プログラマーというお仕事は、その名前の通りプログラミングをする仕事だというのはなんとなくイメージがつくと思いますが、実際にどのような仕事をするのかわからないという人も多いと思います。

IT業界の仕事は職種の種類がいろいろとありすぎて、興味はあるもののそれぞれ区別がつきにくいでしょう。

もともと独学でプログラミングを学んではいたけど仕事ではしたことがない人や、全くの未経験でこれからプログラマーを目指そうと考えている人、またはこれから資格などを取得したり、キャリアアップや待遇アップを目指す人もいると思います。

実は未経験からのプログラマーへの転職も不可能ではなく、未経験からの異業種転職でも十分目指せる仕事ということで、注目されています。

ここでは、プログラマーとはどんな仕事内容をするのか、プログラマーになるにはどんな資格やスキルが必要か、平均年収、システムエンジニアとの違いなどについて解説していきます。



プログラマーとはどんな仕事内容?向いている人とは

現代の生活において、企業が使用している物流や金融のシステムだけでなく、身近なところにもコンピュータープログラムが活用されなど、さまざまな場面でシステムやソフトウェアが使われています。

例えばテレビやスマートフォン、電子レンジにいたるまでがコンピュータープログラムによって機能しており、プログラミング言語を使ってそのようなシステムやソフトウェアを開発している人のことを「プログラマー(PG)」といいます。

主な仕事内容としては、プログラミング言語を使ったプログラミング、プログラムの修正・テスト、企業によってはデータベースの構築・実装、アプリケーション・プログラミング・インタフェースなどのAPI開発、ソースコードの変更履歴の記録などのバージョン管理です。

システムエンジニア(SE)とは何が違う?
プログラマーはシステムエンジニアとよく混合しがちですが、システム全体の仕様書を作成・設計し、開発したシステムが正常に作動するかどうかをテストするのがシステムエンジニア、そしてそのシステムエンジニアが設計した仕様書に基づいてプログラムを構築していくのがプログラマーとなります。

さらに詳しく言うと、依頼者(クライアント)の要望をヒアリングし、どんな要望があるのかを的確に判断し、必要な期間や費用なども考慮するのがシステムエンジニアで、ソフトウェア開発においてディレクターのような存在です。

プログラマーは、SEが設計した仕様書をもとにプログラミング言語を使ってコードを書き、プログラムを組んだらテストを繰り返し行い、不具合を修正していくことでシステムやソフトウェアを完成させます。

ただ企業によっては、システムエンジニアとプログラマーの境界線が曖昧になっており、システムエンジニアの仕事をプログラマーが行ったり兼任したりすることもあります。

一般的には経験を積めば積むほど、どちらをも兼任するような役割を任されたりするようになってきます。

SE 長男SE 長男

プログラマーは、システムエンジニアの作成した仕様書をもとにプログラムを作り上げますが、製作者の意図とする動きにならないこともあります。

そのためプログラマーはプログラムを組み上げるだけではなく、仕様バグも見つけるのも重要な仕事の1つでもあります。

「プログラミング」とは?
ここでプログラミングとは、例えばユーザーがボタンを押したらどんなデータを表示させるかなどのコンピューターへの命令を、プログラミング言語を使用して記述していく作業のことをいいます。

このプログラミングに使用する言語には、C言語、Java、JavaScript、PHP、Ruby、Objective-Cなどさまざまなものがあります。

どんなジャンルの仕事を担当するかによって、どんな言語を使用することになるのか、必要になる技術は変わってきます。


また、コンピューターへの命令をいくつも組み合わせたものを「ソースコード」と呼ばれます。

プログラムが組みあがってから何度も何度もテストをすることで、不具合が修正されシステムやソフトウェアはようやく完成されますが、テストにはまれに何カ月もかけられることがあるため、プログラマーには根気と忍耐力が必要です。

しかし、それに伴い大きな達成感を味わうことが出来るのがプログラマーの仕事の魅力ややりがいでもあります。

自分がプログラミングしたシステムが実際に形になり、動いたときの喜びやさまざまなユーザーの役に立つということを実感することができるのです。

企業によっては、プログラムを組む以外にも結合テストやリリース作業、機能仕様書の作成、規模の小さいシステムであれば、データベースの構築や操作、実装などもプログラマーが行うこともあります。



