介護士 次女介護士 次女

既卒に新卒、第二新卒って、似たような言葉が多すぎて意味がわからないわ。
どうも紛らわしいわよね。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職活動や就職活動をしていると、こうした言葉はよく目にするけれど、実際どういう人のことを指すのか区別がつかない人は多いと思うわ。

そこで、このページでは「既卒」の意味や定義について、そして転職市場における既卒の就職は不利なのか、成功のコツやポイントについて解説していくわ。



既卒者とは何?新卒や第二新卒との違いは?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

「既卒」や「既卒者」とはどんな人のことかと言うと、この言葉に法律で決められたような明確な定義はないものの、一般的には”高校、専門学校、短大、大学などをすでに卒業している求職者”のことです。

派遣 次男派遣 次男

あれ?そうなると、ほとんどの人が既卒者に当てはまるってこと?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

いいえ。既卒者に当てはまるかどうかは、もう1つ条件があるの。

”学校を卒業してから一度も正社員として勤務したことがない”ということよ。



大学などを卒業して、さらにその後特に正社員として働いたことがなければ「既卒」ということになりますが、何歳までを既卒と呼ぶのかというと、だいたい学校卒業後1から3年程度の人とされています。

つまり、卒業して正社員として勤務したことがなくても、無期限に既卒という扱いにはならないので注意しましょう。

似たような言葉で、「新卒」や「第二新卒」というものがありますね。

「新卒」と言うのは、新規卒業者の略語で、その年に高校や大学など学校を卒業する人、卒業予定の人を指し、基本的には卒業後すぐに就職する人のことを呼びます。

新卒についてはこちら新卒でも仕事辞めたいと思ったらどうする?入社一年は短い?新卒で転職するメリット&デメリットも読んでみてください。



次に「第二新卒」とは、高校や大学を卒業して1年から3年未満で離職して、転職または就職しようとしている求職者のことです。

派遣 次男派遣 次男

既卒者も同じように、学校を卒業してから1年から3年くらいの人を呼ぶんだよね?

第二新卒とは何が違うの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

既卒と第二新卒は、とっても似ていてよく間違えやすいから注意してもらいたいわ。

確かに既卒と第二新卒は、卒業して1年から3年程度って点は同じなんだけど、既卒と第二新卒との大きな違いは、”正社員として勤務した経験があるか”という点よ。

既卒は、一度も正社員として勤務した経験がないものに対し、第二新卒は、”一度は正社員として就職した経験(社会人経験)がある人”のことを指します。

つまり既卒と第二新卒との違いは、社会人経験があるかないかで区別されます。



例えば、一般的にパートやアルバイトで働く若い世代のことを「フリーター」と呼びますが、フリーターというのも卒業後に就職しないで働いている人のことを指すので、「既卒」も「フリーター」もどちらも同じものであると考えていいでしょう。

ちなみに学校を卒業してから無職、ニートの人も、同じく正規社員としての社会人経験がないため「既卒者」として扱われます。

第二新卒についてはこちら第二新卒とは?求人や採用について!転職や就職サイトのオススメは?

派遣 次男派遣 次男

なるほど。
じゃあ僕も卒業して3年以内でまだ一度も正社員として働いたことがないまま派遣をしているから、”既卒者”ってことになるね。

僕の場合、学校を卒業するまでに就職先が決まらなくて、そのまま卒業しちゃったんだよね。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そういう理由で「既卒者」となってしまう人は少なくないわ。

みんながどんな理由で既卒者になっているのか、見てみましょう。

既卒者となる原因、理由に多いのは?

