Javaエンジニアとして活躍するのは未経験者にもチャンスがあるのはご存じですか?
プログラミング業界においても年収の高いJavaエンジニアに転職することで年収アップが期待できます。

幅広い活躍が期待されるJavaエンジニアは将来性の期待できるお仕事なのです。
ここではJavaエンジニアへの転職について紹介します。



Javaとは?

SE 長男SE 長男

Javaとは業務システムを作成したり、WebアプリケーションやWebサービス、PCアプリケーションからAndroidのアプリの開発にも使えるプログラム言語です。

比較的大規模な開発で使われることが多く、大手の銀行の業務システムとしての活用や、「Twitter」や「Evernote」といったWebサービスにも用いられています

活躍の場が非常に広いことがJavaの特徴です。
JavaはJVM(Java Virtual Machine)と呼ばれる、Java仮想マシン上で動きます。

これはJavaのために作り出された架空のマシンであり、Java仮想マシンを動かすことができればどんなコンピューターであってもプログラムを動かすことができる仕組みです。
そのため、大規模の開発では重宝されコンピューターを入れ替える必要がある際にも、システムはそのまま使うことができます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

限られた予算での開発の必要に迫られる現場では、経験が豊富で短期間にプログラムの開発ができる人材が求められます。

そのため少々の人件費をかけてでも優秀なエンジニアを雇う傾向にあり、Javaが使えるエンジニアの収入は高くなるのです

Javaは、さまざまな開発に利用できるという特徴を持っている分、人気のスキルであるといえます。
Javaのスキルを身につけておくだけで、仕事の幅が広がるともいえるでしょう。
ステップや教材を選ぶことで無理なく習得が可能ですので、プログラマーとしては身につけておきたいスキルです。

Javaエンジニアの仕事内容は?

Javaエンジニアは基本的にJavaを使用したアプリケーションの開発を行うのが仕事です。
Javaというプログラム言語は幅広い機能を持っているため、応用することであらゆる分野での開発に利用できます。

「Javaを用いて開発できないものはない」といえるほど、凡用性の高さが特徴的なプログラム言語です。
ものによっては、Javaを使うことで処理速度が遅くなることもあります。

しかし気にしなければすべてのアプリケーションはJavaでの開発が可能であり、パソコンだけでなくネット上での動的なアプリケーションやコンテンツの開発も行えるのです。
そういうことからもJavaエンジニアは、どのようなアプリケーションであっても開発できる人材であるといえます。



さらにJavaエンジニアは業務系システムの構築も行います。
経営の効率化や最適化は、企業にとって非常に重要な課題です。
それを解決するために、業務系のシステムの導入が求められています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

企業における膨大な情報を管理するシステムとして、Java EEを標準技術としたERPパッケージを導入している企業も増加傾向にあり、Javaエンジニアの需要がさらに高まっている状況です。

業務システム開発の現場においても、多くのJavaエンジニアが活躍しています。

Javaエンジニアの将来性と求人ニーズは?未経験採用は難しい?

JavaはWindowsやMac、LinuxなどOSの開発環境を選ぶことなく動作が可能なプログラミング言語です。
さまざまな分野で活躍できるという特徴から、将来性の高いプログラム言語であるといえます。

企業研修にも取り入れている企業も多く、Javaの実務経験をもつシステムエンジニアやプログラマーを必要とするプロジェクトも増加傾向にあります。

パソコンだけでなくタブレット端末やスマートフォンアプリの需要が高まるとともに、システムのさまざまな機器での応用が求められています。
そのためのオープンシステムの開発にJavaは有効であると考えられ、さまざまに変化を見せるIT業界においてのJavaの需要は高まっています。



それに伴い、Javaエンジニアが活躍できる場がどんどん広がっているのです。
Web系、業務系、さらにゲーム系とJavaエンジニアの活躍はとどまるところを知らず、これからも拡大することが予想されます。

そのためJavaエンジニアを獲得する手段として、企業は未経験者を採用して育てることも行っています。
そのためプログラマーとして未経験であっても、プログラミングの業界で働くことに対する心構えや、強い意志、さらに信念をもって積極的に応募してみるとチャンスはあるといえるでしょう。

Javaエンジニアの平均年収はどれくらい?

SE 長男SE 長男

世界中で広く使用されているJavaは、Webやパッケージソフトウェア、企業の基幹系システムの開発にいたるまで幅広く使用され、プログラミング言語としての地位を確立しています。

Javaエンジニアの平均年収は約499万円で、求人数も多く需要の多い仕事であるために安定している職業です。
Androidでも、Javaが使われるようになったことでさらに広がりを見せ、他の言語のエンジニアよりも求人数が圧倒的に多く見られます。

Javaエンジニアの年収が安定している理由として、Javaは大規模な開発で使用されることが多いからだと考えられます。
大規模な開発だけに単価が大きくなるのです。

また、大規模な開発においては経験のあるエンジニアが優遇されますので、経験次第でさらなる収入も期待できるといえるでしょう。
さらにJavaでは活動できる幅が広いので、仕事の幅が広がります。
常に仕事がある状態ですので、安定した収入が得られる傾向です。

ちなみに日本人の平均年収はこちら日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングで紹介しています。

転職で年収アップするには?

高年収が期待できるJavaエンジニアの仕事ですが、Javaしか習得していない場合では、年収は低いことを覚えておかないといけません。
Javaにはプログラム言語としての価値が十分にありますが、高収入を狙うのであれば、Javaだけでなく新たな付加価値を追加する必要があります。

Javaをベースとして、Webアプリケーションやモバイルコンテンツなどのスキルをしっかり身につけることで、さらに仕事の幅が増え、仕事の単価も上がります。

それはJavaだけでは仕事にならないというわけではありません。
Javaにおいての基礎を学んでいることで、ほかの言語を取得しやすくなるというメリットが考えられるので、Javaは習得しておくべきであるのです。

そのうえで新しいスキルを増やすことにも力を注ぎましょう。
そうすることで着実に年収アップを狙うことができます。



プロジェクトによってプログラミング言語が異なることは、プログラマーとして当たり前のことなのです。
そのため、仕事を続ければ続けるほど、可能な限りのプログラミング言語を習得する価値がわかってきます。

Javaエンジニアとして活躍するためには、どのくらい多くのプログラミング言語を習得しているかで決まるといっても過言ではありません。
プロジェクトを成功させるためにも、ほかの言語の習得は重要なのです。

ほかにも、Javaに関連する資格がいくつかありますので、Javaエンジニアとして活躍するためには習得しておくのもいいでしょう。
Javaは幅広い分野で活躍していますので、転職を考える際にも求人数の多い仕事であり、収入面でも安定しているため人気の職業です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

Javaエンジニアとして活躍するためには、Javaをベースとしてさらなるプログラム言語の取得が必要です。

ほかのプログラム言語を習得することで、仕事の幅が格段に広がり、さらなる高収入が期待できる仕事であるといえます。