日本の東北地方に位置する宮城県は、海と木々に囲まれた自然豊かな地域であり、伊達政宗ゆかりの地としても有名です。

高級和牛の仙台牛や、日本屈指の水揚げ量を誇る水産物など、県外の人からも人気の食材が豊富な点も特色だといえるでしょう。

そんな風土に魅力を感じ、転職して宮城県で働くことを検討している方もいるのではないでしょうか?

東京などからのIターンやJターン転職、移住先として、宮城に注目している人も少なくないはずです。

もちろん、もともと宮城に住んでいた人で就職などで他の地域で暮らしていたものの、再び生まれ育った宮城に帰るUターンを考えている人もいると思います。

ここでは転職・移住希望者のために、宮城県での転職でポイントとなる情報や、宮城の平均年収や家賃相場、移住支援制度など、暮らしに役立つ情報なども詳しくお話していこうと思います。



宮城の物価、家賃相場はどれくらい?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

宮城での生活を考えた時、どれくらいの生活費が必要になるのかは気になるところですね。

生活費の中でも特に大きな出費となりやすい、家賃相場についてお話します。


物件情報サイトSUUMOのデータによれば、2017年6月時点の宮城県におけるマンションの家賃相場は、ワンルームで3.3~5.4万円、1Kで4.2~5.4万円、1LDKで4.9~7.0万円、2LDKで5.3~8.4万円、3LDKで5.6~9.8万円程度となっています。

一方、アパートの家賃相場はワンルームで2.2~4.9万円、1Kで3.3~4.9万円、1LDKで4.3~5.9万円、2LDKで4.6~7.3万円、3LDKで5.3~8.7万円程度です。

次いで一戸建て・その他の家賃相場ですが、ワンルームで3.1~6.0万円、1Kで4.0~5.5万円、1LDKで4.8~7.0万円、2LDKで5.2~7.9万円、3LDKで5.5~9.0万円程度という結果でした。

仙台市のような中心地に近づくほど家賃が高くなる傾向が見られました。



さらに2020年現在最新の家賃相場を調べてみたところ、賃貸住宅D-roomの調査によると、宮城県の平均家賃相場は『6.8万円』となっており、例えば全国的にも生活水準が高い東京都の場合の平均家賃は9.2万円ですので、東京都と比較すると約3万円ほど安い金額となっています。


(賃貸住宅D-room宮城県の家賃相場情報より)

さらに部屋の間取り別で詳しく相場を見てみると、1Dから1DKの場合は5.8万円、1LDKから2DKの場合は6.6万円、2LDKから3DKの場合は7.5万円、3LDKから4DKの場合は9.7万円、4DK以上の場合は12.8万円となっています。

宮城の仙台市で家賃相場が高いエリアを見てみると、最も平均家賃が高いのは「若林区」で8.0万円、次に「宮城野区」で7.6万円、3位が「青葉区」で7.5万円となっており、仙台以外の宮城県市部で最も高いエリアは「富谷市」で10.6万円、次に「名取市」で7.3万円、3位が「塩竈市」で7.2万円でした。

反対に平均家賃相場が最も安いエリアを見てみると、仙台市の中では「太白区」で6.7万円次に「泉区」で6.9万円で、仙台市以外では「角田市」で4.3万円、2位が「柴田町」で4.8万円、3位が「大崎市」で5.5万円という結果でした。

こうして見ると、宮城の中心部とも言える仙台市の中ではそれほど大きく家賃相場の開きはなく、どのエリアもあまり差がないことがわかります。

例えば東京で暮らすとなると、家賃が高くて1Rしか借りられない場合でも、都心から離れることで同じ家賃金額でも広い部屋を借りることが出来ますよね。

夫婦での生活であれば2DK程度でも十分でしょうが、ファミリーで暮らすとなるとある程度の広さが必要になりますし、ゆくゆくは持ち家を建てたいと考えている人も、家賃を抑えることで生活費を貯蓄に回すことができます。

