大阪はフレンドリーで活気あふれた大都市です。
大阪で転職を考えているけど、さまざまな不安がある人もいるかもしれません。

収入や生活費、人間関係など大阪での暮らし情報を知っておくことは必要です。
今回は、大阪での転職に役立つように年収や生活費、求人情報と転職のメリットとデメリットまで、詳しくご紹介いたします。



大阪で暮らす生活費はどれくらい?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

大阪は、東京に次ぐ日本で2番目の大都市なのは有名ですが、大都市なのに物価が安いことでも知られています。
しかし、実際にどれくらい物価が安いのかを明確に知っている人は少ないようです。
生活費の具体的な目安も合わせてご紹介します!

総務省統計局発表の消費者物価地域差指数(2015年分結果)では、大阪の物価は総合が9位で100.3でした。
この数字100が平均値で、食費や住居費を含む10項目を考慮した数値です。

大阪の物価指数が9位で100.3ということは、全国で9番目に物価が高いが、実は平均より少し高いだけということになります。
ちなみに1位が東京で、2位が神奈川です。
全国で2番目の大都市であることを勘案すれば、大阪の物価は高いとはいえません。

次に生活で必要な食料費・住居費・水道光熱費ですが、食糧費は23位で99.8でした。
人口が多くて、小売店などの競争の原理が働く大阪では、大都市といえども食費が安いといえます。

住居費は8位で97.5ですのでこれもかなり安いです。
水道光熱費は41位で97.3と、大阪の住みやすさがうかがえる数値でした。

大阪の総合物価数値を大きく上げている要因は、教育費で全国トップの数値です。



次は具体的な生活費を勘案してみましょう。
20代の2人暮らしのモデルケースでは、1カ月の生活費の平均が約19万7,000円となっています。
大阪の総合物価指数が100.3ですので、大阪で20代の2人暮らしでは20万円程度の生活費が平均といえます。

また、30代の2人暮らしのモデルケースでは、1カ月の生活費の平均が約22万7,000円ですので、大阪での生活費は24万円程度が平均といえます。
これら2人暮らしの生活費を参考にすれば、ひとり暮らしやファミリーの大阪での生活費も見当がつくでしょう。

大阪の平均年収はどれくらい?年代別ではどう?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

880万人以上が暮らす大阪は、2006年5月に人口では神奈川に抜かれて3位になりましたが、経済面やインフラなどを総合的には、日本2番目の大都市であることに変わりはありません。
その大阪で暮らす人々の年収を、平均値や年代別でお伝えしていきます!

厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査(2016年)」によりますと、大阪の平均年収は526万5,300円で都道府県順位は4位でした。
前年が528万円でしたので少しだけ下がったようですが、過去のデータをみますと大きなばらつきがなく、安定した収入状況であることがわかります。

男女別では男性の平均年収が588万6,700円で、女性の平均年収は413万1,200円です。
男女間の差は、男性の正規雇用が多いことなどが要因と考えられます。



年代別では55歳の男性の平均年収が742万円と最も高く、逆に最も低いのは20歳の女性で245万円でした。
男女間の年収の差が大きいですので、年代別に性別を加えて年収をみますと20歳では男性が278万円で女性が245万円です。

30歳では、男性が470万円で女性が383万円と男女ともに20歳と比べて急激に上がっていますが、男女間の年収差も大きくなっています。
40歳になりますと男性は599万円で女性が441万円です。
年齢とともに順調に年収が増えていることがわかります。

50歳では、男性が727万円で女性が470万円でした。
現役世代と言われる20歳から50代までは男女間の差がありますが、順調に年収が増えています。

60歳では男性が588万円で女性が409万円です。
男女ともに年収のピークは55歳で以降は下がってくることがわかります。

70歳では男性が406万円で女性が312万円です。
多くの方が年金で暮らしている世代です。

大阪の年収状況は、国内では常に上位で安定していて、20歳から55歳まで右肩上がりで年収は増えていき55歳をピークに右肩下がりになる典型的で平均的なパターンということがわかります。

大阪以外の年収についてはこちら日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングへ。

大阪の求人、選考の特徴は?

西日本の経済の中心であり、人口密度が高い大阪の求人マーケットは、非常に大きくて求人内容も多岐にわたっています。
近隣では、京都や神戸など全国的に有名な都市がありますが、大阪へ通勤する人が多い傾向です。
朝夕の鉄道や道路の状況でもわかるように、大阪へのインフラが混雑し渋滞しています。

関西の中心である大阪の求人は、豊富にあり安定していることが特徴です。
求人状況は経済と密接な関係があり、収入も同じく経済状況に左右されます。

大阪の平均年収は全国上位で常に安定していることから、都市としての経済基盤が強いことがわかります。
経済が強ければ求人も豊富で業種も多岐にわたりますので、求職者にとっては要望を叶えることができるチャンスが広がっているといえます。