また、システムエンジニアが作成する仕様書は内容が細かく記載されていないものが多いため、プログラマーは仕様書の内容を理解し、プログラムに変換していくスキルが重要となってきます。

1つのことに向き合い、それを解決する方法を模索できる能力が問われる仕事であるといえます。

つまり、プログラマーは黙々と作業に打ち込む根気と忍耐力が求められ、論理的な考え方を持った人が得意とする分野であるでしょう。

そうった黙々と作業することとは反面、実際は他のエンジニアと連携してチームとして作業することも多いため、コミュニケーション能力も同じく必要となります。

さらにIT業界というものは、日々進化し続けている業界でもありますので、社会情勢や流行に対してもアンテナをしっかり張れている人などに、おすすめの職業となっています。

いくつもあるプログラマーの種類

企業によって異なることがありますが、一口にプログラマーと言っても、プログラマーにはいくつもの種類があります。

Webプログラマー

名前の通り、WEBサイトに特化したプログラミングを行うプログラマーで、例えばインターネットショッピングやWebホームページ、SNSなどのシステムが挙げられます。

使用する言語は、Java、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Linuxなどがあり、ユーザーが触れる部分を担当するクライアントサイドをはじめ、サーバーサイド、フルスタックなどに分かれています。

クライアントサイドを担当するWebプログラマーは、「フロントエンド」と呼ばれることもあります。

ゲーム系プログラマー

スマホゲームをはじめ、家庭用ゲームなどを開発するプログラマーのことで、通常のシステムやアプリ開発とは違い、そのゲーム内でのキャラの動きやグラフィック、効果音などをプログラミングします。

使用する言語はC#やC++、Unity、JavaScript、Swift、Rubyなどがあり、近年特にスマホゲームなどがとても流行しており、プログラマーの中でも人気が高くなっています。

アプリケーションプログラマー

スマホやPCにインストールされるアプリ開発を行うプログラマーで、よく使われる言語にはRuby、PHP、Java、C#、Python、Swiftなどがありますが、デバイスによって使用する言語が異なります。

そのほかにも、組み込み系プログラマー、汎用系プログラマー、通信系プログラマーなどがあります。

プログラマーにおすすめの資格や必要なスキル

プログラマーは、基本的には言語知識を持っておりプログラミングができれば、特に学歴を問われることなく、資格がなく未経験であってもなれる職種となっています。

しかし資格を持っていることで技術力を証明することができ、転職活動をするときに有利に働くことがあります。

企業によっては必須としているところもありますので、どんな資格が応募に必要な条件になっているのか確認しておくのが良いでしょう。

  • ITパスポート
  • プログラミングの技術者としてまず取得しておきたいのが、「ITパスポート」という経済産業省が認定する国家資格です。

これは情報セキュリティや情報モラルといった、プログラミングに必要な内容が盛り込まれ、IT関連の技術から企業活動や会計にいたるまでの関連知識も出題されます。

  • Oracle Certified Java Programmer
  • プログラミング言語である「Java」の資格試験として有名な「Oracle Certified Java Programmer」も持っていると有利であると言えるでしょう。

ブロンズ、シルバー、ゴールドと資格は3段階に分かれて

  • Ruby技術者認定試験制度

  • IT業界で高い評判を得ている「C言語プログラミング能力認定試験」や、Rubyベースで開発を行うときには必要となる「Ruby技術者認定試験制度」では、高い水準のシステム開発能力を証明することが可能で、Rubyアソシエーションが実施しています。


Ruby技術者認定試験制度 公式サイト

  • PHP技術者認定初級試験

  • PHPプログラミングに特化した資格で初級と上級の2種類があり、PHPは言語別求人案件数でもかなり多いものなので、プログラマーとしては就職・転職においてもかなり有利な資格だと言えるでしょう。