また、その土地で生活するに当たってもう1つ気になるのは”物価”についてですが、仙台の物価は東京や札幌、新潟など他の都市と比較しても低い水準となっているそうです。


(ジョブスタせんだい仙台の魅力より)

これは51市の平均を100として見ると、仙台市は平均よりも低い「98.4」となっており、東京都区部、札幌市や新潟市、広島市よりも物価は安くなってます。

物価や家賃が安いということは、同じ給料だとしても生活費が安く済むことで暮らしに余裕が生まれるのではないでしょうか。

宮城で通勤の利便性がいいのはどこ?

宮城への転職を考えていても、宮城で土地勘などがなければ、その企業に通勤するには電車のほうが良いのか、車がないと不便なのかなどもわからないですよね。

東北最大の都市とも言われる仙台までは、東京から新幹線で90分、車では4時間という距離で、例えば新青森からも約90分、秋田からは約130分、盛岡からは約40分、福島からは約20分と、県外からのアクセスも便利な立地にあります。

では、宮城県内のアクセスについてはどうでしょうか。

通勤の利便性でいえば、やはり県庁所在地である仙台市が優れているでしょう。

杜の都とも呼ばれ自然が豊かな仙台市ですが、その交通網はしっかりと整備されています。

東北本線や常磐線、仙山線や仙台空港アクセス線などが運行され、さらに上野から札幌までを往来する寝台特急車「カシオペア」の停車駅もありますから、鉄道面のアクセスはとても便利だといえるでしょう。

加えて仙台市営地下鉄や市営バスも運行していますし、仙台港から太平洋フェリーも出航していますし、仙台空港にも近く、陸・海・空のすべての移動手段が整っています。

他にも、仙台市営地下鉄南北線の沿線である五橋や河原町、米ヶ袋などのエリアも交通アクセスが便利です。

市街地に近いわりに、条件次第では5~6万円程度の家賃の物件を見つけることも可能なので、生活費を抑えたい方にうってつけでしょう。

仙台市の南に位置する名取市も、通勤の利便性が高いエリアです。

JR名取駅から仙台駅まで30分以内で到着しますし、運行する電車の本数も多めで、名取市内には仙台空港もありますから、出張の際などにも便利でしょう。

宮城の平均年収は?

厚生労働省が発表している「平成28年賃金構造基本統計調査」によれば、宮城県の2016年度の平均年収は455万4,500円(男性515万2,900円、女性345万800円)で、都道府県ランキング19位という結果でした。

また平均月収は31万3,000円、平均賞与が79万8,500円、平均年齢は42.7歳、平均勤続年数が12.0年となっています。

近年の平均年収の推移を見てみると、2012年度が419万8,100円(男性476万1,500円、女性310万4,400円)、2013年度が428万9,800円(男性482万9,200円、女性310万8,900円)、2014年度が428万8,700円(男性482万9,100円、女性325万6,700円)、2015年度が445万2,400円(男性500万6,300円、女性341万6,700円)となっています。

少しずつではありますが、宮城県の平均年収は年々着実に増加していることがわかります。



そして宮城県の2016年度平均年収の年齢別データ男性編を見ると、20歳は258万7,015円、30歳は425万8,150円、40歳は539万4,388円、50歳は641万3,212円、60歳は503万4,068円、70歳は309万2,394円となっており、だいたい50歳前後で年収のピークを迎えていることが読み取れます。

こうした特徴は女性のデータにも共通していて、女性の平均年収は52歳の395万3,160円が最大となっています。

ちなみに日本人の平均年収はこちら日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングで紹介しています。

また、2020年最新の宮城の平均月収について調べたところ、平成30年の厚生労働省の統計調査では全国平均月収は30万6200円で、宮城県は28万2200円、全国で最も高いのは東京都で38万400円となっていました。


(厚生労働省平成 30 年賃金構造基本統計調査の概況より)

