介護や医療業界では、介護士や看護師、ケアマネージャーなどさまざまな職種の方が働いています。

その中でも、リハビリを通して利用者の健康を促進していく「機能訓練指導員」という仕事は、名前は知っていても意外と知られていないかもしれません。

さらに、平成30年からは鍼灸師も機能訓練指導員の資格要件に含まれることになり、今まで以上に注目が集まっている仕事です。

そんな機能訓練指導員について、機能訓練指導員とはそもそもどんな職種なのか、どんな仕事をするのか、どんな職場で活躍できるのか、機能訓練指導員になるにはどんな資格要件があるのかなどについて解説していきます。



機能訓練指導員とは?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

「機能訓練指導員」とは、デイサービスなどの介護施設で、ケガや病気、加齢などで日常生活に支障をきたし始めた方に対して、ケアプランに沿って利用者1人1人の心身や障害の程度に合わせて機能訓練を行う人のことで、介護保険法によって定められています。


特別養護老人ホームなどの介護施設では、必ず1人以上配置することが決められていますが、「機能訓練指導員」という資格があるわけではなく、とは言え誰もがなれるものでもありません。

機能訓練指導員として働くには、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ師の中のいずれかの国家資格を持っている人のみで、さらに条件はあるものの平成30年からは鍼灸師の資格を持っている人も資格要件に含まれることとなりました。


資格要件については、この先で詳しくお話します。

機能訓練指導員とは、利用者の方が健康で自立した生活が送れるようにすることが目的で、とても重要な役割の仕事です。

しかし、デイサービスなどの介護施設は増え続けているにも関わらず人材不足が続いており、今後もさらに需要は高まっていくものと思われます。

機能訓練指導員の仕事内容とは?

機能訓練指導員の仕事内容は、主に利用者に対するリハビリを提供することです。

デイサービスや特別養護老人ホームなどの施設で、利用者に対して集団体操を指導したり、生活動作の練習を個別に指導したり、場合によっては、利用者の身体に直接ストレッチやマッサージなどの施術を行うこともあります。

利用者の生活環境、身体機能がどの程度かを観察したり、利用者本人だけではなくその家族からも希望を聞きながら、機能訓練計表を作成し、経過を見ながら3ヶ月ごとに見直していきます。

意思もはっきりして自分で自由に身動きできる利用者もいれば、ほとんど寝たきりで身動きがとれないような利用者もいます。

比較的元気な状態の方に、やんわりとしたリハビリを行っても効果が得られないですし、反対に健康状態のすぐれない方に負荷の強いリハビリを提供してしまうと、ケガや病気の発症など身体を痛めてしまう可能性もあり、身体の状態によりサービスの内容も大きく変化することになります。



具体的に挙げると、例えばデイサービスでの機能訓練指導員の仕事としては…

  • 個別機能訓練加算計画書、運動機能向上計画書の作成
  • バイタルチェックの実施
  • 集団体操などのメニュー考案
  • リハビリ機器利用時の介助や指導
  • 個別リハビリ
  • 計画書に対する評価、モニタリング
  • 体力測定
  • 介護職員へ機能訓練内容の指導
  • 利用者の送迎
  • などです。


転職の女神 長女 転職の女神 長女

人の身体を扱う専門家ですから、適切に身体の状態を把握する観察技術が求められ、これは誰でもできることではありません。

また、仕事内容は保有する資格によってもどんなことが求められるかが変わってきます。

先ほどお話したように、機能訓練指導員になるには8つの国家資格のうちいずれかを取得していなければなりませんが、逆に言えば現在機能訓練指導員として活躍している人誰もが同じ国家資格を持っているわけではありませんよね。

基本的な仕事内容は同じですが、所有している資格によって業務でどんなことが求められ、どんな仕事内容を行うかが少しばかり変わってきます。

例えば「看護師、准看護師」の資格を持っている場合、医学的な知識をもとにした利用者の体調管理やケガや病気のリスク管理、処置も行うことが出来ます。

もともと病院などで働いていた看護師や准看護師が、機能訓練指導員としてデイサービスなどに転職するケースも最近多くなってきています。

その場合、看護職員と機能訓練指導員を兼務したりすることもできるため、求人も正社員だけではなくパートやアルバイトなど非正規職員としての募集もとても多く、転職先には困らないと言われています。

