介護業界の仕事は、未経験や無資格でも始められることでも転職しやすい業界となっていますが、介護職員初任者研修や介護福祉士実務者研修などの介護資格を持っていることで、就職や転職にも有利に働くと言われています。

今現在介護職として働いている方も、これから介護業界で働こうとしている方も、今後のキャリアアップのために「介護職員初任者研修」や「介護福祉士実務者研修」を取得しようと考えている人は少なくありません。

介護福祉士実務者研修は、国家資格である介護福祉士の受験資格にもなっているため、将来的に介護福祉士を目指したい人にとっては必須の資格とも言えます。

そこで、介護職員初任者研修や実務者研修についてそれぞれの違いがわからない人のために、2つの資格は何が違うのか、そして介護福祉士実務者研修について受講内容や費用、取得にかかる期間、さらには専門実践教育訓練給付制度や、働きながら取得は可能かなどについても解説していきます。



介護福祉士実務者研修とはどんなもの?

介護福祉士実務者研修とは、より質の高い介護サービスを提供するために、2013年度からスタートした資格で、以前あった介護職員基礎研修・ホームヘルパー1級がこの「介護職員実務研修」へと1本化(移行)されました。

よく、「実務者研修」と略して書かれていることも多いですが、正式名称としては「介護福祉士実務者研修」です。

介護福祉士実務者研修では、介護の知識や技術を習得することはもちろん、医療的ケアである「たん吸引」や胃ろうなどの「経管栄養」など、医学知識や医療制度なども学ぶことができるもので、一定の条件のもとで医療的ケアの実施が可能になります。

つまり、普段の実務経験では学ぶことができないような技術や知識を学べるようになっているのがこの介護福祉士実務者研修です。

2017年1月からは、介護福祉士の国家試験の受験には実務経験3年に加えて、この介護福祉士実務者研修を修了することが新たな受験資格となりました。

つまり、介護福祉士を目指すならばこの介護福祉士実務者研修は必ず修了しなければならないということです。



また、実務研修を修了した人は、介護サービスの相談役となる「サービス提供責任者」を目指すこともできます。

サービス提供責任者は、介護保険法で定められた正式な職種であり、介護需要が高まる中で就職や転職にも有利に働き、ケアマネージャーとの業務で重なる部分も多く、将来のキャリアアップの道筋ともなるでしょう。

実務研修には受験資格はなく、性別や年齢、職歴問わず誰でも受講ができますし、受講が終わった時点で研修修了となりますので、試験はありません。

介護福祉士実務者研修を取得した人が活躍できる職場としては、デイサービスや老人ホームのほか、要介護度が高い利用者が多い介護施設でも活躍できます。

なぜ「介護福祉士実務者研修」が出来たのか?

ホームヘルパー1級や介護職員基礎研修が廃止され、新たに介護福祉士実務者研修が出来たのはなぜかというと、「介護福祉士 資格取得方法の見直し」が大きく関係しています。

これまで介護福祉士になるためには実務経験が3年以上あれば、介護職員初任者研修しか持っていない人でも受験できるようになっていましたが、多様化している介護ニーズに対応するためには、国家資格である介護福祉士の質の向上が叫ばれるようになりました。

さらには介護に関わる資格はさまざまなものがあり、複雑でわかりずらく、明確なキャリアパスを描きにくいという問題から、介護の人材養成に関わるキャリアアップを、わかりやすくするためという目的もあります。

それによって、現在ある介護職員初任者研修→介護福祉士実務者研修→介護福祉士と、目指すべき道がわかりやすくなりました。

介護職員実務研修の内容や期間、費用は?

実務者研修の学習時間については、スクーリングや実技などで合わせて450時間必要であり、通信か通学かによって修了までの期間は異なりますが、だいたい4ヶ月から6ヶ月程度かかることになるので、今の仕事やプライベートの時間と、勉強時間をしっかりと確保できるかについてもしっかり考えてみましょう。

専門的な内容の講義もあるため、受講修了まで根気強く取り組めるかどうかも判断する必要があります。

450時間と聞くとかなり長い印象を受けると思いますが、スクーリングは10日間から16日間ほどしかなく、ほとんどが通信教育で自分で学習できるので、働きながらでもそれほど難しい時間数ではないと言えます。

また、初任者研修を修了している人や2012年までにホームヘルパー2級や1級、介護職員基礎研修修了の資格を持っている人は、実務者研修の受講料と受講時間の一部が免除されます。

厚生労働省に記載されていた受講科目の一部免除について紹介します。


(厚生労働省実務者研修における「他研修等の修了認定」の留意点についてより)

