伝統の街、文化の都として知られている京都は、世界中の観光客をとりこにするほど魅力的な土地です。
社会人になっても、京都で情緒を味わいながら暮らしてみたいと思う人はいるでしょう。

しかし、観光地としては秀逸な京都も、働く場所としてはどうなのか不安になってしまうところです。
ここでは京都に転職する際の諸事情についてまとめました。



京都の平均年収はどれくらい?

観光地で有名な京都ですが、最大の繁華街と呼ばれている河原町付近にはオフィスビルも多く見られ会社員でにぎわってもいます。
また販売店が多いのも特徴であり、働き口は決して少なくないといえるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」から計算した、2016年度の京都府民の平均年収は494万1,700円でした。
これは都道府県中6番目に高い数字となっています。

また、同調査からは平均年収の推移も少なく、安定した経済状況が見られるといっていいでしょう。
京都にビジネス街としてのイメージがない人間からすれば、意外なほどに京都府民の収入は高い傾向があります。

これはまず、京都全体がさまざまな職種に恵まれていることが原因です。
企業だけでなく、北部では漁業、南部では農業が盛んで、専業で従事している人口も少なくありません。
また、単価の高い伝統工芸も変わらぬ人気を維持しているため、働き手の受け口となっています。



大阪や神戸といった関西の都市部へと通勤可能な距離であることも理由のひとつでしょう。

JRや京阪電車などを利用すれば比較的短時間で移動できるため、京都に住居をかまえながら他県に勤めている人もたくさんいます。
特に大阪への通勤手段は、他にも近鉄電車や阪急電車など数多くの沿線が存在しており、京都府民にとって人気の就職先となっています。

交通の便の良さが、京都に留まって働くことを可能にしているのです。

京都の最低賃金はどれくらい?

最低賃金とは、労働者に保証されている賃金の最低額を、時間給に換算して表した数字です。

最低賃金が低い土地に暮らすと年収が上がりにくく、生活に苦労することも珍しくありません。
最低賃金はその地域の経済レベルを理解し、住みやすさを見極めるうえで非常に大切な要素です。

また、最低賃金は労働者の住所ではなく企業の所在地によって適応されているのも注意したいポイントです。
京都労働局の発表によると、京都府下の2016年10月2日時点での最低賃金は831円でした。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

厚生労働省ホームページの、2017年度最低賃金早見表で全国の最低賃金と比較したところ、京都府は最低賃金が全国で7番目に高いことが分かりました。

ちなみに関西圏だけでいうと、大阪に次いで2番目に高い数字となっています。

京都は労働者にとって、全国的に見ても整備された条件下で就労できる土地だといえるでしょう。

2016年12月24日に発効された労働局の調査結果から業種ごとの最低賃金を見比べていくと、輸送用機械器具製造業が889円、金属製品製造業が885円と高い数字を示しています。

製造業は仕事内容がハードな分野だけに、賃金が保証されているのは労働者にとってうれしいメリットです。
それ以前の最低賃金から高くなっているのも見逃せない要素でしょう。

京都府全体で、労働者の待遇に対する高いリテラシーが発揮されていると期待できます。

京都の求人にはどんなものが多い?狙い目は?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

京都には大小さまざまな職種の求人がなされており、転職活動者にとっても多彩な選択肢を持てそうです。
中でも京都が力を入れているのは観光業です。

京都は世界中から観光客が集まってくる世界有数の観光都市です。
特に京都府市内には観光客向けの事業も数多く存在し、転職者も受け入れています。

観光業界はUターン転職者にもIターン転職者にもおすすめの分野です。
Uターン転職者は、地元への知識や思い入れを観光客誘致にぶつけられるでしょう。
Iターン転職者は、客観的に見える京都の魅力を伝えることが可能です。



観光業界の中でも近年、力を注いでいくだろうと予想されるのが英語関係とWEBです。
もともと京都は英語圏の観光客にも人気でしたが、東京オリンピック開催が近づき、京都にも立ち寄る外国人観光客は激増すると考えられます。
外国人向けのガイダンスや広告の整備が急務となっています。

また、現代の観光業界はWEBによるPRと切り離せません。
伝統的な寺社が多い京都はそのぶん、最先端の技術から遅れがちになっているスポットも目立ちます。
SNS世代にも届くようなPRへと切り替えていくために、WEB知識が豊富な人材は重宝されるでしょう。

こちら異業種・異職種への転職は厳しい?未経験の転職、成功の秘訣とポイントでお話していますが、WEB業界は未経験でも転職が歓迎される業界なので、挑戦してみる価値はありそうです。

また、京都は伝統と流行を融合させた実験的な都市としても知られています。
観光や都市について研究を行ってきた学者タイプの人も、理論を実践できる場所としてやりがいを見出せるでしょう。

京都ならでは?ものづくり求人にも力を入れている街

京都で働くのであれば、京都独特の文化に深く関わりたいと考える人も多いでしょう。
それならば、伝統工芸や伝統工業に従事するのもおすすめです。

たとえば、西陣織、丹後ちりめんといった製織の技術は高い評価を得ており、高級品として全国から愛されています。
京人形の繊細な造形や清水焼の美しさなども、後世に語り継がれるべきものでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

しかし、こうした伝統工芸には後継者不足という問題も抱えています。
少子化や地域の過疎化などが原因で若者が都会に出ていってしまうため、歴史あるメーカーでも存続の危機に立たされているケースがあります。

やる気のある人であれば、未経験者でも歓迎される余地は十分にあると思います。



また、伝統工芸も昔とは違い、機械化して大量生産する工場が現れるようになりました。
そのため、手作業の職人だけでなく機械を操作したりメンテナンスしたりできるエキスパートも求められるようになっています。

ものづくりの現場で必要なのは作り手だけではありません。
営業職や販売員、広告担当者なども必要な人材です。

ものづくりに関わりたくても、特殊技能がないならば、裏方として職人を支える仕事に就いてみるのもいいでしょう。
伝統工芸の現場では、昔ながらの技術を現代に残していくため、若い力や新しい発想が求められています。
職場によっては、転職者が受け入れられやすい空気も広がっているでしょう。

京都府のUIJターン就職情報サイトなどのサポートも充実

京都府では、観光とものづくりという2つの柱を掲げています。
これらの分野に従事することによって、地域に貢献し歴史の一部になったような充実感を味わうことができるでしょう。

ただの京都ファンから京都で働くようになるためには、積極的に求人情報を探してみることをおすすめします。
京都は看板産業の人手を確保するために、UIJターン就職情報サイトも充実しています。

実際、田舎も住み心地のいい京都府では市内から生まれ故郷へと戻ってくる「Jターン」も数多く、地元の就職先ガイドは強い需要があるのです。

京都府のUIJターン就職情報サイトで特徴的なのは、休日や給料などの労働条件だけではなく、仕事のやりがいに根差した情報が多いことです。

京都で働きたいと考える人の多くは、収入以上に地域性を感じられる仕事内容を求めているケースがあります。
そのため、伝統工業や観光地など、京都ならではの仕事を中心に求人をリサーチできるサイトは、転職希望者のニーズに応えているといえるでしょう。

また、農業などに関わってのんびりと暮らしたい人のための、土地ガイドや生活支援情報も満載です。
京都で働くと、お金や出世とは別の人間らしい価値観を取り戻せる可能性が高まります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

より京都の魅力を味わえる転職を成功させるためにも、UIJ就職情報サイトなどを有効利用し、京都らしさがあふれる職場を見つけられるといいですね!