「理学療法士」の資格を持っている場合、運動療法や物理療法の知識の活用による症状の改善、「作業療法士」はリハビリに特化した指導スキルなど、「言語聴覚士」は口腔ケアなど口腔機能に関するリハビリ指導、「柔道整復師」は接骨院や整骨院などでの手技を活かした高齢者ケアなどです。

仕事内容は何か特定の内容のみではなく、自分が取得している資格に合わせて得意な分野の訓練を中心に行っていくという感じです。

事業所側も、他の事業所との差別化を計るべく、その資格や専門性を活かした特色を打ち出すことに力を入れているところがとても多くなっています。

機能訓練指導員になるには?必要な資格とは?

ここまでお話してきた通り、機能訓練指導員という資格はありませんが、機能訓練指導員として仕事をするためには資格が必要になります。

機能訓練指導員として働くには、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、柔道整復師、あん摩マッサージ師の中のいずれかの国家資格を持っている人で、平成30年からは鍼灸師の資格を持っている人も資格要件に含まれることとなりました。

いずれも専門学校や短大・大学に通うことが条件であり、国家試験に合格する必要があります。

また、平成30年度より機能訓練指導員の対象となる資格に、「鍼灸師(はり師、きゅう師)」も新たに追加されました。

ただしこの鍼灸師の場合は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護職員・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師の資格を有する機能訓練指導員(つまり鍼灸師以外の機能訓練指導員)が配置された事業所において、6ヶ月以上の実務経験が必要になり、他の資格を持った機能訓練指導員とは資格要件が異なるので注意が必要です。

例えば新規で鍼灸師を機能訓練指導員として採用する場合、どうやって6ヶ月以上の実務経験の有無を確認するのかについては、前職で働いていた事業所の管理者による書面での証明などになるようです。

なぜこのように介護報酬改定がされたのかと言うと、現在不足している機能訓練指導員をより確保するためです。

ここで注意しなければならないのは、介護施設でも多くの人が活躍している機能訓練指導員ですが、介護福祉士や社会福祉士などの資格では機能訓練指導員にはなれないということです。

つまり現在介護福祉士として働いていて機能訓練指導員を目指したい場合、上記のいずれかの国家資格を取得する必要が出てきます。



転職の女神 長女 転職の女神 長女

国家資格であるため難易度は優しくありませんが、さまざまな資格を持ったスタッフが機能訓練指導員として働くことができるため、転職先として選択肢が広げることができます。

機能訓練指導員は、さまざまな職種や資格の特徴を取り入れた、可能性ある役割を担っているといえるでしょう。

高齢化がどんどん進んでいく現在、機能訓練指導員は益々需要のある職種だと思います。

例えば先ほどお話したように、看護師や准看護師が機能訓練指導員へ転職する場合、例えばデイサービスなどなら夜勤はなく育児や家事などプライベートの時間との両立もしやすくなり、体力的・精神的にも負担が少なくなるなどのメリットがあります。

看護師として今後スキルアップしていくことは出来ませんが、その分機能訓練指導員としての新たなキャリアをスタートさせることができます。

また、本来開業権のない理学療法士や看護師などが、自分も機能訓練指導員として人員に含み、デイサービスを起業するというケースもとても多くこれも転職のメリットとして挙げられるでしょう。

本来なら人材不足により機能訓練指導員の確保に苦労するところが、生活指導員や介護職員のみの求人で済むのは強みになりますよね。

機能訓練指導員の平均給与、月収について

機能訓練指導員としての収入は、就労する条件や環境、どの国家資格を持っているかなどでもばらつきはありますが、月収では30~35万円が相場で、年収に換算すると300~400万程度です。

機能訓練指導員として働くということは、介護保険下で利益が発生するということで、機能訓練指導員としてのサービス単価は、施設によって違いがあります。

例えば、デイサービスなどの施設であれば、「個別機能訓練1」「個別機能訓練2」というリハビリの加算を取ることができます。
これは、利用者1人に対して行うリハビリに付けられる報酬になります。

