職場で実際に自分がセクハラの被害にあったり、他の誰かがセクハラをされている現場を目撃した経験があったりする人は多いかもしれません。

セクハラと言っても、直接的なものから間接的なものまでさまざまで、セクハラされている本人が自分で自覚していないケースもあります。

どんなことをされたらセクハラなのか、今悩んでいることはセクハラに該当するのかをまずはよく知り、その上でもしもセクハラの被害者になったときは、どのような行動をとって対処すれば良いのかについて見ておきましょう。

具体的な解決策や、おすすめの相談窓口、セクハラによる退職についてや転職についてのアドバイスをしていますので、まずは1人で悩まないで、参考に読んでみてくださいね。



セクハラとは?何をされたらセクハラ?

一言でセクハラといっても、直接体に触るなどの誰が見てもわかりやすいものから、一見しただけだとセクハラだと感じにくい会話の中の表現まであります。

一体どこからどこまでがセクハラなのか、わからない人も多いことでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

男女雇用機会均等法によると、セクハラは2種類に分かれます。

1つは、性的な言動の被害を拒否すれば降格や減給といった不利益を受けるもの(対価型セクシュアルハラスメント)で、2つ目は、性的な言動により被害者が仕事で能力を発揮できなくなるもの(環境型セクシュアルハラスメント)です。

仕事におけるセクハラは職場で起こるものに限定されますが、職場は決して社内だけではなく、取引先や顧客と会うために訪れる飲食店や営業先も含まれます。

セクハラの具体例としては、次のようなものがあります。

  • セクハラに当たる発言

●セクハラ加害者の性的な体験談を聞かされること
●職場で男女関係や異性交友関係の噂を流されること
●「恋人はいるのか」「まだ結婚しないの」などと性的なことを質問されること

  • セクハラとされる行動

●前後関係なく体を触られること(胸や下半身以外にも、肩や頭なども含む)
●交際や性行為を強要されること
●食事などへしつこく誘うこと
●卑猥な画像などを見せられたり配布されたりすること

また、厚生労働省の「職場におけるセクシュアルハラスメント」の種類としては、「対価型」と「環境型」の2つがあると書かれていました。

対価型セクシュアルハラスメント

労働者の意に反する性的な言動に対する労働者の対応(拒否や抵抗)により、その労働者が解雇、降格、減給、労働契約の更新拒否、昇進・昇格の対象からの除外、客観的に見て不利益な配置転換などの不利益を受けること。

具体例…
●事務所内において事業主が労働者に対して性的な関係を要求したが、拒否されたため、その労働者を解雇すること。
●出張中の車中において上司が労働者の腰、胸などに触ったが、抵抗されたため、その労働者について不利益な配置転換をすること。
●営業所内において事業主が日頃から労働者に係る性的な事柄について公然と発言していたが、抗議されたため、その労働者を降格すること。

環境型セクシュアルハラスメント

労働者の意に反する性的な言動により労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じるなどその労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じること。

具体例…
●事務所内において上司が労働者の腰、胸などに度々触ったため、その労働者が苦痛に感じてその就業意欲が低下していること。
●同僚が取引先において労働者に係る性的な内容の情報を意図的かつ継続的に流布したため、その労働者が苦痛に感じて仕事が手につかないこと。
●事務所内にヌードポスターを掲示しているため、その労働者が苦痛に感じて業務に専念できないこと。

そして、判断基準としては「意に反する身体的接触によって強い精神的苦痛を被る場合」や「明確に抗議しているにもかかわらず放置された状態」、「心身に重大な影響を受けていることが明らかな場合」など、就業環境が害されていると判断できるものだそうです。

(※厚生労働省 「職場におけるセクシュアルハラスメント」の種類はより)

セクハラは異性の上司から受けるものと思われがちですが、実際は部下であっても同性であっても、セクハラの加害者と被害者の関係になりえるため、注意が必要です。

介護士 次女介護士 次女

えっ!セクハラって、役職や立場、性別にも関係ないなんて、知らなかったなぁ。

女性から女性への言動や行動も、セクハラになりえるってことね。


実は私ももう今から10年以上も前のことになりますが、アルバイト時代にセクハラになりうる被害を受けたことがあります。

バイトを始めたばかりの頃で、同期の女性も他に何人もいたんですが、私が勤務していた少人数の部署(のような場所)に社長の息子さんがたまに顔を出しており、最初は「差し入れ持ってきたよ」とケーキなど甘いものをよく差し入れてくれました。

その時は「いろいろ持ってきてくれていい人だな」と思う程度だったんですが、そのうち他の同期の子から「あの人が差し入れとか持ってきてくれるのは○○さん(私)がいる時だけだよ」と指摘され、私だけえこひいきされていると思われ、なんだか周りとの関係性も気まずくなりました。