さらに、今後介護福祉士の受験も考えている場合は、介護福祉士の試験は例年1月に行われるので、実務者研修を受講する期間も考慮する必要があるでしょう。

実務者研修の修了後には修了試験は決まりにはなっていないものの、スクールによっては修了試験を実施しているところもあれば、学習した内容の振り返りとして課題が提出されたり、個別に実技試験がある場合が多いです。

難易度としてはやはり初任者研修よりも上位資格である分、基礎的なことや学習した内容はしっかりと覚えていく必要はあり、ただ学習した内容を理解していれば難しい受講内容ではないと思います。



介護職員実務研修にかかる費用は、受講するスクールによって違いはあるものの、おおむね15万円から20万円程度の費用がかかります。

例えば介護の入門資格である初任者研修も受講するとなると、合わせて30万円程度はかかることになるでしょう。

ただ、受講費用については、一定の条件を満たすことで(1)専門実践教育訓練給付金や(2)一般教育訓練の教育訓練給付金制度などの制度を利用することができます。

(1)専門実践教育訓練給付金とは?

資格取得の際に一定の条件を満たすと、教育訓練給付金制度の専門実践教育訓練給付金として最大70%をハローワークから受給してもらえる制度があります。

これは中長期的なキャリア形成を支援し、安定した雇用や再就職を促進するためのもので、介護福祉士実務者研修は厚生労働大臣指定の対象となる名称独占資格に該当するため、この給付金制度が受けられます。

この条件としては、雇用保険に一定期間加入している人が自発的に厚生労働省に指定する職業訓練や専門実践教育訓練を受けたり、資格試験の予備校に通ったり、通信教育を受けるなどとされており、訓練期間は最大3年間で、介護福祉士などの資格講座も含まれます。

具体的な支給額としては、訓練施設に支払った費用の50%(年間上限40万円)で、訓練修了後1年以内にその資格取得などをするとさらに費用の20%が追加され、合計70%(年間上限56万円)となります。

詳しくはこんな感じです。

(厚生労働省専門実践教育訓練の給付金のご案内より)

例えば実務者研修で20万円のスクールを受講した場合、その50%の10万円が還付金となり、10万円で受講したことと同じことになり、さらに研修修了後1年以内に介護福祉士の資格を取得して働き始めた場合、70%が還付されることで、結局のところ実質6万円から7万円前後で受講できたことになります。

給付金が支給されるまでの流れとしては、まずハローワークなどで支給される教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格確認票、ジョブカード(ハローワークで作成)、本人確認書類(免許証など)、個人番号確認書類、正面上半身で縦3.0㎝×横2.5㎝の写真2枚、払渡希望金融機関の通帳またはキャッシュカードをハローワークに提出し、受験資格の確認手続きを行った上で、訓練校にて受講し、その後支給申請をハローワークにて行います。

詳しくはこちらの厚生労働省 専門実践教育訓練の給付金のご案内のページへどうぞ。

(2)一般教育訓練の教育訓練給付金制度とは?

専門実践教育訓練給付金制度のほかに、教育訓練給付金制度の中には「一般教育訓練の教育訓練給付金制度」というものもあります。

この一般教育訓練の教育訓練給付金制度の対象となるのは、雇用保険の加入者もしくは被保険者資格を喪失(離職)した日の翌日から1年以内の人で、指定教育訓練実施者に対して払った教育訓練経費の20%を、ハローワークから支給してもらえるものです。

専門実践教育訓練給付金よりも給付金額は少ないものの、一般教育訓練給付金の場合は受講終了後にハローワークにて申請手続き書類を提出するだけで済むので、専門実践教育訓練給付金の手続きよりも簡単となっています。

こういった制度を利用することで受講料を安く済ませることができるので、ぜひ該当する人はチェックしてみてください。

介護職員実務者研修を取得するメリットは?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護職員実務研修を取得するメリットは、介護業界での将来的なキャリアパスにつながることです。

国家資格である介護福祉士の受験資格にもなりますし、ケアマネージャーとの業務の親和性も高いため、幅広くキャリアアップできます。

実務者研修は、介護業界で働き続けるためのキャリアアップの土台となる資格であるため、キャリアを築いていくためには必須の資格だといえます。

実務者研修を修了すると、実務経験に関係なく「サービス提供責任者」になることもでき、ホームヘルパーを取りまとめる管理業務を担う役割を与えられ、訪問介護事業所に必ず配置されなければならない重要なポジションとなれるため、長く安定的に働けるのに役立つ資格だといえるでしょう。

また、実務者研修を修了しているかどうかは給与などの待遇面でも違いが見られます。

年齢や勤続年数によって異なる部分はあるものの、実務者研修修了者は修了していない人と比べて、給与が高くなります。


長く介護業界で働きたいと考える場合には、実務者研修を受講しておくメリットは大きいといえます。

また、介護職員実務者研修を修了していると、就職や転職にも有利です。

介護事業者の売上は、国から支払われる「介護報酬」によって成り立っていますが、2013年度に行われた介護報酬改定によって、実務者研修を修了していないサービス提供責任者の配置は、介護報酬が10%減額となったことが介護の現場にも影響を与えています。

