サービス提供責任者(サ責)とは、訪問介護事業所などで働き、訪問介護サービスを責任を持って計画し運用する仕事で、在宅介護の中心的な役割を担う立場にある人のことです。

ヘルパーを指導し、管理する役割も担っており、仕事内容にもやりがいを感じられますし、全国的に見ても需要が高い職種でもあります。

そんな訪問介護のリーダー的存在であるサービス提供責任者ですが、このページではサービス提供責任者とは?という基本的なことから、具体的な仕事内容、活躍できる職場、平均給与、必要になる資格、求人状況などについてお話していきます。



サービス提供責任者(サ責)とは?仕事内容

サービス提供責任者とは略して「サ責」とも呼ばれ、訪問介護事業所に配置が義務付けられている職種で、ケアマネージャーが作成したケアプランにもとづいて、利用者に対して「訪問介護計画書」を作り、そのプラン通りに介護を実施する役割を担っています。

訪問介護サービスにおいては、利用者やその家族、ケアマネージャーやケアワーカーとの連絡や調整を行うコーディネーター業務を行う責任のあるリーダー的ポジションであり、需要は高まりを見せています。

サービス提供責任者というのは職業の1つであり、そういった名前の資格や研修があるわけではありません。

ではここから、サービス提供責任者の仕事内容を具体的に見ていきましょう。

(1)利用者に合わせた訪問介護計画書の作成

転職の女神 長女 転職の女神 長女

サービス提供責任者(サ責)の仕事内容は、訪問介護サービス全般にわたります。

まず1つ目に、利用者の自宅に伺って、どういった介護サービスを受けたいか、どんなことに困っているかといったことを汲み上げ、そのニーズをもとに、「訪問介護計画書」を作成します。

1人1人の利用者やその家族に合わせて、その日常生活や状況、希望に合わせていかにその人に合った計画を考えられるかが求められます。

初めて介護サービスを利用する人の場合や要介護認定が変更になったり、利用者の要望が代わったりした場合には、ケアマネージャーは関係者を集めて「サービス担当者会議」を開き、サービス提供責任者も会議に出席し、関係者との情報共有やサービス内容の確認を行います。

家族に訪問介護計画書を説明して同意を得たり、内容を確認したり共有したり、必要に応じて再度計画書を作り直したりもしますし、介護・看護の当事者や家族との調整は、サービス提供責任者の大切な仕事だといえます。

ケアマネージャーとは連絡をやりとりすることも多く、ケアプランと訪問介護計画書との整合性がきちんと取れているのか、計画通りにサービスが提供されているのかなどをチェックする役割を担っているのです。

例えば車椅子の方が歩行できるようになるなど、その利用者の介護計画の目標が達成できた時には、何にも代えがたい達成感が得られたりします。



(2)訪問介護員の指導、管理

訪問介護事業所で働くヘルパーたちの指導や管理を行っていくのも、大事な役割となっています。

利用者の要望に合った最適なヘルパー選び、実務に携わってもらうなど介護職員の管理を行ったり、訪問介護員が初めて利用者の自宅に訪れる時には同行訪問をしたり、まだ経験の浅いヘルパーへの技術指導をすることもあります。

また、ヘルパーが利用者とのやりとりで悩みを抱えている時には、そのケアをして必要に応じて利用者や家族と話し合ったり、訪問介護員が急に休んでしまったりした時には、代わりに訪問介護の現場に出向いてサポートしたり、そのヘルパーの希望に応じたスケジュール調整やスキルアップ、育成なども仕事の1つです。

訪問介護員をまとめる役割も仕事に含まれるので、リーダーシップが求められたり、積極的に行動できる人が向いているでしょう。

さらに、サービス提供責任者が事務所の所長(管理者)を兼ねる場合には、人材の採用や収支の管理といった事務、利用者を集めるための営業活動なども業務の範囲に入ります。

訪問介護全般に携わる仕事であるため、忙しくなる面もありますが、その分だけ周囲から頼りにされてやりがいを感じることができると思います。

サービス提供責任者の仕事内容については、法令でも決められており、そちらも紹介しておきましょう。

「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」第28条3項

一、 指定訪問介護の利用の申込みに係る調整をすること。
二、 利用者の状態の変化やサービスに関する意向を定期的に把握すること。
三、 サービス担当者会議への出席等により、居宅介護支援事業者等と連携を図ること。
四、 訪問介護員等(サービス提供責任者を除く。以下この条において同じ。)に対し、具体的な援助目標及び援助内容を指示するとともに、利用者の状況についての情報を伝達すること。
五、 訪問介護員等の業務の実施状況を把握すること。
六、 訪問介護員等の能力や希望を踏まえた業務管理を実施すること。
七、 訪問介護員等に対する研修、技術指導等を実施すること。
八、 その他サービス内容の管理について必要な業務を実施すること。