「既卒者」には、何らかの理由で仕方なくなってしまう人もいれば、自分自身の意思によって既卒者になる人もいます。

既卒になる理由としてよくあるものは、次のような例があります。

既卒になる理由に多いもの

●卒業するまでに就職先が決められなかった
●やりたいことが見つからないで就職に積極的になれなかった
●一生懸命就職活動はしたものの、内定0でどこからも採用してもらえなかった
●単位が足りなくてあまり就活に専念できなかった
●急に進路を変更したので就活の準備が出来ていないまま卒業した
●公務員試験に落ちてしまって、就職出来なかった
●内定をもらったものの、辞退してしまった
●海外留学などで卒業する時期がみんなとは異なり、就活できていなかった

など、さまざまなものがあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

例えば、うちの弟のように学校卒業時にやりたい仕事が見つからなくて、就職先を決めかねている場合、とりあえずどこでもいいから新卒のうちに就職してしまった方がいいのか、それともどこにも就職しないで既卒になったほうがいいのかと悩むことも珍しくありません。


また、企業から内定がもらえたものの、どうやらブラック企業という話を耳にして、内定を辞退するべきか、既卒になるくらいならブラックかもしれない企業でも内定を受けたほうがいいのか?など、なるべく既卒にならないように避ける傾向が見られます。

既卒者は、採用市場ではどのような立場として見られるのでしょうか?

既卒の就職活動における立場は?「新卒扱い」になるのは本当か?

介護士 次女介護士 次女

これまではなるべく新卒のまま就職したりして、既卒にならないようにする人も多かったわよね。

採用市場では、既卒はどんな立場として扱われることになるのかな?

実は、平成22年9月に厚生労働省の青少年雇用機会確保指針が改正されたことにより、”卒業後少なくとも3年以内は新卒者として扱うこと”という通達がされました。

つまり簡単に言うと、これまで卒業までに新卒として就職出来なかった既卒者も、「新卒枠」として求人に応募できるようになったということです。

これにはどのようなメリットがあるのかというと、これまで既卒者が就職(転職)しようとした場合、「中途採用枠」に応募するしかなく、社会人経験のある第二新卒をはじめとする一般の転職者と同じ土俵で内定を勝ち取るしかなく、社会人としての経験を持ったライバルたちと比べると不利な状況となっていました。

それが、学校を卒業したばかりの新卒者たちと同じ新卒枠で選考が受けられるようになったということは、社会人としての経験やスキルを問われることがなく、これまでと比べると社会人としての職歴がなくても不利な状況ではなくなったということです。

派遣 次男派遣 次男

3年以内なら新卒枠に応募出来るのはすごいね。

でも厚生労働省による改正がされて、本当に企業は既卒を新卒枠で応募を受け付けているの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

もちろんよ!

厚生労働省による、「新卒採用枠での既卒者の応募受け入れ状況」という調査結果から、読み取ることが出来るわ。


(マイナビ転職既卒とはより)

2019年現在から見るとちょっと古いデータにはなってしまいますが、数年前からもうすでに新卒枠に既卒が応募出来る流れが出来ているということがわかります。

この時点から考えても、全体の約7割程度の企業が、既卒者を新卒枠として応募を可能にしています。

介護士 次女介護士 次女

でもどうして企業は、新卒枠に既卒者を受け入れ可能にしてまで既卒を採用する流れが出来ているの?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

その理由としては、”企業同士の新卒採用の競争が激しく、新卒を確保できなかった”ことや、”企業の年齢構成的に、若手の人材を確保したい”という事情によるものね。

企業の大小問わず、どこも採用予定人数分の人材を確保できていないという現状が続いていて、特に新卒が大手企業などへ応募が偏ることで、中小企業などは若手の採用が思うように出来ていないことが考えられるわ。

しかし企業としては、若手の人材には将来的に会社を支えていってくれるような次世代を育てなければならず、会社の年齢構成上、どうしても若手を採用しておきたいというニーズは今後もなくなることがありません。

ただし、既卒者を新卒枠で選考を受け入れているとはいえ、その企業によって、卒業後何年目までを新卒枠で受け入れるかは異なります。

厚生労働省が、卒業3年目までを既卒も新卒として採用する通達をしたとは言え、それには法律的効力はないため、だいたい半数くらいの企業は「3年目までを新卒枠」で受け入れるとしていますが、企業によっては「卒業1年目まで」としていたり、「卒業して2年目まで」としていたりと、企業ごとで基準の違いがあります。

