Javaエンジニアとして活躍するのは、未経験者にもチャンスがあるのはご存じですか?

とはいえ、いくら興味があっても、「数多くある言語の中でJavaを勉強するメリットはあるのか?」、「今後の需要は安定してあるのか?」と感じている人も多いと思います。

また、今から就職や転職を考えている人にとっては、プログラミング業界においてJavaエンジニア年収はどれくらいなのか?というのも気になるところだと思います。

そこで、これから未経験初心者でJavaエンジニアを目指そうとしている人や、Javaエンジニアへの転職を検討している人のために、Javaとは一体どんなものなのかという基礎知識のほか、Javaを勉強するメリット、Javaエンジニアの仕事内容、平均年収、今後の将来性などについて解説していきます。



そもそも「Java」とはどんなもの?

SE 長男SE 長男

Javaとは業務システムを作成したり、WebアプリケーションやWebサービス、PCアプリケーションからAndroidのアプリの開発にも使えるプログラム言語の1つです。

比較的大規模な開発で使われることが多く、大手の銀行の業務システムとしての活用や、「Twitter」や「Evernote」といったWebサービスにも用いられています。

世界中で広く使用されているJavaは、Webやパッケージソフトウェア、企業の基幹系システムの開発にいたるまで幅広く使用され、プログラミング言語としての地位を確立しており、活躍の場が非常に広いことがJavaの特徴です。

プログラミング言語としての学習難易度はやや高いですが、Javaを理解できれば他の言語の流れもある程度理解できるようになると言われるほど、プログラム言語の王道だとも言われているのがこのJavaです。

Javaは、JVM(Java Virtual Machine)と呼ばれるJavaのために作り出された「JVM(Java Virtual Machine:Java仮想マシン)」というJava仮想マシン上で動きますが、このJava仮想マシンを動かすことができればどんなコンピューターであってもプログラムを動かすことができる仕組みとなっています。

そのため、大規模の開発では重宝されコンピューターを入れ替える必要がある際にも、システムはそのまま使うことができるメリットがあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

限られた予算での開発の必要に迫られる現場では、経験が豊富で短期間にプログラムの開発ができる人材が求められます。

そのため少々の人件費をかけてでも優秀なエンジニアを雇う傾向にあり、Javaが使えるエンジニアの収入は高くなるのです

Javaは、さまざまな開発に利用できるという特徴を持っている分人気のスキルであり、Javaのスキルを身につけておくだけで、受けられる仕事の幅が広がるともいえるでしょう。

教材などによってやる気次第で独学でも習得が可能ですので、プログラマーとしては身につけておきたいスキルです。

「JavaScript」と名前は似ていますが、JavaScriptはWebページをつくるための簡単なプログラム言語であり、この2つは同じものではないので注意しましょう。

Javaエンジニアの仕事内容は?

Javaエンジニアの仕事内容は、基本的にJavaを使用したアプリケーションの開発を行うことで、Javaというプログラム言語は幅広い機能を持っているため、応用することであらゆる分野での開発に利用できます。

「Javaを用いて開発できないものはない」といえるほど、凡用性の高さが特徴的なプログラム言語です。

ものによっては、Javaを使うことで処理速度が遅くなることもあものの、気にしなければすべてのアプリケーションはJavaでの開発が可能であり、パソコンだけでなくネット上での動的なアプリケーションやコンテンツの開発も行えます。

そういったことからも、Javaエンジニアはどのようなアプリケーションであっても開発できる人材であるといえます。



さらにJavaエンジニアは業務系システムの構築も行います。

経営の効率化や最適化は、企業にとって非常に重要な課題であり、それを解決するために、業務系のシステムの導入が求められています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

具体的な例を挙げると、企業の大規模システムが業務を効率化させたり最適化させる情報システム「ERPパッケージ」の開発技術として、最近では「Java EE」が浸透してきていることで、Javaスキルを持っている人材を募集する求人が増加している背景があります。

業務システム開発の現場においても、多くのJavaエンジニアが活躍しているんですよ。

Javaエンジニアの将来性と求人ニーズは?未経験採用は難しい?

JavaはWindowsやMac、LinuxなどOSの開発環境を選ぶことなく、動作が可能なプログラミング言語であり、さまざまな分野で活躍できるという特徴から、将来性の高いプログラム言語です。

企業研修にも取り入れている企業も多く、Javaの実務経験をもつシステムエンジニアやプログラマーを必要とするプロジェクトも現在も増加傾向にあります。

例えばAndroidでもJavaが使われるようになったことでさらに広がりを見せ、他の言語のエンジニアよりも求人数が圧倒的に多く、需要の多い仕事であるためにかなり安定している職業だと言えます。

パソコンだけでなくタブレット端末やスマートフォンアプリの需要が高まるとともに、システムのさまざまな機器での応用が求められ、そのためのオープンシステムの開発にJavaは有効であると考えられることから、さまざまに変化を見せるIT業界においてのJavaの需要は高まっています。