やはりどうしても東京都と比較してしまうと宮城の平均月収は約10万円ほど低い数値とはなってしまいますが、その分宮城では物価や家賃が東京よりも低く抑えられ、給料が低くても生活費が安く済めばそこまで生活が厳しいということはないと思います。

さらに転職サイトdodaの調査によると、宮城を含めた北海道・東北の平均年収はこのようになっていました。


(doda平均年収ランキング 最新版【都道府県別】より)

宮城の平均年収は373万円、性別で分けて見ると男性の場合は413万円、女性は312万円でした。

北海道・東北エリア全体で見ると、最も平均年収が高いのはいわてで377万円、次に山形で376万円ですが、北海道・東北地方全体の平均年収は368万円ですので、平均よりは宮城は高い年収となっています。

さらに職種・業種別の北海道・東北エリアの平均年収を見てみると、最も高いのは専門職や企画/管理系、技術系(電気/電子/機械)でした。

ただ、こちらのdodaの統計は2018年9月から2019年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した人のデータを集計したものとなるので、厚生労働省などがとった統計とはデータ集計の方法が異なるので、結果も違うものとなっています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そのほかに参考になりそうな資料として、宮城労働局の統計情報に掲載されていた、中途採用の求人平均賃金のデータがありました。

こちらは令和2年1月の統計情報ですが、仙台や石巻、塩釜、気仙沼など各地域ごとで、どんな職業がどれくらいの給料で求人が出されているのかの相場を知ることができます。



(宮城労働局統計情報(求人平均賃金)より)

中途採用時の求人の平均賃金ですので、宮城への転職を考えている人にとっては、かなり参考になる数値ではないでしょうか?

もちろんその人の経験やスキル、役職などによって中途採用時の給料は上下すると思いますが、1つの目安にはなりそうですね。

宮城の有効求人倍率は?震災後どう?宮城で転職しやすい職業は?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

宮城労働局の統計情報によれば、宮城県の有効求人倍率は2012年度4月では0.81倍、2013年度4月で1.05倍、2014年度4月で1.04倍、2015年度4月で1.09倍、2016年度4月で1.20倍、2017年度4月で1.27倍という結果でした。

季節による変動もありますが、全体的に有効求人倍率は上昇傾向だということがうかがえます。

これは震災によって被害を受けた宮城県に対し、日本全国の企業がインフラ整備や商業活性化などといった震災復興支援事業をおこなっている影響があるでしょう。

そしてその影響がまだ続いていることは、宮城県の有効求人倍率が右肩上がりで成長していることからもわかります。

こうした環境にある宮城県では、地元企業や新規参入企業などで多くの人材が求められていますから、転職者希望者にとって有利な環境だといえるでしょう。

さらに2020年現在最新の宮城の有効求人倍率を調べたところ、令和2年1月では『1.48倍』となっており、前月よりも0.12ポイント下回ってはいるものの、季節調整値で見ると求職者が1.7%増加していることも関係しそうですが、平成30年1月からの推移を見ていてもかなり高い数値をキープしていることがわかります。


(宮城労働局統計情報(一般職業紹介状況)より)

ちなみに産業別の新規求人状況についてはこのような結果となっており、宮城の新規求人で最も多いのは「医療・福祉」、次に「サービス業」、「建設業」となっていました。


(宮城労働局統計情報(一般職業紹介状況)より)

宮城への転職を希望している人にとって気になるのは、宮城への転職は難しいのか?ということでしょう。

これについてはこの有効求人倍率というのも1つの判断基準になると思いますが、この宮城労働局の統計情報の「求人・求職バランスシート」というデータを見てみると、どんな職業や職種がどれくらいの求人数が出ていて、それに対してどれくらいの求職者がいるのかがわかりやすく表にされていました。


(宮城労働局統計情報(求人・求職バランス)より)

このバランスシートによると、令和2年1月ですと例えば情報処理や医師・薬剤師、看護師、社会福祉の専門的職業などの「専門的・技術的職業」については有効求人数がとても多く、有効求人倍率はどれも1倍以上の高い数値であり、転職希望者にとっても転職がしやすい傾向にあると見られます。