つまり、何年目まで新卒枠に応募出来るかは企業によって多少なりともばらつきがあるため、もし希望する企業があるならしっかり確認することが必要になりそうです。

ただこの調査では半数くらいの企業が、既卒者を新卒枠で採用する場合、卒業後の経過年数や年齢制限に上限がないとしています。

企業のニーズにマッチしていたり、欲しいと思われる人材であれば、就職した経験がなければ何年経っても既卒として扱ってもらえるということです。

もちろん、卒業してから間もない方が選べる企業も多く有利になることは間違いなく、既卒期間が長いほど企業に与えるイメージも良くないのは確かなので、新卒枠で応募するのであればなるべく早く就活を開始した方が良いでしょう。

結局、既卒は新卒に比べると不利なの?就職は難しい?

派遣 次男派遣 次男

卒業してから正社員に一度も就いていない既卒者は、やっぱり企業からのイメージは良くないのかなぁ。

今すでに正社員の人の転職に比べると、不利になるのか心配だな…

ネットなどでは、”既卒になったら人生終了”なんてことも言われたりするくらいですが、実際のところ、既卒になってしまうと就職や転職は厳しいのでしょうか?

というのも、卒業して3年目までは「新卒枠」で応募できるとは言え、新卒というのはそもそも企業にとってニーズが高い人材であり、逆に「中途採用枠」に応募するとなると、社会人経験を積んでいる転職希望者がライバルとなってしまいます。

つまり、既卒は新卒枠に応募する場合も、中途採用枠に応募する場合にも、ライバルが強敵で採用のハードルが高いということです。

結論から言うと、以前よりはだいぶ既卒者を正社員として採用する企業は増えてはいるものの、新卒者と比較するとやはり就職環境は厳しく、就職難易度も高いと言えると思います。

どれくらい難易度が高いのかというと、実際の内定率が新卒の場合は8割以上あるのに対して、既卒の場合は4割り程度となっており、新卒の内定率と比較するとかなり厳しいことがわかります。



新卒よりも既卒が不利となってしまう理由としては、やはり企業の採用担当者は「卒業時になぜ就職しなかったのか?」という点を疑問に思い、「仕事への意識が低いのではないか?」、「真剣に働く気持ちがないのでは?」、「本人の努力が足りなかったからではないか?」と、マイナスイメージに捉えられてしまうことです。

新卒時に就職しなかったこうしたマイナスイメージのある人を採用するのであれば、同じ社会人経験がないなら年齢が少しでも若い新卒を採用しようと思われるのは当然のことでしょう。

もちろん面接でも、ほぼ100%の確率で「なぜ新卒時に就職しなかったのですか?」という質問がされると思います。

この場合、あなたの答え方によっては当然ながら上記のようなネガティブイメージを持たれてしまい、選考において不利になることは間違いありません。

また、新卒時に就職できそうにない場合、新卒として就活がしたいがために、わざと卒業を先延ばしにして留年(就職留年)しようとする人もいますが、留年しても新卒として就活出来るのは有利ですが、留年することで学費が余計にかかったり、留年が逆に採用担当者に悪いイメージを与えることになるため、オススメできません。

学費というと、1年留年するだけでだいたい100万円前後がかかってくるので、一概に留年して既卒になるのを逃れることがお得だとは言い難いです。

既卒でも就活を成功させる秘訣とは?履歴書、面接対策

派遣 次男派遣 次男

昔と比べると既卒でも十分希望は持てるんだろうけど、やっぱり新卒よりも不利なことは不利なんだね。

なんだか正社員としての就職は厳しそうだなぁ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

でも諦めることはないわ。

既卒者が内定を勝ち取るためのコツやポイントを紹介するので、しっかりチェックしてくださいね!

