IT業界で注目度の高い職業といえば、ITコンサルタントです。

需要が高く安定したイメージもあり、システムエンジニアなどからITコンサルタントへのキャリアアップを考える人も増えていますが、どんな仕事をするのか具体的に知る人は少ないのではないでしょうか。

そこで、ITコンサルタントが行う主な仕事内容や資格の有無、必要なスキル、平均年収などについて素朴な疑問を徹底解説していきます。



ITコンサルタントの仕事内容と役割

SE 長男SE 長男

ITコンサルタントは、クライアントである企業が抱えている問題を解決していくことが主な仕事です。

クライアントの経営状況を把握し、問題解決へ向けての課題を明確化し、解決のための支援を行います。


もう少し詳しくお話すると、まず基本となるのは、「ヒアリング・情報収集」であり、その企業の業務内容のほか、問題点や改善点などを分析・整理したり、クライアントからの要望をまとめ、課題を見極めていきます。

その後、クライアントへ今後の方向性を「提案」し、課題解決や改善に向けて効率的なIT戦略やシステム導入の立案および企画を行います。

また、その課題解決のためにその分野ごとに必要な人材を集め、チームを組み、全体の進捗管理をしたりするのも仕事の1つです。

クライアントによっては、アウトソーシングの導入支援なども行ったり、新しいシステムが導入されればタスク全体の管理や運用テストを行うなど、仕事内容は多岐にわたります。

CRM(顧客関係管理)やSCM(サプライチェーンマネジメント)、セキュリティ対策なども行いますが、このほかにも担当する分野は複数あります。



転職の女神 長女 転職の女神 長女

また、これらの仕事内容は「アナリスト」、「コンサルタント」、「マネージャー」の3つの役職に分けることができます。

どの役割で必要とされるかは案件によっても異なり、これら3つを全て1人で行うこともあります。

アナリスト

画面定義書や動作検証仕様書を作成したりするほか、案件によってはプログラミングをしてシステム開発を行うため、ITコンサルタントの3つの役割の中ではSEやプログラマーに近い内容になります。

状況に応じて1つ1つタスクに対応することもあれば、1人で複数のタスクを同時進行するケースもあります。

コンサルタント

コンサルタントは、クライアントからの要件を整理したり、まとめたりするのが基本の内容になります。

アナリストが作詞した仕様書を確認したりするほか、クライアントを代行してベンダーと調整も行います。

マネージャー

マネージャーは、アナリストやコンサルタントの成果チェックを行ったり、全体の進歩状況の管理や統括するのが役割で、プロジェクトマネージメントオフィスと呼ばれます。

このように、あらゆる分野で活躍するITコンサルタントですが、その役割は一貫してクライアントのニーズを満たすということにあります。

IT技術を利用したシステム開発などにより、企業全体が抱える悩みを解決し将来性を確かなものにしていくことが、ITコンサルタントに求められる重要な役割といえるでしょう。

  • また、ITコンサルタントとして働く場合のほとんどは、多くのコンサルタントが在籍して企業などにコンサルティングを行う、”コンサルティングファーム”という企業に所属して働くことになります。
  • このコンサルティングファームは、そのファームごとによって特徴が異なりますが、ITコンサルタントが所属するのは「IT系コンサルティングファーム」となります。


ITコンサルタントとシステムエンジニアの違いは?
まず最初にシステムエンジニアの仕事内容はクライアントの要望に合わせてシステム開発を行うことであり、この点については、ぱっと見はプログラマーやITコンサルタントと同じような仕事内容に思えますよね。

ではシステムエンジニアとITコンサルタントはどのような違いがあるのかと言うと、ITコンサルタントの場合はただクライアントの要望を聞き出し整理しそれに合わせたシステムを設計するだけではなく、クライアント企業の経営戦略や今後の課題をどうITを使って解決するか、そしてクライアントが気付いていない部分までも発見し、よりクライアントに近い立場でプロジェクトを推進するという点です。

さらには、ITコンサルタントが専門性を持っていれば具体的なシステム構築を指示することもありますが、だいたいはITコンサルタントからの指示を元にシステムエンジニアがシステム構築、テストなどを行うことが多いです。

