男性や女性などの性別や年齢、これまでの仕事内容や業界など関係なく、これから未経験・無資格で新たに転職してお仕事を始めやすい職種です。

介護業界においてこの「介護職員初任者研修」とは、言わば介護の入門資格でもあり、最初に取得を目指す資格です。

”未経験・無資格”でも始められる介護業界で、介護職員初任者研修の資格を取得するメリットや、この資格を取得することによってどんなことができるようになるのか、初めて介護職として働く人にとって資格取得の難易度はどれくらいなのか、試験内容、試験費用、取得に必要な期間などについてお話しようと思います。

また、以前あった資格のホームヘルパー2級や3級などとは何が違うのか?ということについても解説していきます。

今後さらに介護職は需要が高まる一方だと言われており、こうした資格を活用することで、キャリアアップや収入のアップにしっかりとつなげていきましょう。



介護職員初任者研修とは?

まず介護のお仕事は、高齢者や障がい者に対して食事や入浴、着替え、排泄などの支援を行う「身体介護」、掃除、料理、洗濯など身の回りのお世話を行う「生活援助」などさまざまなサポートをすることです。

介護職員には、介助が必要な人の状態に応じて適切な介助を行ったり、専門的な知識や技術が求められますが、このうち「身体介護」を行うには、介護関連の資格を有していなければならない決まりがあります。

介護の仕事の中には無資格・未経験でもできる仕事もありますが、介護職員初任者研修などをはじめとする資格を持っていれば、この身体介護もできるようになります。

介護職員初任者研修とは、最初にお話したように介護の入門的資格であり、介護職員として働くための基礎知識から応用技術、理念や心構えまで学ぶことができます。

介護職員初任者研修は2013年4月から始まった資格であり、介護保険法の改正に伴ってそれまであったホームヘルパー2級(訪問介護員2級)から移行した資格です。

入浴介助や食事の介助、衣服の着脱介助や掃除洗濯などの訪問介護業務を行っていくための研修制度です。

ちなみにこの資格が始まる前にホームヘルパー1級・2級や介護職員基礎研修過程を修了している人は、この介護職員初任者研修を修了したものとしてみなされます。

なぜホームヘルパーから介護職員初任者研修へ移行されたのか?

高齢化がどんどん進む社会において、介護職員は現在も足りておらず、今後さらに介護職員数は必要になる一方であると言われています。

介護職員の人材確保が叫ばれている中で、ただ人材を確保しただけでは将来的に介護職員のスキルや質の低下を招く可能性があると考えられ、優秀な人材の育成と確保を目的として、2013年4月に介護保険法が見直されました。

ホームヘルパーの資格は、もともとホームヘルパーの資格は訪問介護を想定しているものでしたが、次第に訪問介護以外の介護施設で勤務することが多くなったため、厚生労働省は新しい研修制度をスタートさせ、在宅でも施設でも役立つ内容の資格が誕生したのです。

制度の改定に伴って、カリキュラムも新しくなり、例えばホームヘルパー2級の科目にはなかった「医療との連携」「認知症の理解」に関する科目が追加され、より幅広い知識や技術を学べる制度となりました。

さらに、これまで複雑でわかりずらかった介護のキャリアパスをわかりやすくすることで、目指すべき道が明確化し、さまざまな人が向上心を持って資格取得ができるようにするためです。

これまであったホームヘルパー1級、2級、3級が廃止され、ホームヘルパー1級は介護福祉士実務者研修に移行、ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修へ移行、ホームヘルパー3級はなくなりました。

この明確化されたキャリアパスについて、わかりやすい図が三幸福祉カレッジに載っていました。

(三幸福祉カレッジ介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)より)

転職の女神 長女 転職の女神 長女

資格を取得していなくても介護施設等で働くことは可能ですが、介護に関する基礎的な技術を学べる資格であるため、就職時に取得しておくと無資格者よりも有利に働きます。

介護の仕事をずっと続けていきたいと考える人は、ぜひ取得しておきましょう!

ホームヘルパー2級との違いは何?

かつてのホームヘルパー2級と介護職員初任者研修は、どんなことが違うんでしょうか?