それからすぐにその社長の息子さんから「おすすめのお店あるから今後ご飯行こうよ」とか、「○○ちゃん(なぜか名前で呼ばれる)って本当にタイプだなぁ」、「彼氏と別れる予定ないの?」などと言われるようになり、そういった言動くらいなら少しは我慢できたんですが、それよりも同じ職場の人から特別扱いされているという誤解を受けたり、人間関係が悪化しだしたことのほうが嫌で、その職場はすぐに辞めることにしました。

まだ若かったので、当時はそれがまさかセクハラになりうる可能性があったなんて考えたこともなかったですが、今思えば、「あのまま働き続けていたら何か被害がエスカレートしていたかもしれない…」と、ちょっと怖くなってしまいました。

自分がそれ以上嫌な思いをしないためにも、すぐに辞めるという決断をして正解だったかもしれません。


セクハラ経験がある人、セクハラで退職した人の割合

介護士 次女介護士 次女

実際、どれくらいの人がセクハラをされた経験があるんだろう?

悩んでいる人たちは今世の中にどれくらいいるのかな?


PRESIDENT WOMANの読者を対象にしたアンケート調査によると、「職場でセクハラをされた経験がある」と答えた人は、83.0%という結果が出ていました。


(PRESIDENT WOMAN退職・異動しない限り”セクハラは続く”より)

また、FNNPRIMEが掲載していたハタラクティブが行った調査によると、2018年と2019年を比較して「パワハラやセクハラで仕事を辞めた人」の割合は、前年よりも増加しているという結果が出ていました。



また、セクハラでの退職理由には「すれ違うたびにお尻を触られる」「過剰なボディタッチが多い」や「性的な関係を迫られる」「卑猥な話題を出される」「出勤退勤時間をあわせてくる」などがあったそうです。

さらに、「セクハラの度合いが高いと感じる行為」について、2018年と2019年の調査では次のような結果が出たそうです。



2018年では性的なからかいや冗談を言ったり、性的な噂を流したりすること」が1位として挙げられていましたが、2019年には「マッサージと称して必要もないのに身体触ること」が1位になっています。

(これらはFNN PRIME【フリーター・既卒向け就職支援「ハタラクティブ」調査】 パワハラ・セクハラによる退職者が増加傾向、2018年度では4割が退職より)

認識は毎年少し違えど、どれもセクハラ行為としてはかなり迷惑なものばかりですよね。

セクハラで退職は意外と多い!我慢しないことが大切

セクハラは対処法を誤るとストレスで体を壊したり、うつ病になったりする危険性があります。
セクハラ被害者がとってしまいがちな対処法は、我慢することやセクハラ加害者と距離を置くといった消極的な方法です。

うつ病に関してはこちら仕事辞めたい…無理してうつ病(鬱)に?症状とチェック。退職・転職するべき?傷病手当金とはへ。



しかし、これではセクハラの根本的な解決にはなりません。
しかも、我慢していると相手が図に乗り行動がだんだんエスカレートしていく恐れもあります。
そうなってしまっては会社に行く気力がなくなり、朝起き上がることもできなくなるかもしれません。

実際、セクハラが原因で心を病み退職する人の数は多いです。
20代では、およそ10%のセクハラ被害者がうつ病などの病気になったという統計もあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

根本的な対処法を行わなかったがために病気になり、離職せざるをえなくなるのはとても理不尽で残念なことです。

セクハラ被害にあってしまった場合はきちんとした対処法を取り、セクハラによる2次被害を受けないようにすることが大切です。

セクハラで悩んでいる人がするべきこと!「証拠の確保」

セクハラの対処法で知っておきたいのは、やはり1番はセクハラされた証拠を集めるということです。

もし仮にセクハラ被害を受けて会社に相談したとしても、セクハラを行っている加害者がそれを認めず否定すると、話がなかなか前に進まないことがあります。

そのため、誰が見てもセクハラされたことが明らかなよう、できるだけ多くの証拠を集めるようにしましょう。

言葉によるセクハラを受けている場合は、ボイスレコーダーやスマホの録音機能などで、会話を録音するのが良いでしょう。



録音が難しい場合は、セクハラ被害専用のノートを作っておき、「日時と場所」「会話の内容」「誰が近くにいたか」などを細かく記録しておくなどもおすすめです。

その際には、「セクハラ被害を受けて自分がどう感じたか」なども一緒に書いておく方が、内容の信ぴょう性が増すので、証拠としては効果的です。

メールやSNSなどの文面によるセクハラでは、不快だからといってすぐに削除するのではなく、写真に撮ったりプリントアウトしたりして残したり、ちょっとしたメモ書きであっても、内容がセクハラに関係していれば捨てずに取っておきましょう。

