利用者の笑顔が見られたりと、毎日やりがいを感じられる職業ではありますが、給料が安い割に長時間労働を強いられるなどのマイナスなイメージを抱いている人も少なくありません。

介護職への就職や転職を考えている人の中には、残業の量や深夜勤務の有無について気になっている人もいるでしょう。

実際に介護業界では、当たり前のようにサービス残業が強要されたり、人が足りてないからという理由で残業せざるを得なかったりすることがあります。

「こんなに残業させられるのは、うちの施設だけなの?」、「残業が少ない施設に移りたい」と残業時間に悩まされている介護職の人がとても多いです。

しかも残業時間がとても多いにも関わらず、サービス残業にされて残業代がほとんどもらえなかったりすることも多く、かと言って施設側に抗議することも出来ないケースもあり、「もしちゃんと残業代が支払われていたとしたら、いくらもらえてたんだろう…」と感じている人もいます。

もし残業時間が多いのに残業代がもらえていない人は、本来もらえるはずの残業代を計算してみると、かなりの金額になるかもしれませんね。

また、介護職というと夜勤とは切っても切れない関係がありますが、今回は残業時間や残業手当、残業代の請求についての他、夜勤手当の計算方法について解説していこうと思います。



介護職は残業は多い?少ない?

介護士 次女介護士 次女

介護職は、体力的にきついというイメージを持たれることが多いですね。

当たり前のように残業させられる職場だと思っている人もいるのではないでしょうか?

介護職として働いている人たちの中には、このような声をよく耳にします。

  • 残業時間が多すぎて辛い
  • 毎日サービス残業があって残業代がもらえない
  • 利用者の対応が忙しすぎて事務仕事(デスクワーク)がいつも残業になる
  • 人手が足りなすぎて定時に上がれたことがない
  • 準備や片付けは勤務時間外にやれと言われた
  • 介護や朝礼はタイムカード外

これを見て、「あーわかるわかる、うちもそうだ…」とうなずいている方も多いと思います。

介護の仕事というのは、利用者さんという人間相手の仕事なので、終業時間になったからといって介助を中断してすぐに帰ったり、帰ろうと思ったところに急遽対応しなければならないことが起きたりすると、自分だけ手伝わないで切り上げる…なんてわけにはいかないですよね。

なかなか思い通りにはいかないことも多く、その日その時の状況や緊急時によっては時間外に対応しなければならないのもわかります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

”介護職はサービス残業は当たり前だ”と上から言われてしまい、介護職を続ける以上はどこもこんなもんだろう…と諦めてしまう人も多いです。

しかし、それはその施設のやり方が間違っているだけで、介護職がサービス残業をしなければならない仕事なわけではありません。

どうしても自分が働いている施設のことしかわからないですが、介護職全体としてはどうなんでしょうか?

2019年現在から見ると少し古いデータとなってしまいますが、今確認できるもので2014年に全国労働組合総連合によって行われた「介護施設で働く労働者のアンケート」と「ヘルパーアンケート」では、このような結果が出ていました。


(全国労働組合総連合「介護施設で働く労働者のアンケート」と「ヘルパーアンケート」より)

このアンケート結果を見ると、ひと月の残業時間は最も多い回答は25.3%で、「残業はない」となっており、5時間未満が24.0、5時間から10時間未満が14.3%、10時間から15時間が13.9%でした。

1番多い回答だったのは「残業なし」で、次に多い回答も5時間未満となっており、この業界にしてこのアンケート結果は少し意外な感じもするのではないでしょうか。

しかし、最も残業時間が多い、ひと月に「45時間以上」と回答したのが2.1%もいることも見逃せないポイントです。

残業がないと回答した人が1番多かったものの、注目しなければならないのは、月に20時間以上残業している人は16.6%もいるということです。

しかし、アンケート調査ではこのような結果が出たものの、実際は残業をしていいたとしても、「申告しずらい」とか「他の従業員も我慢しているのに自分だけ言いづらい」などの理由で、調査では「残業はしていない」と回答している人ももちろんいると思います。

優しい性格から言い出しにくい人や、「自分の仕事が遅いのもあるし」とがんばり屋な人ほど、残業やサービス残業を受け入れてしまっているようです。

一般企業でも忙しい時期などは1日1時間程度残業するところは珍しくはありませんが、自分の体調や生活習慣が崩れたり、健康を害するほどの残業している人も少なくありません。

では、なぜ介護業界で残業が多くなってしまうのでしょうか?

