一口に介護業界といっても様々な職種が存在し、どの仕事もそれぞれが社会に求められている重要な仕事ではありますが、その仕事によって、必要な資格や仕事内容、職場での待遇面に違いがあったりします。

同じような名前の職種や資格がたくさんあるので、はっきりと違いがわからない人も多いと思いますが、「こんな風に働きたい」とか「こういう仕事がしない」など、自分の将来のキャリアプランに合わせて、違いをしっかり知ることでどんな資格や職種を目指せばいいのか明確にしましょう!

同じような仕事だと思っていても、「そんな違いがあるんだ!」と新たな発見があれば、介護業界で転職を考えている人も進むべき進路がはっきりすると思います。

まずはよく混合してしまいやすい、「介護士」と「介護福祉士」について解説していきます。



「介護士」と「介護福祉士」との違いは何?

「介護士」と「介護福祉士」は名前が似ていますが、そもそもこの「介護士」というのは、介護職員全般を指すもの、つまり老人ホームやデイサービスなどさまざまな介護施設や、介護を必要としている方の自宅において、食事の介助や入浴介助、排泄介助などを行う介護業界で働く人全てをそう呼びます。

介護福祉士のことも省略して介護士と呼ぶこともありますが、介護士とはそもそも介護に関わる仕事をしている人全てをそう呼ぶことが多く、無資格で働ける仕事も含んでいますが、介護福祉士とは国家資格が必要になる仕事ですので、この2つは似ているようで全く同じものを指しているわけではありません。

介護士 次女介護士 次女

介護士は介護職全体を指すもの、介護福祉士は介護士の中でも介護福祉士という国家資格を取得した人しか名乗れないと言うことです。

未経験、無資格でも介護士として働き始めることは出来ますが、やはり介護の現場で働く人の多くは現場の最上級である介護福祉士の資格を目指して働いています。

また、介護士は年齢や資格の有無に関わらず「ヘルパー」や「ケアワーカー」と総称して呼ばれることもあり、さまざまな呼び方がされるので混合しやすいですが、こちらも厳密には国家資格が必要になる介護福祉士とは別物であり、混合してしまわないようにしましょう。



介護士は介護職全体を指すものであり、介護福祉士は国家資格を有している人とは言え、どちらも仕事内容は基本的に大きな違いはありませんし、活躍できる場所・働ける場所も大きな違いはありません。

例えば最初にお話したような、食事介助、入浴介助、排泄介助のほか、身の回りのお世話、介護施設でのレクリエーション活動、メンタルケア、介護に関するアドバイスや相談の対応などです。

ただ、介護福祉士は国家資格なだけあり、介護士よりも知識や技術は上だと認識されますし、介護士に指示したり指導するような現場の責任者となったり、介護のスペシャリストとして介護の現場での立場に大きな違いがあると言えます。

介護福祉士という国家資格を持っていれば、同じ仕事をしていても基本給や資格手当などで違いが出るので、介護士とは給料も変わってきますし、待遇や役職面においても違いますので、就職や転職時にも有利になることが多いでしょう。

求人などを見ても、介護福祉士のほうが正社員としての求人が多く、介護士で見るとアルバイトやパートなどの非正規職員としての求人が多い傾向にあります。

給料については、資格を取得していない介護士よりも介護福祉士のほうが、具体的にどれくらい高いのかというと、条件や地域などにより多少差はありますが、だいたい2万円から4万円ほど介護福祉士のほうが月給が高くなる傾向にあります。

介護福祉士の給料や転職時に有利なのかについては、この先で詳しくお話しています。

簡単にまとめると…

  • 仕事内容…どちらもそれほど違いはない
  • 待遇、役職、立場…国家資格である介護福祉士のほうが良い
  • 就職、転職時…国家資格である介護福祉士のほうが有利なことが多い

そのほか、さまざまなシーンで介護福祉士のほうが優遇されることが多いと言えます。

そのほか、ヘルパーと聞くと「ホームヘルパー」という似た言葉もありますが、ホームヘルパーは「訪問介護員」のことで、要介護者の自宅を訪問して介護を行うものです。

このホームヘルパーについては、介護職員初任者研修や実務者研修などの認定資格が必要となり、詳しくはこちらのページ訪問介護員(ホームヘルパー)の資格や仕事内容、求人や給料、転職事情についてでお話しています。



介護福祉士になるためには?資格は?