    一般社団法人PHP技術者認定機構 公式サイト


プログラマーにとってはプログラム言語の知識が非常に重要であり、自分が担当する分野でのスタンダードな言語は、マスターしておく必要があります。



さらにバージョンアップなどが行われると、知識は常に更新することを求められるため、学び続けなければいけない職種であると言えるでしょう。

プログラミングを行うためには、順序だてた考え方が必要となり論理的な思考を持たなければいけません。

さらにはコンピューターと向き合った地道な作業ですので、根気も必要な仕事です。

小さなミスはないか、常に注意力を働かせることも重要でありチームでの作業も多いため、円滑に仕事を進めるためにもコミュニケーション能力といったスキルも要求されます。

プログラマーの年収とキャリアアップ

システムエンジニアを含むプログラマーの平均年収は、30代で約505万円であり、ほかのIT企業と比較しても低めであるといえます。

これはIT業界が急成長を見せる中、プログラマーの需要に対して供給が追い付いていないことが理由であり、経験の少ない人材でも採用しているのが現状です。

プログラムさえできれば転職が可能な仕事であることで、年齢の高い新人もみられます。

そのために、平均年収が下がっているとも考えられるでしょう。



しかしプログラマーとしてのキャリアを積むことで高収入も期待でき、男女における平均年収の差もほとんどの見られないことから女性のキャリアアップも可能な仕事であるといえます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職によってキャリアアップがしやすい仕事というのもプログラマーの特徴で、実績次第でWeb業界への転職も期待できるでしょう。

大手のWeb企業は常に経験豊富なプログラマーを求めていますので、経験を積んで大手企業への転職を目指すプログラマーも多くいます。

さらに、フリーランスとして活躍することでもさらなる年収が期待できます。

そういうことからも、プログラマーは学び続ける姿勢を持ち確実な技術を手に入れることで、将来に期待ができる仕事であるといえるでしょう。

プログラマーの求人や転職は未経験OKが多い?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

増え続けるプログラマーの需要に対して供給が追い付いていないため、未経験のプログラマーであっても採用してくれる企業も多くあります。

そのため時間をかけて独学で学ぶより、企業に入って研修をしながらプログラミングについて学ぶほうが効率としてはいいとも考えられます。

さらには文系でも採用してくれる企業がありますので、探してみるのが良いでしょう。

また未経験からの転職の場合には、経験や高い技術が求められるフリーランスでの仕事は望めないと考え、企業できちんと経験を積むことが大切です。

未経験からプログラマーとして働くにはさまざまな働き方があり、IT業界においても派遣会社に登録して働くこともできます。

派遣は不安定な働き方であるとも考えられますが、実務経験を積むための選択としては現実的です。

勉強しながら経験も積むことで、キャリアアップの転職を目指すことも十分可能であるといえます。



しかし、派遣で職場を転々としたくない人には、自社開発を行っている企業で働くのもいいでしょう。

ある程度のスキルが必要ですが、高いレベルの仕事を覚えられるチャンスでもあります。

自社内開発を行っている企業は非常に人気があり、転職活動においても難関であるといえるでしょう。

ただし企業も未経験者でも育てがいのある人材として採用している例も多くあるので、チャレンジしてみるのをおすすめします。

プログラマーから異業種への転職で注意すること

プログラマーは1つの作業にコツコツと向き合う忍耐力を求められる仕事ですので、ストレスがたまって辞めたいと考える人もいるでしょう。

しかし、もうIT業界では働きたくないという理由で、これまで経験のない業種に転職するのには注意が必要です。

まずプログラマーとしてのキャリアを捨てて、まったく別の企業への転職を考える場合には、年収が下がるのは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

未経験者でスキルのない人に高い給料は支払われないのが、当然であると考えるべきです。

常に人手不足である企業には人材が定着しない理由があると言え、そういった企業はブラックの可能性があるので、注意しましょう。

未経験者でも可能な業種では、スキルや専門性を必要としていないため、将来のキャリアアップの可能性も考えられません。

さらには一貫性のない転職を繰り返すことで、将来的にやりたい仕事が見つかったときに、履歴書に傷がつき悪い印象を残してしまうことになりかねません。

そのため、プログラマーからの異業種への転職はしっかりと考えたうえで行う必要があります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

プログラマーは未経験からの門戸も広く、年齢を問わず挑戦できる仕事であるといえます。

経験を積むことで大手の企業へのキャリアアップも可能で、将来に期待ができる職業ですよ!