それに伴い、Javaエンジニアが活躍できる場がどんどん広がっており、Web系、業務系、さらにゲーム系とJavaエンジニアの活躍はとどまるところを知らず、これからも拡大することが予想されます。

日本オラクルでJavaエバンジェリストを務める寺田佳央氏が、今後のJavaの発展の方向性について話されていた記事がありました。

1995年に誕生したオブジェクト指向言語のJavaは、今や世界で最もポピュラーなプログラミング言語の1つになりました。その利用範囲は 幅広く、サーバ側で実行するミドルウェアやアプリケーション、クライアントPC上で使うデスクトップ・アプリケーションの開発に利用されているほか、携帯 電話やBlu-rayプレーヤーをはじめとする家電製品、さらには各種の組み込み機器など、さまざまなデバイスのアプリケーション開発で使われています。 開発者の間での人気も非常に高く、オランダのチオベ・ソフトウェアが実施しているプログラミング言語の人気ランキング「TIOBE Programming Community Index」では、毎回のようにトップにランキングされています。
(Oracle Technology NetworkPick Upテクノロジー 「Javaはオラクルのもの?」、「いいえ、これからもJavaコミュニティのものです!」――Javaエバンジェリスト 寺田佳央氏が、Javaの現在、未来を語るより)


(Oracle Technology NetworkPick Upテクノロジー 「Javaはオラクルのもの?」、「いいえ、これからもJavaコミュニティのものです!」――Javaエバンジェリスト 寺田佳央氏が、Javaの現在、未来を語るより)

2010年にJavaはオラクルによって買収されたものの、膨大な資産を持つオラクル社が管理をしているとも言い換えられるので、今後の将来性としては不安に思う必要もないどころか、現在のところJavaが担っている役割やポジションに変わるような他の言語は存在していません。

そのため、今からでも十分に学ぶ価値はありますし、安心してJavaエンジニアとして働けると断言できるのではないでしょうか。



不足しているJavaエンジニアを獲得する手段として、企業は未経験者を採用して育てることも積極的に行っています。

プログラマーとして未経験であっても、プログラミングの業界で働くことに対する心構えや、強い意志、さらに信念をもって積極的に応募してみるとチャンスはあると言えるでしょう。

未経験エンジニアを募集している企業の特徴としては、まず基本となるのは「客先常駐」といって大中企業からプロジェクト委託を受けて契約先の企業に出向いて仕事をする労働形態が一般的です。

こうしたスタイルでの働き方があまり好きではない方もいるかもしれませんが、自分のスキルの磨き上げやベース作りだと思って割り切り、まずはJavaエンジニアとしての経験を積むことを優先しましょう。

全くの未経験者・初心者としてJavaエンジニアとして就職、転職が可能なのは、やはり年齢は若いほうがいいとは言われていますが、人柄ややる気を考慮して30代や40代でも採用を行っている企業もあります。

年齢を気にして諦めてしまう前に、まずは独学でもなんでも始めてみることが大切だと思います。

まずは資格を取得してみるのもおすすめですよ。

Javaエンジニアを目指す人におすすめの資格

Javaエンジニアを目指す人におすすめな資格としては、例えば「オラクルマスター」、「システムアーキテクト試験」、「ITサービスマネージャ試験」などがあります。

オラクルマスターは日本オラクル社が実施する民間資格であり、4つのレベル別で構成されています。

システムアーキテクト試験は、高度情報処理技術者試験の一区分の国家資格で、分析や設計、プログラム、テストなどSEを対象にしている試験です。

ITサービスマネージャ試験も、高度情報処理技術者試験の一区分の国家資格であり、情報システムの運用管理などシステム管理や運用を行うSEを対象にした試験です。

Javaエンジニアの平均年収はどれくらい?

SE 長男SE 長男

求人検索エンジン「スタンバイ」の調査によると、Javaエンジニアの平均年収は約552万円となっており、プログラミング言語別年収ランキングでは第6位という結果になっていました。



(スタンバイ(https://jp.stanby.com/)調べ)

C++やC#などC言語は分析対象外で、さらには2019年現在から2年前の2017年のデータとなり、調査の元になっているのは調査当時スタンバイに掲載されていた求人を元にしているので、必ずしも今もこのデータ通りの平均年収とは言えないものの、それほど大差はないと思います。

例えば30代の平均年収が450万円前後ですので、30代のJavaエンジニアの平均年収は500万円から700万円ですから、職種的に見ても年収は低くはないと言えるでしょう。

ちなみに日本人の平均年収はこちら日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングで紹介しています。

平均年収というのは、未経験の新人から経験を積んだベテランJavaエンジニアまで全て含まれているので、Javaエンジニアとして経験を確実に積んでいけば、もちろん平均年収以上の年収を目指すこともできます。

フリーランスで活躍する場合、だいたい平均年収としては550万円前後で、案件単価としては30万円ほどの低いものもあれば、100万円を超えるものまで振り幅が広いのが特徴です。

Javaエンジニアの年収が安定しているのはなぜか?