介護士 次女介護士 次女

未経験や無資格でも始められる介護士は、最近では40代や50代、60代から転職する人も多いんですよ。

年齢や性別問わずキャリアアップを目指せる職種として、とってもオススメです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

無資格でも問題ないとは言え、介護士として実際に介護の現場で働くことを考えれば、「介護職員初任者研修」(旧ホームヘルパー2級)の資格を取得しておくと、介護の知識や技術を基礎から学ぶことができるため、働きやすくなるでしょう。

つまり介護士として働くには資格は必要ないものの、今後将来的に介護福祉士の資格を目指す上でも基礎から学ぶことはとても重要です。

介護職員初任者研修を学ぶには、民間が開く講座を受講する形となります。

受講修了までに必要な時間は130時間であり、スクールによって平日夜間や土日祝日でも学べたり、通学と通信学習を併用できたりします。

資格の取得までには1ヵ月~4ヵ月が平均であり、費用もスクールによって異なるものの2万円~13万円程度で学べます。

従来のホームヘルパー2級の資格と違って、最後に修了試験がありますが、講座の内容を確認するレベルなのでしっかりと勉強しておけば大丈夫です。



また、さらに上のステップとして「介護職員実務者研修」(旧ホームヘルパー1級に相当)もあり、キャリアアップしていくこともできます。

介護福祉士になるためには介護福祉士の国家資格を取得する必要があり、この国家資格取得の主なルートとしては①実務経験ルート、②介護福祉士養成施設ルートの2つのルートがあります。


①実務経験ルートというのは、3年以上(従業期間3年(1095日以上)かつ従事日数540日以上)の実務経験および、実務研修の修了、または介護職員基礎研修+喀痰(かくたん)吸引等研修の修了を経て、実技試験免除で国家資格に合格するルートです。

②介護福祉士養成施設ルートは、高等学校を卒業し、2年制以上の介護福祉士養成施設を卒業した後で実技試験免除で国家資格に合格するか、もしくは高等学校を卒業したのち福祉系大学または社会福祉養成施設や保育士養成施設のいずれかを卒業し、1年制以上の介護福祉士養成施設を卒業し、国家資格に合格するルートです。(国家試験の義務付けは2022年度から予定)

そのほか、さらに詳しいものが公益財団法人社会福祉振興・試験センターの公式サイトで紹介されていましたので、こちらも参考にどうぞ。


(公益財団法人社会福祉振興・試験センター介護福祉士国家試験より)

介護福祉士の資格は、介護系で唯一認められた国家資格であるため、それだけ専門性が求められています。

さらに、5年以上の実務経験があれば介護支援専門員(ケアマネージャー)の受験資格が得られることとなります。

ケアマネージャーについてはこちらのページ介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格や求人、給料は?転職と年齢へどうぞ。

介護福祉士の国家資格とはどんなもの?

介護福祉士の国家試験は1年に1度、筆記試験は毎年1月下旬、実技試験は毎年3月下旬に、公益財団法人社会福祉振興・試験センターによって実施されています。

公益財団法人社会福祉振興・試験センターとは、厚生労働大臣からの指定を受けた指定試験機関、指定登録機関であり、介護福祉士国家試験の実施や登録などを行う機関です。

筆記試験会場は北海道から東京、愛知、大阪、鹿児島、沖縄など全国34箇所にあり、実技試験は東京と大阪の2試験地のみで、どの会場で試験を受けるかは出願時に選択することができます。

筆記試験はマークシート方式で、「人間の尊厳と自立、介護の基本」、「医療的ケア」、「介護過程」、「総合問題」など11科目から約125問が出題され、配点は1問につき1点となっており、実技試験は介護等に関する専門的技能についてです。

受験手数料は15,300円、合格基準は毎年変わるものの、全体の約60%以上の得点があり、なおかつ全科目において得点があることなどが合格ラインとして定められています。

ちなみに2019年に実施された第31回介護福祉士国家試験では、受験者数は94,610人、合格者は69,736人、合格率は73.7%だったそうです。

介護福祉士国家試験の過去の試験問題や申込みについてはこちら↓

公益財団法人社会福祉振興・試験センター 介護福祉士国家試験

また、2015年12月から介護福祉士の上位資格として「認定介護福祉士」という民間資格の認定が開始しました。

この認定介護福祉士は試験があるわけではなく、介護福祉士として5年以上の実務経験のある方で、養成研修を修了した人が申請し受理されることで資格取得ができます。

まだ開始されたばかりの資格ですが、介護福祉士の先の新たなキャリアプランとしておすすめです。

介護士と介護福祉士の給料・年収はどれくらい?

