介護職員実務者研修とは、2016年度から義務付けられたもので、国家資格である介護福祉士になるには「実務者研修」の修了が必須となりました。
介護や医療ケアの知識や技術を学び、研修を修了するとサービス提供責任者として、ヘルパーを取りまとめていく立場の職種に就くことも可能です。

国家資格の介護福祉士を受験するためには実務者研修の修了は必須の要件となっています。
今回は研修の内容や費用、メリットを見ていきます。



介護職員実務者研修とは?

2013年度から、介護職員基礎研修・ホームヘルパー1級は「介護職員実務研修」に統合されました。
2016年度の介護福祉士国家試験から実務経験3年に加えて、実務者研修の修了が受験資格となっています。

実務者研修では、介護の知識や技術を習得することはもちろん、医学知識や医療制度なども学ぶことができます。
医療的ケアである「たん吸引」、胃ろうなどの「経管栄養」などは実地研修で実技を通して学べます。
介護職員が医療行為を行うには、研修が必要となります。

「認定特定行為業務従事者認定証」の交付を受け、実地研修を修了した行為にかぎって実際に行うことが可能だと定められているのです。
また実務研修を修了した人は、介護サービスの相談役となる「サービス提供責任者」にもなれます。



サービス提供責任者は、介護保険法で定められた正式な職種であり、介護需要が高まる中で就職や転職にも有利に働きます。
また、ケアマネージャーとの業務で重なる部分も多く、将来のキャリアアップの道筋ともなるでしょう。

介護職員実務者研修を通じて、介護の専門家としてのキャリアを磨いていくことができます。
実務研修に受験資格はなく、誰でも受講ができます。
受講が終わった時点で修了となり試験はありません。

介護士 次女介護士 次女

すべての受講科目を通学で学ぶ必要はなく、通信学習でほとんどの科目を受講できます。
ライフスタイルに合わせて、一番学習しやすいスクールを選ぶといいですよ。

初任者研修と実務者研修の違いは何?

介護職員として働き始めると、まずは「初任者研修」を受けることが一般的です。
実務者研修との違いを見ていきましょう。

介護士 次女介護士 次女

違いとしてあげられる点は、介護福祉士の受験資格があるかどうかということです。

初任者研修はこれまでのホームヘルパー2級と同等の資格ですが、国家資格である介護福祉士の受験資格とはなりません。

その一方で、介護職員実務者研修は介護福祉士試験の受験資格として修了が義務付けられているため、将来的に介護福祉士を目指す人にとっては必須のものとなっています。

介護福祉士についてはこちら介護士と介護福祉士とは?違いと必要な資格、仕事内容、給料についてへ。

また、初任者研修と実務者研修では、受講科目や受講時間数に違いが見られます。
初任者研修では受講時間が130時間であるのに対して、実務者研修では450時間の受講時間が必要です。

また、それに加えて実務者研修では医療的ケアの講義や実技を16時間受ける必要があります。
介護の入口の資格が「初任者研修」で、「実務者研修」はその上位となる位置づけであるため、目的に合わせた受講を選択する必要があるでしょう。

介護職員初任者研修についてはこちら介護職員初任者研修とは?資格は通信で取れる?費用や期間はどれくらい?ホームヘルパー2級との違いへ。

介護職員実務研修にかかる費用や注意すること

介護職員実務研修にかかる費用は、受講するスクールによって違いはあるものの、おおむね20万円程度の費用がかかります。

初任者研修と同時に受講すると、30万円程度かかるでしょう。
受講費用については、教育訓練給付金の対象となる講座もあるので、事前に確認しておく必要があります。

同時に受講すると、受講手続きやスケジュールの調整が難しい場合もある反面で、じっくりと介護について基礎から学びを深めていくことができます。
初めから実務者研修を受講することもできますが、介護を基礎からしっかりと学びたい人は、初任者研修から入っていくほうがいいでしょう。



