介護初任者研修とは、介護の入門資格であり、業界で働いていくために役立つものです。
介護業界未経験者を想定して設定されているものなので、初心者でも安心して学べます。

ここでは学び方や費用、資格の取得までに必要な時間について見ていきます。
うまく活用して、キャリアアップや収入のアップにしっかりとつなげていきましょう。



介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修はかつてのホームヘルパー2級(訪問介護員2級)の資格に相当するもので、介護スタッフとして働くための基礎的な知識や技術を学んでいきます。

入浴介助や食事の介助、衣服の着脱介助や掃除洗濯などの訪問介護業務を行っていくための研修制度です。
2013年4月から始まった制度であり、それ以前にホームヘルパー1級・2級や介護職員基礎研修過程を修了していれば、介護職員初任者研修を修了したものとしてみなされます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

資格を取得していなくても介護施設等で働くことは可能ですが、介護に関する基礎的な技術を学べる資格であるため、就職時に取得しておくと無資格者よりも有利に働きます。

介護の仕事をずっと続けていきたいと考える人は、ぜひ取得しておきましょう!

ホームヘルパー2級との違いは何?

かつてのホームヘルパー2級と介護職員初任者研修は、重なる部分が多いといえます。
ホームヘルパー2級は講座を受講して、きちんと出席していれば合格できた資格でした。

その一方で、介護職員初任者研修は「修了試験」が追加されたため、この試験をパスする必要があります。
といっても、講座の内容を確認するレベルのものなので、きちんと勉強をしていれば、それほど身構える必要はありません。

たとえ試験に不合格となっても、再受験が可能です。
合格するまで諦めなければ取得できる資格だといえます。

元々、ホームヘルパーの資格は訪問介護を想定しているものでした。
しかし、次第に訪問介護以外の介護施設で勤務することが多くなったため、厚生労働省は新しい研修制度をスタートさせたのです。

制度の改定に伴って、カリキュラムも新しくなり、より幅広い知識や技術を学べる制度となりました。
ホームヘルパー2級の科目にはなかった「医療との連携」「認知症の理解」に関する科目が追加されています。



介護職員初任者研修の資格をとるためには?

介護士 次女介護士 次女

介護職員初任者研修を受講するためには、講座を開講しているスクールで受講する必要があります。

受講修了までに必要な研修時間数は、130時間と定められています。

受講のスタイルとしては、通学して学ぶタイプのものや通学と通信学習を併用しているタイプのものがあります。

働きながらでも学びやすい環境が整っており、平日の夜間や土日・祝日などに授業を行っているスクールもたくさんあるのです。
短期集中講座などを開いているスクールもあります。
ライフスタイルに合わせた学び方ができる点も、受講者にとっては大きなメリットです。

資格を取得するための特別な要件はありません。
介護職員初任者研修が、介護資格の導入部分として位置づけられているため、多くの人が学びやすい環境ができています。

勉強が苦手に感じる人も、それほど心配はいりません。
介護職員として働くことを想定している資格であるため、実技などを通して介護に対するイメージをしっかりと持つことができます。

また介護職員の需要が高まってきたので、介護初任者研修を修了した人には、福祉施設での勤務や訪問介護ヘルパー、デイサービスセンターなど色々な場所で働くことが可能となっています。



介護職員初任者研修の資格にかかる費用や期間は?

資格の取得にかかる費用は、通うスクールによって違いはあるものの、2万円~13万円程度で受講できます。
費用に差があるのは、夜間の講座を行っていたり、資格取得後のサポートが充実していたりする点で違いがあります。
都合によって授業に出られなかった場合の振替授業が、取りやすいスクールもあります。

また、受講にあたって要件が当てはまる人は各種制度を利用することも可能です。

  • 1.教育訓練給付制度

「教育訓練給付制度」は、雇用の安定と再就職の促進を目的として厚生労働省が定めた制度です。
厚生労働大臣の指定する教育講座を受講して修了した場合に、受講料の20%が給付される仕組みです。