次に「事務的職業」を見てみると、一般事務の場合は求人数約3000に対して求職者が約8000人おり、有効求人倍率は0.36とかなり低い数値となっており、転職には厳しい状況にあると考えられます。

このように見ていくと、宮城で転職しやすい職業は先ほど紹介した「専門的・技術的職業」、「販売の職業」、介護や理・美容など「サービスの職業」、「保安の職業」、「生産工程の職業」、「輸送・機械運転の職業」、「建設・採掘の職業」といったところでしょうか。

そのほかこの求人バランスシートは、宮城全体の集計のほか、仙台や大和、石巻、塩釜、古川など各地域ごとでも見ることができたので、転職や移住の希望地域が決まっている人は、さらにその地域でどのような求人状況となっているのか、見てみるといいでしょう。

宮城の最低賃金額は?

最低賃金とは、正社員やパートなど関係なく、宮城で働く全ての労働者に適用される、1時間あたりの最低限の賃金額のことで、令和元年10月1日より宮城の地域別最低賃金は、時間額『824円』となっています。


(宮城県宮城県最低賃金より)

これより以前の最低賃金は798円でしたので、約30円ほど引き上げられていることがわかります。

宮城の他の東北エリアの最低賃金と比較すると、例えば青森・岩手・秋田・山形は揃って790円、福島は798円となっており、東北エリアの中でも宮城県の最低賃金額は最も高い金額となっています。

また、全国で最も最低賃金額が高いのは東京都の1013円です。

宮城のアルバイト・バイト・パートの平均時給は?

宮城県のアルバイト、バイト、パートの平均時給は、タウンワークの調べによると『961円』となっており、全国平均の1055円よりはやや低い平均時給額です。


(タウンワーク宮城県のアルバイト・バイト・パートの平均時給より)

ちなみに東京都の場合は1180円ですが、同じく東北エリアの福島は942円、山形は986円、岩手は862円、青森は876円、秋田は845円ですので、東北エリアで見ると宮城はそれほど低いほうではないでしょう。

また、宮城の平均時給を職種別に見てみると…
●ファミレス・レストランホールスタッフ…904円
●ファーストフード…893円
●コンビニ…838円
●レジ…870円
●ガソリンスタンド…856円
●一般事務…1030円
●セールスドライバー…1025円
●看護師・准看護師…1322円
●介護福祉士…944円
●保育士・幼稚園教諭…991円
●医療事務…972円
となっていました。

宮城への転職や移住を考えている場合、特に女性は結婚や出産、育児などで正社員として働くのではなく、パートタイムで家計を助ける人も多くなると思いますが、そういった場合に宮城で各職業において平均時給がどれくらいもらえるのかというのは、気になるところですよね。

職種によっては時給1000円を超えるものも多く出ているので、チェックしてみるといいでしょう。

宮城の求人でニーズが高いのはどんな職種?

宮城の求人でそんな職種が多く出ているのかについては、先程も紹介しましたね。

2017年の時では、宮城県の求人・求職データを詳しく見ると、有効求人倍率は管理的職業で1.64倍、専門的・技術的職業で2.12倍、事務的職業で0.36倍、販売の職業で1.34倍、サービスの職業で2.61倍、保安の職業で8.09倍、生産工程の職業で1.79倍、輸送・機械運転の職業で2.09倍、建設・採掘の職業で3.48倍、運搬・清掃などの職業で1.04倍、その他の職業で0.09倍となっています。

このデータから、復興過程にあった宮城県でニーズが高いのは、土木や建築に関わる仕事でした。

一般市民の住宅や各種ビルや公共施設などの復旧や再建、及び防災対策事業などに関わっている土木・建築関係の企業では人手が足りず、定期的に人材を募集しているのでしょう。

