ネットワークエンジニアは、主にコンピューターネットワークのシステムの設計・構築・運用・保守を行う仕事です。

一口にネットワークエンジニアの仕事内容といっても、業務は多岐にわたります。

未経験からネットワークエンジニアへと転職を希望する人も多く、自分に合っているかどうか、どんなやりがいがあるのか、どんなスキルや資格を持っていると就職や転職に有利なのかを知っておく必要があります。

また、ネットワークエンジニアの平均年収についても紹介しているので、今の自分の年収と比較してキャリアアップが可能か、同じような職種であるサーバーエンジニアなどとの違いを知り、自分の経験やスキルが活かせるかなどを考えてみましょう。



ネットワークエンジニアの仕事内容

SE 長男SE 長男

ネットワークエンジニア(NE)の仕事内容は、大きくわけて主にネットワークシステムの設計、構築、運用、保守の4つとなっています。

未経験の場合は、下流業務である運用や保守などから担当して経験を積んでいき、ある程度ネットワークエンジニアとして経験を積んでから上流業務である設計や構築を担当していくことになります。

全ての工程を1人のネットワークエンジニアが担当するわけではありません。

(1)ネットワークシステムの設計

ネットワークシステムの設計とは、クライアントのニーズを聞き出した上で、クライアントが必要としているシステムの要件を集約し、設計をします。

どんな機器や回線を使用するか、必要な費用はどれくらいかなども決められます。

基本的なサーバー知識やセキュリティに関する知識、OS知識のほか、そのお客様がどんなシステムを望んでいるのか正確に聞き出すヒアリング力やコミュニケーション能力、提案スキルなどが必要になります。

未経験でいきなり設計を任されることはなく、ある程度経験を積まなければこなせない業務だと言えます。

(2)ネットワーク構築

設計時のスケジュールや設計書に基づいて、回線の設置やソフトウェアの設定など、実際に必要なネットワーク機器を設置、接続していきます。

構築するネットワークの規模によりますが、大規模なネットワーク構築の場合、他のネットワークエンジニアと協力する場合もありますし、構築期間が数ヶ月以上かかることもあります。

プログラマーのようにプログラミングを書くような仕事ではなく、ルーターやLANケーブルなどの設置作業や接続作業など、細かな手作業が多くなります。

構築が終わると、動作確認のために回線テストが行われます。

(3)ネットワーク運用

ネットワーク運用とは、構築したネットワークシステムを稼働させ、それを定期的にメンテナンスを行ったり、設定や構築を変更、増築したりすることで正常に維持していくことです。

何かトラブルが発生した場合には、原因を早急に解明し復旧するなど、コールセンターのような対応を行います。

未経験者が最初に担当する業務でもありますが、仕事内容としては決して簡単なものではなく、原因に対していち早く問題を解決するスキルやネットワーク全体を理解していることが求められます。

また、いつ故障するかわからないネットワークを、24時間365日保守・監視する必要があり、交代制で夜勤もあります。



システムエンジニアと、サーバーエンジニアとの違いは?

システムエンジニアの場合、個々のコンピューター上で動くシステムの設計や開発、テストなどを行うことであり、ネットワークエンジニアはネットワークに関わる設計や構築、運用を行うものです。

次にサーバーエンジニアは、サーバーに関する設計や構築、テストなどを行うエンジニアであり、ネットワークエンジニアとは別物です。

しかしサーバーエンジニアとネットワークエンジニアなどを総称して、「インフラエンジニア」と呼ばれることがあります。

インフラエンジニアについてはこちらインフラエンジニアとは?設計・構築・運用など仕事内容と将来性、インフラエンジニアになるために必要なスキル、資格は?求人と転職事情、平均年収は?文系未経験でもいい?サーバーエンジニアやネットワークエンジニアも含む?へ。

ただ、本来システムエンジニアのことを「SE」、ネットワークエンジニアは「NE」と略称されますが、実際にはネットワークエンジニアの中で設計や提案に従事している人を「SE」、構築や保守に従事している人を「CE」と呼ぶ企業もあり、システムエンジニアの略称とかぶりやすいため、求人などを見る際には注意しましょう。

