しっかり仕事をしていても、日々さまざまな問題が起こることがあります。
とてもこなせない仕事が自分だけにまわってきたり、一方的に仕事を減らされたりして困った経験はありませんか?
理不尽な上司の叱責が続いていると、そのうち会社に行くのも辛くなるでしょう。

社会人になれば、ある程度の協調性は必要です。
しかし仕事を辞めたいと感じるほど我慢している状況が続くなら、知らないうちにパワハラを受けている可能性があります。



どこからがパワハラ?具体的な行為は?

パワハラは、パワーハラスメントの略語です。
自分より会社で地位が上の上司や、影響力をもつ役職の人から不当に精神的、身体的に攻撃されることです。

しかし、会社によっては上司の叱責は単なる激励であり、与えられた仕事をこなす能力がないからなどの理由をつけて、パワハラを認めない風潮があるようです。
そのため、自分が辛いと感じていても社内ではわかってもらえないことがあります。

では、一体どこからがパワハラになるのでしょうか。
具体的な行為についてみていきましょう。

厚生労働省が2012年にパワハラ行為に該当する6種類の行為を定義しています。

「暴行や傷害など身体的な攻撃行為」「名誉毀損や侮辱」「脅迫や暴言などの精神的な攻撃行為」「社内で隔離されたり、無視されたりすることによって職場の人間関係から切り離しをする行為」「明らかに必要のない業務や膨大な仕事を強制される過大な要求行為、明確な理由なく、本人の能力と経験とかけ離れた仕事を要求したり、仕事を意図的に与えなかったりと過小な要求行為」


これらの5つのパワハラ行為の他に、個の侵害として、「私的なことや私生活に過度に干渉する行為」の計6つをパワハラとするとしています。



仕事を減らされていて上司に嫌われているのでは…と感じることも時にはあるでしょう。
社内の人間関係がうまくいかず悩むこともあります。
一時的に自分が気にしすぎていることが原因の場合は、考え方を変えることで心地よく働ける職場に戻る可能性があります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

しかし、客観的にみて明らかに仕事を干されていたり、周囲に多くの人がいる前で大声で覚えがないことで、一方的に上司から叱責されてしまったりすると、それらの行為はパワハラに該当する可能性が高まります。

もし、パワハラかもしれない行為に日々さらされているようであれば、早急に対処方法を考えなければなりません。

パワハラで1番NGなのは我慢して放置すること!

パワハラを受けていると感じたら、もしかして自分になにか落度があるのかもしれないと真面目に考える方も少なくないでしょう。
確かに、誰でも多少はいたらない点はあります。

しかしすでにストレスを感じていて、仕事に行くこともつらい状況になっている場合には、早めに対処しないとうつ病などの精神疾患や病気の原因になる可能性があります。
うつ病についてはこちら仕事辞めたい…無理してうつ病(鬱)に?症状とチェック。退職・転職するべき?傷病手当金とはへ。

自分だけが我慢すればいいのだという考えは、一時的にはなんとかなるかもしれませんが、長い目で見ると良い結果はもたらさないでしょう。



パワハラ行為が認められる職場は、他に誰にも相談できなくて悩んでいる社員が存在している可能性があります。
我慢してその状況を放置してしまうと、さらにパワハラ行為が助長され、蔓延する原因になり得るのです。

しかし、現実には好きな仕事に就けて、仕事は楽しいので辞めたくないという方がいます。
自分が辛いからという理由で安易に辞めてしまったら、今後も同じようになるのでは…と堂々巡りになる方もいるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

状況を変えるのはそう簡単なことではないので、家族がいる方は経済的な事情で次の行動を起こすことをためらうことがあります。

しかし、我慢して辛い気持ちのまま健康を損ないかねない時間を過ごすより、状況を改善できるよう行動を起こすことに時間を費やしたほうが良いと思います!

