システムエンジニア(SE)という職業の名前は知っていても、具体的にどんな仕事をしているのか知らない人も多いと思います。

ただひたすらパソコンと向き合って、残業時間と戦いながら黙々とプログラミング作業をしていくイメージが強いかもしれませんが、実は意外と仕事内容はそれだけではなく、人と接するような業務内容も多かったりします。

これからシステムエンジニアを目指そうと考えている人のほか、すでに現在IT業界で働いていてシステムエンジニアへの転職を考えている人のために、システムエンジニアの仕事内容や給与の実態、必要な資格や向いている人、SE転職の成功のポイントなどについて解説していきます。



システムエンジニア(SE)の仕事内容と、働き方の種類

SE 長男SE 長男

システムエンジニア(SE)の仕事は、ソフトウェアの開発を円滑に行うために仕事を管理するマネージャー的な役割を担います。

具体的には「要求分析」、「要求定義」、「基本設計」、「詳細設計」、「テスト」という工程があります。

まず、「要求分析」というのはクライアントとの打ち合わせに参加し、「どういったシステムを作り何を実現したいのか」といった部分をヒアリングすることで、次に「要求定義」としてシステム開発に必要な基幹や費用を算出し、分析内容をまとめて決定します。

そして「基本設計」とは、クライアントの要望をもとに「仕様書」と呼ばれるシステムの全体図を作成し、システムの元となる基本設計やプログラムの内容や仕様を決定し、「詳細設計」はプログラマーがプログラミングをするためのより細かい設計を行い、開発スタッフに伝えていきます。

ここまでの工程がしっかりできているかどうかによって、プログラミングがスムーズに進むかどうかが変わってきます。

プログラムが出来たら、「テスト」の工程で単体テスト、統合テスト、シナリオテストなどを重ねて、実際にシステムが動作するのかをチェックし、クライアントに納品するといった一連の流れが主な仕事内容です。

日本ではSEの役割は、情報システムの開発の現場でプロジェクト全体を統括し、マネジメントを行っていく役職といった位置づけがなされています。

ただ、新人のシステムエンジニアやまだ経験の浅いシステムエンジニアに、いきなり全ての工程を請け負うことはできないのは当然で、最初は要件分析や要件定義を行うことはなく、実装やテストなどから始めることとなるでしょう。

そのSEとしての働き方は、主に次の3つに分けられます。

  • 正社員

正社員として企業に所属する場合には、先輩のSEから学ぶことができるため、安心してキャリアをスタートさせることができます。

  • 派遣社員

また、派遣社員として働いていく方法もあります。
この場合はさまざまな会社や現場で働く機会が増えるため、スキルアップを図りたい人には向いています。

  • フリーランス

そして、フリーランスとして活動していく方法もあります。
時間や場所を自由に選べる働き方ができますし、参画したいと思えるプロジェクトに携わっていけます。

自分のライフスタイルに合わせて、多様な働き方ができるのがSEです。



システムエンジニアは、残業も多くて仕事がキツいというイメージを持っている人もいると思いますが、やはり経験が浅いと最初は仕事をこなすことも厳しいこともあるでしょうし、厳しい納期に間に合わせるようにするには残業時間がついつい長くなってしまうこともあるでしょう。

しかし、こればかりはどういった企業に就職、転職するかによって異なるほか、その時のプロジェクトによっても変わりますし、システムエンジニア全てに当てはまることではないと思います。

残業時間などについてはこちらのページエンジニアは残業が多い?seなどの平均残業時間はどれくらい?IT系は残業が多すぎて転職したい!対処法はないの?へ。

ちなみに、よくSEという言葉のほかに「Sler」というワードも耳にすると思いますが、SEはクライアントが希望するシステムを設計し導入する人であり、SlerはIT系のシステムを導入する企業(法人)のことですので、混合しないようにしましょう。

システムエンジニアとプログラマーとの違いとは?