まず学習時間については、どちらも130時間受講する必要があり変更はありませんが、スクーリング時間については、ホームヘルパー2級では51時間だったものが、介護職員初任者研修では90時間に増えています。

この点から言うと、学校に通わなければならない時間が増えたことは、自宅学習とは違い、今までよりもより資格取得に費やす時間の確保は必要になったとも言えると思います。

しかし、ヘルパ-2級では30時間の施設実習がありましたが、それが廃止されたのも変更点です。

さらにこの2つの大きな違いといえるのが、ホームヘルパー2級では講座を受講してきちんと出席していれば合格とされていましたが、介護職員初任者研修は「修了試験」が追加されたため、この試験に合格する必要が出てきた点です。

この点については、”試験の難易度はホームヘルパー2級よりも上がっている”ということになるでしょう。

といっても、講座の内容を確認するレベルのものなので、きちんと勉強をしていればそれほど難しいものではなく、たとえ試験に不合格となっても補修が行われて再受験が可能であり、時間がかかったとしても必ず資格が取得することができるようになっているので安心しましょう。

この修了試験については、試験内容は研修で学習した内容がそのまま問題になりますが、より詳しいものがカイゴジョブアカデミーに記載されていました。


(カイゴジョブアカデミー介護職員初任者研修のテスト問題(試験内容)は?より)

選択式と記述式の両方がありますが、選択式のほうが問題数は多くなっているようです。

また、介護職員初任者研修の試験問題に関しては、評価基準が設けられているのでそれほどスクールごとで大きな差はないものの、そのスクールごとで問題を作成されているため、スクールによって多少試験問題内容が異なるという点も覚えておいてください。

修了試験の合格ラインは70点となっていますが、実際の合格率は90%以上という結果が出ており、やはり難易度はそれほど高くないようです。



介護職員初任者研修と介護福祉士実務者研修との違いは?

介護職員初任者研修と介護福祉士実務者研修は、名前も似ていることから2つの違いがわかりにくかったりしますが、どんな違いがあるのでしょうか。

まずはじめに介護職員初任者研修とは、ここまでお話してきたように介護の入門的な資格であり、基本的な知識や技術についてが学べるものです。

それに対して介護福祉士実務者研修は、介護福祉士養成校で学ぶような内容を基準としており、介護職員初任者研修や介護の現場だけでは学びきれないような内容となっていることで、言わば介護職員初任者研修のワンランク上の上位資格だと考えていいでしょう。

さらにこの介護職員初任者研修を修了することで、例えば将来的にはサービス提供責任者になることができたり、介護福祉士資格を目指すこともできます。

介護職員初任者研修を取得するメリットは?

介護士 次女介護士 次女

資格がなくても始められると言われている介護業界で、この介護職員初任者研修を取得しておくメリットについてお話しますね。


まず、先程もお話しましたが、介護の仕事の中には資格がなくてもできる仕事もあるものの、食事や入浴など、利用者の体に直接触れて介助を行う「身体介護」については、何かしらの介護の資格を持っていなければ出来ない決まりとなっています。

そのため、介護関連の資格を何も取得していないのであれば、介護の入門とも言える介護職員初任者研修の資格を取得することで、身体介護も行えるようになるというのが1つめのメリットです。

就職や転職をするときなども、介護に限ったことではないですが、何も資格がない人よりは、資格を取得している人のほうが就職先や転職先が見つかりやすかったり、選べる仕事が多かったり、入社後も研修で学んだ知識や技術を活かすことができるという点もメリットです。

同じスタートで入社しても、何も知らない未経験・無資格の人よりも即戦力として活躍できることは、利用者の人やスタッフからも早い段階で信頼を得ることが出来たり、頼ってもらえたりするので、仕事のやりがいも早く感じられると言えます。

介護職員の需要が高まってきたことで、福祉施設での勤務や訪問介護ヘルパー、デイサービスセンターなどさまざまな場所で働くことが可能となっています。

また、資格を持っていることで、例えばこの先結婚や育児によって休職したり、介護の仕事から離れたりしたときに、仕事復帰したいと考えたときにも資格を持っていたほうが介護職へ復帰しやすいのも大きなメリットですよね。

