ひと言に介護の仕事と言っても、その職種や仕事内容はさまざまです。
働く場所についても同様で、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などいろいろな種類の職場があります。

介護の仕事に就きたいと考える時には、その特徴や仕事内容の違いと知っておくと便利でしょう。
そこで、介護施設の種類やその特徴などについてご紹介いたします。



有料老人ホームの種類と特徴、利用者は?介護職の仕事内容

有料老人ホームとは高齢者が快適に生活できるようサポートしてくれる施設のことで、主に民間企業によって運営されています。

その種類には「健康型有料老人ホーム」、「住宅型有料老人ホーム」、「介護付有料老人ホーム」がありますが、ほとんど介護の必要のない高齢者のための「健康型有料老人ホーム」についてはあまり数が多くありません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

よく見られるのは「住宅型有料老人ホーム」と「介護付有料老人ホーム」で、その大きな違いは介護保険で利用できるサービスが提供されるか、されないかにあります。

  • 「住宅型有料老人ホーム」は高齢者が暮らすための住宅のことで、食事が用意されるなどの生活支援のサービスが受けられることが特徴ですが、介護保険で利用できるサービスは提供されません。

そのため、介護が必要となった場合は訪問介護など外部の介護サービスを利用する必要があります。

  • 「介護付有料老人ホーム」は介護保険で利用できるサービスが提供される施設で、食事や排せつなどの日常生活の介助や、機能訓練などを行ってくれることが特徴です。

どちらも基本的には65歳以上が利用対象者ですが、50歳以上でも入居可能、要介護認定を受けていることが前提など、施設によって条件が異なっています。



住宅型有料老人ホームの主な仕事には、食事の準備やレクレーションの提供、緊急時の対応などがあり、一方で介護付き有料老人ホームでは食事や排せつ、入浴などの介助、生活相談、健康管理などが主となっています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

企業や施設によって運営方針がさまざまであることも有料老人ホームの特徴のため、転職や就職を考える場合は、その施設がどのようなサービスを提供しているのか事前に確認をしておくと良いでしょう!

特別養護老人ホーム(特養)の特徴と利用者、活躍する職種は?

特別養護老人ホームとは病気や障がい、認知症などにより自宅での生活が困難となった高齢者をサポートするための施設で、運営しているのは自治体や社会福祉法人です。

介護士 次女介護士 次女

略して「特養」とも呼ばれるこの施設を利用できる条件は、原則65歳以上であること、要介護3以上であることとなっています。

有料老人ホームに比べると費用が安く済むため入居希望者が多く、入居待ちが多数いる施設も珍しくないんですよ。

4種類の居室タイプがあることも特徴で、1室を1名で利用する「従来型個室」と1室を4名などで利用する「多床室」、10名ほどのユニットを組み、1室1名で利用できる個室と、ユニット単位で食事や談話ができる共同スペースを設けた「ユニット型個室」、同じくユニット単位のスペースと、多床室を分割して1室1名で利用できる個室や半個室を設けた「ユニット型準個室」があります。



要介護3以上の高齢者がそのほとんどを占めることや、介護の必要性が高い人から優先的に入居できることなどから、食事や排せつ、入浴、着替えなど、身体介護の仕事が主となっています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

身体介護を行うには介護の資格が必要なため、特養で主に活躍しているのは「介護職員初任者研修」や「介護職員実務者研修」、「介護福祉士」といった職種です。

もし特養に転職や就職を考える場合は、これらの資格を取得しておいた方が良いでしょう♪

しかし、食事の準備など入居者の体に触れることのない仕事であれば、介護の資格は必要ありません。
そのため、就職を希望する職場の仕事内容によっては、資格がない人でも特養で働くことが可能となっています。

介護職員初任者研修はこちら介護職員初任者研修とは?資格は通信で取れる?費用や期間はどれくらい?ホームヘルパー2級との違い、介護職員実務者研修はこちら介護職員実務者研修とは?資格や費用について!通信では難しい?初任者研修との違いは何?へ。

介護福祉士の詳細はこちら介護士と介護福祉士とは?違いと必要な資格、仕事内容、給料についてへ。

介護老人保健施設(老健)の特徴、利用者、職種と仕事内容

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護老人保健施設とは略して「老健」とも呼ばれる、病院から退院した高齢者などが自立して日常生活が送れるようにリハビリなどを行う施設のことです。