パワハラの対処法!証拠の確保と専門機関への相談

パワハラに対して自分で対処できる方法はあるのでしょうか。
もし、会社に信頼できる相談窓口があれば、相談してみることもひとつの方法です。

しかし、パワハラ体質の会社は社内で解決しようと思っても難しいのが現実です。
そのため、自分で説得力のある説明ができるように、日ごろから記録をとっておくことが重要です。

証拠がないと、「言った」「言わない」の水掛け論に発展しがちです。
パワハラ行為を行っている上司などを相手にしますので、それは誤解だと一方的に話をうやむやにされてしまう可能性があります。

第三者にパワハラ行為を理解してもらうためには、客観的な証拠は欠かせません。
客観的に証拠を残すためには、度を超えた叱責や言動を録音しておくことです。

また、社内でやりとりされたメールや写真なども物的証拠として有効です。
これらの証拠は日付、録音した時間、メールであれば送信元や時間などがわかるように印刷して保管しておきましょう。

さらに、パワハラ行為を証明できるような書類やメモなどを保管し、ノートにこまめに記録しておくことも大切です。
パワハラ被害を受けていて苦痛を感じていることをわかってもらうためには、このような情報収集をしておくことです。

パワハラが原因で病院に通院することがあれば、通院記録や診断書などの証拠を残しておきましょう。



しかし、これらの証拠を提出し社内で相談したが解決にはいたらず、さらに状況が悪化してしまったという場合もあります。
その場合には、外部の専門機関に相談してみることを検討しましょう。

弁護士に相談してもよいですが、会社によってはパワハラを訴えた社員の勤務態度などを持ち出してきて対決姿勢をみせることがあります。
あくまでも円満な解決を求めるのであれば、感情論ではなく精神的苦痛などを会社に理解してもらうよう努めることです。

そして、その損害に対するあっせんを目指すことを落としどころにしていくようにしましょう。

パワハラで退職する場合は”会社都合”に!

パワハラに耐えられずに、自分が退職してしまえばこの苦しみから逃れられると考える方も少なくないでしょう。

しかし、自己都合で退職してしまうのは簡単ですが根本的な問題の解決にはなりません。
自分の心の中でも、なにか納得いかないという気持ちを抱えたままになるでしょう。

さらに、パワハラが原因でうつ病などの病気を発症してしまったら、会社都合の退職といえるのではないでしょうか。
会社に相談して、パワハラ行為を行う上司から逃れられないのであれば、退職するのも有効な対処方法といえます。
やるべきことをしっかりやって納得のいく退職にもっていきたいものです。

この、自己都合などの意味についてはこちら転職の際の退職届と退職願、辞表の違いと注意すること&自己都合退社と会社都合退社の違いへ。



会社都合の退職になると、失業保険の給付も有利になります。
退職金の減額が避けられる可能性もあります。

しかし、退職の理由にパワハラと記載することは会社が納得してくれないケースが多いでしょう。
会社は、パワハラが理由というのを認めたくない傾向があります。

そのため、自己都合とするように言ってくるかもしれませんが、しっかり証拠を提示して会社にかけあってみることは大切です。
自分も含め次に被害にあうかもしれない方を少しでも減らすため、自分の主張をしっかり会社に伝え、納得したうえで退職するためには重要なことといえます。

転職が1番の解決策?転職理由に「パワハラ」は避ける

パワハラが理由で退職を検討したときに、次の仕事について考える余裕をもっておくことはとても大切です。
気持ちの切り替えができないくらいに精神的に追い詰められてしまう前に、転職をするという選択肢について考えておきましょう。



パワハラの程度にもよりますが、明らかにひどい状況であったにも関わらず、会社が何も対処してくれなかったという気持ちを引きずったまま転職活動をする人もいると思います。

「誰かに聞いてもらいたい」「訴えたい」という気持ちは理解できますが、転職する理由にパワハラが原因であることを全面に持ち出すことは避けたほうが無難です。
なぜなら転職先の会社にとって、それは事実かどうかの判断は難しいからです。

仮に事実であったとしても、それは採用する側にとっては関係がないことです。
むしろ、採用したら問題を起こしてしまう人物かもしれない…と捉えられかねないので注意しましょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職活動は、過去の辛いパワハラの経験から決別する絶好のチャンスと割り切って、前向きに進んでいくことが大切です。

できれば経験したくないパワハラですが、もしそういった目にあってしまったら納得のいくまで対処し、それでもだめならその場から離れて新しい道を探すことが大切です。