わかりやすく言うなら、システムエンジニアはクライアントからの要望に対応するのが基本スタンスであり、ITコンサルタントは経営課題の解決のためにクライアントに提案するというスタンスです。

また、プロジェクトマネージャー(PM)の場合もプロジェクトの管理や運営がメインとなる、現場指揮官のような役割が強く、立場が完全に異なります。

ITコンサルタントに必要なスキルと適性

ITコンサルタントには、コンサルタントとしてのベーススキルのほかにITに関する知識が必要で、さらには経営的視点に基づく論理的思考およびコミュニケーション能力です。

意外に思われるかもしれませんが、クライアントのニーズを引き出すことやくみ取ることもコンサルティングする上で重要なので、高いコミュニケーション能力も必要になります。

クライアントと上手くコミュニケーションが取れなければ、本来の要望を聞き出すこともできず、クライアントにとって最も適した満足のいくシステムを完成させることはできません。

ITに関連する知識では、プロジェクト成功に欠かすことができないプロジェクトマネジメントスキルを求められることもあります。

そのため、クライアントのニーズを的確に理解し、解決策を見出す思考能力と問題解決能力が必要不可欠であるといえます。

さらに一歩上を目指すのであれば、要望通りに提案するだけではなく、クライアントが気付いていない部分の問題点や課題を見つけ出し、プラスアルファの提案をしていくことです。

提示された要求以上のものを生み出すことによって、クライアントからの厚い信頼を得ることができるため、仕事に対する向上心と強い責任感を必要とするプロフェッショナルマインドも大切です。



転職の女神 長女 転職の女神 長女

これらのことから、ITコンサルタントとして成功するには、論理的思考能力やコミュニケーション能力の高さが重要であり、トラブルを改善し支援する問題解決能力があるかどうかが基本的な適正となります。

また、コンサルタントはサービス業であるため、クライアントの手助けをすることで達成感や喜びを感じることができるかという点もITコンサルタントに求められる重要な部分といえるでしょう。

また、ITコンサルタントは精神的にも体力的にも激務と言われることが多く、ハードな仕事に対応できるだけの体力と精神力も必要なスキルとなります。

クライアントの課題解決だけではなく、その中でもさらに解決のスピードや納期という他の要素などが絡んでくると、おのずと一時的ではあってもハードワークになることがあるためです。

ITコンサルタントになるには?オススメの資格

SE 長男SE 長男

ITコンサルタントというと、なにか特別な資格が必要になるのではないかと考える人もいますが、実はITコンサルタントになるために必要な資格というのはありません。

つまりSEの僕でも、資格がなくてもやる気があれば、誰でもITコンサルタントになれる可能性があるということです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ITコンサルタントは、企業が抱えるシステムに関する悩みや要望を、ITを駆使して解決へと導くのが主な役割です。

特別な資格が必要なくても、ITコンサルタントにはその立場ならではのスキルが求められることになるの。

ITに関する豊富な知識はもちろん、SE(システムエンジニア)に関する知識があればスムーズに仕事を進めることができますし、効率的なシステム開発も可能になるでしょう。

コンサルタントとして、クライアントのビジネスに対する理解力も必要になってきます。

そのため、ITコンサルタントに資格は必要ないですが、求められるスキルを身につけるという点においては資格を取っておいて損はないといえます。

ITコンサルタントを目指す上でプラスとなる資格は、「ITコーディネータ」「中小企業診断士」などがあります。

ITコーディネータ


NPO法人ITコーディネータ協会が認定する民間資格であり、IT以外にも経営の知識などが取得に必要不可欠で、ITを活用して経営戦略を実現するプロフェッショナルであることを証明する資格です。

民間資格であるものの経済産業省推進資格でもあり、受験資格は特になく合格率は50%前後となっています。

詳しくはこちらITコーディネータ協会へ。

中小企業診断士


中小企業診断士は、企業経営コンサルティングのプロであることを証明する国家資格です。

公式サイトでは、”中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度”と書かれています。

合格率は3%程度なので、資格難易度はかなり高いと思います。

詳しくは中小企業診断士へ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

この2つの資格を取得することで、自身のスキルアップにつながりますし、クライアントの信頼を得ることもできます。

ITコンサルタントを目指すなら、これらの資格取得を視野に入れておくと良いでしょう。

ITコンサルタントの平均年収は?

