多くの業界では年収アップを目指して転職する人が多く、転職を決断することで自分の可能性を広げることができたり、キャリアアップできたりなど、転職のメリットは介護業界でも共通しています。

介護業界というのは未経験や無資格でも転職しやすい業界だと言われていますが、未経験者・無資格でスタートした後に現場でキャリアを積んだ先で、将来的に介護施設の管理者や施設長を目指そうとしている人も少なくありません。

施設の管理者や施設長とは、名前でも想像つく通りその施設の責任者のことで、施設全体をまとめるだけではなく、経営面にも携わることで、施設を支えています。

そんな介護施設の管理者や施設長など管理職の仕事内容や役割、役職者の違い、管理職に就くために必要な資格や求められるスキル、平均年収、活躍できる職場などについて解説していきます。



介護業界における、管理者や施設長とはどんな人?仕事内容とは?

介護の分野における管理職に値するのが、「管理者」や「施設長」と呼ばれる人物で、介護スタッフのほか、主任や副主任、リーダーのさらに上の役職です。

管理者や施設長など役職の呼び方がいろいろあるのは、その施設ごとで異なるためで、例えば「管理者」や「施設長」のほか、「ホーム長」や「センター長」、「事業所長」と呼ばれることもありますが、どれもその施設全体をまとめるトップの責任者であることに変わりはありません。

施設長の配置基準は、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどで、常勤の管理者1名が義務付けられており、その介護事業所の経営者がなることもあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

その事業所の統括責任者として、重要なポジションにあるのが管理者や施設長です。

そんな管理職の仕事内容は、人や物、お金の管理・マネジメント業務が基本となります。

仕事内容についてさらに詳しく見ていきましょう。

  • 収支のマネジメント

仕事に対する視点が変わることで、介護業界で管理職や管理職候補になると仕事内容も大きく変化します。

一従業員だった時代には、与えられた仕事をこなすことで収入を得ることができたと思いますが、管理職になれば経営の立場に近づき、より職場全体のことを考えることが必要とされます。

利用者や従業員全員が幸福に過ごせるような環境を作ることが、管理職の優先事項だといえるでしょう。

そのためにはまずその施設の利用者を確保しなければならず、予算の中で広告を出し営業活動をするなどして施設の宣伝をし、入居を検討している人や見学者への対応をはじめ、収益を出すために利用者を勧誘する必要があります。

利用者との契約業務のほか、保険請求、介護報酬の収益管理、食材費や人件費、光熱費などの経費管理・計算など、収支のマネジメントも大切なことです。

特に有料老人ホームなど民間企業が運営する事業所では、いかに利益を出し、無駄なコストを削減したりコントロールすることも求められるでしょう。

  • 運営のマネジメント

次に、利用者が安心して過ごせるよう施設の設備を整えていくことも大切な仕事で、必要な機材を揃え、施設に不備があれば迅速に対応していきます。

そのためには、介護現場の声に耳を傾けたり、いろいろな意見を取り入れてまとめるスキルも必要になります。

定期的にサービスの質チェックをしたり品質向上のための指導や改善方法などを職員に提案したりして、品質が落ちないよう常に気を配ることも仕事となります。

  • 利用者のマネジメント

施設の利用者と直接触れ合う機会が多いのは現場の介護職員ですが、施設の責任者にあたる管理者や施設長も、利用者の既往歴など現状を把握しておいたり、ケアプランに沿って適切なサービスが提供されているかをチェックしたり、感染症などのリスク管理も行います。

もちろん利用者の入居時や退去時には、利用者本人とその家族との面談を行ったり、なにかトラブルが起きたときなどのクレーム対応も管理職のしごとになります。

  • 職員のマネジメント

また、従業員の教育も管理職としての重要な仕事であり、有能な従業員を育成できれば、管理職が現場に関わる時間を短縮して、営業やスケジュール管理に集中することができ、そうすることで施設の評価も高くなり、利用者の満足度も向上に繋がります。

新しく就職、転職してくる介護職員の面接から採用、入社後の教育や指導、現場に合わせた人員配置を行い、何か問題が起きたときには人員配置を見直して再配置したりなど、率先して問題解決を行わなければなりません。

管理職になると、やらなければいけないことが多くなり、介護職員として働いているときよりも心身ともに疲れてしまうことも珍しくありません。

しかし、自分の力で職場をどんどん改善できるプロセスにやりがいを見出すことができ、「こんな介護を実現したい」、「こんな施設を作りたい」など、役職が上がれば介護への思いや要望、希望などをそのまま反映しやすくなるのです。

目指すビジョンが実現するよう自分が努力した結果、生活の中で利用者が笑顔で過ごしていたり、スタッフが生き生きと働いている姿が見られるのは、本当にやりがいがあるとともに他では感じられない達成感があると言えます。

ただ、経営効率や利益ばかりにこだわりすぎてしまうと、品質の良いサービスが提供できなかったり、スタッフから不満が出てしまったりモチベの低下に繋がりかねないので、いかにそのバランスを上手く取れるかが重要になってきます。

また、管理者・施設長に1番大切なのは、スタッフを思いやる気持ちや気配りする気持ちです。

スタッフや利用者のことを家族のように愛情を持って接することができる人が向いているでしょう。

管理職に求められることについては、このさきでも詳しくお話しています。



介護業界の管理者・施設長になるには?資格要件

介護職は特殊な技能が求められる専門的な分野であるため、管理職や管理職候補にも資格が必要とされる職場が目立ちます。

介護業界でキャリアアップしようと考えるなら仕事と並行して、的確な資格を取得することが望ましいでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護職を行うためには正式な資格が必要なわけではありません。