残業、サービス残業が多くなる原因は?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護職で残業やサービス残業が多くなってしまう1番の原因は、やはり”慢性的な人手不足”です。

人手不足で業務内容もハードな上に、勤務時間内に仕事が終わらず当たり前のように毎日サービス残業が続いてしまいます。

本来利用者さん数十人の食事介助や入浴介助を3人で行うものが2人で行っていたり、夜勤明けにも関わらず残業なしでは帰れないほど人がいなかったりなど、業界全体で人手が常に足りておらず、1人あたりの仕事量や負担が増え、残業しなければ回らない状況になってしまっていることが多いです。

仕事量が多く忙しいと、勤務時間内に介護記録をつける時間も取れなくなってしまい、介護記録をつけるのはほとんど勤務時間外に書くしかなくなってしまったり、さらにひどいのは施設側が「記録は勤務時間内につけるな」とサービス残業に位置づけているところもあるほどです。

そもそもそんな風に記録をサービス残業扱いとするような施設は、そこで働く価値がありません

介護士 次女介護士 次女

申し送りや引き継ぎで時間が取られたり、定期的に行われる委員会や会議などへの出席は勤務時間外に設定されていたり、季節に応じたさまざまなイベントがある度にその準備や練習を当たり前のように勤務時間外に行うのが恒例化していることなども原因の1つよね。

はぁ…人手がこんなにも足りてないのになんでイベントだけはキッチリやるのかしら…(ボソッ

介護職の場合、他の業界と比べると仕事が長引きそうなら翌日に回せる仕事よりも”その日に終わらせて帰らなければならない仕事”が多く、さらには人間相手な仕事のため、その時いくら残業しようともやらなければ帰れない特徴があると言えます。

介護職で働く人の中には、「人がいないからと言って毎日サービス残業に給料が出ない休日出勤をして、10連勤なんてザラなのに、手取りは10万円台…」と不満を漏らす人も珍しくありません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ただ、2019年4月から『働き方改革関連法案』が施工され、残業時間と有給に対して新たなルールが設けられたことで、介護職で働く人たちの負担は少しずつですが改善に向かいつつあります。

働き方改革関連法案とは?

具体的には、週40時間を越えて労働者を働かせることができなくなり、36協定を締結するすることで月45時間、年間360時間まで残業が可能になるというもので、たとえ残業代を出していたとしても規定を守っていない場合は施設側に罰金が課せられるというものです。

また、表向きにはタイムカードを切って退勤記録をつけさせて強制的にサービス残業をさせることや、サービス残業を隠蔽した場合、会社にもその上司にも損害賠償責任が発生します。

有給に関しては、これまでシフトの関係上有給を取得できなかったり、申請しにくかったというケースも多かったと思いますが、最低でも年間5日間の休暇を取れるよう義務化されました。

詳しくはこちらの厚生労働省のページへ。
厚生労働省 「時間外労働の上限規制」

厚生労働省なども、こうしたブラックな介護施設への対策を本格的にスタートさせているだけあって、もうすでに働き方が変わってきた施設もあると思いますが、それでもまだ劣悪な残業環境やサービス残業に悩まされている人は存在しています。

ただ、残業も有無や残業時間の多さなども気になるところではありますが、残業があることそのものが悪いことではなく、残業したにも関わらず、残業代が支払ってもらえないということです。

介護のお仕事をする以上、そういった日常的な時間外労働は仕方がない部分もありますが、残業をするからにはしっかりと残業代として支払ってもらうのは当然のことです。

では、支払われていない残業代はどうすればいいのでしょうか?