今後将来的にステップアップしていきたいと考えている人は特に、介護職員初任者研修の取得は必須といえるでしょう。

給料については、介護職員初任者研修を取得していることで、資格手当がつくことがあり、無資格の人よりも給与が高い傾向にあります。

どれくらい高いのかと言うと、もちろん勤務する事業所によっても異なりますが、だいたい平均として約5000円くらいの資格手当がつくようです。

月給ではなく、時給で働く場合も無資格の人よりももちろん時給も高く、だいたい時給で言うと100円から200円ほど高くなっています。

さらに、介護の知識や技術を学んでおくことは仕事に対して活かせるだけではなく、今後自分の家族が介護が必要になったときに、それを活かすことができることも挙げられます。

自分の家族に介護が必要になることはどの家庭でも起きうることであり、学んでおいて損はないですよね。

この介護職員初任者研修は、働きながらでも資格取得することができるのも大きなメリットです。

講座を開講しているスクールによって、平日コースや土日コース、週1回コース、昼間のみ、夜間のみなど、自分の今の生活や仕事に合わせて通いやすいコースがいくつも用意されているので、仕事をしながらでも無理なく資格取得が目指せるようになっています。

介護職員初任者研修の資格をとるためには?試験難易度は高い?

介護士 次女介護士 次女

介護職員初任者研修を受講するためには、講座を開講しているスクールで受講する必要があります。

受講修了までに必要な研修時間数は、130時間と定められています。

受講のスタイルとしては、通学して学ぶタイプのものや通学と通信学習を併用しているタイプのものがあります。

働きながらでも学びやすい環境が整っており、平日の夜間や土日・祝日などに授業を行っているスクールもたくさんあるのです。
短期集中講座などを開いているスクールもあります。

ライフスタイルに合わせた学び方ができる点も、受講者にとっては大きなメリットです。

資格を取得するための特別な要件はありませんので、年齢や性別問わず誰もが受講できる資格となっています。

介護職員初任者研修で学ぶ内容としては、次のような研修科目があります。

  • 職務の理解…6時間
  • 介護における尊厳の保持・自立支援…9時間
  • 介護の基本…6時間
  • 介護・福祉サービスの理解と医療との連携…9時間
  • 介護におけるコミュニケーション技術…6時間
  • 老化の理解…6時間
  • 認知症の理解…6時間
  • 障害の理解…3時間
  • ころとからだのしくみと生活支援技術…75時間
  • 振り返り…4時間
  • 以上、130時間となります。


介護職員初任者研修は、介護資格の導入部分として位置づけられており、試験の難易度はとても低く、修了試験についても研修科目をしっかりと受けていれば合格できる内容になっています。

多くの人が学びやすい内容になっているので、勉強が苦手に感じる人もそれほど心配はいりません。

介護職員として働くことを想定している資格であるため、実技などを通して介護に対するイメージをしっかりと持つことができます。



介護職員初任者研修の資格にかかる費用や期間は?

資格の取得にかかる費用は、通うスクールによって違いはあるものの、3万円~13万円程度で、平均としてはだいたい10万円ほどで受講できます。

費用に差があるのは、夜間の講座を行っていたり、資格取得後のサポートが充実していたりする点で違いがあり、都合によって授業に出られなかった場合の振替授業が、取りやすいスクールもあります。

安い費用で済ませたい場合、スクールなどが開催している先着人数限定の早割などのキャンペーンを利用すると、3万円前後という格安な料金で受講できるようです。

また、介護職員初任者研修の受講にあたって、一定の要件が当てはまる人は以下のような各種制度を利用することも可能です。

  • 1.教育訓練給付制度

「教育訓練給付制度」は、雇用の安定と再就職の促進を目的として厚生労働省が定めた制度で、厚生労働大臣の指定する教育講座を受講して修了した場合に、受講料の20%が給付される仕組みです。

