介護の仕事は大変だとよくいわれます。
施設利用者の食事や入浴の介助など、意外と身体を使った仕事が多く、特に女性にとっては激務だともされています。
こうした大変さや激務だというイメージが先行して、介護の仕事に対して良くない印象を抱いている人も多いのではないでしょうか。

それでは、実際に介護に従事している人は、どんな理由や動機で仕事に就いているのでしょうか。
さまざまな側面から検証してみることにしましょう。



みんなが介護職を選ぶ理由は?志望動機で多いのは?

介護士 次女介護士 次女

介護の仕事は、確かに気軽にできるものではないかもしれません。

実際、介護の仕事は肉体的にも精神的にも大変な仕事だし、夜勤や早番など労働時間も不規則な傾向があるため、さまざまな苦労や労力が伴う仕事だと言えると思うわ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ただ、実際の介護の仕事はもちろんこうした大変な側面ばかりではないわね。

介護の現場で実際に働いている介護職員の中には、介護業界に大きな希望を抱いて仕事を始めたという人も決して少なくないのです。
大変な業界だからこそ、仕事から得るものは大きいと言えます!

介護職員が仕事を始めた理由の中で多いのが、例えば「介護は働きがいのある仕事だから」ということ。
社会に出て仕事をするうえで、そこにやりがいを見出すことができないと、どうして働いているのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

介護の仕事は、働くこと自体がやりがいになりやすく、多くの介護職員が介護の仕事に従事していることに誇りをもっているということがわかります。



また、介護業界は離職率が高い職業だともいわれますが、実はこうした高い離職率は必ずしも介護の仕事から離れる人の割合を示す数値ではありません。
介護業界は施設から施設への転職の割合が高く、こうした実情が高い離職率として現れているのです。

介護士 次女介護士 次女

私も今、他の介護施設への転職活動中だから、介護は辞めないけど転職他の施設への転職を希望している人は多いのかも。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

そうね。
つまり、介護の仕事は転職を重ねることでキャリアアップを図りやすい業界でもあり、実際に介護職を選ぶ理由や志望動機の中にも、資格が生かせるからという点を挙げる人が少なくありません。

このように激務といわれる介護業界ですが、実際に働いている人は大きなやりがいや意欲を持って仕事に臨んでいるのです。

介護職を選ぶことで感じられるやりがいは?

介護士 次女介護士 次女

介護職は大きなやりがいや働きがいを得られる仕事だけど、みんなは実際に介護の現場で働くことでどのようなやりがいを感じているんだろう。

まず、介護の仕事は人と人との結びつきを大切にする仕事です。
介護の現場で働いている人は、施設の利用者やその家族と密接に関わっていくことになります。
その過程で、他の仕事では味わえないような感謝の気持ちを示されるということも、決して珍しいことではありません。

介護施設に入所した当初は、暗くふさぎ込んでいた利用者が、施設を利用することで徐々に明るくなっていったときや、利用者本人やその家族から「ありがとう」とか「いつも悪いね」などの言葉をかけられたときなど、介護の仕事をやってきて良かったと感じることは働くうえで決して少ないことではありません。



また、介護の仕事に慣れてくると、責任こそ新人のころより増してくるものの、感じられるやりがいはそれに比例して大きくなってくるものです。
介護施設のリーダーとして、介護のあるべき姿を模索したり、より良い介護を求めて試行錯誤したりなど、仕事そのものが大きなやりがいになっているという人もいます。

介護の現場では、高齢者の方々と直に接していくことになります。
人生の大先輩である高齢者の方との触れ合いの中から、それまでの人生を見直したり、新しい気付きを発見したり、自分自身の成長につながることもあり、それをやりがいに働いている介護職員も少なくありません。

介護の仕事は一種特殊な仕事でもあるため、他の仕事では得ることのできないやりがいを感じることができる仕事だといえるでしょう。

介護の仕事で求められることはどんなこと?