SE 長男SE 長男

システムエンジニア(SE)とプログラマーを兼任する人もいるため、これら2つは同一視されたりもしますが、基本的に異なる職種です。

プログラマーはシステム開発全体の、1つの工程を担う技術者といった立ち位置で、プログラマーは設計書である仕様書にもとづいてプログラムを記述するコーディングといった作業を担います。

もちろんシステムエンジニアも自分自身でプログラミングを行うこともありますが、システムエンジニアはソフトウェア開発に関するすべての工程に関わりマネジメントをしていく役割を担っており、プログラマーの上位職といった立ち位置に近いです。

システムの運用や保守は他の部門が役割を担うので、SEもプログラマーもあまり関わりません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

SEはクライアントや開発スタッフとやりとりをすることが多いため、コミュニケーションスキルが求められます。

またプログラマーもチームで作業を進めていく必要があるため、コミュニケーションのスキルは同様に必要です。



SEはシステムの設計が基本的な仕事をなるため、システム設計の知識が不可欠となり、プログラマーに関しては、「プログラミング」の知識が問われます。

ただどちらの仕事も業務として重なる部分が多いため、プログラマーとして経験を積んでいけば、SEへの道も開けるといった流れを作ることが可能です。

SEの給与、平均年収とは?

SEの給与は経験やスキル、勤め先によって異なるものの平均して月収で38万円前後となっています。

経験を積んで難しいプロジェクトもこなせるようになると、月収では60~80万円といったラインも狙えるようです。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、SEの平均年収(基本給+年間ボーナス)は平成29年は550.8万円、平成30年は551.2万円となっていました。

ちなみに平成30年度の賃金構造基本統計調査のエクセルデータがこちらです。

(厚生労働省賃金構造基本統計調査より)

また、全職種の平均年収が454万円前後なので、他の職種と比較してもSEは約100万円ほど平均年収が高いということになります。

ただSEの収入は個人差が大きいのも特徴で、優秀であれば20代であっても年収800万円を超えるケースもありますが、基本的には給与が高くなるのは30代後半からであり、50代前後になると年収は600万円を超えることが多くなります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ただ、労働時間に注目をすると、仕事内容や納期によって残業が多くなる傾向が見られるのもSEの特徴です。

そのため企業によっては残業手当をつけず、裁量労働制の年俸型の給与体系をとっているところもあるのです。

SEの収入は、雇用形態によっても異なり、経験を積んで起業・独立したSEは年収1,000万円を狙うことも可能で、駆け出しのころと経験を積んだ後では、給与面でかなり大きな差があることを理解しておきましょう。

SEは慢性的な人材不足に悩まされており、仕事がハードになりがちな反面企業からの需要は高いので、良い人材には高い人件費を支払うことになっても採用しようという動きがあり、長期的なキャリアで見ても経験さえ積めば将来性は高いと言えます。

システムエンジニア(SE)になるには?必要な資格とは?

SE 長男SE 長男

システムエンジニア(SE)になるには、ITや情報処理関係の高等専門学校や各種専門学校、大学で理系学部・情報系の学部を卒業するといいと思います。

SEはシステムを開発するために、データベースの構築やプログラムについての専門的な知識が必要になるよ。

どのような業界の会社であっても、コンピューターを使って情報処理を担う部門は存在しています。

初めからSEとして働くのではなく、コンピューターの知識がある人は情報セクションを任され、勉強していくうちにSEとなれるケースもあります。

ただ新卒の場合には、知識よりもポテンシャルが求められることも多いため、情報処理の知識のない文系の卒業生を採用している企業もあります。

SEは経験を積んでいくことが何よりも大切ですので、すぐにSEとして働き始めるのは簡単ではなく、まずはシステム開発の現場でアシスタント的な仕事に携わりながら経験を積んでいき、SEになっていく流れが一般的です。

未経験でSEになる場合、独学のほかスクールに通ったりするなどしてプログラミングを学ぶのもおすすめです。

また、他にはプログラマーからSEに転職する方法もあります。

SEがいくら優秀であっても、その開発を支えるプログラマーの力がなければシステムは完成することはなく、前職でプログラマーとして専門的な知識を習得していれば、そこからSEになるチャンスも生まれてきます。

プログラミングが出来るSEは、プログラマーからの信頼も高くなり、市場価値が高くなる傾向にあるため、年収でも1000万円以上を狙える可能性が高くなります。

年収アップを目指したい方のキャリアプランとして、プログラマーからSEへの転職もおすすめです。

プログラマーについてはこちらプログラマー(PG)に必要な資格、年収は?未経験求人は多い?異業種への転職は?