介護士の給与は資格の有無などによって異なるものの、月15万円~となっています。
年収に換算すると270~400万円が相場だといえます。

介護福祉士と基本的な業務内容は同じですが、資格を保有していない場合は資格手当などは付きません。
労働時間は一定であるため、一般の会社員と比べると拘束時間は少ないといえるでしょう。

介護福祉士の給与は、年齢や経験・雇用形態や働く事業所によって異なるものの、手取りで15~17万円が一般的です。
ここに資格手当などの各種手当や賞与などを含めて、年収で250~400万円ぐらいだといえます。

他の業種と比べても高いとはいえませんが、介護ニーズの高まりと共に、長く安定して働くことができます。



事業所の中には社会福祉法人もありますが、都道府県の公務員に準じた給与体系となっているため、期末手当や福利厚生の面で手厚い場合もあります。
介護福祉士の資格があると、10,000円程度の資格手当を付けている事業所も多く見られます。

基本給は少ないように感じても、休日割増や休日手当、夜勤手当があるため給与に加算されます。
また、介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得していると、待遇が優遇される可能性あります。

介護支援専門院についてはこちら介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格や求人、給料は?転職と年齢

介護士、または介護福祉士が活躍出来る職場・施設は?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護士や介護福祉士が活躍できる職場は、高齢者や障害者が利用する介護サービスによって様々なものがあります。
主なものとして、「居宅でのサービス」「施設でのサービス」「地域密着型サービス」があげられます。

訪問介護や在宅介護といった「居宅サービス」の現場では、在宅で介護を必要とする利用者に対して、家事や身体介助を行います。
居宅サービスを提供する事業所において、訪問介護員として働いていくことになるのです。

また、「サービス提供責任者」としてホームヘルパーの指導や管理にあたったり、ケアマネージャーと連携して訪問介護計画書を作成したりもします。
その他に、デイサービスなども活躍できる職場の中に含まれます。

サービス提供責任者についてはこちらサービス提供責任者(サ責)の資格や仕事内容、働く施設は?転職で給与は上がる?、デイサービスについてはこちらケアハウス、小規模多機能型居宅介護、ショートステイ、デイサービス(通所介護)などの仕事内容と特徴は?へ。

「施設サービス」は、特別養護老人ホームや老人保健施設で介護サービスを行います。
「地域密着型のサービス」では、グループホームなどで働くことになります。
主に、認知症の利用者に対して介護サービスを提供していくことになるといえます。
また、地域医療を支える病院などの医療機関での勤務もあります。

特別養護老人ホームについてはこちら有料老人ホーム、特養、老健、グループホーム、サ高住など働く場所の種類と特徴!仕事内容は?

介護サービスは高齢者ばかりが利用するのではなく、障害を持った人に対しても行ないます。
高齢者を対象とした「介護保険制度」があるように、障害者分野でも「障害者自立支援法」という制度があります。

知的障害、身体障害、知的障害などの障害に合わせて、自立支援や生活の質を向上させるために、介護の役割を担うのです。
身体障害を持つ人の介護をする「身体障害者寮護施設」、「重症心身障害児施設」で障害を持つ子どもたちの介護を行うなど、介護士や介護福祉士は様々な場所で働いているといえます。

介護福祉士の資格があると、転職にも有利って本当?

介護福祉士の資格を持っていることは、転職や中途採用の場面でも有利に働きます。
介護施設等の求人では「介護職員初任者研修以上の取得者」といった記載が見られますが、施設側からすれば経験豊富な介護福祉士を雇用したいという側面が強いのです。

ただ、実際には介護業界は慢性的な人手不足であるため、初任者研修以上といった書き方になっています。
介護福祉士の資格があることで、働きやすさや待遇の面で有利な職場に転職することが可能です。

介護職員初任者研修についてはこちら介護職員初任者研修とは?資格は通信で取れる?費用や期間はどれくらい?ホームヘルパー2級との違い

一般的に転職は35歳以上は厳しいと言われていますが、介護福祉士の資格保有者にとってはあまり関係のない話でもあります。
それくらい世の中のニーズが高いため、介護の世界に入った人は介護福祉士の資格を取得を目標にする傾向にあります。



介護の世界で働く場合には、自分自身に合った働き方を求めていく必要があります。
介護ニーズの高まりと共に、意欲があれば長く安定して働くことは可能です。

しかし、待遇面や働き方など将来のことを考えるのであれば、キャリアアップを目指してみるといいでしょう。
介護職員初任者研修から始まり、実務者研修を修了することでサービス提供責任者にもなれます。

さらに実務経験を積むことで、介護福祉士やケアマネージャーの道も開かれていきます。
特に国家資格である介護福祉士の資格は転職にも有利であるため、ライフスタイルの変化に合わせて自ら働きやすい環境を整えていくことができるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護の現場を支える介護士と介護福祉士は、今後も活躍できる場が増えていきます。

給与面やキャリアパスをよく考えて、最適な職場を見つけてみてください!