また、初任者研修を受講した人やホームヘルパー2級の資格を持っている人は、実務者研修の受講料と受講時間の一部が免除されます。
実務者研修を受講する時に気をつけるべき点は、スクーリングや実技で466時間かかるため、勉強時間をしっかりと確保できるかという点です。

専門的な内容の講義もあるため、受講修了まで根気強く取り組めるかどうかも判断する必要があります。
実務者研修は、初任者研修などの資格を持っていない場合は、修了まで6カ月程度かかります。

介護福祉士の受験を同時に考える場合、実務者研修を受講する期間も考慮する必要があるでしょう。
介護福祉士の試験は例年1月に行われるため、年末までに実務者研修を終えておくなど、学習計画立てておく必要もあります。

不安を感じる場合は、まずは初任者研修から受けてみるのも1つの方法です。
介護業界のことを知りながら、自分の立ち位置を見定めていくことが大切です。

介護職員実務者研修を取得するメリットは?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護職員実務研修を取得するメリットは、介護業界での将来的なキャリアパスにつながることです。

国家資格である介護福祉士の受験資格にもなりますし、ケアマネージャーとの業務の親和性も高いため、幅広くキャリアアップできます。

実務者研修は、介護業界で働き続けるためのキャリアアップの土台となる資格であるため、キャリアを築いていくためには必須の資格だといえます。
実務者研修を修了すると、サービス提供責任者として業務に携われます。

ホームヘルパーを取りまとめる管理業務を担う役割を与えられ、訪問介護事業所に必ず配置されなければならない立場となれるのです。
長く、安定的に働けるのに役立つ資格だといえるでしょう。

また、実務者研修を修了しているかどうかは給与などの待遇面でも違いが見られます。
年齢や勤続年数によって異なる部分はあるものの、実務者研修修了者は修了していない人と比べて、給与が高くなります。

長く介護業界で働きたいと考える場合には、実務者研修を受講しておくメリットは大きいといえます。
実際に働き始めてからだと学習時間の確保が難しいと感じる場合には、介護業界に就職する前に実務者研修を受講しておくのも方法の1つです。

介護職員実務者研修を取得していると転職にも有利?

介護職員実務者研修を修了していると、就職や転職にも有利です。
介護事業者の売上は、国から支払われる「介護報酬」によって成り立っています。

2013年度に行われた介護報酬改定によって、実務者研修を修了していないサービス提供責任者の配置は、介護報酬が10%減額となったことが介護の現場にも影響を与えています。
介護報酬が減算されると、当然のことながら介護事業者は売上が減少するため、経営環境が厳しくなります。

そのため介護事業者の視点で見れば、実務者研修修了者をサービス提供責任者として配置したいと考えるのも自然な流れです。
したがって、実務者研修修了者は介護事業者にとって助かる存在であり、就職や転職時に有利に働く資格だといえます。

介護士 次女介護士 次女

実務者研修の講座は働きながら学ぶ人も多いため、平日の夜間や土日・祝日に講座を開講しているスクールもあるの。

スムーズに学習が進められるように、通信での学習と通学を併用している講座も多数存在していますよ。

通信での学習と併用する場合には、介護過程IIIと医療的ケアの演習は通学しなければならないものの、残りの科目は通信で受講することが可能です。
無理のない学習計画を立てて、介護業界でのキャリアアップを目指してみましょう。

実務者研修の修了者は、介護事業者の売上を左右する存在であり、さらに需要が高まるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

インターネットで求人広告を検索したり、転職エージェントに登録して求人を紹介してもらったりするのもひとつの手です。

自分のキャリアプランがうまく描けないという方でも、キャリアコンサルタントに相談していくうちにやりたいことが見えてくるということもありますよ!

ちなみに、こちら未経験、無資格で、異業種から介護職への転職は難しい?それとも転職しやすい?有利な資格はある?でも未経験での転職についてお話しているので、参考になると思います。