新しいネットワーク技術の導入に加え、企業にどのシステムが適正なのかを判断し運用していくITコンサルタントの需要は、現在とても高まっています。

さらに、IT業界において高いスキルと能力が求められるITコンサルタントの年収は、業界の中でも特に高水準を保っています。

2015年に転職サイトDODAで行われたアンケートによると、20代は400万円以上、30代は600万円以上、40代だと800万円を超える平均年収となっており、やはりITコンサルタントは高収入を得られる職業であるといえます。

ITコンサルト全体で見る平均年収としてはだいたい600万円から700万円といった感じで、生涯賃金は2億円や3億円を超えることも少なくなく、未経験でも400万円前後がスタートになります。

ボーナスについては、平均するとだいたい100万円から200万円ほどで、ボーナスもやはり他職種よりも高額になっています。


(転職サイトdoda平均年収ランキング 最新版(166職種の平均年収/生涯賃金)より)

ITコンサルタントの年収が年齢で変わってくるのは確かですが、それよりも能力の高さが重要視される職業です。

スキルの高さを活かして実績を積むことで、役職の昇給でさらに高い年収を目指すことも可能です。

コンサルティング会社によって給与水準が変わってくることもあるため、転職によってより給料が高い企業へとシフトが成功したということも高収入が得られている理由になっていると思います。


SE 長男SE 長男

このページ日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングでもわかる通り、ITコンサルタントの年収は日本人の平均年収の中でもかなり高いほうだよ。

IT業界で働く人間としては、キャリアプランの1つに考える人が多いはずだね。

また仕事内容でお話したように、ITコンサルタントは3つの役割がありますが、その中でも特にマネージャークラスになるとさらに高い収入を得られるため、ITコンサルタントになってからもスキルアップを目指すことで、より安定した将来への可能性を見出すことができます。

ITコンサルタントは、多方面で活躍できる仕事であるため需要が高く、収入において不安要素の低い職業と言えますし、独立することによって年収1000万円以上を実現しているコンサルタントも少なくありません。

クライアントが支払うコンサルティングサービスの料金は、決して安い金額ではないため、それ相応の結果や品質が求められますので、経験やスキルが高ければ高いほど、それに伴った収入が得られると考えて良いでしょう。

ITコンサルタントのキャリアパスは?転職してキャリアアップ?

基本的には、システムエンジニアやプログラマーを経験した後、コンサルティングファームに転職する流れが一般的でしょう。

SEやプログラマーとしての一定の経験があれば、ITコンサルタントはそれほど難易度が高い職種というわけではありません。

一般的には中途採用の場合は「大卒以上」などの学歴はそこまで重視されることはなく、あくまでもその人の人柄や経験値、スキルなどのほうが優先されることが多いですが、新卒の場合は学歴が重要視されるケースもあります。

IT業界未経験者の場合、金融であったり物流であったりその分野の専門性の高さが問われるほか、マネジメントスキルなど一定の役職以上の経験が必要になると思います。

またITコンサルタントへ転職してキャリアアップを目指す人は、業務系とインフラ系の2つの傾向に分かれます。

業務系では、IT関連の下流工程を学んだあとに分析などを行う上流工程を学びます。

インフラ系は、ネットワークスキルを身につけたあとさらにスキルの幅を広げながらキャリアアップを図ります。

キャリアパスの方向性については、マネージャークラスなど専門職に特化したキャリアパスが多い傾向で、マネージャークラスの上をいくパートナークラスを目指す人もいます。



ITコンサルタントのキャリアパスの方向性は多彩であり、マネージャーを目指す人はもちろん下流工程スキルのみに特化する人、さまざまなプロジェクトに参加することで経験を積む人など選択肢は豊富です。

さらに、ITコンサルタントでいうマネージャーとはプロジェクトマネジメント、ビジネスマネジメント、サブジェクトマスターエキスパートといったように細かく分類されるため、より自分が望むルートを目指すことも可能なのです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職してからも、たくさんの選択肢の中からキャリアアップへの道を決めることができるのは、ITコンサルタント特有のメリットです。

収入の高さや将来性をみても、ITコンサルタントは転職に向いている職業であるといえるでしょう!