未払いの残業代を請求するのも1つの方法

もし残業代がもらえず、サービス残業をさせられている場合、諦めてしまうのは早いかもしれません。

まずは自分の職場の就労規則を確認し、「みなし残業」として基本給の中にすでに残業代が含まれていることがないかをチェックしてみましょう。

みなし残業とは、ある程度の残業はやむを得ないものとしてすでに基本給に含まれているもので、これがあると残業代が出ないことも多いです。

サービス残業を強いられており、もらえていない残業代がある場合、未払いの残業代を請求することも可能かもしれません。

例えばタイムカードや日報、メールの履歴や日記、セキュリティカードの記録、シフト表など、あらゆるものでサービス残業をしている証拠を残しておくことが大切です。

ただ残業代の請求には2年という時効期間があり、2年前までしかさかのぼって請求することが出来ないので、もし未払いの残業代がある場合にはなるべく早く行動したほうがいいでしょう。

残業代の請求額が少ない場合は、会社側もすんなり支払いに応じてくれることも多いようですが、請求額が多い場合は会社側と揉めたりすることも多く、”労働基準監督署”や弁護士に相談することをおすすめします。

もし未払いの残業代がある場合、一体自分がどれくらいの残業代がもらえるのかも計算してみましょう。

残業代の計算方法

残業代=基礎時給×割増率×残業時間となります。

基礎時給とは1時間あたりの賃金のことで、月給制の場合「月給÷1月平均所定労働時間(1ヶ月あたりの平均労働時間)」で、日給制の場合は「日給÷1日の所定労働時間」となります。

割増率とは、通常の残業なら1.25倍で、深夜残業の場合は1.5倍となります。

例えば時給であればその時給額に1.25を乗じて、1時間あたりの残業代を計算しますので、時給が1500円で仕事をしている人が2時間の残業をしたとすると、1時間あたりの残業代が1875円となり、2時間の残業であれば、1875円に2を乗じた3750円が残業代です。

また、残業代を支払わないで長時間働かせているような施設とは見切りをつけて、しっかりと働きやすい環境が整っていたり、残業代がしっかり出る会社に転職するのも1つの方法でしょう。

介護職の夜勤や夜勤専従とは?

介護職と言うと残業のほか、夜勤も注目したいところですよね。

介護職は日勤、夜勤、早番、遅番など働き方がいろいろありますが、求人表にも「夜勤」と書かれていることがほとんどで、夜勤がある職場や職種だとだいたい平均で月に4回から5回程度、人手が足りていないところではそれよりも回数も多くなります。

被介護者が介護を必要とするのは、必ずしも日中だけとは限りません。

仕事内容としては食事介助や排泄介助、着替え補助のほか、夜間巡回や安否確認、ナースコール対応などがあります。

さらに「夜勤専従」とは、夜勤勤務専門で働くスタッフのことで、1回の勤務時間は長いものの、ひと月の出勤日数は10日間ほどしかなく、勤務日数が少なく昼間に自由な時間が取りやすいことや趣味やプライベートな時間を充実させたい人に向いている働き方もあります。

夜勤手当もつくので、少ない勤務日数で高収入が目指せます。

詳しくはこちらのページ実は多い!介護職を選ぶメリットと魅力・やりがい!介護業界のデメリットはどんなこと?夜勤の仕事内容や「夜勤専従」について!へ。

このように自分の生活スタイルや希望の条件に合わせて、いろいろな働き方が出来るのも介護職のメリットですよね。

介護職で夜勤のある仕事、ない仕事。形態によって違う?

介護士 次女介護士 次女

介護職の場合、夜勤をしなければならないかどうかは職場によって異なります。

勤務先によっては夜勤がないところもあるんですよ。

夜勤をしなければならない職場としてあげられるのは、特別養護老人ホームなどの介護施設です。

被介護者が24時間その場所に滞在するので、日中だけではなく深夜の時間も介護が必要になります。

そのため、介護施設で介護職の仕事をする場合、夜勤をしなければなりません。

  • 一方、夜勤をしなくてもよい介護職の職場として、デイサービスがあげられます。

被介護者が日帰りで通う介護施設なので、夜や深夜の時間に滞在するわけではありません。
そのため、デイサービスで介護職の仕事をする場合、夜勤をする必要がないのです。

デイサービスについてはこちらケアハウス、小規模多機能型居宅介護、ショートステイ、デイサービス(通所介護)などの仕事内容と特徴は?