ここまで既卒者は新卒者などに比べて、採用が不利になりやすいとお話してきましたが、既卒者が就活を成功させるのに1番重要なことは、企業側の採用担当者が感じているネガティブなイメージを取り除くことです。

「なぜ新卒時に就職しなかったのか?」、「なぜ既卒なのか?」というような質問に対して、その面接官が納得できるような理由を答えられなければなりません。

既卒で就職活動や転職活動をする場合、『新卒枠に応募する方法』と、『中途採用枠に応募する方法』があります。

新卒枠に応募する場合

新卒枠に応募する場合、新卒時の自分の就活を振り返り、反省点を踏まえた上で、どのように改善し、どんなふうに頑張っているのかを、前向きに説明できるようにしましょう。

「金銭的に厳しく、バイトを優先せざるを得なかった」とか、「公務員試験に落ちてしまい…」など、正直に話すことが大切です。

「こうだったからダメでした」という理由より、「こういう失敗をどう乗り越えた」というような姿勢の方を評価する傾向にあるため、ただの失敗談で終わるのではなく、それによって今どんな努力をしているのか、今後どんなふうな将来を描いているのかまで話せると、なお良いです。

さらに、例えばなにか資格を取得して、新卒との差をつけて新卒にはない強みをアピールすれば、有利に選考を進めることが出来ると思います。

中途採用枠に応募する場合

中途採用枠に既卒が応募できる求人の見分け方としては、「経歴不問」、「職歴不問」、「未経験歓迎」などと記載されていることが多いです。

中途採用枠に応募する場合には、一般的な転職者と比べると社会人経験がないわけですから、経験やスキルをアピールするのではなく、既卒者だからこそ持っているポテンシャルや、自分の人柄、「どうしてもそこで働きたい!」という仕事への意欲をアピールしていきましょう。

同時に履歴書などでも、これまでアルバイトなどで社会人としての基礎を身に付けているということもアピールできると、さらにいいと思います。

「この人を採用して育てたい」、「一緒に働いてみたい」と思ってもらえるよう、いかに自分の熱意が伝えられるかが分かれ道となるでしょう。

どちらにせよ、新卒のときとは違ったアピール方法、戦略が成功の鍵となります。

派遣 次男派遣 次男

既卒だと、それだけで自分はダメな人間だから採用される見込みはないかも…って思えて、自信もなくなるね。

いつになったら正社員として働けるのか、僕みたいに将来が不安になっている人って多いと思うんだ。

1人で就活していると、誰に何を相談していいのかもわからないんじゃないかな。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

やっぱり既卒の就活は新卒よりも難しくはなるけれど、就職できないわけではないんです。

ただ不利であることに変わりはないので、既卒が利用できるようなサービスはフル活用していくべきね。

既卒の就活方法には、例えば一般的な求人サイトや企業のホームページを見て応募したり、ハローワークから探したりする方法などがありますが、1番オススメしたいのは『転職エージェント』の利用です。

それはなぜかと言うと、そもそも既卒は新卒枠で応募するとしてもライバルは新卒者となり、中途採用枠に応募するとなるとライバルは社会人経験を持った転職希望者となるので、どちらの枠に応募するとしても就活を有利に進めていくのは簡単なことではありません

そのうえ、一般的な求人を見ても、一見その企業の求人が既卒も応募してもいい求人なのか、そうではないのか、さらには既卒者を歓迎している企業なのかどうかって、普通の人では判断がつきにくいと思います。

社会人経験を重視した求人なのに、社会人経験のない既卒が応募してしまったり、新卒にニーズのある求人に既卒が応募してしまったりする可能性もあるわけです。

そのほか、ここまでお話した通り、既卒の期間が長くなればなるほど、「正社員として働いていない期間」が長くなることとなり、就職が遅くなればなるほど不利であることは確実です。

となると、既卒の就職・転職はなるべく早いタイミングで内定を決める、スピード勝負であるとも言えます。

年を重ねれば重ねるほど、その分正社員として経験を積んできたライバルたちは増えていくため、早い段階で活発に行動する必要があります。

介護士 次女介護士 次女

でもその転職エージェントって一体何なの?