しかし、リーダー格の役職に就きたいと考えるなら、ホームヘルパーや介護福祉士の資格を取得しておいたほうが有利に働きます。

これらの資格は取得に時間と努力が必要であり、仕事への真摯さを証明するためにも取得すると自己PRができます。

ただし施設の責任者になれば、特別な資格が必須になることもあります。
たとえば、老人ホームの施設長は「社会福祉施設長サービス管理研修」を修了していることが絶対条件です。
また、介護老人保健施設の総責任者は医師免許がなければ任命されることができません。

訪問介護の管理職にも、看護士免許や保健師の免許取得が義務付けられています。
資格がないまま介護の仕事を続けていると、長年勤続してもキャリアアップができにくくなり、モチベーションが下がってしまうこともあります。

訪問介護についてはこちら訪問介護員(ホームヘルパー)の資格や仕事内容、求人や給料、転職事情について



長期的なキャリアを形成し後進の教育にも関わりたいのであれば、資格を早い段階で取っておいたほうがメリットは大きいといえるでしょう。
また、介護の資格以外にもエクセルや簿記など、社会人として必要なスキルを磨くのもキャリアアップの役に立ちます。

管理職・管理職候補に求められるスキルや人間性とは?

介護士 次女介護士 次女

やりがいも多い施設長や管理者だけど、そういった管理職にはどんなことが求められるのかな?

  • 1.実務能力の高さ

介護業界で管理職に求められるスキルは、まず実務能力の高さです。

全ての業種で、管理職が現場の仕事のエキスパートである必要はありませんが、少なくとも介護職においては管理者が施設の手本になることが大切です。

従業員は管理職の背中を見て育ち、その施設で介護職員としてのキャリアを重ねていくので、悪い影響を与えないよう一介護職として誰よりも努力家でスキルも高いことことが求められます。

また、介護のリアルな現場を知っていることで、実践的な経営案を考えることができるでしょう。

  • 2.コミュニケーション能力

次にコミュニケーション能力を備えていることも管理職の条件だといえます。

管理職は複雑な立場であり、上司と現場の板挟みになることも少なくなく、それに加えて利用者や家族への対応も任せられているので、コミュニケーション能力が低い人だとすぐにストレスを溜め込んでしまいます。

さまざまな立場の人とも楽しく会話ができ、それぞれの思いや心情を汲み取れる管理職は、スタッフからも利用者からも信頼される傾向があります。



  • 3.熱意

そして、介護業界について熱意があることも肝心です。

単なる収入の手段ではなく、介護業界に関わることで喜びを感じ、より良くしたいと考えられる人は施設に好影響を与えられます。

これは介護業界に関わらずどの経営者であっても同じことが言えますよね。

介護業界には賃金問題、人手不足、高齢化社会といった課題が相次いでおり、いずれも解決が急務となっており、高い問題意識を持って積極的に変革を促せるような人材は、忙しい管理職にもめげずにやり遂げることができると思います。

管理職・管理職候補の平均給与、年収とは?

一般的には、普通の介護職員よりも管理職のほうが、収入が高くなる傾向があると言われています。

これは管理職にはより責任が求められるので、「管理職手当」が加わることが多いからです。
もちろん、介護業界でも管理職になると収入はアップするためです。

介護労働安定センター発表の「平成26年度介護労働実態調査」によると、介護職の実賃金が237,785円であるのに対し、管理職は384,607円と約1.7倍も収入が増えていることがわかりました。

ただし、一概に「管理職になると収入が安定する」と言い切れないのは、労働内容と賃金が見合っていないケースも存在するからですが、たとえば多くの企業では、管理職には役職手当をつける代わりに残業代を支払わなくなることがあります。

また、普段課せられている責任の重さ、感情労働の質を考えるともっと多くの賃金が支払われても妥当である、との見方もできます。

賃金に関しては企業によって全くシステムが異なるので、転職活動の際によく確認しておくことが大切です。

例えば介護労働安定センターが発表した「平成26年度介護労働実態調査」によれば、医療法人や地方自治体の介護施設では管理職になれば大幅に収入が高くなるのに対し、民間の介護施設では管理職になっても急激な収入の差は生まれないことが判明しており、企業の規模などによっても収入は左右されるでしょう。

管理職・管理職候補の求人、転職について

管理者や施設長などの管理職や管理職候補の人が活躍できる職場は、デイサービスやショートステイ、グループホーム、特別養護老人ホームや養護老人ホーム、有料老人ホーム、ケアハウス、サービス付き高齢者向け住宅、訪問介護事業所など、さまざまな職場があります。

もしも現在の職場で妥当な境遇を与えられていないと考えるのであれば、管理職や管理職候補として転職を目指すのも有効です。
介護業界では管理職を求めて求人を行っている企業も少なくありません。



理由としてはまず、慢性的な人手不足により人材が定着せず、管理職を任せられるようなベテランが見当たらないことです。

そのため、経験値の高い介護職を外部から招きたいと考えている企業も数多く存在します。

次に「管理職候補」と限定して求人を行うことで、有能な人材を絞り込みたいという意図がある企業を見つけることができます。

求人をよく読むと、必要資格や経験について細かく条件が設定されていることがありますが、そういった施設では介護の質を高めるためにも、管理職を任せられるほどの人材を求めているといえるでしょう。

ただし、管理職や管理職候補の求人は普通の求人よりも採用率が低くなります。

資格を取得していなかったり、経験が浅かったりする場合は書類選考の時点で落とされることもよくあります。

書類だけで自分のスキルややる気、熱意を伝えるのはとても難しく、面接までこぎつけない人も多いのが難点です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

自力で転職活動を行なうだけではなく転職エージェントなどに相談して情報収集すると、あなたのキャリアアップをサポートしてくれます。

自分に今、なにが足りていないかを知る良いきっかけにもなるかもしれませんよ。