既卒者という言葉を聞いたことはあるけど、意味が分からないという人もいるでしょう。
第二新卒と同じであると勘違いしている人もいますが、両者には明確な違いがあります。

既卒者が就活を成功させるには、新卒や第二新卒とは異なる視点を持つことが大切です。
そこで今回は既卒者の意味を説明して、就活を成功させるポイントも解説します。



既卒者とは何?新卒や第二新卒との違いは?

求職者にはさまざまな立場の人がいます。
立場ごとに特別な呼び方をするケースが増えています。
既卒者もその中の一つです。

文字どおり、大学や専門学校などを既に卒業している求職者を指します。
そう言われると、ほとんどの求職者が該当すると思うのではないでしょうか。

しかし、既卒者であることにはもう一つ条件があります。
それは卒業してから一度も正社員として働いた経験がないことです。
正式な定義があるわけではないですが、卒業してから3年までの人が該当するという認識が一般的です。

それに対して新卒は、その年に大学や専門学校などを卒業する求職者のことを指します。

派遣 次男派遣 次男

つまり、僕も卒業して3年以内でまだ一度も正社員として働いたことがないまま派遣をしているから、”既卒者”ってことになります。
卒業するまでに就職活動がうまくいかなかったり、希望の企業から内定をもらえなかったりして、そのまま既卒者として就活を続ける人も多いと思います。

新卒として就活をしていても、ずっと就職が決まらない場合もあります。
卒業までに決まらずに引き続き就活を続ける場合は、既卒者と呼ばれることになるのです。
ただし卒業してから3年以内は、新卒と同じ扱いをする企業も見られます。

このように新卒は、既卒者との違いが分かりやすく、混同されることは少ないです。
一方で、第二新卒は既卒者とよく混同されますが、それは両者の定義が似ているからです。

新卒についてはこちら新卒でも仕事辞めたいと思ったらどうする?入社一年は短い?新卒で転職するメリット&デメリットも読んでみてください。



  • 第二新卒も既卒者と同様に、大学や専門学校などを卒業している求職者を指します。

既卒者との違いは、正社員として就職した経験があるということです。

しかし第二新卒も、正式な定義があるわけではありません。
一般的には既卒者と同様に、卒業してから3年までの人が当てはまると認識されています。

第二新卒についてはこちら第二新卒とは?求人や採用について!転職や就職サイトのオススメは?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

このように、若手の求職者は新卒・既卒者・第二新卒のどれかに該当すると考えられます。
どれに該当しているかによって、就活のポイントが異なるので注意しましょう。

自分がどれに該当するのかを理解しておくことが重要です♪

既卒は新卒に比べると不利?!その理由とは。

派遣 次男派遣 次男

卒業してから正社員に一度も就いていない既卒者は、やっぱり企業からのイメージは良くないのかなぁ。
今すでに正社員の人の転職に比べると、不利になるのか心配だな…

自分が既卒者の場合は、新卒と比べて不利なのか知りたいと思うのではないでしょうか。
一般的に既卒者は新卒より不利であるといわれることが多いです。
そのため既卒者になることを避けようとする人もいます。

新卒の間に就職できそうにない場合、卒業を先延ばしにするために、わざと留年しようとするのです。
卒業しなければ、翌年も新卒として就活を行えるからです。

当然ですが、留年することにもデメリットはあります。
もう1年分の学費が必要になりますし、留年したことは採用担当者に悪い印象を与えかねません。
それらのデメリットより既卒者になるデメリットのほうが大きいと判断して、留年を選ぶ人もいるということです。

もちろん、その判断は正しいとは限りません。
しかし、既卒者より新卒を優先して採用する企業があることも事実です。

  • なぜ既卒者が不利になることがあるのでしょうか。

それには、いくつかの理由が考えられます。

たとえば、能力面に問題があると見なされるケースがあります。
新卒のときに採用されなかったのは、能力が不足していたと解釈されることがあるのです。

また、就労意欲が足りないと見なされるケースもあります。
就職できなった理由を、就活に対する積極的が欠けていたと判断されるとそうなります。



この他にも、単純に新卒より年齢が上という理由で敬遠されることもあります。
既卒者は社会人経験がないので、能力的には新卒と変わらないと判断されることが多いです。

つまり能力が同じであるなら、少しでも若い新卒のほうを採用したいということです。
必ずしも、採用担当者に上記のような目で見られているとは限りません。
しかし、そのような可能性があることを認識しておくことが大切です。