ネットワークエンジニアの平均年収と、雇用形態・働き方

2011年に転職サービスDODA(デューダ)が調査した「平均年収職種別詳細データ」によると、ネットワークエンジニアの平均年収は20代で352万円、30代で472万円、40代で546万円、50代で590万円となっています。

20代と30代の差が100万円以上あり、こなした案件数や実務経験によって収入にも大きな差があることが分かります。

ただ、40代からは給与の伸びが低く、他の業種と比べても見劣りしてしまう部分もあります。

もちろん、雇用形態や会社の規模によって異なる部分はありますが、資格の取得などによって手当てが支給されることもあります。

マネージャークラスの管理職につくと年収が700万円を超える場合もあり、年収をアップさせたいと思うならば、管理職を目指していくのが着実な道となっています。



ネットワークエンジニアの雇用形態は正社員や契約社員、派遣社員などさまざまな働き方があります。

特徴としては中小企業の社員であっても、大手企業で働くことができるといった点にあります。

それは中小企業に採用された後に、大手企業に出向という形で働く機会があるからです。

採用された会社には月に一度出社して、後は出向先で仕事をするというネットワークエンジニアも少なくありません。

大手企業に採用されるためには学歴の他に、高度な専門知識や技術がなければ難しい部分があります。

しかし、その一方で中小企業で採用された後に、大手企業に出向される形で働ける機会があることも覚えておきましょう。

大手企業で働けることは多くのメリットがありますが、中でも大規模な案件に携われるといった部分は大きいでしょう。

実務経験が物を言う業界でもあるため、大手企業で経験を積めることはメリットがあります。

ネットワークエンジニアに求められるものと必要な資格

ネットワークエンジニアは、普段から多くの人と接触しながら、仕事を進めていく場面が多いのが特徴です。

システムの設計や提案の部分で決定権を持つクライアント、構築・保守業務では各部門の設計者やマネージャー、運用業務ではネットワークを利用する人とやりとりをしながら進めていきます。

したがって、コミュニケーションsy切るやチームワークスキルは大事なスキルとなります。

関わる人間の全てがネットワークについての知識を持っているわけではなく、そのため、専門用語をむやみに使ったりしないことや丁寧な説明能力も必要となります。



実際に採用の段階で、なければならない特別な資格はありません。

シスコ技術者認定や、ネットワークスペシャリスト試験などの資格を保有していることに越したことはないものの、資格があるからといって必ずしも有利に働くわけではないのです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

というのも、ネットワークエンジニアが必要とする技術は毎年のように進化していく性質上、そのすべてを網羅するのは難しいでしょう。

それよりも、エンジニアとして案件にかかわった数や、実務経験の部分が評価されるといえます。

業界未経験の場合は、学校で学んで資格を取得するよりも、まずは就職して働きながら学ぶといった姿勢を取るほうがいいでしょう。

実力や経験が重視されるネットワークエンジニアですが、特に独学で勉強したのみで実務経験がなく未経験での転職を考えている場合や、キャリアアップのための転職の場合など、自分のスキルや知識を証明するために資格を持っておくことに損はないと思います。

そこでおすすめなのが、次の資格です。

ITパスポート試験


情報処理推進機構(IPA)が認定する国家資格の1つで、ITに関する基本的な知識についての試験で、ネットワークエンジニアのみならずIT業界で働く全ての人におすすめしたい資格です。

詳しくはこちら情報処理推進機構(IPA) ITパスポートへ。

CCNA、CCNP


どちらも世界最大手のネットワーク関連機器メーカー「シスコシステムズ合同会社」が実施している民間資格「CISCO(シスコ)技術者認定」で、ネットワークの構築や運営などネットワークエンジニアには欠かせない資格となっており、CCNAの上位資格がCCNPです。

ホームページより練習問題に挑戦できますが、2020年2月24日より認定とトレーニングプログラムが変更されるようなので注意しましょう。

詳しくはこちらCISCO(シスコ)技術者認定へ。

ネットワーク スペシャリスト試験


こちらもITパスポートと同じ情報処理推進機構(IPA)が実施している国家資格で、基本情報技術者試験などの上位資格であり、主にネットワークの設計や構築など基本的な知識・技術よりもさらに上のネットワークエンジニアであることの証明になります。

合格率は平成30年度の場合15.4%とかなり低く難易度も高くなっていますが、ネットワーク分野で唯一の国家資格でもあり、この資格を取得しておけば今後キャリアアップや年収アップを見込んだ転職においてもかなり有利になると思われます。

詳しくはこちら情報処理推進機構(IPA) ネットワーク スペシャリスト試験へ。

ネットワークエンジニアの将来性、キャリアプランは?