これらの証拠がしっかりと揃っていれば、セクハラ加害者が「そんな馬鹿なことするわけない」などと言い逃れをすることは難しくなります。

この先でいくつかセクハラへの対処法を紹介しますが、場合によっては証拠がなければその対処法が実行できないこともあり、後々どんな解決策を選ぶにせよ、証拠を確保するというのは自分を守るためにも大切なことなのです。

セクハラを受けた時の対処法・改善策

セクハラ被害というのは、なかなか自分からは訴えにくく、加害者側もそれを利用しているような側面もあり、一筋縄では解決しないことのほうが多いと思います。

今このような状況が続いていると、「こんな現実早く終わればいいのに…」と願うばかりですよね。

一方、プレジデントウーマンの調査によると、「セクハラが終わったきっかけ」について、次のようなアンケート結果が出ていました。


(PRESIDENT WOMAN退職・異動しない限り”セクハラは続く”より)

この調査では「異動や退職をしない限りセクハラは続く」と回答した人が62.7%で圧倒的1位となっており、その次に「その人に強く抗議」が7.7%、「その人より立場が上の人に相談」が6.5%と、やはり何かしら自分で行動しない限りはセクハラは解決しないことがわかります。

泣き寝入りして我慢し続けている人も中にはいると思いますが、全く対策がないわけではありません。

ではここから、セクハラの対策について解説していきますので、あなたに今できることがないか、一緒に考えてみましょう。

①会社の上層部や社内相談窓口に相談する

会社に相談する際は、近くにいる上司ではなく会社の上層部や社内の相談窓口に訴えるほうが効果的です。

例えば職場の同僚からセクハラを受けた場合にはその上司に相談し、上司からセクハラを受けた場合には、さらにその上の上層部に相談するのがおすすめです。

このときの被害の証拠はオリジナル1つだけではなく、メモ書きなどは1度写真に撮ったりして複製を持って行くことがポイントです。

なぜかというと、セクハラと真剣に向き合わないような会社の場合、事件をもみ消そうとする可能性もあり、オリジナルを渡すと証拠隠滅を図られる恐れがあるため、会社に出す証拠は必ず複製にするよう気を付けてください。



もし証拠を認めてもらえ、会社側が協力的になってくれれば、セクハラをした社員を「退職勧奨」させることが出来る可能性があります。

懲戒解雇するには法的制約がありなかなか難しいですが、退職勧奨というのは特に制約がなく加害者に自主的に会社を辞めてもらうもので、もちろん弁護士などに相談した上で会社側にセクハラ加害者を退職勧奨させるよう求めてもいいですし、自分が会社を辞めるよりも、そのセクハラ加害者を辞めさせたい!という人におすすめです。

②外部の相談窓口に相談する

セクハラ被害をなくすために会社に掛け合ったとしても、会社がセクハラ対策に対して消極的であったり無関心であったりするケースも少なからず存在します。

中には、「ちょっと触られたくらいで大げさだ」とか「君の勘違いで周りの人間に迷惑をかけるな」など、心無い言葉を言われてしまったり、全く相手にしてくれないこともあると思います。

会社が頼れないときは、第三者機関に相談をするのがおすすめです。

第三者機関に相談依頼するにあたっては、会社に相談する以上にセクハラの証拠を集めておく必要があります。

会社の人事部などに相談する際にはセクハラの証拠の数が少なかったとしても、周りによる目撃証言などで被害の信ぴょう性を証明することができるかもしれません。

しかし、第三者機関に被害の相談をする際に証拠が少ないと、目撃証言や加害者の人物評価などを相手に伝えるのに手間と時間がかかります。

ただし、第三者機関は証拠をもみ消そうとしたり穏便に済ませようとしたりすることはなく、被害者サイドに立ってくれるので、安心して相談できるのがメリットです。

第三者がセクハラ問題に介入することで会社も事態の大きさに気づき、積極的に対応する確率が上がります。

外部の相談窓口に次のような場所があります。

労働基準監督署

国を挙げてセクハラの被害を減らそうとしているため、労働基準監督署は強い味方になってくれることでしょう。

労働者と事業者のトラブルについては、労働基準法にのっとった解決への具体的なアドバイスをくれるほか、悪質な場合は事業所への立ち入り調査を行ったりすることもありますが、証拠がしっかり揃っていないと立ち入り調査までは動いてくれないかもしれません。

あなたが住んでいるところから近い労働基準監督署へ直接出向き、通報を行うことができます。


労働基準監督署

法務省「女性の人権ホットライン」

最寄りの法務局・地方法務局に電話がつながり、職場でのいじめやセクハラ、ストーカーなど女性の人権問題に対して、法務局職員または人権擁護委員が無料で相談にのってくれます。


