転職を考えるのはいいけれど、その前に自分には実際どれくらいの価値があるのか知りたいと思いませんか?
それが分からないと目標が決められないし、妥協点も分かりません。

まず自分が、どれくらいの年収が見込めるのかを知りましょう。
自分の価値を知るだけではなく、企業からオファーが来る新しいタイプの転職サイトを紹介します。



ミーダスの利用は簡単!質問に回答するだけで自動でカスタマイズ!

MIIDAS(ミーダス)の利用方法は簡単です。
登録をする時に必要なことが質問形式で出てくるので、それに答えていくだけで完了します。
それだけなら、一般のサイトと変わらない印象を受けるかもしれません。

しかし、この質問の内容はすべて自分に合った年収を出すためにあります。
つまり、出てくる質問に回答していくだけで自分の適切な価値を出してもらえるのが、MIIDAS(ミーダス)です。

内容は、名前や性別、生年月日、居住地といった基本情報から入力します。
そして、学歴や今まで働いた会社の数、資格やスキルなどが質問形式で細かく出てくるので答えていきましょう。
最後にそれらの情報から算出された年収が出てきます。



約200万人のデータベースから自分の適正年収がわかる!

MIIDAS(ミーダス)で出される年収には、どれくらいの信憑性があるのでしょうか。
MIIDAS(ミーダス)は、およそ200万人のデータベースを元にしています。

そこから、入力された情報に合致したもので算出していくため、適切な年収を出すことができるのです。
つまり、決して過大評価で出されるものではないということが分かります。

自分の持っている資格や語学力、そして今までに経験した仕事で得たスキルなどから、総合的に出された適正年収は、自分の予想より高い年収が出たと感じている人が多いようです。

ニート 三女ニート 三女

適性年収を出すのは、現在離職中の人でも出来るみたい。
直近の職種とかを入力したり、経験社数や勤続年数を入力したりするだけだから、入力は結構簡単そう。

SE 長男SE 長男

自分が他の会社に転職したところで、どれくらいの年収になるのかもわからないし、実際今の年収が本当に妥当な金額なのかも、自分ではわからないよね。
転職の前に自分の適性年収がわかるのは、すごくおもしろそうなサイトだね。

ちなみに、日本人の平均年収はこちら日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキング

7万人の転職実績データで自分の市場価値も判明!

なかなか良い転職先を見つけられない人にとって、自分の市場価値がどれくらいあるのか気になる人は多いでしょう。
不採用が続いてしまったり、決まっても給与の低いところだったりすると、自信をなくしてしまうことがあるかもしれません。

自分の市場価値がどれくらいあるのか分かるのも、MIIDAS(ミーダス)の良いところです。
これは、約7万人の転職実績データで見ることができます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

これは、自分と同じ学歴や職歴の人が実際にどんな企業に転職して、どれくらいの年収を得ているかが分かるということです。

MIIDAS(ミーダス)で、自分の価値をチェックしてみましょう。

転職時期の見極め時期にも最適!面接確約オファー

MIIDAS(ミーダス)は、スキルや個人情報など質問に答えて登録しておくだけで、企業からオファーが届きます。
オファーメールは頻繁に来るわけではありません。
もちろん、利用者によってオファーの数や頻度に違いはあります。

頻度がちょっと少ないと感じても、それは本当に欲しいと思ってくれた企業からオファーが来るということです。
しかも、オファーが来た企業では面接まで確約されているのがすごいところ。

不要なメールが大量に来るという、煩わしさがないだけではありません。
採用担当者が、自分の情報をチェックして判断してくれていると言えるでしょう。

オファーに回答するまでの猶予もあるので、企業についてチェックしたり自分の環境を考慮したりする時間も十分取れます。
在職中の場合でも、転職時期の見極めができます。



「MIIDAS(ミーダス)」まとめ

MIIDAS(ミーダス)は、新しいタイプの転職サイトです。
気になった人は、まず登録前に自分の年収をチェックしてみましょう。
在職中や離職している場合でも可能です。

働いた会社の社員数など調べないと分からないことが出てくるかもしれませんが、早ければ1〜2分程度ですべて入力できます。
PCでもスマホでもどちらでも簡単です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

MIIDAS(ミーダス)は、転職サイトDODAを運営している会社のサイトで、情報量も充実しています。

転職を考えるなら、まず自分に適した年収や自分の市場価値を把握し、実際に自分を欲しいと感じてくれた企業からのオファーで本当に自分を生かせる場を得てみませんか?