新たにネットワークの設計や構築をする案件が減っているため、ネットワークエンジニアの主な仕事は保守・監視・運用業務が中心となっています。

しかし、ネットワークシステムは企業などにとって生命線となっているため、今後もネットワークエンジニアの仕事がなくなる可能性は低いといえます。

従来までの業務に加えて近年では、不正アクセスの防止、通信量増大によるネットワークトラフィック解消などの新たな業務も加わっています。

この業界で働き続けていくためには、常に新たな知識や技術の習得が欠かせないといえるでしょう。

専門知識を得ているだけではなく、ビジネスの現場で企画・提案していけるエンジニアの存在が求められています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ネットワークエンジニアとキャリアを上げていく道は、業務管理や相談業務を中心とする「ゼネラリスト系」になるか、専門スキルを磨き上げた「スペシャリスト系」になるかで分かれます。

ゼネラリスト系の職種は、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントがあげられます。
マネジメントを担当する管理職的な立場だといえるでしょう。

スペシャリスト系の職種は、エンジニアとして実務を重ねていき、特定の分野を得意としたネットワークエンジニアになることです。

関連する技術系の資格を取得し、1つのスキルを磨き上げることでキャリアアップを目指します。

マネジメントや経営に関わる部分にタッチしたくない場合には、独立してフリーランスになるといった道もあります。

ITコンサルタントについてはこちらITコンサルタントになるには?仕事内容や資格、年収、転職、キャリアパスは?へ。

さらには、外資系のネットワークエンジニアになることでも年収を上げる方法の1つとして挙げられます。

ネットワークへの転職で注意すること!未経験者でも大丈夫?

自分が設計したシステムが動き出した時などやりがいが大きく達成感も得られる仕事ですが、ネットワークエンジニアに転職する際に注意をしておきたいことは、「休日出勤や残業が多い」といった部分です。

ネットワークシステムの保守や運用といった業務があるため、すぐに対応ができるように24時間365日体制を取っている企業もめずらしくありません。

システム障害にはすぐに対応する必要が出てくるため、休日であっても完全にオフとならないこともあります。

障害が発生した場合には復旧するまでが仕事となるため、そのあたりのことは意識をしておく必要があるでしょう。

不規則な生活から、寝不足や運動不足になってしまうこともあります。

これらのことから、ネットワークエンジニアの仕事は転職先によっては、経験よりも体力のほうが重視される傾向もあるのです。

そのため、体力的な部分から20代のほうが転職には有利であるともいえます。

よく、理系か文系どちらが転職に有利であるかなどを気にしている人がいますが、ネットワークエンジニアの転職や就職時には、理系であるか文系であるかはあまり関係ありません。

理系か文系かということよりも、常に新しいものを取り入れたり最新の技術を学んでいく姿勢のほうが大切だとされています。



とはいっても、未経験の30代にも道が閉ざされているわけではありません。

ネットワークエンジニアに必要とされる技術は日々進化しているので、それについていくだけの意欲や熱意をきちんと示せれば採用される可能性はあります。

仕事をしながら必要なことを学んでいけば、たとえ未経験者であっても十分にキャリアを形成していくことはできます。

ただ、未経験の場合にはどの企業に応募をするべきか迷ってしまう部分もあるでしょうから、ひとりで悩んでしまうのではなく転職支援サイトや転職エージェントを活用してみましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

業務内容や給与・待遇などの面は事前に転職エージェントなどに相談をしておくと、実際に働き出したときのミスマッチを防ぐことができます。

新しいことを貪欲に学ぶ姿勢と粘り強く業務に取り組む気持ちがあれば、ネットワークエンジニアは長く働ける仕事だといえます。