介護士 次女介護士 次女

介護の仕事と聞くと、やはり食事の介助や入浴の補助など、いわゆる高齢者のお世話というようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

高齢化がどんどん進行している世の中にあって、介護の仕事が社会に果たす役割はとても大きなものになっているといえます。
しかし、実際の介護の現場で職員に求められている役割はそれだけにとどまりません。

実際、介護の現場で職員たちが行っている働きは、こうした高齢者の身の回りのお世話だけでなく、広く高齢者の生活全般にかかわる自立支援が中心です。

介護の仕事が持っている役割というのは、高齢者が自立して介護サービスを受けられるように支援するということです。
介護が必要な高齢者は介護保険制度によって、適当な介護サービスを受ける権利があります。



しかし介護保険制度は複雑な制度でもあり、一般の人が自力で理解するのは難しい分野でもあります。
介護従事者はこうした複雑な介護制度を理解し、かつそれをよどみなく高齢者に提供する橋渡し役のような存在なのです。

ある高齢者にはどのような介護サービスが適当か、それを本人やその家族と相談しながら決めていくのも介護職員の役割の一つです。
つまり、単なる身の回りの世話役ではなく、介護の仕事で求められる役割はそれこそ多岐にわたっているのです。

高齢化が進む現代にあって、介護は人々の生活になくてはならないものになっています。
それを担う介護の仕事は、いわば社会に必要不可欠な存在でもあるということなのです。

介護職に向いている人はこんな人

介護の仕事は人と人との関わり合いの仕事です。
高齢者本人だけでなく、その家族とも深い付き合いをしていくことになります。

そのため、介護職に従事するためには、まずコミュニケーションがしっかりできる人でなければなりません。
介護職の仕事には利用者本人やその家族の漠然とした相談に乗ったり、その利用者にあった介護プランを親身に説明したりする仕事もあります。

そこでは利用者やその家族との信頼関係がなければ、相手もこちらの提案に不満を持つかもしれませんし、腹を割った意見の交換もできないかもしれません。
それだけに、介護職にはコミュニケーションがしっかりできるという人が向いているといえます。

しっかりしたコミュニケーションができるということは、また人間力が高いということでもあります。
高齢者の中には認知症を患っていたり、身体的に障害を持っていたりする人もいます。

そうした高齢者と接する際に見下したり蔑んだりせず、一人の人として丁重に接することができるということも介護職に就くうえで必要な資質の一つだといえます。



また、こうした能力面だけでなく、性格的にも介護職への向き不向きがあるものです。
たとえば性格が明るい人や、世話好きな人はすぐに介護の仕事に慣れることができるでしょう。

明るい性格の人は高齢者からも好かれやすいですし、特に物事をハッキリと伝えられる人なら、施設内でリーダーシップを発揮できるので、職場でも重宝される存在になるかもしれません。
世話好きというのは、高齢者の世話をする介護職にはまさに打ってつけの性格といえるでしょう。

介護職に向いていない人はこんな人

逆に介護職に向いてないという人もいます。
まず能力的な側面では、やはり高齢者を見下すような人は介護の仕事に向いていません。

介護が必要な高齢者の方はさまざまな障害や困難を抱えているものです。
しかし、介護職員の中には、そうした高齢者と接する中で、だんだん高齢者を見下すような態度を取ったり、人間的な扱いができなくなってしまったりする人もいます。

そのように高齢者の方を差別的に扱ってしまうような人は、やはり介護職には向かないといわざるを得ないでしょう。

また、人と人との関わり合いの仕事である介護職は、集団で行動するのが苦手という人にも向いていないといえます。
介護においては、個人で行うような仕事はほとんどないと考えて差し支えありません。

高齢者の入浴の介助をするにしても、二人一組のチームで業務を行っていきますし、介護プランを考える際も生活相談員やほかの介護職員の意見を聞くとか、また看護師や理学療法士と相談しながらプランを策定することも多々あります。

独善的な行動は職場の和を乱しかねず、たとえば一人で黙々と作業をするのが好きというような人は、もしかしたら介護職には向いていないといえるかもしれません。
介護職には集団性や協調性が必要とされるため、場の空気を読むことが苦手な人は苦労するのではないでしょうか。

このように、介護の仕事は人によって向き不向きもあるかもしれませんが、大きなやりがいや責任が伴う社会に役立つ仕事でもあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護業界で転職を考えている人も、これから介護職へ就こうと考えている人も、まずは自分が介護に向いているかどうか考え、介護の仕事にどのような意欲を持って臨もうとしているのか、ぜひ考えてみてください!