次に面接となりますと、面接官は非常にストレートに質問をしてくることもあります。
例えば、賃金の要望や家族についてなどオブラートに包んでおきたいことでも平気で質問されますので、事前にある程度の覚悟をしておくとよいでしょう。

大阪のラテン系でストレートな気質は、採用の速さにもあらわれています。
面接して即決なんてことも大いにあるでしょう。
「明日から来てくれるか?」なんてこともあり得ますので、面接前に準備しておくことをおすすめします。

大阪で転職するメリット・デメリット

大阪で仕事をしている人も大阪以外で仕事をしていて大阪で職を探している人も、大阪での転職の際はメリットとデメリットは知っておいたほうが良いでしょう。

  • 大阪で働くメリット

大阪での転職のメリットは、まず求人数が圧倒的に多いことです。
大都市大阪は、関西圏の中でも経済力は群を抜いています。

京都や神戸など全国的にも知名度の高い都市はありますが、大阪の経済力と比べると色あせます。
経済力と求人数は比例していますので、大阪の求人数は関西圏の中でも群を抜いているのです。

求人数が多いということは、求人の種類も多いというメリットも大きなウェイトを占めます。
地方では、限られた職種しか求人がないことを目にしますし、報道されることもありあります。
大阪では、自分の好きな職種や転職先を自由に探すことができます。

また人口の多い大阪は、とてもフレンドリーな気質でも知られています。
年代や性別の垣根も他の地方と比べて非常に低く、誰とでも仲良くなることができます。

地方から転職で転入してもすぐに受け入れてくれる風土があります。
職場でもなじみやすいことで知られている大阪ですので、住むところや働く場所もすぐなじめて、人脈を作ることができる大きなメリットがあります。

求人数や職種が豊富ということは、収入を増やすチャンスでもあるというメリットがあります。
近隣都市の求人と比較すると賃金の差は一目瞭然です。

そして大都市なのに教育費以外の生活費が安いというメリットもあるのが大阪です。



  • 大阪で働くデメリット

大阪での転職は、メリットが多いのですがデメリットも当然あります。
大都市での仕事は、常に競争原理が働きます。
向上心がないと仕事がとてもつらくなることがあり、田舎でのんびり仕事をしていたような感覚では、ついていけなくこともあるでしょう。

「いらち」と言われる大阪気質は、せっかちな人が多く労働生産性を上げなくてはいけない場合もあります。
何事にも前向きな大阪気質ですので、目標達成やノルマに対して労働時間を増やさざるを得ない場合もあります。

大都市での転職は、大阪も含めてブラック企業にあたる可能性もあります。
特に大阪はブラック企業が多いかもしれませんが、ブラック企業とわかればすぐに退社することをおすすめします。

大阪は求人数や職種が豊富なので、次の仕事を見つけまししょう。
大阪の気質になじめないと仕事も生活もつらいかもしれません。
人情味豊かで、フレンドリーな大阪ですが、言葉や文化にどうしてもなじめないと毎日のことですので、大阪が嫌になるかもしれません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

メリットとデメリットは表裏一体の場合が多い傾向です。

大阪で転職を考えているのなら大阪の良さを楽しんで、向上心をもって求職すれば思ったよりも簡単に希望の職種に就ける可能性は高いでしょう。

大阪で転職して失敗しない!成功のためのコツ

転職にはリスクがつきものですが、できれば失敗はしたくないものです。
そこで大阪での転職を成功させるコツをまとめてみます。

まず、自分自身の整理をしましょう。
特に「なぜ転職したいのか?」という動機や理由が明確でなければ面接でも失敗しますし、仮に採用されても転職先でのモチベーションに影響します。
動機や理由は明確にして、職務経歴書などの最後に書いておくか書面でまとめておくと良いでしょう。

次に、自己分析をしてください。
求める職種が自分に合っているのか、また大阪で仕事や暮らしが成り立つのかは、自己分析ができていなかったら判断できないでしょう。



大阪で求職できると判断できたら、大阪で開催されている転職フェアなどのイベントに参加することをおすすめします。
転職フェアでは、膨大な情報を得ることとたくさんの人脈を築くことが可能です。

大阪以外から転職される場合は、いち早く文化へなじむように心がけておきましょう。
転職でも人脈作りでも、どんなことでも心がけ次第で結果は変わっていきます。

ネガティブなものではなく楽観しすぎでもない、現実的で少し楽観的で前向きなイメージは、転職を成功へと導いてくれます。
大阪での楽しい生活も含めて、ポジティブなイメージを作って挑戦していきましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

大阪で初めて就職、転職しようとしている人は、なかなか自分1人の求人情報だけでは、転職活動がうまくいかないこともあると思います。

企業選びに失敗しないためにも、転職エージェントなどの転職サポートを利用するのもおすすめです。
現在お仕事をしている人も、より効率的に転職活動が出来るはずです!