サービス提供責任者とヘルパーを兼任することも可能ですが、サービス提供責任者とヘルパーと管理者の3役を兼務することは禁止されているので注意しましょう。


ただしこの辺は各都道府県によって違いがあるので、よく確認してから転職や就職することをおすすめします。

サービス提供責任者とよく混合しやすいのがケアマネージャーですが、ケアマネージャーとは何が違うのかというと、ケアマネは利用者やその家族のニーズに合うようケアプランを作成する人で、サービス提供責任者はケアマネが作成したケアプランを元にマネジメントを行うなど在宅介護サービスを利用者に提供する責任者のことです。


介護士 次女介護士 次女

訪問介護サービスのリーダー的存在でありながらも、実際に介護業務をしたり現場の訪問介護員をまとめたりと、仕事内容だけを見るだけでも、やりがいや達成感がかなり感じられそうだね。

サービス提供責任者になるには?必要な資格とは

サービス提供責任者(サ責)として働くための要件は、介護保険法によって定められており、以下の資格または経験など、いずれかの条件を満たしている必要があります。

  • 介護福祉士、看護師、准看護師、保健師のいずれかの資格保有者
  • 実務者研修の修了者
  • 介護職員初任者研修の修了者で、実務経験が3年以上かつ実働日数540日の者
  • 旧課程 ホームヘルパー1級の修了者
  • 旧課程 介護職員基礎研修の修了者
  • 旧課程 ホームヘルパー2級の修了者で、実務経験が3年以上かつ実働日数540日の者

ただし、上記のサービス提供責任者になるための条件などは、都道府県によって異なる場合があります。

気をつけておきたいポイントは、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の有資格者の場合で、事業主がこのパターンの人物をサービス提供責任者に配置した場合には、事業所に充てられる介護報酬が10%減算となります。

したがって、実務者研修や介護福祉士といった上位資格を持っていなければ、少なからず採用に影響が出る可能性があります。

実務者研修を修了した場合、サービス提供責任者の資格要件に当てはまるので、今後例えば将来的に介護福祉士を目指している人が、サービス提供責任者を経験してスキルやキャリアを積むのにもオススメです。

この実務者研修は、年齢や性別など資格の受講制限はなく、介護経験やキャリアも必要ではないので、実務者研修を修了すれば未経験からでも始めることができます。

実務者研修についてはこちらのページ介護職員実務者研修とは?資格や費用について!通信では難しい?初任者研修との違いは何?へ。

サービス提供責任者(サ責)の平均給料、年収は?

サービス提供責任者(サ責)の平均的な給与額は、月23万円程度となっており、ここに各種手当が付き、年収としては300万円前後が一般的です。

年齢や勤続年数、事業所によって手当や賞与の有無によっても異なります。

正社員か非正規かといった勤務形態によっても給与額には差が生まれ、例えば日給で働く場合は平均給与は17万円前後、パートなど時給で働く場合は12万円前後となっています。

サービス提供責任者は、介護職やホームヘルパーなどと比べると平均給料は高いということがわかります。

これは、専門性の高い資格の取得や実務経験が求められるため、給与に反映されている面があるのです。

ただし、その分だけ介護職などと比べても労働時間は長くなってしまう傾向にもあります。

また、サービス提供責任者が保有する資格によっても給与に違いが見られ、これは保有する資格によって、事業所が受け取る介護報酬に加算や減算があるからです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護保険の加算額が高めの「介護福祉士」の場合に資格手当を手厚くしている事業所が多いため、自ずと資格手当を含めた給与額は、介護福祉士の資格を保有している人のほうが高くなる傾向にあります。

サービス提供責任者からは段階的にキャリアをアップしていけるので、先を見据えて上位資格の取得を目指してみるのもいいでしょう!

シフトに関しては、それほどハードではないものの、訪問介護士の帰宅を待って報告を聞いたりすることになり、帰宅時間が多少遅くなることもあり、そのほか急に出勤できなくなったヘルパーの代わりに出たりなど、サポートする立場な以上は残業や急な出勤が発生しやすい職種でもあります。

残業の有無などに関しては事業所によっても異なるので、もし気になる方は転職前に事前に確認しておくようにしましょう。

非常勤でも働けるものの、非常勤のサービス提供責任者は、常勤の勤務時間の2分の1以上勤務しなければならないという条例があり、都道府県によっても違いがあるので注意しましょう。

サービス提供責任者(サ責)が活躍出来る職場は?