土木・建築業の経験者や、専門的な資格を持っている方は、転職が成功する確率が高いのではないでしょうか。



それから販売やサービスの仕事もニーズが高まっています。

日々の生活に安心とうるおいをもたらすため、商店や飲食店などの充実が急ピッチで進んでいるのでしょう。

また生産工程の職業の中で、金属材料製造などの職業の有効求人倍率が2.62倍、機械整備・修理の職業の有効求人倍率が3.20倍となっています。

建築・土木関係の作業に必要な金属材料の製造業務と、機材や重機の整備業務や修理業務にニーズが集まっているのでしょう。

2020年現在では、有効求人倍率でもお話したように情報処理や医師・薬剤師、看護師、社会福祉の専門的職業などの「専門的・技術的職業」、介護や理・美容など「サービスの職業」、「保安の職業」、「生産工程の職業」、「輸送・機械運転の職業」、「建設・採掘の職業」もおすすめですので、ぜひそれらの職種も転職先候補に入れてみてはいかがでしょうか。

宮城の平均年収が高い企業ランキング

企業の平均年収を比較するサイト「年収ランキング」によれば、2017年度6月時点の宮城県で平均年収が高かった企業のランキングトップ10は、第1位がじもとホールディングス(銀行業)で927万円となっています。

そして第2位は七十七銀行(銀行業)で745万円、第3位は東北電力(電気・ガス業)で733万円と続きます。

さらに第4位はユアテック(建設業)で686万円、第5位はフィデアホールディングス(銀行業)で625万円、第6位は東北特殊鋼(鋼鉄)で582万円、第7位はTTK(建設業)で535万円、第8位は高速(卸売業)で515万円、第9位はサイバーコム(電気機器)で479万円、第10位はカメイ(卸売業)で470万円という結果でした。

銀行業を営んでいる企業の平均年収が高い傾向にあるようです。

加えて建設業や卸売業を営む企業も業績が向上しているのか、上位にランクインしています。

それから10位以下のランキングの動向としては、小売業の企業が13位と15位、18~20位にランクインしており、経営状況の良好さが見て取れます。

ランキング上位の銀行業に転職するのはなかなか難易度が高いでしょうが、金融業の経験者だったり、金融に役立つ国家資格を持っていたりすれば、転職できる場合もあります。



また会話スキルやマナー知識に長け、他人とコミュニケーションを取ることに自信がある方は、卸売業で力を発揮できるかもしれません。

一方で年収にこだわらず、「安定した職を見つけたい」「宮城県の復興に役立ちたい」など、さまざまな思いで転職を考えている方もいるでしょう。

転職後に高い年収を得たいと考えている方も、このランキングを参考にして転職する企業を選んでみてくださいね。

また、平均年収ではなく企業の時価総額や売上など宮城の上場企業についても知りたい方は、上場企業検索サイト「おもてなしサイト」で一覧で見ることができました。


(おもてなしサイト宮城県の上場企業より)

各企業の公式サイトや本社所在地、従業員数、平均年齢などもまとめられていたので、各企業を比較したい人にもおすすめです。

宮城で平均年収が低い企業は?

平均年収が高い企業をチェックするのも大切ですが、求人などを見て気になる企業があった場合、その会社がホワイト企業なのかブラック企業なのかの判断って、難しいところです。

そもそもブラック企業の定義も人それぞれいろいろあると思いますが、1つの判断材料として、「頑張って働いているのに給料が低すぎる」とか「何年働いても昇給がほとんどない」なども含まれるかもしれません。

そこで、東洋経済オンラインの2020年1月に掲載された「平均年収全国ワースト500社最新ランキング」では、全国で最も平均年収が低かったワースト1位は宮城県の「トスネット」で平均年収260万円となっていました。


(東洋経済オンライン平均年収「全国ワースト500社」最新ランキングより)