SE 長男SE 長男

SEになるために、特別な資格は特にないけれど、働く上で有利となる資格や持っておくことで、収入アップに繋げることができます。

オススメの資格を紹介しますね!

  • 基本情報処理技術者試験

「基本情報処理技術者試験」は経済産業省が認定している国家試験で、IT技術に関する総合的な基礎知識やシステム開発や運用、プログラミング、セキュリティに関する知識について問われます。

上位の資格として「応用情報技術者試験」もあるので、スキルアップを目指せるでしょう。

この資格についてはこちらIPA(情報処理推進機構) 公式サイトへ。

  • システムアーキテクト試験

「システムアーキテクト試験」は、基本情報処理技術者試験と同じIPA(情報処理推進機構)の資格で、システム開発に関して基礎的な知識はもちろん要件定義や設計について学べます。

プロジェクト進行や経営に関する知識も問われるので、難易度は高めで合格率は13%前後となっています。

詳しくはこちらIPA(情報処理推進機構) 公式サイトへ。

  • オラクルマスター

「オラクルマスター」はオラクルデータベースに関する知識を問われる試験で、Oracle Certification Programという世界共通基準の資格と連携しているため、海外での活動を視野に入れている人は学んでおくべき資格だといえます。

オラクルマスターについてはこちらオラクル社 公式サイトへ。

SEに求められるスキルは?

資格が特に必要とされない分、SEとして求められるスキルやどんな人が向いているのかについても知っておいてください。

SEは1人でコツコツと単独で仕事をするイメージを持っている人もいると思いますが、プロジェクトをやり遂げるためにそのメンバー同士でやり取りをしたり、クライアントと打ち合わせを行ったりすることも多く、”コミュニケーション能力”は必須スキルになります。

クライアントがどのようなものを求めているのかヒアリングして読み取る力も必要になりますし、ニーズに合ったものを設計し作り上げていく提案力のほか、プログラマーにいかにわかりやすく的確な指示を出して統率を取っていくスキルも必要になるでしょう。

もちろん、システムエンジニアとしての専門的な知識や技術も求められます。

SEの転職で注意することと、成功のポイント

SEの転職で気をつけるべき点は、働き始めて最初の数年間はアシスタント的な働き方となる点です。

経験やスキルを身につけるまでは難しいプロジェクトに参画したり、マネジメントを任されたりする機会はほとんどないでしょう。

キャリアが浅いうちは、どうしても給与も低くなってしまいがちで、転職を考えるときにはこうした部分に留意しておく必要があります。

しかし、年齢が若ければ未経験でも働くことはできますし、意欲や熱意をしっかりと示せれば年齢が高めでも採用される可能性はあるといえます。

自社で1から人材を育てていくといった姿勢をとっている企業も多いので、チャレンジをしていく価値はあるでしょう。

未経験の場合は最初の数年間は下積み的な働き方となるため、転職を考える場合には将来を見据えたキャリアアップを考えていくことが大切です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

SEはキャリアの積み方次第では高収入も見込めるため、ひた向きに学んでいくという姿勢がSEとして成功するためのポイントになります。

しっかりと技術と経験を積んでいけば、多様な働き方ができる職種です。

自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるよう、転職を検討してみましょう!



システムエンジニアの一般的なキャリアパスとしては、プログラマーから始まり、システムエンジニア→プロジェクト・リーダー→プロジェクト・マネージャー、そのほかITスペシャリストやITコンサルタント、ITアーキテクトなどのキャリアパスがありますが、システムエンジニアという仕事上、自分1人でキャリアアップしていくのは難しいと思います。

特に、転職によって給料アップやキャリアアップを狙っている場合、転職に失敗してしまうと自分の給料低下に繋がるだけではなく、今後のキャリアアップの妨げになってしまうこともあると思います。

効率的に無駄なくキャリアアップをするためには、IT・WEB業界の転職に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?使い方や手順、利用するメリット&デメリットやアドバイザーとの面談は?なぜ費用が無料なのか?へ。

IT・WEB業界のおすすめの転職エージェントについてはこちらIT業界・Webエンジニアの転職サイト&転職エージェントへ。