雇用保険の一般被保険者で被保険期間が通算3年以上の人や、標準受講期間内にすべてのカリキュラムが終了していることなどを条件に、給付が受けられます。

  • 2.自立支援教育訓練給付金事業

また、都道府県が実施する「自立支援教育訓練給付金事業」なども、資格取得の際に利用できます。

母子家庭の母親を対象に、職業能力の開発の取り組みを支援するため、 受講費用の20%(4,001円以上で100,000円を上限)が支給される仕組みです。

  • 3.職業訓練校

また、ハローワークを通じて職業訓練校で取得する方法もあり、この場合には、受講料が無料となります。

専業主婦・主夫や求職中の人であるなど「無職」であることが要件となっており、デメリットとしては、自治体が募集している期間のみに応募が可能で、募集定員があることです。

介護職員初任者研修は人気が高いため、応募にあたって競争率が高いため注意しましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

資格を取得するまでの期間は、短いもので1ヵ月、長めのもので4ヵ月~6ヵ月のスクールが多いといえます。

修了試験は不合格になっても再受験が可能ですので、自分のライフスタイルや学習のペースに合わせて、最適なスクールを選びましょう。


私が調べた中では、できるだけ早く取得したい人のための「短期クラス」などもあり、早いもので最短3週間で取得できるものもありましたが、取得期間が短ければ短いほど、当然ながら自分なりに積極的に自宅学習したり、スクーリングの内容を予習復習したりなどの勉強に費やす時間はその分必要になるでしょう。

介護職員初任者研修を取得し、着実にキャリアアップしていくのもおすすめですし、キャリアアップの時間短縮のために最初から介護福祉士実務者研修を受講するのも良いでしょう。

介護職員初任者研修修了後に活躍できる職場とは?

介護職員初任者研修終了後に活躍できる職場は、「訪問介護」「特別養護老人ホームでの勤務」「デイサービスで働く」「病院での勤務」など、幅広く活躍の場を広げていけます。

  • 1.訪問介護

訪問介護は、高齢者や障害者の方の自宅を訪問して、介護や日常生活の介助を行います。
1時間~1時間半のサービスを1日に数件こなしていくのが、基本的な仕事です。

詳しくはこちら訪問介護員(ホームヘルパー)の資格や仕事内容、求人や給料、転職事情について

  • 2.特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームでの勤務は、施設に入所している方やショートステイなどで宿泊をしている高齢者の身の回りの世話、入浴など身体介助・食事の介助などを行います。

交代制で勤務をする場合が多く、夜勤などもあることは念頭に置いておく必要があるでしょう。
職員が多いので業務に関することの相談をしやすく、入所者も多いため、介護の技術を幅広く学べることに特徴があります。

詳しくはこちら有料老人ホーム、特養、老健、グループホーム、サ高住など働く場所の種類と特徴!仕事内容は?

  • 3.デイサービス

デイサービスは入浴や食事の介助の他に、レクリエーションなどの活動も行います。
大規模施設と違って利用者と向き合うことができるため、細かいケアをすることができます。
そういった点に魅力を感じる人もいるようです。

詳しくはこちらケアハウス、小規模多機能型居宅介護、ショートステイ、通所介護などの仕事内容と特徴は?

  • 4.医療機関での勤務

病院などの医療機関での勤務は、看護助手として患者の食事介助や入浴介助、おむつ交換を行ったりする業務に携わります。
看護師と共に行動して、介護の分野での役割を担っているのが特徴です。

資格がなくても勤務自体はできる病院もありますが、より良い技術を提供するためには資格を取得しておいたほうがいいでしょう。



勤務形態

勤務の形態としては、非常勤職員・パート職員として働いたり、正社員として働いたり、登録ヘルパーとして勤務する方法があります。
フルタイムではない場合は、比較的時間の都合がつけやすいのが特徴です。
子育て中であったり、他にも仕事を持っていたりする人にとって働きやすい勤務形態となっています。

正社員として働く場合には、夜間の勤務があったり、日曜や祝日の勤務もあったりするため「休日」のことは意識をしておく必要があります。
就職前にきちんと確認をしておくようにしましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

最近は介護の需要の高まりとともに、自分の家族の介護のことを考えて介護職員初任者研修の資格取得を目指す方も多くなっています。

介護業界で長く安定した仕事をしたいと考えている人はもちろんのこと、将来的に家族の介護を自分でしたいと思っている方は、一度検討してみるといいでしょう!/p>