そのほかワースト50位までを見てみると、ワースト8位には宮城の「山大」で320万円、11位には「倉元製作所」で330万円がランクインしていました。

ただこれらのランキングには宮城に限らず東京都や愛知、大阪などさまざまな企業も含まれていますし、このワーストランキングに入っているからと言って必ずしもそれがブラック企業ということでもないと思うので、あくまでも年収を重視したい人は転職先選びに参考にするといいでしょう。

宮城へ転職したい人が利用するべき転職エージェント

宮城への転職を考えている人で、例えば将来のキャリアに向けてこんな仕事にチャレンジしたいという志望があったり、給料をなるべく下げない転職を成功させたいと思っていたり、みなさんそれぞれ転職に対する思いがあると思います。

しかし、知らない土地での転職活動は長引きやすく、本当に自分にその企業が合っているのか、長く働けそうな会社なのかということまでは自分1人の力ではわからないと思います。

移住や転職で失敗しやすいのが、転職先も決まっていない状態で先に移住してしまい、なかなか思うような転職先が見つからず、最終的には条件を妥協せざるを得なかったり、希望ではない会社へ転職してしまうケースです。

やはり移住や転職で失敗しないためには、自分が譲れない条件を明確にし、希望企業から内定を得てから移住をすすめることです。

後で後悔しないようにするためにも、やはり転職エージェントの利用は必須ではないでしょうか。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?使い方や手順、利用するメリット&デメリットやアドバイザーとの面談は?なぜ費用が無料なのか?へ。

宮城の転職エージェントでおすすめなのが、「リクルートエージェント」や「doda転職エージェント」です。

リクルートエージェントは転職支援実績No.1の実績もあり、東京本社のほかに宮城の仙台に東北支社があるなど、全国に拠点があるので、移住前から宮城の企業について細かい情報を得ることができます。


>>転職なら【リクルートエージェント】 公式サイトはこちら<<

リクルートエージェントの紹介についてはこちら無料で転職エージェントのサポートが受けられる「リクルートエージェント」評判と採用実績!第二新卒や未経験者向け求人も豊富!へ。

doda転職エージェントも、東京の丸の内や横浜など都心部の拠点のほか、東北では宮城の仙台にオフィスがあるので、各地からの移住や転職でも地元企業の求人や希望条件に合わせた求人の紹介が受けられると思います。


>>転職のプロに相談できる、転職サイトDODA の転職支援 公式サイトはこちら<<

dodaについての紹介はこちら求人情報・転職サイトの「DODA(デューダ)」!エージェントサポートやスカウト、転職フェアなどの評判!へ。

宮城へのUIJターンや移住を考えている人に役立つサイト

宮城へのUターン、Iターン、Jターンなど、移住者支援制度などの情報がチェックできるサイトを紹介します。

ジョブスタせんだい


ジョブスタせんだい

仙台・宮城の就職活動ポータルサイトで、地元企業の無料求人紹介や、宮城労働局などが実施している就職活動関連イベント情報、プロのカウンセラーが就職や転職に関する無料個別相談をしてくれるキャリアコンサルティングサポートなどが受けられるようになっています。

また、仙台・宮城にUIJターンをした先輩社員の人の声などを見ることができます。

みやぎ移住ガイド


みやぎ移住ガイド

移住を考えている人向けに、宮城に移り住んだ人の声が見られたり、移住のイメージがつきやすコンテンツ提供、イベント情報、地域おこし協力隊情報、地元企業の求人情報などを見ることができます。

また、仕事や住まい、暮らしの相談が電話や対面でも出来る「みやぎ移住サポートセンター」もあるので、実際に相談するのにも便利でしょう。

また、移住者への支援が具体的に掲載されており、例えば仕事に関する支援では企業支援、就農支援、就漁支援、就林支援の各市町村ごとのサポートや助成金、住まいについては空き家情報や住宅取得支援、リフォーム支援、家賃補助、移住体験、医療費助成、子育てについては出産支援、子育て支援、結婚支援、就学支援などが見られます。

移住の支援の具体的な内容についてもチェックできるので、網羅的に制度を確認したい方は見てみると良いでしょう。