サービス提供責任者が活躍できる職場は、訪問介護事業所がメインとなり、どこの事業所も優秀な人材を求人しているため、働く機会は多いといえるでしょう。

訪問介護事業所の他には、利用者の自宅を訪問したりするので利用者の自宅も職場の1つになります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

就職や転職を考える時には、事業所の規模に注目してみる必要があります。

介護保険法によって、サービス提供責任者の配置基準は法律で決められており、利用者数が40人までなら1人、80人なら2人といった具合に、事業所の規模によって、配置されているサービス提供責任者の数が異なっているのです。

サービス提供責任者の配置基準を詳しく解説すると、こんな感じです。

  • 直近3ヶ月での利用者が40人…必要配置人数数が常勤で1人以上
  • 直近3ヶ月での利用者が41人~80人…必要配置人数数が常勤で2人以上
  • 直近3ヶ月での利用者が81人~120…必要配置人数数が常勤で3人以上
  • 直近3ヶ月での利用者が121人~160…必要配置人数数が常勤で4人以上
  • 直近3ヶ月での利用者が161人~200…必要配置人数数が常勤で5人以上
  • 直近3ヶ月での利用者が161人~200…必要配置人数数が常勤で5人以上
  • 直近3ヶ月での利用者が161人~200…必要配置人数数が常勤で5人以上

さらに、2015年以降は直近3ヶ月の利用者につきサービス提供責任者の配置1名で良いものとされました。

規模が大きく利用者が多い事業所ほど、サービス提供責任者の数が多く必要になります。

サービス提供責任者のにんずが多ければ仕事に関する相談もしやすく、数名で業務を分担するため、休日なども融通が利きやすいのが特徴で、何かと安心な面が出てくるでしょう。

もちろん、利用者の数が多ければそれだけ業務も忙しいといった面がありますが、一人で何でも抱え込むといった事態を避けられます。

また、非常勤職員の場合の配置については、1人を超えるサービス提供責任者を配置する事業所では原則1人分のみの常勤換算が可能、5人を超えるサービス提供責任者を配置する事業所では、サ責の3分の2以上が常勤であることなどの条件があります。



事業所が担当している利用者の数は、なかなか情報を集めにくい部分もありますが、面接時などに直接聞いてみることも大切になってきます。

自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる環境を見つけることが大切になるでしょう。

サービス提供責任者(サ責)の求人、転職先の選び方

転職の女神 長女 転職の女神 長女

サービス提供責任者の求人は、介護サービス需要の高まりと共に、求人数は多いといえるでしょう。

そのため、介護職員実務研修などを経て、異業種から転職しやすい環境にあります。

介護業界が初めてで不安という場合には、転職支援のサービスを活用してみるのも1つのポイントです。

転職支援サービスであれば、事業者が公開しているホームページなどの情報だけでは分からない部分も、しっかりと把握することができます。

履歴書や職務経歴書の添削などを行ってくれるところもあるため、採用選考を通過する確率をグッと高められるでしょう。

また、非公開の求人や求める条件などを調べるのにも向いています。

「土日祝日は休み」「残業なし」「無資格者OK」など、直接事業所に問い合わせにくい内容であっても、遠慮せずに聞くことができる点が転職支援サイトを利用するメリットでもあります。

担当の人材コーディネーターに「この事業所は、どれくらいの利用者がいますか」といった質問もできるので、サービス提供責任者として勤務をする際に事前に不安要素をなくしていけるはずです。

求人については、「未経験OK」や「未経験者歓迎」などと書かれていることも多いですが、その場合は入社してからすぐにサービス提供責任者として働くのではなく、訪問介護員として経験を積んでからサービス提供責任者として活躍することになると思います。

高齢社会となるにしたがって、介護業界では人材が不足しています。

サービス提供責任者は、ケアマネージャーやヘルパー、利用者とその家族を橋渡ししていく大切な役割です。

自分が考えた「訪問介護計画書」によって、利用者の方から感謝をされたり、ヘルパーが意欲的に頑張ったりする姿を見るとやりがいを感じるでしょう。

やる気次第では長く安定して働ける仕事であるため、とても魅力的であり、全国的に見て求人も多く出ており、給料面で見ても通常の訪問介護員よりも高く、十分に働くメリットもあると思います。

将来性やニーズの高い、サービス提供責任者を目指してみてはいかがでしょうか?