既卒でも就活を成功させる秘訣とは?履歴書、面接対策

既卒者が就活を成功させるには、企業が感じている不安を払拭しなければなりません。

履歴書や面接を通じて、既卒になった理由を詳しく伝える必要があります。
やむをえない事情があったと理解してもらえれば、不利になるのを避けやすくなるからです。



たとえば、公務員試験のために勉強していたけど落ちてしまったケースがあります。
留学や研究を卒業間近まで行っていたケースもあるでしょう。

金銭的に貧しくて、アルバイトを優先する必要があったケースなども考えられます。
このような特別な理由がある場合は、しっかり伝えたほうが良いです。

しかし既卒者には、そのような特別な理由はなく、単純に就職できなかった人も多いでしょう。
そのような場合でも、企業が感じる不安を払拭する方法があります。

  • 履歴書や面接を通じて、志望動機を具体的に説明してください。

自分の能力の活かし方や今後のキャリアプランなどを交えて述べることがポイントです。
そうすれば、能力面や就労意欲に問題があるわけではないと分かってもらえるでしょう。

また就職のために努力している内容をアピールすることも大切です。
働き始めると、仕事で失敗してしまうことは誰にでもあります。
その失敗を克服して、次に活かそうとする姿勢が社員には求められます。



そのため既卒者が不利であることを自覚し、それを克服するために努力している姿勢を示すことが大切です。
それにより、入社後も失敗を克服できる社員になると感じてもらいやすいからです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

一般的に採用担当者は、当然ながら若手には自社で長く働いてもらいと思っています。
成長して将来的には企業を担うようなポジションに就いてもらいたいと考えているのです。

若手である既卒者は、働き続ける熱意と成長するポテンシャルを感じさせることが重要です。

履歴書についてはこちら履歴書は手書き?パソコン?記入のポイント&志望動機のアピールは?へ。

既卒の就活に強い転職エージェントを利用しよう!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントを利用するのも、既卒者が就活を成功させるポイントの一つです。
転職エージェントの中には、既卒者の支援を得意にしているところもあります。

既卒として就活を開始すると同時に、そのような転職エージェントを利用するのがおすすめです!

それには多くの理由があります。
たとえば、既卒者の心理面をケアしてもらえることも大きな理由です。

新卒のときに就職できなくて落ち込んでいる既卒者は多いです。
他人より劣っていると感じて、自分を過小評価してしまう傾向があります。
転職エージェントはカウンセリングなどによって、既卒者が自信を取り戻すための支援を行ってくれます。

派遣 次男派遣 次男

確かに、自分はダメな人間だから既卒者として就活することになってるんだ…って思えて、自信もなくなるね。
いつになったら正社員として働けるのか、僕みたいに将来が不安になっている人って多いと思うんだ。
1人で就活していると、誰に何を相談していいのかもわからないんじゃないかな。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

就活では、企業に自分の良さをアピールしていかなければならないのに、それでは悪循環よね。
気持ちが後ろ向きになってしまうと、上手くいくものも上手くいかなくなってしまうわ。

また、企業選びを失敗したくない!って気持ちが強すぎてしまって、なかなか自分1人の判断だけでは決めかねている人も多いと思うわ。

また、既卒者の採用実績が多い企業を紹介してもらえることも大きなメリットです。
求人に既卒者を歓迎する旨を記載している企業でも、実際には採用実績がほとんどないケースもあります。

逆に、求人に既卒者に関する記載をしていない企業であっても、採用実績が豊富であるケースも珍しくありません。

そのような情報を自分だけで正確に把握するのは困難です。
転職エージェントを利用すると、効率的に情報を収集できるでしょう。

転職エージェントは、イベントやセミナーを開催していることも多いです。
その中には既卒者向けのものもあります。
新卒のときとは異なり、既卒者になると同じ境遇の人が周囲に少なくなります。

孤独を感じている場合は、それらに参加してみると良いです。
他の既卒者の真剣な様子を見て、自分も頑張ろうという気になるでしょう。

また、それらには企業の採用担当者が来ているケースも多く、既卒者に対する採用の方針などを直接聞ける場合もあります。
既卒者はぜひ今回紹介した内容を参考にして、前向きに就活に取り組んでみてはいかがでしょうか。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?転職活動に利用するメリット&デメリットへどうぞ。