職場でセクハラの被害にあったり、誰かがセクハラをされている現場を目撃した経験があったりする人は多いかもしれません。
セクハラは、直接的なものから間接的なものまでさまざまあるので、セクハラされている本人が自覚していない場合もあります。

もしもセクハラの被害者になったときは、どのような行動をとって対処すれば良いのでしょうか。
詳しく解説していきます。



セクハラとは?何をされたらセクハラ?

ひとくくりにセクハラといっても、直接体に触るなどの誰が見てもわかりやすいものから、一見しただけだとセクハラだと感じにくい会話の中の表現まであります。
一体どこからどこまでがセクハラかわからない人も多いことでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

男女雇用機会均等法によると、セクハラは2種類に分かれます。

1つは、性的な言動の被害を拒否すれば降格や減給といった不利益を受けるもの(対価型セクシュアルハラスメント)で、2つ目は、性的な言動により被害者が仕事で能力を発揮できなくなるもの(環境型セクシュアルハラスメント)です。

仕事におけるセクハラは職場で起こるものに限定されますが、職場は決して社内だけではなく、取引先や顧客と会うために訪れる飲食店や営業先も含まれます。

セクハラ被害の具体例は、以下のようなものになります。

  • セクハラとされる発言

●セクハラ加害者の性的な体験談を聞かされること
●職場で男女関係や異性交友関係のうわさを流されること
●「恋人はいるのか」「まだ結婚しないの」などと性的なことを質問されること

  • セクハラとされる行動

●前後関係なく体を触られること(胸や下半身以外にも、肩や頭なども含む)
●交際や性行為を強要されること
●食事などへしつこく誘うこと
●卑猥な画像などを見せられたり配布されたりすること

セクハラは異性の上司から受けるものと思われがちですが、実際は部下であっても同性であっても、セクハラの加害者と被害者の関係になりえるため、注意が必要です。

セクハラで退職は意外と多い!我慢しないことが大切

セクハラは対処法を誤るとストレスで体を壊したり、うつ病になったりする危険性があります。
セクハラ被害者がとってしまいがちな対処法は、我慢することやセクハラ加害者と距離を置くといった消極的な方法です。

うつ病に関してはこちら仕事辞めたい…無理してうつ病(鬱)に?症状とチェック。退職・転職するべき?傷病手当金とはへ。



しかし、これではセクハラの根本的な解決にはなりません。
しかも、我慢していると相手が図に乗り行動がだんだんエスカレートしていく恐れもあります。
そうなってしまっては会社に行く気力がなくなり、朝起き上がることもできなくなるかもしれません。

実際、セクハラが原因で心を病み退職する人の数は多いです。
20代では、およそ10%のセクハラ被害者がうつ病などの病気になったという統計もあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

根本的な対処法を行わなかったがために病気になり、離職せざるをえなくなるのはとても理不尽で残念なことです。

セクハラ被害にあってしまった場合はきちんとした対処法を取り、セクハラによる2次被害を受けないようにすることが大切です。

セクハラの対処法・するべきこと!証拠を集める&会社内での解決

セクハラの対処法で知っておきたいのは、セクハラされた証拠を集めるということです。
セクハラ被害を受けて会社に相談したとしても、加害者が否定すれば話がなかなか前に進まないことがあります。

そのため、誰が見てもセクハラされたことが明らかなよう、できるだけ多くの証拠を集めるようにしてください。
言葉によるセクハラを受けている場合は、ボイスレコーダーやスマホの録音機能などで会話を録音するのが良いでしょう。



録音が難しい場合は、セクハラ被害専用のノートを作っておき、「日時と場所」「会話の内容」「誰が近くにいたか」などを細かく記録しておきます。

また、「セクハラ被害を受けてどう感じたか」なども一緒に書いておいてください。
内容の信ぴょう性が増すので効果的です。

メールやSNSなどの文面によるセクハラでは、不快だからといってすぐに削除するのではなく、写真に撮ったりプリントアウトしたりして残します。
ちょっとしたメモ書きであっても、内容がセクハラに関係していれば捨てずに取っておいてください。

これらの証拠がそろっていれば、加害者がいい逃れをすることは大変困難になります。
会社に相談する際は、近くにいる上司ではなく会社の上層部や人事部に訴えることが効果的です。

このときの被害の証拠はオリジナルではなく、複製を持って行くことがポイントです。
メモ書きなどは1度写真に撮って、それを持っていきましょう。

セクハラと真剣に向き合わないような会社では、事件をもみ消そうとする可能性もあります。
オリジナルを渡すと証拠隠滅を図られる恐れがあるため、会社に出す証拠は必ず複製にするよう気を付けてください。



外部の相談窓口や弁護士に相談するのも◎

セクハラ被害をなくすために会社に掛け合ったとしても、会社がセクハラ対策に対して消極的であったり無関心であったりするケースも少なからず存在します。
会社が頼れないときは、第三者機関に相談をすることが望ましいです。

外部の相談窓口としては、労働基準監督署が挙げられます。
国を挙げてセクハラの被害を減らそうとしているため、労働基準監督署は強い味方になってくれることでしょう。

また、弁護士に相談するのも選択肢のひとつです。
弁護士の中には労働問題やセクハラ問題を専門的に扱う人もいるため、頼りにすることができます。

弁護士はお金がかかってしまうイメージがあるかもしれませんが、初回相談料は無料なところもありますし、法テラスを活用するのも良いでしょう。
第三者機関に相談依頼するにあたっては、会社に相談する以上にセクハラの証拠を集めておく必要があります。

会社の人事部などに相談する際にはセクハラの証拠の数が少なかったとしても、周りによる目撃証言などで被害の信ぴょう性を証明することができるかもしれません。

しかし、第三者機関に被害の相談をする際に証拠が少ないと、目撃証言や加害者の人物評価などを相手に伝えるのに手間と時間がかかります。
ただし、第三者機関は証拠をもみ消そうとしたり穏便に済ませようとしたりすることはなく、被害者サイドに立ってくれるので、安心して相談できるのがメリットです。

第三者がセクハラ問題に介入することで会社も事態の大きさに気づき、積極的に対応する確率が上がります。



穏便に済ませたいなら転職が1番!自分を大切にしよう

セクハラ問題で会社が頼りにならないとわかったときや、これ以上セクハラの2次被害を受けたくないと思ったときは、転職するのが1番の対処法でしょう。
セクハラ対策を行っていなかったり対応に真剣になってくれなかったりする会社には、勤めていても未来はありません。

もしも転職先を見つける前にすぐにでも会社を辞めたい場合は、退職理由を会社都合にするよう掛け合ってみてください。
会社が条件を受け入れない場合は、弁護士や労働基準監督署の力を借りるのも良いでしょう。

会社都合退職にすると、勤めてから1年未満であっても失業保険がもらえます。
自己都合退職では、失業保険がもらえるのは勤めて1年以上からです。

また、会社都合の場合は自己都合に比べると、失業手当がもらえる期間が長くなります。
失業保険をもらっている間に転職活動に励めば、心に余裕をもって次の勤め先を探せることでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

セクハラ被害を受けたときは、我慢するのではなく積極的に行動して自分が有利になるような状況に持っていけるかがポイントです。

被害を受けたあなたは何も悪くないので、これ以上不利益を被らないよう少しだけがんばってみましょう。