PHPはWeb開発に欠かせないLinux、Apache、MySQL、PHPの1つでWebエンジニアやプログラマーの仕事では必要なスキルだといえます。
PHPの名が広まるにつれて就職や転職を希望する人も増えています。
ここではPHPエンジニアの平均年収や単価の相場、どのようにキャリアを積んでいくかを見ていきます。



PHPとは?Javaとの違いは何?

SE 長男SE 長男

PHPは、サーバーと連携するようなプログラミングを行う際に必要となる言語です。

主に動的なWebページ制作等に使われ、FacebookなどのSNSサイトから、動画配信サイト、人材マッチングサイト、予約受付サイト、ECサイトなどPHPでの開発は幅広く分野で使われています。

PHPで大規模な開発が行われるようになり、それぞれの案件ごとに適したものが登場しています。
代表的なものとして、SymfonyやCodeIgniterがあげられます。

PHPは、サーバーやデータベースと連携することが得意であるため、PHPを勉強することによってその周辺の知識も自然に修得ができるでしょう。
PHPを使うエンジニアの人口もJAVAに次いで多いので、Webアプリケーション開発分野においては今後も期待される言語です。

JavaとPHPでは性質が異なるもので、使用する目的によって使い分けます。
Javaは、オブジェクト指向など応用力を磨くことができます。

ITには興味があるけど何から手をつけていいのか分からないといったときには、Javaの学習を始めるといいでしょう。
習得までに時間がかかるので、じっくりと学びたい人におすすめです。

Web業界での就職や転職を希望するなら、PHPを勉強しましょう。
企業等のWebサイト制作や、SNSやECサイトなどを立ち上げるときにはPHPがよく使われています。
PHPは動作が軽く、さまざまな場所に利用できることからニーズが高いのが特徴です。

PHPエンジニアに求められるスキル

PHPエンジニアとして求められるスキルは、JavaScriptやHTML、CSS、WordpressjQuery、Photoshop、IlustratorなどのWebサービス制作に用いられるスキルがあげられます。
他にもRDBMSのテーブル・インデックス設計、データベースチューニングやネットワークなどに関する知識があるとさらにいいでしょう。

Slack、Github、Redmine、Backlogなどのツールは使用される頻度が高くなっているので、これらのスキルがあるとより仕事の幅が広がっていきます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

PHPエンジニアとして活動する場合には、特定の開発環境だけでしか通じないスキルを身につけるよりも、さまざまな環境で対応できるために希望する現場や案件に合わせてスキルを身につけておく必要があります。

むやみにすべてのスキルを学ぼうとするのではなく、それぞれの特性を把握して身につけていけば、どういった場面でも柔軟に対応できるPHPエンジニアとなることができます。

また仕事を進めるにあたっては、多くの人とやりとりを重ねていく必要もあるため、ある程度のコミュニケーションスキルも求められます。
急なトラブルの発生にも、慌ててしまわないだけの問題解決能力を備えておくことも大切です。

PHPエンジニアの平均年収や単価の相場

2015年に国税庁が発表した民間給与実態統計調査から算出されたデータによると、PHPエンジニアの平均年収は30代で450万円前後です。
他の業種と比べても同じくらいの水準だといえるでしょう。
経験や勤続年数、勤務先によって異なるものの極端に年収が低いといったことは見られません。

Webデザイナー系かシステム開発系かでも、年収には違いがあります。
実務経験がない場合だと、年収約300~400万円といった感じになるようです。



PHPだけではなく複数の言語に対応できる上級エンジニアになると、年収では約700~1,000万円を目指すことも可能です。
また金額単価で見ていくと、月に約140~180時間の工数で約40~100万円とわりと金額に開きがあります。
一人前のPHPエンジニアだと月60~80万円程度といったところになります。

契約期間の長さによっても、金額に増減があることを理解しておきましょう。
通常は3カ月ごとの更新となりますが、1~2カ月の短めの開発期間だと高めに設定されています。

逆に、半年間などの長期にわたるものは継続性がある分だけ単価は低くなります。
スキルや経験によっても異なりますが、クライアントが求めるスキルと合致すれば高い報酬が見込めます。

PHPエンジニアの求人ニーズの今後はどう?

PHPエンジニアの求人はJavaの求人と並んで多いといえます。
PHPを使ったWebの開発は積極的に行われており、PHPベースのCMS「WordPress」は利用が拡大しているため求人の増加につながっています。

WordPressを使ったポータルサイトからECサイト、ブログなど幅広いジャンルで小規模なものから大規模な開発までを、PHPエンジニアは仕事して取り組んでいきます。

またWordPressより軽く拡張性のあるCakePHPなども、アプリ開発のフレームワークとして需要が継続しているため、この分野でも求人が増加しています。
RubyやJavaScriptの人気が高まっているものの、高品質で汎用性の高いPHPはこれからも必要とされるプログラミング言語であるため、自ずとPHPエンジニアの求人も増加していく傾向にあるのです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

企業が社内エンジニアを増やそうという動きも見られるので、転職希望者には追い風が吹いている状況だといえるでしょう。

フリーランスへの業務委託も増えているので、裏を返せばそれだけ企業にとってもPHPエンジニアの採用に難航している様子がうかがえます。

希望する転職先が求めるスキルをきちんと把握して転職活動に臨めば、自分に合った仕事先を見つけやすい環境にあるのです。

PHPエンジニアのキャリアパス

PHPエンジニアのキャリアパスとしてまずあげられるのが、「LAMPの開発経験」です。
利用デバイスがスマートフォンに移ってきている流れにおいては、アプリケーションの需要が見込めるため、PHPエンジニアにとっては大きな武器となります。

単価をあげたいのであれば、フロントエンドやプラットフォームまで理解し、最新技術を常に身につけていく姿勢が求められるでしょう。
プロダクトやポートフォリオを提出できるようにきちんと準備をしておき、プロジェクトの募集の時にはすばやく行動していくことを心がければ、より優良な案件を獲得していけます。



PHPエンジニアとしてキャリアを積む流れは3つに分けられます。

  • 1つ目は「PHPスペシャリスト」として活躍することです。

PHPのスペシャリストとして、PHPのことなら何でも対応できる状態を作っておくことです。

  • 2つ目の「プロジェクトマネージャー」として、キャリアの形成を図るのもひとつの方法です。

開発から運用、評価までの一連の流れを担う役割であり、エンジニアをサポートする立場でもあります。

  • そして3つ目は、PHP以外の言語にも精通した「マルチエンジニア」を目指す方向もあります。

多種の言語を扱えるようになれば、流行り廃りに左右されることなく安定的に働くことが可能です。

ただ複数のプログラミング言語を学ぶ際には習得までに時間を要してしまうので、腰を据えて取り組んでいく必要があります。
すべての言語が中途半端といったリスクを、どう排除するかが成功の鍵となるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職を考える際には、自分が思い描くキャリアパスに合った行動を取ることが重要です。
PHPエンジニアに求められるスキルを知り、給与や待遇の面で納得のいく転職先を探してみてください。

求人は多くあるので、将来のキャリアパスと照らし合わせてマッチする就職先を選んでみましょう!