ネットワークエンジニアはコンピューターネットワークのシステムの設計・構築・運用・保守を行う仕事です。
一口にネットワークエンジニアといっても、業務は多岐にわたります。

ここでは必要なスキルや資格、平均年収について見ていきます。
また、転職をするときに未経験でも採用されるのかについてもしっかりと見ていきましょう。



ネットワークエンジニアの仕事内容

SE 長男SE 長男

ネットワークエンジニアの仕事内容は、企業で働く人たちがコンピューターによるデータの送受信を快適に行えるように、ネットワークシステムを構築するのが主な仕事です。

クライアントのニーズを聞き出した上で、必要なネットワークシステムの設計から構築、運用までを行います。
何かトラブルが発生した場合にはその対応も行います。

また、システムを作る際にはコストが発生するため、目的に合わせて予算と効果のバランスが取れたシステムを作っていく必要があります。
ネットワークエンジニアの仕事は設計・構築・運用・保守の4つに分けられます。



「設計」はどのようなネットワークシステムを作っていくのか計画していく業務です。
設計内容にもとづいて実際にシステムを組み上げていくのが「構築」の業務となります。

そして構築が終わった後も、ネットワークの変更や増設などを行うのが「運用」の業務です。
ネットワークや機器に障害やトラブルが発生したときに対応するのが「保守」という業務になります。

ネットワークエンジニアに求められるものと必要な資格

ネットワークエンジニアは、普段から多くの人と接触しながら、仕事を進めていく場面が多いのが特徴です。
システムの設計や提案の部分で決定権を持つクライアント、構築・保守業務では各部門の設計者やマネージャー、運用業務ではネットワークを利用する人とやりとりをしながら進めていきます。

したがって、コミュニケーションは大事なスキルとなります。
かかわる人間のすべてがネットワークについての知識を持っているわけではありません。
そのため、専門用語をむやみに使ったりしないことや丁寧な説明能力も必要となります。



実際に採用の段階で、なければならない特別な資格はありません。
シスコ技術者認定や、ネットワークスペシャリスト試験などの資格を保有していることに越したことはないものの、資格があるからといって必ずしも有利に働くわけではないのです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

というのも、ネットワークエンジニアが必要とする技術は毎年のように進化していく性質上、そのすべてを網羅するのは難しいでしょう。

それよりも、エンジニアとして案件にかかわった数や、実務経験の部分が評価されるといえます。

業界未経験の場合は学校で学んで資格を取得するよりも、まずは就職して働きながら学ぶといった姿勢を取るほうがいいでしょう。

ネットワークエンジニアの平均年収と、雇用形態・働き方

2011年に転職サービスDODA(デューダ)が調査した「平均年収職種別詳細データ」によると、ネットワークエンジニアの平均年収は20代で352万円、30代で472万円、40代で546万円、50代で590万円となっています。
20代と30代の差が100万円以上あり、こなした案件数や実務経験によって収入にも大きな差があることが分かります。

ただ、40代からは給与の伸びが低く、他の業種と比べても見劣りしてしまう部分もあります。
もちろん、雇用形態や会社の規模によって異なる部分はありますが、資格の取得などによって手当てが支給されることもあります。

マネージャークラスの管理職につくと年収が700万円を超える場合もあるでしょう。
年収をアップさせたいと思うならば、管理職を目指していくのが着実な道となっています。



ネットワークエンジニアの雇用形態は正社員や契約社員、派遣社員などさまざまな働き方があります。
特徴としては中小企業の社員であっても、大手企業で働くことができるといった点にあります。
それは中小企業に採用された後に、大手企業に出向という形で働く機会があるからです。

採用された会社には月に一度出社して、後は出向先で仕事をするというネットワークエンジニアも少なくありません。
大手企業に採用されるためには学歴の他に、高度な専門知識や技術がなければ難しい部分があります。

しかし、その一方で中小企業で採用された後に、大手企業に出向される形で働ける機会があることも覚えておきましょう。
大手企業で働けることは多くのメリットがありますが、中でも大規模な案件に携われるといった部分は大きいでしょう。

実務経験が物を言う業界でもあるため、大手企業で経験を積めることはメリットがあります。

ネットワークエンジニアの将来性、キャリアプランは?

新たにネットワークの設計や構築をする案件が減っているため、ネットワークエンジニアの主な仕事は保守・監視・運用業務が中心となっています。

しかし、ネットワークシステムは企業などにとって生命線となっているため、今後もネットワークエンジニアの仕事がなくなる可能性は低いといえます。
従来までの業務に加えて近年では、不正アクセスの防止、通信量増大によるネットワークトラフィック解消などの新たな業務も加わっています。

この業界で働き続けていくためには、常に新たな知識や技術の習得が欠かせないといえるでしょう。
専門知識を得ているだけではなく、ビジネスの現場で企画・提案していけるエンジニアの存在が求められています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ネットワークエンジニアとキャリアを上げていく道は、業務管理や相談業務を中心とする「ゼネラリスト系」になるか、専門スキルを磨き上げた「スペシャリスト系」になるかで分かれます。

ゼネラリスト系の職種は、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントがあげられます。
マネジメントを担当する管理職的な立場だといえるでしょう。

スペシャリスト系の職種は、エンジニアとして実務を重ねていき、特定の分野を得意としたネットワークエンジニアになることです。
関連する技術系の資格を取得し、1つのスキルを磨き上げることでキャリアアップを目指します。

マネジメントや経営に関わる部分にタッチしたくない場合には、独立してフリーランスになるといった道もあります。

ITコンサルタントについてはこちらITコンサルタントになるには?仕事内容や資格、年収、転職、キャリアパスは?へ。

ネットワークへの転職で注意すること!未経験者でも大丈夫?

ネットワークエンジニアに転職する際に注意をしておきたいことは、「休日出勤や残業が多い」といった部分です。

ネットワークシステムの保守や運用といった業務があるため、すぐに対応ができるように24時間365日体制を取っている企業もめずらしくありません。
システム障害にはすぐに対応する必要が出てくるため、休日であっても完全にオフとならないこともあります。

障害が発生した場合には復旧するまでが仕事となるため、そのあたりのことは意識をしておく必要があるでしょう。
不規則な生活から、寝不足や運動不足になってしまうこともあります。

このようにネットワークエンジニアの仕事は転職先によっては、経験よりも体力のほうが重視される傾向もあるのです。
そのため、体力的な部分から20代のほうが転職には有利であるともいえます。



とはいっても、未経験の30代にも道が閉ざされているわけではありません。
ネットワークエンジニアに必要とされる技術は日々進化しているので、それについていくだけの意欲や熱意をきちんと示せれば採用される可能性はあります。

仕事をしながら必要なことを学んでいけば、たとえ未経験者であっても十分にキャリアを形成していくことはできます。

ただ、未経験の場合にはどの企業に応募をするべきか迷ってしまう部分もあるでしょうから、ひとりで悩んでしまうのではなく転職支援サイトや転職エージェントを活用してみましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

業務内容や給与・待遇などの面は事前に転職エージェントなどに相談をしておくと、実際に働き出したときのミスマッチを防ぐことができます。

新しいことを貪欲に学ぶ姿勢と粘り強く業務に取り組む気持ちがあれば、ネットワークエンジニアは長く働ける仕事だといえます。