IT業界などでエンジニアとして働いていると、転職したくなることもあるでしょう。
しかし、やみくもに転職活動を行うと、失敗してしまう可能性があります。

応募しても採用してもらえなかったり、転職後にミスマッチを感じたりするケースなどがあるのです。
そこで今回は、エンジニアが転職で失敗しないためのポイントを紹介します。



①まずは転職の目的を整理する。転職に何を求めるのか?

転職を決意したら、最初に行うは転職の目的を整理することです。
目的が思いつかないときは、一時的な不満によって辞めたくなっているだけの可能性もあります。
その場合は、転職活動を進めるのをいったんストップしたほうが良いでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職する目的は人によってさまざまです。
もっとスキルを活かしたい人や収入を増やしたい人など、いろいろなケースが考えられます。

どのような目的でも、自分が転職に何を求めるのかを考えて、転職後の姿をイメージすることが大切です。

求めているものが、本当に今の職場にはないのか考えてみましょう。
転職することでしか手に入らないものであれば、次は妥協できるものについても考えてください。

このように、求めるものと妥協できるものを整理しておくことが大切です。
転職先の選択ミスを防ぎやすくなります。
また、転職の目的が明確になっていないと、具体的な志望動機を考えるのは困難です。



採用担当者は、すぐに辞める可能性がある人を採用したいとは考えないでしょう。
採用活動を再び実施する必要があり、余分なコストが発生してしまうからです。

そのためスキルや実績だけでなく、早期に辞める可能性についても見極めようと考えています。
志望動機はそのための判断材料として重要視されるのです。

その企業に転職する妥当性があることを示せたら、辞める可能性は低いと判断してもらえるでしょう。
そのためにも、転職の目的の明確化は欠かせません。

②転職までのスケジュールや期間を明確にする

転職活動の期間やスケジュールを決めておくことも、転職を成功させるためのポイントです。
エンジニアの中には、残業や休日出勤が多いという人もいるでしょう。
特にその場合は、最初に決めておかなければいつまで経っても転職できない恐れがあります。

  • 最初のステップとして、転職活動を行う期間を決めましょう。

そして、その期間を段階に区切っていきます。
最初は、準備・アプローチ・退職というように大きく3つに分けるだけで構いません。



準備の段階では、転職の目的の整理やスキルの棚卸しなど、企業に応募する前に必要な作業を行います。
スケジュールを考える作業、そして転職に役立つ資格やスキルを身につけるのも大切です。

次のアプローチの段階は、求人に応募して面接を受けたり、OB訪問や見学などを行いましょう。
転職活動の中心に当たり、長期化することが予想されます。

退職の段階は、今の企業を辞めるための作業を行う必要があり、まず上司に退職の意思を伝えたり手続きをします。
業務の引き継ぎや身辺整理も退職日までに完了させなければなりません。

また転職先と入社日の調整を行う場合もあります。
上記のように3つの段階で行う作業を挙げたら、それぞれを細かく区切ってスケジュールを完成させましょう。

③キャリア、スキルの棚卸しをする

採用担当者は、転職志望者のキャリアやスキルについて詳しく知りたいと考えています。
それらの詳細を説明するには、まず自分がしっかり理解しておかなければなりません。

自分のことだから簡単に説明できると考えている人もいるでしょう。
しかし実際には、大きなプロジェクトや最近使っているスキルしか思い出せないことも多いです。
そのような状態では、採用担当者に十分なアピールをするのは難しいです。



これまで関わった業務を調べてリストアップし、実績を具体的に書いていきましょう。
それらの業務を行うときに使用したスキルも書き加えてください。

自分がしてきたことと自分ができることの両方を明確にして、アピールの材料にしましょう。
これらの作業を行うことで、もうひとつの材料を得られます。
自分に適した転職先を選ぶための材料です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

同じ業界であっても対象となる製品やサービスなどによって、エンジニアが担当する業務は大きく異なります。
そのため自分のキャリアやスキルを正しく把握していないと、働き始めてからミスマッチに気付く可能性があります。

転職先に十分貢献できなくて、思い悩むことになるかしれません。
辞めることになると、転職活動にかけた時間や手間は無駄になってしまいます。

本人と企業の両者にとって不幸なことなので、しっかりキャリアとスキルの棚卸しを行っておくことが大切です。

④自分の市場価値、スキルレベルを知る

自分をアピールすることは大切ですが、その前提として自分の市場価値を把握しておくことも重要です。
ひとつの企業で長く働いているエンジニアの中には、市場価値を意識したことがないという人も多いでしょう。

外部のエンジニアと比較されることがないため、社内の評価でしか自分の価値を判断できません
そのため、今の年収が自分の市場価値であると勘違いしている人も見受けられます。

SE 長男SE 長男

年収が高くても、転職市場で高い評価を得られるわけではないんだね。
その金額を支払ってでも来てほしいという企業がなければ、それは市場価値とはいえないみたい。

それどころかスキルが年収に相応しいレベルでなければ、敬遠されてしまう恐れもあります。



このように社内にばかり目を向けていると、市場価値を知ることはできません。
市場価値を知るにはいくつかの方法があります。

  • 転職エージェントのスタッフに相談する方法や、転職サイトに登録をしてスカウトを待つ方法などです。

また転職活動をするときは、外部のエンジニアもライバルになります。
そのため社外のエンジニアの交流会や勉強会などに参加して、自分のスキルレベルを見極めておくことも大切です。

  • インターネット上にあるスキルレベルを判定できるサービスを利用しても良いでしょう。

なるべく多くの手段を使って、客観的に把握しておくことがポイントです。
例えば、こちら「MIIDAS(ミーダス)」市場価値から本当のキャリアパスを見いだすアプリというDODAが運営しているサイトは、自分の適性年収や市場価値がわかるので、オススメです。

⑤IT業界に特化した転職サイトや転職エージェントを利用する

一般的な転職サイトや転職エージェントは、さまざまな業界や業種を扱っています。
しかしIT業界での転職を目指すのであれば、IT業界に特化したところを利用するのがおすすめです。

一般的なところを利用すると、IT系の求人が少ないケースがあります。
またIT系の求人を絞り込むのに、ひと手間かかってしまうでしょう。
いろいろな業界への転職を視野に入れているなら問題ないですが、転職先をIT業界に決めている場合は効率が良くありません。



またIT業界のエンジニアのスキルは、プログラミングやデータベース、ネットワークというように細分化されています。
そのため的確なサポートをしてもらうには、担当者もIT系の知識が豊富であるのが望ましいです。

知識がないスタッフが担当者である場合は、なかなか転職活動が進まない可能性があります。
IT業界に特化したところであれば、ITに精通しているスタッフも多くいるのが一般的です。

どのようなアプリをどのプログラミング言語で開発したのかなど、具体的な話をしても通じるでしょう。
今後のキャリアプランなどについても、参考になるアドバイスも期待できます。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットも参考にしてください。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

IT業界に特化した転職サイトや転職エージェントであれば、自分のスキルを活かせる転職先を見つけやすく、働き始めてから感じるミスマッチも少ないと考えられます。

エンジニアの方が転職活動を行う場合は、ぜひ今回紹介したポイントを参考にしてみてください。