介護報酬が減算されると、当然のことながら介護事業者は売上が減少するため、経営環境が厳しくなり、そのため介護事業者の視点で見れば、実務者研修修了者をサービス提供責任者として配置したいと考えるのも自然な流れです。

したがって、実務者研修修了者は介護事業者にとって助かる存在であり、就職や転職時に有利に働く資格だといえます。

実務者研修の修了者は、介護事業者の売上を左右する存在であり、今後もさらに需要が高まると言えます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護福祉士実務者研修を取得して、今より条件の良い職場に転職を考えている人や、未経験で介護業界への転職を考えている場合、転職エージェントに登録して求人を紹介してもらったりするのもおすすめです。

自分のキャリアプランがうまく描けないという方でも、キャリアコンサルタントに相談していくうちにやりたいことが見えてくるということもありますよ!

ちなみに、こちら未経験、無資格で、異業種から介護職への転職は難しい?それとも転職しやすい?有利な資格はある?でも未経験での転職についてお話しているので、参考になると思います。



初任者研修と実務者研修の違いは何?

介護福祉士の受験資格の有無

介護士 次女介護士 次女

介護職員として働き始めると、まずは「初任者研修」を受けることが一般的となっていますが、介護職員初任者研修と介護福祉士実務者研修の違いの1つめは、介護福祉士の受験資格があるかどうかということです。

初任者研修はこれまでのホームヘルパー2級と同等の資格ですが、国家資格である介護福祉士の受験資格とはなりません。

ここまでお話した通り、介護福祉士実務者研修は介護福祉士試験の受験資格として修了が義務付けられているため、将来的に介護福祉士を目指す人にとっては必須のものとなっています。

介護福祉士についてはこちら介護士と介護福祉士とは?違いと必要な資格、仕事内容、給料についてへ。

さらには、介護福祉士実務者研修の資格があれば、「サービス提供責任者」としても働くことができるので、今後将来的に介護業界でキャリアアップしていきたいと考えている人にとっては、介護福祉士実務者研修は取得しておいて損はない資格だと言えるでしょう。

受講科目・受講時間数の違い

また、初任者研修と実務者研修では、受講科目や受講時間数に違いが見られます。

初任者研修では受講時間が130時間であるのに対して、実務者研修では450時間の受講時間が必要です。

それに加えて実務者研修では、医療的ケアの講義や実技を16時間受ける必要があり、介護の入口の資格が「初任者研修」で、「実務者研修」はそのワンランク上の資格となる位置づけだと言えます。

つまり、介護福祉士実務者研修では介護職員初任者研修にはない医療的ケアのカリキュラムがあり、介護職員初任者研修よりも受講時間数も長くなっているということです。

修了試験の有無

さらにお話すると、介護職員初任者研修ではカリキュラムを修了した後に約1時間程度の修了試験を受け、それに合格する必要がありますが、介護福祉士実務者研修ではそういった試験は義務化されておらず、スクールによっては試験を実施しているところもあるという点にも違いがあります。

修了試験の有無について気になる方は、試験を実施しているスクールなのかどうかもスクール選びのときには注意したいですね。

介護職員初任者研修についてはこちら介護職員初任者研修とは?資格は通信で取れる?費用や期間はどれくらい?ホームヘルパー2級との違いへ。

初任者研修と実務者研修の共通点

反対にこの初任者研修と実務者研修の共通点としては、受講制限がほとんどなく、基本的には職歴など問わず介護職未経験でも誰もが受講できることや、どちらも国家資格ではないものの、取得していることで就職や転職のときには無資格よりも有利になること、そして現在働きながらであっても取得しやすい資格となっていることです。

どちらの資格も未経験で挑戦できるので、誰もが目指しやすくおすすめです。

介護職員初任者研修と介護福祉士実務者研修どっちを取ったらいい?

介護職員初任者研修の資格は介護の入門的な資格であり、それと比べて介護福祉士実務者研修は医療的ケアも学べる介護職員初任者研修のワンランク上の資格として位置づけられています。

通常のキャリアパスとしては、介護職員初任者研修を修了した後で介護福祉士実務者研修を取得する流れとなります。

やはり基礎からしっかり学んで仕事に活かしたいと思う人はそのルートがオススメです。

介護業界のことを知りながら、自分の立ち位置を見定めていくことが大切ですね。

ただ、これまでお話したようにどちらの資格も取ろうと思うと費用も時間もかかってしまうため、将来的に介護福祉士などさらに先の資格も視野に入れている人や、就職や転職に有利や資格を取得して早く仕事に活かしたいと考えている方は、介護職員初任者研修を修了しないで未経験でいきなり介護福祉士実務者研修を受講しても問題ありません。