個別機能訓練1または2の、いずれか1つだけの加算を算定するのであれば、1回あたり500円程度の料金になり、利用者の負担は介護保険でまかなわれるので、実質1割負担の50円ほどになっています。

このように単価が決まっているので、組織としての収益はいかに利用者の数が増やせるかが重要になります。

個別機能訓練を売りにしている事業所であれば、いかにランニングコストを抑え、多くの利用者にリハビリを提供できる仕組みを作られているかがポイントになるでしょう。

転職を検討する際には、このような収入事情も加味した上で、いろんな施設を見ていくことをおすすめします。

勤務条件としては、普通自動車免許を持っていることが求められることも多いようで、例えば正社員の場合は休日はシフト制で、夏季冬季休暇などもあり、社会保険もしっかり完備されているところが多く、残業もそれほど多くないのが特徴です。

機能訓練指導員が活躍できる職場は?

機能訓練指導員として活躍できる場は、介護施設や医療施設などさまざまな施設があり、その中でも特に多いのがデイサービスです。

デイサービスには大きく分けて2種類あり、1つは半日型、もう1つは一日過ごすパターンになります。



半日型は、午前中のみもしくは午後のみというように、半日の間だけ施設内で過ごす形をとっており、主にリハビリをして身体を動かすことで介護予防・健康増進をはかっています。

機能訓練指導員による個別のリハビリだけではなく、マシンなどを利用した運動などもあります。

サービスを利用する際には、利用者の希望と選択に合わせてスタッフが個別にリハビリプランを設定していきます。

1日過ごすパターンの施設では、リハビリだけでなく食事や入浴などのサービスも付いており、自宅では身の周りのことがしにくいというような利用者が、生活のために通うケースが多いです。

機能訓練指導員が関わる加算である個別機能訓練加算とは別に、入浴加算など他の加算が付くことになります。

デイサービスの他の介護福祉施設には、ショートステイ、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどがあり、医療施設には介護療養型医療施設や病院併設型リハビリテーション、介護老人保健施設などがあります。

介護福祉施設の場合は、施設によっては介護職員に近い仕事内容をするケースも多く、要介護者向けの医療施設では介護福祉施設の利用者と比べると介護度が高い方が多いなど、それぞれどんな施設で働くかによっても行う仕事内容や、どのように自分の資格を活かして活躍できるかが変わってくると思います。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

機能訓練指導員が活躍できる場所はさまざまで、転職を決める前に自分がどのようなスタイルで働くか、目指したい機能訓練が実現するのはどんな場所か、どのような環境が自分に合っているのかをよく考えてみましょう!

デイサービスについてはこちらケアハウス、小規模多機能型居宅介護、ショートステイ、デイサービス(通所介護)などの仕事内容と特徴は?

機能訓練指導員の求人や転職事情は?

機能訓練指導員は、需要に比べて人が足りていないという状況下にある施設も多いようです。

デイサービスを開業するために施設基準とよばれるものがありますが、この要件に、機能訓練指導員を1人以上配置するという事柄が挙げられています。

1つの施設につき機能訓練指導員が1人しかいないという施設も中にはあったり、個別機能訓練の加算には集団でとれるものもありますが、個別に対応しないと加算の対象にならない場合もあります。

多くても、1度のリハビリにつき5人以内で対応しないといけません。

また、集団体操の算定要件は、セラピスト1人あたりが対応できる人数に上限が設定されておらず、極端な話、1人で100人を担当することも制度的には可能ですが現実的には不可能なので、一日のうちに40~50人の利用者を2~3人で担当している施設が多くみられます。

そのような忙しい状況にある施設もまだまだ多いようで、機能訓練指導員としての需要は高い状況といえます。

国の方針としても、介護予防という目的が強く掲げられているため、機能訓練指導員の必要性はますます高くなっていくでしょう。

利用者にとっても、地域で安心して暮らすためにはリハビリをして身体の機能を保ち、向上させることが重要ですから、機能訓練指導員は国からも利用者からも求められる存在であるいっても過言ではないでしょう。

資格要件を満たしている人は、ぜひ機能訓練指導員として活躍してみてはいかがでしょうか。