Javaエンジニアの年収が安定している理由として、JavaだけではなくIT業界全体が人材不足に悩まされていることもあり、優秀なエンジニアほど各企業は高い給与を支払ってでも採用したいと考えている企業は少なくないということが挙げられます。

また、実績もありツールが豊富なJavaは大規模なプロジェクトや開発で使用されることが多く、大規模な開発なだけに責任や負担は大きくなるものの、おのずとそれだけ仕事の報酬や単価が大きくなるのです。

大規模な開発においては経験のあるエンジニアが優遇されますので、経験次第でさらなる収入も期待できるといえるでしょう。

Javaでは活動できる幅が広いので、仕事の幅が広がり、常に仕事がある状態ですので、安定した収入が得られる傾向です。

Javaエンジニアはグーグルやマイクロソフト、アップルなど名前を知らない人はいないほどのトップ企業で働く人もおり、年収1000万円を超えるJavaエンジニアも活躍しており、スキルや経験によってはJavaエンジニアの中でも高収入を狙える可能性もあるでしょう。

Javaエンジニアの働き方は?

Javaエンジニアの働き方としては、正社員や派遣社員のほか、フリーランスなどさまざまです。

正社員として企業に勤務する場合は、プロジェクトの方向性が統一されていることが多いものの、派遣社員の場合はそのプロジェクト単位で仕事を受けるケースが一般的で、プロジェクトが終わり契約が修了すると継続または他の企業に配属され新規に別のプロジェクトに携わる形となります。

フリーランスの場合、Javaエンジニアに限ったことではないですが、自分が引き受けたい仕事を自分の好きなタイミングで仕事を受けることになるものの、仕事が取れるかどうかは自分次第になってしまうため、仕事が受けられない場合は収入の安定は難しくなります。

ただ、JavaエンジニアをはじめIT業界は慢性的な人材不足に悩まされているため、スキルや経験が備わってさえいれば、働きたいのに受ける仕事がないという状況に陥る可能性は低いと言えるでしょう。

フリーランスで活躍するJavaエンジニアは、大規模なプロジェクトにチームの一員として案件に関わることが多いので、チームワークを大切にできることやコミュニケーション能力などが求められます。

自分に合った働き方を考えてみてください。

転職で年収アップするには?

高年収が期待できるJavaエンジニアの仕事ですが、Javaしか習得していない場合では、年収は低いことを覚えておかないといけません。

Javaにはプログラム言語としての価値が十分にありますが、高収入を狙うのであれば、Javaだけでなく新たな付加価値を追加する必要があります。

Javaをベースとして、Webアプリケーションやモバイルコンテンツなどのスキルをしっかり身につけることで、さらに仕事の幅が増え、仕事の単価も上がります。

それはJavaだけでは仕事にならないというわけではありません。

Javaにおいての基礎を学んでいることで、ほかの言語を取得しやすくなるというメリットが考えられるので、Javaは習得しておくべきであり、そのうえで新しいスキルを増やすことにも力を注ぎましょう。

そうすることで着実に年収アップを狙うことができます。



プロジェクトによってプログラミング言語が異なることは、プログラマーとして当たり前のことなのです。

そのため、仕事を続ければ続けるほど、可能な限りのプログラミング言語を習得する価値がわかってきます。

Javaエンジニアとして活躍するためには、どのくらい多くのプログラミング言語を習得しているかで決まるといっても過言ではなく、プロジェクトを成功させるためにも、ほかの言語の習得は重要なのです。

ほかにも、Javaに関連する資格がいくつかありますので、Javaエンジニアとして活躍するためには習得しておくのもいいでしょう。

Javaは幅広い分野で活躍していますので、転職を考える際にも求人数の多い仕事であり、収入面でも安定しているため人気の職業です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

Javaエンジニアとして活躍するためには、Javaをベースとしてさらなるプログラム言語の取得が必要です。

ほかのプログラム言語を習得することで、仕事の幅が格段に広がり、さらなる高収入が期待できる仕事であるといえます。

また、Javaエンジニアの転職においては、交渉次第では前職の収入を考慮した給与で採用してもらえることも多く、転職による年収アップも夢ではありません。

求人数が多い分、「自分に本当に合った求人が見つけられない」、「どうやって希望に近い求人をピックアップすればいいのかわからない」という人も多いと思います。

満足のいく転職を成功させるには、IT・WEB業界の転職を専門に行っている「転職エージェント」など転職のプロのサポートを受けるのがおすすめです。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?使い方や手順、利用するメリット&デメリットやアドバイザーとの面談は?なぜ費用が無料なのか?へどうぞ。