介護の業界では、施設によって仕事の内容や、職場で求められる能力、利用する人達の介護レベルの度合いが異なります。
介護の施設は種類が多く混乱しがちですが、介護施設の特徴を理解して転職活動を行うことで、「こんなはずではなかった」という就職後のミスマッチを少なくすることができます。

ここではケアハウス、小規模多機能型居宅介護、ショートステイ、通所介護の4つの介護施設それぞれの特徴について説明します。



ケアハウス・軽費老人ホームの特徴と仕事内容、利用者は?

ケアハウス・軽費老人ホームは身寄りがない人や、家族と何らかの理由で一緒に暮らすことができない高齢者を対象としている居住施設です。

ケアハウス・軽費老人ホームには3つの種類があります。

  • 食事の提供がある「軽費老人ホームA型」
  • 身の回りのことや食事の支度は利用者が自分でおこなう「軽費老人ホームB型」
  • 食事と生活支援サービスがついた「ケアハウス」

です。

法改正により要介護者を受け入れることができない「軽費老人ホームA型」と「軽費老人ホームB型」は新たに建てられなくなり、今後は建て替え時に「ケアハウス」に統一していくことが決まっています。

ケアハウスも自分で身の回りのことができる「自立型」と、介護が必要な「介護型」があり、自立型と介護型ではサービスの内容や入居に必要な費用の額が大きく異なります。
介護型のケアハウスでは、介護をする職員が常駐し、利用者は日常生活で介助をうけることができます。

ケアハウス・軽費老人ホームに転職を希望する際は、施設によって仕事内容が大きく異なりますので注意が必要です。



自立型のケアハウスは利用者の介護レベルが比較的軽く、介護施設の中では比較的身体介助が少ないといえます。
利用者の食事の支度などを行うことが多いのも特徴です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ケアハウス・軽費老人ホームの施設では、介護職未経験者や無資格者の求人も多く見受けられます。

勤務形態は日勤と夜勤の両方が一般的で、パートタイマーなどの選択肢もあります♪

小規模多機能型居宅介護の特徴は?利用者、活躍出来る介護職は?

小規模多機能型居宅介護は基本的に自宅で生活し介護を受けている人が対象の施設です。
小規模多機能型居宅介護の施設では、デイサービス・訪問介護・ショートステイという3つのサービスを必要にあわせて組み合わせ、複合的に受けることができます。

利用者にはひとつの施設で24時間サポートが受けられるというメリットがあります。
小規模多機能型居宅介護は地域に密着したサービスで、施設のある地域に居住している人を介護の対象としています。
施設には利用者の定員が設けられ、日中のデイサービスは15名、宿泊は9名以下に限定されています。



小規模多機能型居宅介護の施設で働くと、デイサービスから訪問介護にいたるまで、幅広い知識と技術を身につけることができます。
小規模多機能型居宅介護で活躍できる職種も、看護師、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と多岐にわたります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

勤務体系には日勤と夜勤があり、施設には定員があるので利用者が限られているのが特徴です。

メインの介護は利用者の家族がおこなっているため、職員は状況把握のために利用者家族とひんぱんに連絡をとる機会が発生し、コミュニケーション能力を問われる職場といえます。

介護福祉士についてはこちら介護士と介護福祉士とは?違いと必要な資格、仕事内容、給料について、ケアマネについてはこちら介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格や求人、給料は?転職と年齢へ。

ショートステイの特徴と介護の仕事内容は?

ショートステイは、基本的に自宅で生活し家族による介護を受けている要介護認定者が対象の施設です。
普段、介護を担当している利用者の家族が都合で家を空けるときやリフレッシュしたいときに希望をだすと、利用者が連続して30日以内という短期間内で滞在し、介護サービスをうけることができます。

負担の大きい介護者の間で人気の施設で、なかなか空きが出ないことで知られています。
特別養護老人ホームがショートステイを受け入れることありますし、ショートステイ専門の施設もあります。

ショートステイには大きく分けて、「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」があります。
短期入所生活介護では、食事や入浴の介助など日常生活支援をメインに行い、日中はレクリエーションなどもおこないます。



一方、短期入所療養介護は通常の介護に加えて、医療的なケアが必要な利用者が対象で、家族が介護できない場合でも、利用者がリハビリや医師による検診などを受けながら滞在できるサービス内容になっています。

ショートステイの施設の特徴は、ショートステイの利用者の介護レベルには幅があり、短期間でめまぐるしく利用者が入れ替わる点にあります。
ショートステイの勤務体系は日勤と夜勤があります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

利用者やその家族が施設になれていないことが多く、職員には短い時間で利用者の状態を把握し、対応する能力が求められます。

利用者と家族両方に接する機会が多く、利用者もいれかわるので臨機応変さやコミュニケーション能力が問われる職場です。

デイサービスセンター(通所介護)の仕事の特徴は?

デイサービスセンター(通所介護)は、基本的に自宅で生活している65歳以上の利用者が対象の施設です。
介護が必要な高齢者の日中の食事や入浴の介助、リハビリテーション、レクリエーションなどのサービスを提供します。

デイサービスセンターは、家に引きこもりがちな利用者が孤立しないように施設につれだして、介護する家族の負担を和らげる役割も担っています。
そのためほとんどの施設が、利用者を自宅から施設まで車で送迎するサービスを提供しています。



デイサービスセンターは、ひとつの施設の対する利用者の数が多い施設で、職員に利用者ひとり一人の状態把握がもとめられる職場です。
介護レベルの比較的軽い利用者が多く、利用者と会話する機会や、利用者の家族に接する機会が多いので、社交性やコミュニケーション能力が求められます。

働き方は夜勤がほとんどなく、日曜日が休みの施設がほとんどなので、夜勤ができない人や定期の休みをとりたい人に人気の施設です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

デイサービスセンターは、転職してはじめて介護の仕事につく人に多く選ばれる、未経験者の求人も多い施設です。
送迎サービスがあるので、職員として働くためには介護の資格以外に運転免許が必要になることがあります。

デイケア(通所リハビリテーション)の特徴と仕事内容は?

デイケア(通所リハビリテーション)は、基本的に自宅で生活している65歳以上の利用者が対象の施設です。

病院やクリニック、老人保健施設によってサービスが提供され、利用者は医師の指導にもとづいて、機能訓練やリハビリテーションをうけることができます。
そのためデイケアには医師や看護師はもちろん、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの医療専門スタッフが多く配置されています。

デイケアはデイサービスと混同されることが多いのですが、デイケアは利用者のリハビリを主な目的としています。
ただ利用者は、食事や入浴の介助のような生活介護サービスもあわせて受けることができるのが特徴です。



デイケア(通所リハビリテーション)に転職すると、勤務スタイルは日勤がメインとなります。
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの介護に関する資格をいかせる職場です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

デイケアで働くことで、職員はリハビリに関する知識を増やすことができます。

デイケアには医療スタッフが常駐しているのでアドバイスをもらいながら、いろいろな障害や疾患を持っている人のケアの経験を積むことができます!

ひと口に介護の仕事といっても、さまざまな施設があります。

未経験でこれから介護の仕事をはじめる人から、専門的な資格やスキルを持ちさらなるステップアップを目指す人まで、それぞれ自分にあった働き方ができる職場を見つけることができるよう、それぞれの施設の特徴について理解を深めて、転職にのぞみましょう。