サービス提供責任者(サ責)とは、訪問介護事業所などで働き、訪問介護サービスを責任を持って計画し運用する仕事です。
在宅介護の中心的な役割を担う立場であり、ヘルパーを指導し、管理する役割も担っています。

ここでは、その仕事内容や平均給与、活躍できる職場や求人の状況について細かく見ていきます。
転職をする時のポイントについてもお教えしましょう。



介護業界のサービス提供責任者(サ責)とは?資格について

サービス提供責任者(サ責)は、ケアマネージャーが作成したケアプランにもとづいて、具体的な介護を実施する役割を担っています。

利用者に対して「訪問介護計画書」を作り、そのプラン通りに実施できるように業務全般について関わっていきます。
訪問介護サービスにおいては責任のあるポジションであり、需要は高まりを見せています。

サービス提供責任者(サ責)として働くための要件は、介護保険法によって定められています。
介護福祉士の資格保持者・ホームヘルパー1級の修了者・介護職員基礎研修の修了者・実務者研修の修了者・介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の修了者で実務経験が3年以上かつ実働日数540日の者・看護師、准看護師、保健師の資格保有者・その他、各都道府県が定める研修修了者です。

  • 気をつけておきたいポイントは、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の有資格者の場合です。

事業主がこのパターンの人物をサービス提供責任者に配置した場合には、事業所に充てられる介護報酬が10%減算となります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

したがって、実務者研修や介護福祉士といった上位資格を持っていなければ、少なからず採用に影響が出る可能性があります。

サービス提供責任者(サ責)の仕事内容とは?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

サービス提供責任者(サ責)の仕事内容は、訪問介護サービス全般にわたります。

利用者の自宅に伺って、どういった介護サービスを受けたいか、どんなことに困っているかといったことを汲み上げます。
そのニーズをもとに、「訪問介護計画書」を作成します。

  • 初めて介護サービスを利用する人の場合や要介護認定が変更になったり、利用者の要望が代わったりした場合には、ケアマネージャーは関係者を集めて「サービス担当者会議」を開きます。

サービス提供責任者も会議に出席し、関係者との情報共有やサービス内容の確認を行います。

家族に訪問介護計画書を説明し、必要に応じて再度、計画書を作り直したりもします。
介護・看護の当事者や家族との調整は、サービス提供責任者の大切な仕事だといえます。

ケアマネージャーとは連絡をやりとりすることも多く、ケアプランと訪問介護計画書との整合性がきちんと取れているのかをチェックする役割を担っているのです。



  • また、訪問介護事業所で働くヘルパーたちの指導や管理を行っていくのも、大事な役割となっています。

利用者の要望に合った最適なヘルパー選び、実務に携わってもらうなど介護職員の管理を行います。

ヘルパーが利用者とのやりとりで悩みを抱えている時には、そのケアをして必要に応じて利用者や家族と話し合ったりもします。
ヘルパーのサポートやスキルアップのための指導を行うことも役割です。
ヘルパーが急に休んでしまう時には、代わりに訪問介護の現場に出向くこともあります。

  • サービス提供責任者が事務所の所長を兼ねる場合には、人材の採用や収支の管理といった事務、利用者を集めるための営業活動なども業務の範囲に入ります。

訪問介護全般に携わる仕事であるため、忙しくなる面もありますが、その分だけ周囲から頼りにされてやりがいを感じることができるでしょう。

サービス提供責任者(サ責)の平均給料、年収は?

サービス提供責任者(サ責)の平均的な給与額は、月20万円程度となっています。
ここに各種手当が付き、年収としては300万円前後が一般的です。
年齢や勤続年数、事業所によって手当や賞与の有無によっても異なります。

正社員か非正規かといった勤務形態によっても、給与額には差が生まれています。
サービス提供責任者は、介護職やホームヘルパーと比較して平均給料は多めに設定されているでしょう。

これは、専門性の高い資格の取得や実務経験が求められるため、給与に反映されている面があるのです。
ただし、その分だけ介護職などと比べても労働時間は長くなってしまう傾向にもあります。

また、サービス提供責任者が保有する資格によっても、給与に違いが見られます。
これは保有する資格によって、事業所が受け取る介護報酬に加算や減算があるからです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護保険の加算額が高めの「介護福祉士」の場合に資格手当を手厚くしている事業所が多いため、自ずと資格手当を含めた給与額は、介護福祉士の資格を保有している人のほうが高くなる傾向にあります。

サービス提供責任者からは段階的にキャリアをアップしていけるので、先を見据えて上位資格の取得を目指してみるのもいいでしょう!

サービス提供責任者(サ責)が活躍出来る職場は?

サービス提供責任者が活躍できる職場は、訪問介護事業所がメインとなります。
どこの事業所も優秀な人材を求人しているため、働く機会は多いといえるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

就職や転職を考える時には、事業所の規模に注目してみる必要があります。

介護保険法によって、サービス提供責任者の数は法律で決められており、利用者数が40人までなら1人、80人なら2人といった具合に、事業所の規模によって、配置されているサービス提供責任者の数が異なっているのです。

規模が大きい事業所ほどサービス提供責任者の数が多いため、何かと安心な面が出てくるでしょう。

仕事に関する相談をしやすいとか、数名で業務を分担するため、休日なども融通が利きやすいのが特徴です。
もちろん、利用者の数が多ければそれだけ業務も忙しいといった面がありますが、一人で何でも抱え込むといった事態を避けられます。



事業所が担当している利用者の数は、なかなか情報を集めにくい部分もありますが、面接時などに直接聞いてみることも大切になってきます。
自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる環境を見つけることが大切になるでしょう。

サービス提供責任者(サ責)の求人、転職先の選び方

転職の女神 長女 転職の女神 長女

サービス提供責任者の求人は、介護サービス需要の高まりと共に、求人数は多いといえるでしょう。
そのため、介護職員実務研修などを経て、異業種から転職しやすい環境にあります。

介護業界が初めてで不安という場合には、転職支援のサービスを活用してみるのも1つのポイントです。

事業者が公開しているホームページなどの情報だけでは分からない部分も、しっかりと把握することができます。
履歴書や職務経歴書の添削などを行ってくれるところもあるため、採用選考を通過する確率をグッと高められるでしょう。

また、非公開の求人や求める条件などを調べるのにも向いています。
「土日祝日は休み」「残業なし」「無資格者OK」など、直接事業所に問い合わせにくい内容であっても、遠慮せずに聞くことができる点が転職支援サイトを利用するメリットでもあります。

担当の人材コーディネーターに「この事業所は、どれくらいの利用者がいますか」といった質問もできるので、サービス提供責任者として勤務をする際に事前に不安要素をなくしていけるはずです。

高齢社会となるにしたがって、介護業界では人材が不足しています。
サービス提供責任者は、ケアマネージャーやヘルパー、利用者とその家族を橋渡ししていく大切な役割です。

自分が考えた「訪問介護計画書」によって、利用者の方から感謝をされたり、ヘルパーが意欲的に頑張ったりする姿を見るとやりがいを感じるでしょう。
やる気次第では長く安定して働ける仕事であるため、とても魅力的なのです。