介護職はさまざまな仕事の中でも肉体的、精神的ストレスが高いといわれています。
中には限界を感じて「辞めたい」と思い始める人もいるでしょう。

しかし、勢いで辞めてしまって後悔する前に最良の手段をゆっくりと考えてみることがおすすめです。
ここでは、介護職を辞めたい人に、経験を活かせる転職の方法についてまとめました。



まずは、介護が嫌なのか職場(会社)を嫌なのか?を考える

介護職を続けていると、さまざまな壁に当たることがあります。
まずは、とにかく襲ってくる忙しさです。

介護の現場は慢性的な人材不足に悩まされています。
現状の職場でも、残業や休日出勤が日常化している人は多いでしょう。

介護士 次女介護士 次女

すでに心ではつらいと感じ始めていても「同僚もみんながんばっているし」と考えてしまうと弱音を吐くこともできず、余計にストレスがたまってしまいがちです。

利用者やスタッフとの関係性も、介護職をつらいと感じる要因です。
もちろん、良好な人間関係を築けている介護職も少なくありませんが、残念ながらその逆のパターンも存在します。

利用者の行動に悩まされたり、上司から過剰に厳しい指導を受け続けたりしていると心が折れてしまう人もいるでしょう。



他にも給料や通勤の便、高齢の利用者と別れの日がやって来る悲しみなど、介護職をむしばむ問題はたくさんあります。
「いっそ異業種に転職したい」と決意する人がいるのも不思議ではありません。

しかし、そんなときは介護職が嫌なのか、現状の職場が嫌なのかを冷静に見極める必要があります。
仮に現状の職場が嫌だとしても、全く改善の余地がないかは確認したいポイントです。

上司と話し合いの場を持ってもらい意見を伝えても状況が変わらないなら、その時点から転職を視野に入れてみましょう。
そもそも上司が話をする時間すら確保してくれないなら、よりいっそう転職がおすすめといえます。

人間関係や経営に不満があるなら、介護職を辞めないで転職でも◎

介護士 次女介護士 次女

介護職はハードな仕事である一方で、多くの人々から感謝をされるやりがいの大きい仕事です。

思いつきで辞めてしまった後で、「やはり続けていればよかった」と思うのはもったいないですよね。

特に高齢化社会に向けて介護職の重要性は見直されてきており、介護職の労働環境を整えようという意識が社会全体で生まれつつあります。
介護職自体を続けていれば報われる可能性もありえるのです。

「介護職を辞めたいのか」「職場を辞めたいのか」を判断するポイントとしては、現状のつらいポイントを洗い出してしていくことです。
紙に書き出すなどして整理してみると、より考えはまとまりやすいでしょう。



「利用者と接するのがきつい」「仕事が体力的にしんどい」などの項目は介護職そのものに関わるものなので、職場を変えるだけでは改善されにくいでしょう。

異業種への転職を考えるのも現実的です。
ただし、「給料が安い」「施設が利用者やスタッフを大切にしてくれない」などの条件は職場にまつわるものであり、同業種への転職で改善されることも考えられます。

転職を成功させるためのポイントは、自分の希望をしっかりと自覚することです。
職場に何を求めて転職するのかがはっきりしていれば、職場探しの精度も高まります。

そういった意味でも現状の問題点を浮き上がらせる作業は、介護職の将来を決めるうえで非常に効果的だといえるでしょう。

介護職からの転職は2パターン!①介護の仕事を活かす分野に転職?

介護職から異業種への転職を決意した場合には、がむしゃらに求職を探す方法はおすすめできません。
自分の理想と実務的な能力の兼ね合いから、求人情報を見るようにしましょう。

特に能力に見合った仕事に就くことは、転職を成功させるために重大な条件です。
経験や能力を活かせない仕事に就いてしまうとすぐに不満が生まれたり、人間関係に支障が生じたりして転職を繰り返すことになる恐れもあるからです。

介護職での経験を、異業種にも応用できないかを考えながら転職活動を進めるようにしましょう。

たとえば、高齢者介護を行ってきた人であれば、高齢者相手の仕事をすると円滑にコミュニケーションができる確率が高まります。
高齢者相手の通販オペレーターや、イベント会場の受付、バスガイドなどは積極的に触れ合う時間が生まれるので能力を活かせるでしょう。



また販売店の店員もおすすめです。
介護職で、コミュニケーション以外のスキルが磨かれているケースもあります。
たとえば、業務管理にパソコンを使い込んでいた人なら、営業事務などの職種にも応用できるでしょう。

送迎ドライバーを任されていた人なら、タクシー運転手などの道もひらけます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

全く関連性のない業種に転職するよりも、少しでも類似点がある業種を選んだ方が企業にPRしやすいですし、採用されて企業に入社した後も慣れるのに時間がかからないでしょう!

