない方にとっては少々大変ですが、これも将来のことを考えたら一時的なことであり、決して苦労にはならないのではないでしょうか。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

それよりも、「仕事辞めたい」「でも生活があるから辞められない」と延々と悩む時間を浪費してしまうのはもったいないことです。

貯金をすることで、いつでも辞められるという状況を作っておくことは、とても大切なことのです。

転職サイトや転職エージェントに登録して、もしもに備える

仕事辞めたいと思うことは、誰にでも起こりえることです。
現状に満足していても、突然の人事異動で仕事がやりにくくなる可能性もあります。

好きだった仕事から外れてしまい、将来について悩んでしまう可能性もなきにしもあらずといえます。
そんなもしものときに備えて、転職の準備をしておくことは大切です。
特に仕事を辞めるのが初めての場合には、なにから手をつけたらよいのかわからないという状況に陥りがちです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

仕事を続けながら無理なく転職活動を進める方法のひとつに、転職サイトや転職エージェントに登録して相談しておくというのがおすすめです。

登録は無料ですし、転職エージェントは多くの転職者のサポートを実績があるので、現状に関してもさまざまなアドバイスを得られる可能性が高いです。

もし、本格的に仕事を辞めたいと考えて行動に移すときも、事前に登録しておくことで迅速に動くことができるでしょう。
仕事を続けながらの転職活動も、転職エージェントが書類の提出や面接の手配をサポートしてくれます。

仕事を辞めたいと考え始めたら、事前に準備できることは案外たくさんあるので、早めに対策をしておきましょう。

ちなみに、転職エージェントについてはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットも参考にしてください。