運営は主に医療法人や社会福祉法人などによって行われており、入居の条件は原則65歳以上で、かつ要介護1以上であることです。

利用者が自立できるようにすることを目的としているため、入居期間が短いことが特徴で、一般的な入居期間は3ヵ月~6ヵ月となっています。
また医師の常駐が義務付けられており、健康管理や薬の処方、リハビリのアドバイスなどを行っています。



老健はリハビリなどの機能回復訓練を目的としている施設のため、身体機能の回復のための運動療法やマッサージなどを行ってくれる「理学療法士」や、食事などの日常動作をはじめ、陶芸などの趣味のための活動がスムーズにできるよう訓練してくれる「作業療法士」、話す、読む、噛むといった動作ができるよう支援を行ってくれる「言語聴覚士」といった職種の活躍が多く見られる職場です。

もちろん食事や入浴、排せつなどの介助や食事の栄養管理も老健には欠かせない仕事となっているため、介護職のスタッフや管理栄養士なども必要とされています。

グループホームの特徴と仕事内容、職種は?どんな利用者がいる?

グループホームとは認知症の高齢者が5~9名程で一緒に生活を行う施設のことで、その運営は社会福祉法人や地方の自治体、NPOなどによって行われています。
5~9人という少ない人数が単位となっているのは、入居者が穏やかで家庭的な雰囲気の中で生活できるようにするためで、これにより入居者の心を落ち着かせ、認知症の進行を緩やかにするといった目的もあります。



また人数が少ないことは、施設やスタッフ側にとっても入居者の変化に気づきやすいなどのメリットがあります。
グループホームが利用できるのは、原則65歳以上であること、要介護1もしくは要支援2以上であるという条件に加え、住民票がグループホームのある市町村に登録されているという条件を満たしている利用者となっています。

グループホームで働く職種にはケアマネージャーや介護福祉士などの介護職があり、特に医療ケアは行っていないため、医師や看護師といったスタッフはあまり見られません
食事や排せつなどの身体介護はもちろん、入居者が日常生活を穏やかに送れるように配慮することが大切な仕事です。

ケアマネージャーはこちら介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格や求人、給料は?転職と年齢へ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

また利用者やスタッフが少人数制ということや、掃除や洗濯などを一緒に行う職場も珍しくないことから、利用者とスタッフの関係も密になる傾向があります。

そのため、転職を希望する場合は介護の技術だけでなくコミュニケーション能力も求められることを前提としましょう!

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の特徴は?仕事内容は?

サービス付き高齢者向け住宅とは主に民間業者によって運営されている施設で、略して「サ高住」などと呼ばれています。

利用できるのは60歳以上の高齢者、もしくは60歳未満の要介護や要支援認定を受けている人で、基本的に自分の身の回りのことを自分でできる人向けの住宅となっています。
配偶者や60歳以上の親族の同居なども認められており、外出するにあたって許可がいらないなど自由に生活できることが特徴です。



通常「サ高住」で義務付けられているのは施設内をバリアフリー構造にすること、生活相談や安否確認のサービスを行うことなどで、介護保険で利用できるサービスの提供は行われていません。

しかし、同じ建物内に訪問介護事業所がある、また「サ高住」であっても都道府県により「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているなど、介護保険によるサービスが受けやすい、もしくは受けられる施設もあるなどその在り方は多様化しています。

「サ高住」での仕事内容は、施設や職場によってさまざまです。
通常の「サ高住」であれば介護保険で利用できるサービスの提供は基本ないため、住宅の環境整備や生活相談、安否確認などが主な仕事となり、介護職員初任者研修の資格などを保有しておくと良いようです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

「特定施設入居者生活介護」を受けているなど、施設によっては入浴や排せつなどの身体介護を行う必要性があるため、転職などを考える場合は身体介護を行うことができる資格を取得しておきましょう。

「サ高住」には他に、食事提供やフロント業務、コンシェルジュ業務といった仕事もあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

介護施設によってさまざまに異なる仕事内容。

自分に合った就職先や転職先を見つけるためにも、介護施設の特徴や仕事内容をしっかりと比較検討してみてはいかがでしょうか?