サーバーエンジニアの仕事は、若いうちから高収入が期待でき、さらには未経験からでもサーバーエンジニアとして転職することが可能です。

キャリア次第では将来的にさらなる高収入も狙える仕事でもあり、IT業界への転職を希望している人には、サーバーエンジニアはおすすめの職業であるといえるでしょう。

ただ仕事として始める前に、サーバーエンジニアとは具体的にどんな仕事内容なのかや、働く上で役立つ資格や必要となるスキル、年収はいくらくらい期待できるのか、キャリアパスなどについてしっかりと知っておくことで、就職後&転職後のミスマッチを減らすことができると思います。

ではさっそく、わかりやすく解説していきます。



サーバーエンジニアの仕事内容とは?

SE 長男SE 長男

サーバーとは、ネットワーク上の情報の送受信をはじめとする、さまざまなサービス・機能を提供するコンピューターのことを指します。

「サーバーエンジニア」とは、そのサーバーと呼ばれるコンピューターの構築や保守を行うのが仕事です。

サーバーエンジニアの仕事は大きく分けて2つあり、(1)サーバーの構築と、(2)サーバーの保守・管理があります。

(1)サーバーの構築

まずサーバーの構築業務では、サーバーがうまく機能するための設計を行います。

これは実際にシステムを作るプログラマーと相談しながらの作業であり、サーバーの種類や台数、ネットワーク回線の通信速度や利用できる電源の容量を考慮し、コストバランスや、サーバー自体のスペックや処理能力が適切であるかも見極めます。

それをもとにサーバーの設計を進めていき、その後実際にサーバーを設置し、サーバー機器をラックに固定したり、配線作業もサーバーエンジニアが行います。

最後に、サーバー機器にOSやOS上で動作するアプリケーションをインストールしたり、細かな設定をしたりして、構築作業が終了します。



(2)サーバーの保守・管理

サーバーの構築が終わってもサーバーエンジニアの仕事は終わりではなく、引き続きそのサーバーを24時間365日保守・管理していくことも仕事内容の1つです。

サーバーに障害が発生すれば、再び元通りに動くようにそのバグを取り除き、エラーが発生すればログを解析し修正を行います。

また、インターネットの発達に伴ってサーバーが攻撃されることが増えているため、サーバーが攻撃されていないかをチェックをしたり、状況に応じて変更を加えたりもします。

そのほかにもセキュリティに問題がないかも確認し、必要があれば見直しを行ったりしてサーバーを良好に保つこと、さらには、バックアップが正常に行われているかといったメンテナンスや、OSのバージョンアップにも対応させるのも重要な任務です。

転職サイトのtypeにて、わかりやすい画像があったので紹介しますね。
イメージとしてはこんな感じです。


(転職サイトtypeサーバーエンジニアの仕事内容や、やりがい、向いている人を徹底解説より)

ネットワークエンジニアとの違い

同じようなエンジニア養護として、ネットワークエンジニアというものがありますが、この2つは同じインフラエンジニアでもあり、サーバーエンジニアとネットワークエンジニアを総称して、インフラエンジニアと呼ぶこともあります。

ただ、同じものを指しているわけではありません。

インフラエンジニアについてはこちらのページへインフラエンジニアとは?設計・構築・運用など仕事内容と将来性、インフラエンジニアになるために必要なスキル、資格は?求人と転職事情、平均年収は?文系未経験でもいい?サーバーエンジニアやネットワークエンジニアも含む?

サーバーエンジニアについては、あくまでもサーバーの構築、運用、保守がメインであり、ネットワークエンジニアの場合はネットワークの構築、運用、保守が仕事内容となります。

つまり得意とする分野も異なり、仕事内容についても分担されているので混合しないようにしましょう。

サーバーエンジニアに必要なスキルや資格は?

サーバーエンジニアに求められるスキルとしては、どのサーバーの種類を担当するかによって異なります。

一口にサーバーと言っても、データベースサーバー、Webサーバー、アプリケーションサーバー、クラウドサーバーなど、さまざまな種類がります。

ただ、どのサーバーを担当するにしても、サーバーエンジニアにとって基本敵に必要なのは、サーバーを動かすOSやネットワーク、さらにセキュリティに関する知識です。

特にOSでは、WindowsやLinuxなどのどれかに特化したものではなく、さまざまなOSに関する知識を広くもっておく必要があります。

サーバーにはメールサーバーやファイルサーバー、Webサーバーなど、さまざまな種類が存在し、年々多様化するサーバーへの攻撃に対応するためにも、セキュリティの知識は非常に重要であり、常に最新の知識を習得しているべきであるといえるでしょう。

扱うサーバーにもよって必要な知識が変わることから、サーバーそれぞれの知識が必要であり、アプリケーションの場合にはアプリケーション開発に関わる知識や技術まで求められるのです。

さらには、サーバーを保守・管理するためには問題を発見する能力やそれを解決する能力、問題を防ぐための対策法を提案できる能力、復帰技術が必要とされます。

そのほかにも、状況に応じてプログラマーなど他のメンバーと打ち合わせを行うなど、仕事はチームで動くことが多いためコミュニケーション能力が必要です。

また、資料が英語で書かれていることもありますので、英語のスキルもあればスムーズに仕事が行えるでしょう。

今後サーバーエンジニアとしてキャリアアップを目指していくならば、サーバーだけに留まらずネットワークインフラについても勉強しておくほうが良いと言われています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

さらに、サーバーエンジニアとしてキャリアアップするためには、資格をもっているのもいいでしょう。

OS関連では、Linux技術者認定試験(LPIC)やマイクロソフト認定プロフェッショナル認定試験(MCP)、ネットワーク関連ではCCNAやCCNP(CCNAの上級版)がおすすめです。