②全くの未経験の異業種へ転職?

逆に介護職から離れて、新しい環境に身を投じたいと願う人もいるでしょう。
しかし、何の関連性もない職場に転職することは介護職に限らず、いかなる仕事でも難しいといわれています。

特に転職者の選考過程では、社会人経験やスキルが重要視されています。
十分な新人教育を通して少しずつ戦力になっていけばいい新卒とは違い、転職者は即戦力としての働きが期待されています。
そのため、企業もあまりにも違う分野からやって来た人材は敬遠してしまう傾向があります。



完全な異業種に転職する際の狙いどころとしては、人材不足に陥っている業種です。
不動産会社や飲食のチェーン店などは仕事量に対し、社員が足りていないので常時、求人を見つけることができます。

特別な資格や免許を求められない業界なので、採用率は比較的高い傾向でしょう。
ただし、悪条件で人材を使い捨てる「ブラック企業」が生まれやすい業界でもあるので、応募の際には企業研究を怠らないことが肝心です。

時間に余裕がある人は、じっくりと専門学校や職業訓練所に通い、介護以外のスキルを磨けば選択肢が広がります。

また、どうしても働きたい業界があるなら、派遣やアルバイトで入社してみるのもありでしょう。
給料面は悪くなりがちですが、現場にもまれて経験値を上げることができます。
働き方次第では、将来的に正社員登用されることも夢ではないでしょう。

異業種への転職は難しい?失敗しないためには転職エージェントの利用がオススメ

介護職しか経験してこなかった人が異業種への転職で戸惑うのは、圧倒的に情報が不足しているからといえます。
異業種の知識がないために自分のPRポイントや優良企業がわからず、転職活動が長期化してしまうことも珍しくありません。

時間をかけて職を探すのは悪いことではありませんが、あまりにも間が空きすぎると企業から書類選考で落とされやすくなります。
経済的にも厳しくなるうえに、生活リズムが狂い就職後に苦労することもあるでしょう。

なるべくスピーディーに転職活動を成功させるためには、転職エージェントを利用する方法があります。
転職エージェントは転職者と企業をつなぐ仲介役です。



基本的には、成功報酬を企業からもらう仕組みになっているので転職者は無料で利用できます。
転職エージェントは、ヒアリングを通して転職者に合った業種をリサーチしてくれます。

そして膨大なコネクションを有効活用し、転職者と企業を引き合わせてくれます。
自力で応募するよりも、面接までたどり着く確率ははるかに高いといえるでしょう。

企業ごとの採用傾向を熟知しているので、面接や履歴書対策にも信頼が置けます。
ホームページや求人サイトだけではわからなかった裏の情報も教えてくれるので、ブラック企業を避けるうえでも効果的です。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットも参考にしてください。

介護士 次女介護士 次女

私は昔、お姉ちゃんと面接の練習をしすぎたせいで、面接本番中に面接官のことを「お姉ちゃん」と呼んでしまった経験があります。

その場にいた全員の笑いは掴めたけど、合格は掴めなかったわ…。

転職エージェントは面接対策やアドバイスも行ってくれるから、転職をしたことがない人も働きながらの人でも、無理なく転職活動ができると思う♪

転職の女神 長女 転職の女神 長女

あなた昔から天然よね(笑)

妹のように、介護職は続けるけど転職がしたい人には、介護職を専門に扱う転職エージェントがオススメです!
介護に特化した転職エージェントだけあって、自分が思い描く転職が成功しやすいと思います♪

介護士 次女介護士 次女

そうよね。
私は現在、介護士をしながら他の職場に転職するためにがんばっているけど、介護士は続けたいけど職場を変わりたい!って人にも、転職エージェントはオススメだよ。

もちろん、介護の仕事を辞めて他の職業につきたい人も、転職エージェントを利用していれば不安なく乗り越えられると思う。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

どんな道も、自分から行動することが大切です!

のちのち年を重ねてから後悔することのないように、自分のための第一歩を踏み出してみてくださいね♪