  • 訪問介護の事業所で介護職として働く場合も、基本的に夜勤をすることはありません。

訪問介護事業者の大半は、日中の時間だけしか営業をしていないからです。

ただ、訪問介護事業者の中には、深夜の時間も営業しているところも存在します。
そのようなところで働くのであれば、訪問介護でも夜勤をしなければならないでしょう。

介護職の職場によって、夜勤があるところとないところがあるので、気になる方は事前に確認しておいたほうがよいですね。

訪問介護の詳細はこちら訪問介護員(ホームヘルパー)の資格や仕事内容、求人や給料、転職事情について



介護職の夜勤手当はどれくらいもらえる?

人間の体は日中の時間に活動をして、夜から深夜の時間は睡眠を取るようにできています。
人間の体のしくみに相反するような形で、夜から深夜の時間に仕事をする場合、体にかかる負担も大きいです。

そのようなことから、深夜勤務をすると職場から基本給とは別に夜勤手当が支給されます。
介護職で深夜勤務をこなした場合も例外ではありません。

介護職で深夜勤務をすると、どのくらいの手当が支給されるのか気になるところでしょう。
負担のかかる深夜勤務をするわけですから、その対価分はもらいたいところです。

2015年に行われた日本医労連の調査によれば、介護職の正規職員が2交替の夜勤をこなした場合、1回につき5000円から8000円程度となっています。

職場によっては、1万円を超える夜勤手当を支給してもらえるところも存在します。

非正規職員の場合は、正規職員より夜勤手当の支給額が若干少なくなるところもありますが、概ね同じくらいだと考えてよいでしょう。

  • 調査によると1回につき4000円代から8000円代が平均額です。

正規職員、非正規職員問わず、月に5回夜勤をした場合、2万円から4万円程度の手当の支給を受けられます。
毎月、基本給に数万円程度の金額が上乗せされるわけですから、その存在は大きいと言えるでしょう。

ただ職場によって、夜勤手当の支給額に差があるという事実も見逃せません。
夜勤手当の支給額の多いところでは、1回につき1万2000円から1万5000円程度となっています。

これに対して、夜勤手当を1回につき1000円台しか支給しないところもあるのです。
介護職の夜勤手当をどのくらいもらえるのかは、最終的に職場次第になります。

夜勤手当の計算方法

残業が発生したり、夜勤をしたりした場合には、基本給以外の手当が支給されることになっています。

労働基準法において、22時から5時の間に仕事をした場合、夜勤手当の支給を義務付けています。

1時間あたりの夜勤手当は、時給の25%の額です。
時給が1500円の人が夜勤で22時から5時まで勤務すると、2625円を深夜手当として支給を受けられます。



残業代などが支払われないなら、転職も1つの手!

職場にもよりますが、介護職で残業が発生した場合でも1時間から2時間程度であることが多いです。

ただ、職場の施設に入居している被介護者の体が急変するなどして、突発的な残業を余儀なくされることも少なくありません。

そのため、発生する残業時間以上に負担を感じてしまう場合があるのです。

介護報酬は、国から支給されるものなので上限が定められており、介護報酬によって得られる利益にも限度があるので、介護施設は支出を少しでも抑えようとするのです。

そのようなことから、介護職員の時間外労働をサービス残業として処理する場合も珍しくなく、もちろん全ての介護施設ではありませんが、介護施設は、できるだけ人件費を少なくしたいと考えているため、残業してもその分の手当が支給されないこともあります。

労働者は残業をした場合、労働基準法によって残業代を支給してもらう権利を有しています。

ここまでお話してきた通り、自分の時間外労働をサービス残業として扱われたら、職場へその旨を主張してみるとよいでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

残業でかかった負担分を対価として支給してもらうのは当然です。

もし、対応してもらえないのであれば、思い切って転職を考えるのも1つの手でしょう。

残業、夜勤や深夜勤務は、介護職への道を進もうとしている人にとって避けて通れない問題なので、しっかり把握しておくことが大切です!

介護職の転職先を探すなら、こちらのカテゴリ介護士の転職サイト&転職エージェントを参考にしてください。