Linux技術者認定試験(LPIC)


Linux技術者認定資格は、Linuxの取り扱いスキルや知識が備わっていることを証明する資格で、資格は3つのグレードに分かれています。

レベルアップ式となっているので、上位資格を取るためにはまずはレベル1から受験し合格する必要があります。

詳しくはこちらLinux技術者認定試験へ。

マイクロソフト認定プロフェッショナル認定試験(MCP)


マイクロソフト認定プロフェッショナル認定試験については、マイクロソフト認定ソリューションエンジニア、マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー、マイクロソフト認定ソリューションアソシエイトのMCP資格3つの総称であり、1つの資格を指すものではありません。

公式サイトについてはこちらMicrosoftへどうぞ。

CCNAやCCNP


CCNAやCCNPは、どちらもシスコ技術者認定の資格であり、CCNPについてはCCNAの上位資格となっており、どちらもネットワークエンジニアとしても活躍できる資格です。

詳しくはこちらシスコ技術者認定へ。

サーバーエンジニアの需要は将来的に見ても需要は高い職種なので、資格取得などで自分のスキルを高めていくことで、確実にキャリアアップが期待できると思います。

サーバーエンジニアの年収、平均給与は?

2014年のDODAのデータを見てみると、サーバーエンジニアの平均年収は20代で約401万円、30代では約521万円で、夏や冬のボーナスは、それぞれ48万円前後が期待できるでしょう。

しかし40代になると、約644万円に落ち着きます。

このことからサーバーエンジニアとしての年収は、若いうちには他の業種と比べると高い傾向にあり、40代をすぎると低めになるといえます。

これは日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングで比べてもかなり高い傾向にあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

しかし、こうした年収やボーナスはあくまでも平均値ですので、雇用形態やスキルによって大きく変わります。

サーバーエンジニアとしてさらなる年収アップを狙うためには、サーバーの管理業務であったり、ネットワークエンジニアとの掛け持ちで仕事をするといいでしょう。

ネットワークエンジニアについてはこちらネットワークエンジニアの年収、資格、未経験採用はどう?転職の注意点と将来性はある?へ。

サーバーエンジニアの求人を見ると、新たにサーバーを立てる時に人材を募集するという傾向よりも、現在いる社員の欠員補充や、代替要員を募集するケースが多くなっており、その場合は採用したのちにすぐに会社の即戦力として活躍してくれることを希望されます。

となると、現在使用しているサーバーの知識や技術をすでに持っている人を採用しようとすることが多く、求めているスキルや経験により近い人材が重宝されるのは当然な流れとなります。

より多くの求人要件に当てはまるようにするには、いかに自分の持っているスキルや知識と企業が求める人材とマッチするかが決め手となります。

サーバーエンジニアのキャリアパスは?

実は、ほかの分野のエンジニアでは年収が1,000万円をこえる人数が多いのに対して、サーバーエンジニアとしてだけで高収入を得るのは少しむずかしいかもしれません。

また、エンジニア全体の年収では30歳で約800万円、35歳では約1,500万円であり、サーバーエンジニアの30歳で約500万円という年収はエンジニアの業界では高い職種とはいえないでしょう。

しかし、これからもサーバーシステムの需要は増えると見込まれ、スキルさえあれば安定した仕事が続けられるのも事実です。

そのため、サーバーエンジニアとしての年収アップを目指すためには、監視や運用の業務や、設計や構築の業務に携わることが必須となります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

サーバーエンジニアとしてのプレイヤー側から管理職の側に回ることが重要で、チームを統率できるサーバーエンジニアになることで、年収はおのずと増えていくでしょう。

チームリーダーとしての経験のある有能なエンジニアは、ITコンサルタントへのキャリアパスへの道も開かれています。

また、専門分野を極めることでスペシャリストとして活躍するのもいいでしょう。

IT業界の技術は日々進歩し続けていますので、学び続ける意欲がサーバーエンジニアには求められています。

サーバーエンジニアへの転職のメリット&デメリット

サーバーエンジニアに転職するメリットは、仕事に対する需要が非常に多いということです。

企業のシステムを構成するサーバーを構築するだけでなく、運用や保守を行っていますので、常に安定した仕事がある業界です。

早い段階でサーバーエンジニアとして転職をしておくことで、技術が習得できますし、そのため会社が倒産することになっても他の会社への転職も簡単に行え、フリーで仕事を請け負うことも可能です。

さらに、サーバーエンジニアの業界は常に人手不足に悩まされているため、未経験でも転職することが可能です。

企業での育成プログラムを利用し実践を積んでいくことで、優秀なエンジニアとして活躍するチャンスが期待できます。

SE 長男SE 長男

ただ、サーバーエンジニアへの転職にはデメリットもあるみたい。

それは、求人が首都圏に集中していることです。

サーバーエンジニアに限らず、IT業界の80%は首都圏に集中している状態であり、地方では求人が極端に少なく、首都圏への移住の必要に迫られるでしょう。

また、24時間シフト制であることも多く夜勤も多い仕事であり、そのため不規則な生活になってしまうこともあるでしょう。

残業も多く、もし何かサーバーに障害やトラブルが発生した時には休日出勤しなければならない可能性もあります。

そういうことからサーバーエンジニアとして仕事をする際は、とてもやりがいが大きい反面、ある程度の過酷な労働は覚悟するべきであるといえます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

しかしサーバーエンジニアは安定した需要のある仕事であり、未経験からの転職も可能で将来的なキャリアアップの可能性の高い仕事であるといえます。

管理職になることでさらなる年収にも期待できますので、おすすめの職業です。