弟のような既卒の人が利用するメリットはあるのかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントというのは、プロのキャリアアドバイザーが1人1人の希望する条件に合わせて一緒に求人を探してくれたり、履歴書や職務経歴書の書き方や添削、面接対策、そのほかさまざまな悩みに親身に相談に乗ってもらえる無料サポートのことよ。

求人企業の内情にも詳しく、既卒を積極的に採用している企業などにも精通していて、既卒者のデメリットをカバーした就活をサポートしてくれるから、選考の内定率を上げることができるの。

ライバルに勝って内定をもらうためには、企業に自分を積極的にアピールしていかなければなりませんが、新卒時に就活に失敗していると気持ちも後ろ向きになってしまい、悪循環になりがちです。

「企業選びに失敗したくない」という気持ちが強いほど、自分だけで就活を進めていくのは心細いのもとてもわかります。

「面接時の答え方に自信がない」とか、「既卒でも採用してもらえるのか不安」という人は、利用するメリットが高いと思います。

自信をなくしてしまい、自分の強みやアピールできる点が見つけられないという人も、転職エージェントならキャリアアドバイザーが客観的な視点から、あなたの強みやアピールポイントなどを見つけてくれたりもしますよ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ハローワークなどの場合はそこまで親身になって誰かがサポートしてくれるものではないですし、求人を出している企業の内部事情についてもそこまで熟知しているわけではないので、無料でサポートが受けられる転職エージェントのほうが、既卒者にとっては1番有利に就活を進めていけるツールなのではないでしょうか!

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?転職活動に利用するメリット&デメリットへどうぞ。

既卒者にオススメの転職エージェント

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントっていくつもあって、どれがいいのかわからないと言う人のために、既卒者にオススメの転職エージェントを紹介していきます!

  1. ハタラクティブ

    ハタラクティブは、職歴がない人、正社員になったことがない人などにも強い、20代に特化した就職支援サービスです。
    これまで約15万人の実績があり、社会人・正社員未経験でも就職に成功していて、まさに既卒者のためのサービスと言えそうです。
    キャリアアドバイザーはもちろん若年層専門のプロで、応募する会社選びや面接対策など、さまざまな相談やマンツーマンのサポートが全て無料で受けられます。
    求人については、未経験者歓迎求人が常に2,300件以上あり、さらにハタラクティブの人が実際に求人の職場を訪れ、そこで収集したリアルな職場の雰囲気や仕事内容についても教えてもらうことが出来るので、求人票には載っていない情報までも事前に知ることができます。
    >>続きはこちら

  2. JAIC(ジェイック)

    ジェイックとは、就職支援・採用支援・社員教育を行っています。
    就職支援サービスには、既卒・第二新卒の就職支援の「就職カレッジ」、女性専門の就職支援「女子カレッジ」、中退者を専門に就職支援を行う「セカンドカレッジ」、大学4年生を対象とした就職支援「新卒カレッジ集団面接会」、適性診断結果を元に就活マッチングを行う「適性診断フューチャーファインダー」などがあります。
    このうちの就活カレッジというのが、フリーターや大学中退、既卒、第二新卒の正社員就職を支援する、20代に強い就職支援サービスです。
    就職成功率は81.1%以上で、就職支援実績は20,000人以上、さらに入社後の定着率も91.3%という結果が出ており、就職に成功するだけではなく長く働ける職場に出会えていることがわかります。
    もちろんこの就職カレッジでも、ビジネスマナーや履歴書、面接対策などの就職講座が無料で受けられるため、おのずと内定率を上げることができます。
    また、未経験者を採用したい優良企業約20者を集めた、書類選考なしの集団面接会を開催したりもしており、最短2週間で内定がもらえることもあるそうです。
    >>続きはこちら


そのほかの転職エージェントについてはこちらおすすめの転職エージェント一覧のカテゴリも見てみてください。