法務省「女性の人権ホットライン」

法務省「みんなの人権110番」

差別やパワハラなどさまざまな人権問題について相談できる電話で、最寄りの法務局・地方法務局につながり、法務局職員または人権擁護委員が相談に応じてくれます。

男性がセクハラ被害を受けている場合などにもこちらを利用するといいと思います。


法務省「みんなの人権110番」

③弁護士に相談する

法テラス

また、弁護士に相談するのも選択肢のひとつです。

弁護士の中には労働問題やセクハラ問題を専門的に扱う人もいるため、頼りにすることができます。

弁護士はお金がかかってしまうイメージがあるかもしれませんが、初回相談料は無料なところもありますので、こちらの法テラスを活用するのがおすすめです。

法テラスは、苦にが設立した法的トラブル解決の総合案内所で、利用料が無料となっていますので、法律的解決をしたい場合はこちらを利用するのもいいと思います。


法テラス 公式サイトはこちら



④さっさと転職してしまう

セクハラ問題で会社が頼りにならないとわかったときや、これ以上セクハラの2次被害を受けたくないと思ったときは、転職するのが1番の対処法でしょう。

セクハラ対策を行っていなかったり対応に真剣になってくれなかったりする会社には、勤めていても未来はありません。

セクハラをしてきた加害者に対して、これ以上セクハラをされないようさまざまな手段で正面から対抗するのもいいですが、やはりセクハラ被害者のみなさんの体験談を見ていると、誰もがそういった手段を取れるわけではないと思いました。

オオゴトにしてしまうと周りの関係ない人にまでセクハラのことを知られてしまったり、親が知って心配させたくないという気持ちや、もうあんな辛かったことは思い出したくないという気持ちのほうが強く、公にしないで転職することでセクハラ加害者と決別するという方法を取る方のほうが多いようです。

もちろん、セクハラが原因で退職して別の新しい職場に転職することは、逃げることでもなんでもないですし、自分を守ることができる有効な手段だと思います。

引け目に感じることなく、健全な環境の職場に移ることは何も悪いことではないので、よく覚えておいてくださいね。

セクハラで転職するときの「退職理由」はどう答える?

セクハラが原因で退職し、新しい職場への転職活動をする上で心配になるのが、「前職の退職理由」&「転職理由」をどう話すか?ですね。

転職活動において、最も注意しなければならないのは、どんな面接官であってもマイナスでネガティブな印象を受ける回答よりも、ポジティブでプラス思考な印象を受ける回答が好まれるということです。

つまり、セクハラという社会的問題を退職理由として正直に答えることは、それを聞いた面接官や履歴書を見た上層部の人間が、ポジティブには受け取ってくれない可能性のほうが大きいということです。

もちろん被害者はあなたであり、あなたが悪いわけではなくとも、そのセクハラの事実の信憑性などは外の会社からは判断しがたい問題であり、たとえあなたが事実だと懸命に説明したところで、次の会社には全く関係のないことですよね。

面接官によっては、「この人はトラブルメーカーなんじゃないのか?」とか「ちょっとしたことをすぐ大問題にする人かもしれない」など、マイナスイメージを持ったり誤解をしてしまう可能性があります。

そのため、マイナスな印象を与えやすいセクハラなどの退職理由を正直に答えるよりも、今後どう頑張っていきたいのかや自分のキャリアプランについて、将来の目標などポジティブなイメージにつながるような退職理由を答えるほうが、転職は成功しやすいと思います。

これはセクハラに限らず、職場の人間関係が嫌で辞める場合や給料に不満があって辞める場合など、どんなネガティブな理由であってもプラスに言い換えるほうが良いと言われています。

誰もが包み隠さず転職理由を答えているわけではなく、本音と建前の理由を使い分けるほうが、効率的に転職活動ができるということです。

退職理由については、こちらのページ仕事を辞めたい!転職したい!みんなの本音の退職理由と建前の退職理由ランキング!辞める理由を会社にはどう伝えた?嘘を言うのはアリ?ナシ?引き止められにくい伝え方とは!でもお話していますので、読んでみてくださいね。

セクハラで退職する時に注意すること

もしも転職先を見つける前にすぐにでも会社を辞めたい場合は、退職理由を会社都合にするよう掛け合ってみてください。

会社が条件を受け入れない場合は、弁護士や労働基準監督署の力を借りるのも良いでしょう。

会社都合退職にすると、勤めてから1年未満であっても失業保険がもらえますが、自己都合退職では、失業保険がもらえるのは勤めて1年以上からです。

また、会社都合の場合は自己都合に比べると、失業手当がもらえる期間が長くなりますので、失業保険をもらっている間に転職活動に励めば、心に余裕をもって次の勤め先を探せることでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

セクハラ被害を受けたときは、我慢するのではなく積極的に行動して自分が有利になるような状況に持っていけるかがポイントです。

被害を受けたあなたは何も悪くないので、これ以上不利益を被らないよう少しだけがんばってみましょう。