雇用保険の一般被保険者で被保険期間が通算3年以上の人や、標準受講期間内にすべてのカリキュラムが終了していることなどを条件に、給付が受けられます。

  • 2.自立支援教育訓練給付金事業

また、都道府県が実施する「自立支援教育訓練給付金事業」なども、資格取得の際に利用できます。
母子家庭の母親を対象に、職業能力の開発の取り組みを支援するため、 受講費用の20%(4,001円以上で100,000円を上限)が支給される仕組みです。

  • 3.職業訓練校

また、ハローワークを通じて職業訓練校で取得する方法もあります。
この場合には、受講料が無料となります。
専業主婦・主夫や求職中の人であるなど「無職」であることが要件となっています。

デメリットとしては、自治体が募集している期間のみに応募が可能で、募集定員があります。
介護職員初任者研修は人気が高いため、応募にあたって競争率が高いことは念頭に置いておきましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

資格を取得するまでの期間は、短いもので1ヵ月、長めのもので4ヵ月~6ヵ月のスクールが多いといえます。

修了試験は不合格になっても再受験が可能ですので、自分のライフスタイルや学習のペースに合わせて、最適なスクールを選びましょう。

介護職員初任者研修修了後に活躍できる職場とは?

介護職員初任者研修終了後に活躍できる職場は、「訪問介護」「特別養護老人ホームでの勤務」「デイサービスで働く」「病院での勤務」など、幅広く活躍の場を広げていけます。

  • 1.訪問介護

訪問介護は、高齢者や障害者の方の自宅を訪問して、介護や日常生活の介助を行います。
1時間~1時間半のサービスを1日に数件こなしていくのが、基本的な仕事です。

詳しくはこちら訪問介護員(ホームヘルパー)の資格や仕事内容、求人や給料、転職事情について

  • 2.特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームでの勤務は、施設に入所している方やショートステイなどで宿泊をしている高齢者の身の回りの世話、入浴など身体介助・食事の介助などを行います。

交代制で勤務をする場合が多く、夜勤などもあることは念頭に置いておく必要があるでしょう。
職員が多いので業務に関することの相談をしやすく、入所者も多いため、介護の技術を幅広く学べることに特徴があります。

詳しくはこちら有料老人ホーム、特養、老健、グループホーム、サ高住など働く場所の種類と特徴!仕事内容は?

  • 3.デイサービス

デイサービスは入浴や食事の介助の他に、レクリエーションなどの活動も行います。
大規模施設と違って利用者と向き合うことができるため、細かいケアをすることができます。
そういった点に魅力を感じる人もいるようです。

詳しくはこちらケアハウス、小規模多機能型居宅介護、ショートステイ、通所介護などの仕事内容と特徴は?

  • 4.医療機関での勤務

病院などの医療機関での勤務は、看護助手として患者の食事介助や入浴介助、おむつ交換を行ったりする業務に携わります。
看護師と共に行動して、介護の分野での役割を担っているのが特徴です。

資格がなくても勤務自体はできる病院もありますが、より良い技術を提供するためには資格を取得しておいたほうがいいでしょう。



勤務形態

勤務の形態としては、非常勤職員・パート職員として働いたり、正社員として働いたり、登録ヘルパーとして勤務する方法があります。
フルタイムではない場合は、比較的時間の都合がつけやすいのが特徴です。
子育て中であったり、他にも仕事を持っていたりする人にとって働きやすい勤務形態となっています。

正社員として働く場合には、夜間の勤務があったり、日曜や祝日の勤務もあったりするため「休日」のことは意識をしておく必要があります。
就職前にきちんと確認をしておくようにしましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

最近は介護の需要の高まりとともに、自分の家族の介護のことを考えて介護職員初任者研修の資格取得を目指す方も多くなっています。

介護業界で長く安定した仕事をしたいと考えている人はもちろんのこと、将来的に家族の介護を自分でしたいと思っている方は、一度検討してみるといいでしょう!/p>