基礎から学びたい人や気軽にまずは資格を取得したい人、いきなり介護福祉士実務者研修が不安な人は介護職員初任者研修から受講、費用や時間的都合や今後のキャリアパスのためになるべく早く仕事に活かしたい人は介護福祉士実務者研修だけ受講という選び方をしていいと思います。

しかし、先程お話したように介護職員初任者研修を修了していると受講時間が短縮できるので、介護福祉士をなるべく早く受けたい人は介護職員初任者研修から修了したほうが結果的には取得までの時間を短縮できることになると思います。

介護士 次女介護士 次女

すべての受講科目を通学で学ぶ必要はなく、通信学習でほとんどの科目を受講できるのでそれもまたメリットです。

ライフスタイルに合わせて、一番学習しやすいスクールを選ぶといいですよ。


介護福祉士実務者研修の資格取得のスクールはどこがいい?

介護士 次女介護士 次女

介護の業界で効率良くキャリアアップしていきたい人によって、介護福祉士実務者研修のスクールって数がとても多くて、どこを選べばいいのか迷ってしまう人も多いと思います。

そこで、スクール選びでチェックしてもらいたいポイントについてまとめてみました。

まずはじめに、実務者研修のカリキュラムは、「通学講座」、「通信講座」などどちらも見かけますが、「学校に通うのは時間もないしちょっと面倒くさいから通信でいいや」などと決めてしまわないようにしましょう。

というのも、「通信講座」と書かれていたとしても、それは通信講座を基本としているだけであり、スクーリング(通学)も必要になるということを覚えておいてください。

受講中のサポートの有無

例えば、働きながら資格を取ろうと思っている人や、家事や育児などと両立しながらスクールに通おうと思っている人の場合、やむを得ず受講スケジュール通りにはなかなか通えないときも出てくると思います。

そんなときに、スクールによっては無料で「振替受講」が出来たり、期間内に修了できないときに延長できる「受講期間延長制度」などのサポートが整っているところがあります。

そういったスクールを選べば、もしどうしても受講できないときでも困ることはないと思います。

もちろんそういったサポートが用意されているスクールでも、無料でできるのか、追加料金がかかるのかはチェックしておきたいポイントですね。

不明点などのフォロー体制

また、スクールによっては学習した内容やわからない点などを講師の人がメールや電話などでアドバイスしてくれたり、レポートや実技試験の不明点を講師に直接その場で質問できるレッスンが用意されていたりと、学習の内容のわからないところや苦手なところをしっかりと解決できるフォロー体制がしっかり整っているところがあります。

また、介護施設を運営しているところなら、運営している老人ホームを無料で見学できたり、無料で実習が出来たりもします。

実務者研修におすすめのスクール

おすすめなスクールはいろいろありますし、どのスクールはだめでどのスクールが絶対いい、ということはありません。

スクール選びで1番大切なのは、”自分にとってどんなスクールなら通いやすいか、どんなサポートがあるほうがきちんと修了できるか?”ということです。

もちろんそれは費用的な面から安けいところを選ぶのもありだと思いますが、重要なのはしっかりと修了することなので、自宅や職場から近いなどの通いやすさや、働きながらでも安心の無料の振り替えがついているなど、そういった点を重視して選ぶほうが良いと思います。

私が調べた中で、いくつかスクールとそのスクールごとの特徴を簡単にまとめてみました。

  • 三幸福祉カレッジ…全国に教室を持ち、受講生満足度92.3%。電話1本で無料の振替受講ができるほか、受講有効期間は自宅学習+通学講習で最長3年間あるので忙しい人でも安心です。受講料は37000円から129700円など。(取得資格による)
    三幸福祉カレッジ 公式サイト

  • ニチイ…100万人以上の修了生を輩出した実績があり、最大15人の少人数制のスクーリング。応援フォローシステムや無料対策レッスンもある。通信+通学でjy受講料は52,389円。(保有資格による)
    ニチイまなびネット 公式サイト

  • ベネッセスタイルケア…ベテラン介護職の講師陣で、ベネッセの老人ホーム見学や実習が無料。スクーリングは全6回で自分のペースで進められる。受講料は37400円から158400円など。(保有資格による)
    ベネッセスタイルケア 公式サイト

  • 資格の大原…全国展開、振り替え出席が無料。通信課程(自宅学習+スクーリング)で、スクーリングは最短6日間で修了となっており、受講生満足度99.2%。受講料は63455円から105182円など。(地域、保有資格による)
    資格の大原

それぞれのスクールの特徴を理解し、自分が通いやすい&無理なく修了できるのはどのスクールなのか、しっかり考えて申し込みましょう!