IT業界で注目度の高い職業といえばITコンサルタントです。
需要が高く安定したイメージのあるITコンサルタントに転職を考える人も増えていますが、どんな仕事をするのか具体的に知る人は少ないのではないでしょうか。

そこで、ITコンサルタントが行う主な仕事内容や資格の有無、年収などについて素朴な疑問を徹底解説していきます。



ITコンサルタントになるには?オススメの資格

SE 長男SE 長男

ITコンサルタントというと、なにか特別な資格が必要になるのではないかと考える人もいますが、実はITコンサルタントになるために必要な資格というのはありません。

つまりSEの僕でも、資格がなくてもやる気があれば、誰でもITコンサルタントになれる可能性があるということです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ITコンサルタントは、企業が抱えるシステムに関する悩みや要望を、ITを駆使して解決へと導くのが主な役割です。

特別な資格が必要なくても、ITコンサルタントにはその立場ならではのスキルが求められることになるの。

ITに関する豊富な知識はもちろん、SE(システムエンジニア)に関する知識があればスムーズに仕事を進めることができますし、効率的なシステム開発も可能になるでしょう。
コンサルタントとして、クライアントのビジネスに対する理解力も必要になってきます。

そのため、ITコンサルタントに資格は必要ないですが、求められるスキルを身につけるという点においては資格を取っておいて損はないといえます。

  • ITコンサルタントを目指す上でプラスとなる資格は、「ITコーディネータ」「中小企業診断士」などがあります。

ITコーディネータは、NPO法人ITコーディネータ協会認定の資格であり、IT以外にも経営の知識などが取得に必要不可欠です。
中小企業診断士は、企業経営コンサルティングのプロであることを証明する国家資格です。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

この2つの資格を取得することで、自身のスキルアップにつながりますし、クライアントの信頼を得ることもできます。

ITコンサルタントを目指すなら、これらの資格取得を視野に入れておくと良いでしょう。

ITコンサルタントの仕事内容と役割

ITコンサルタントは、企業が抱えている問題を解決していくことが主な仕事です。
クライアントの経営状況を把握し、問題解決へ向けての課題を明確化します。

今後の方向性を提示しながら、改善に向けて効率的なIT戦略やシステム導入の立案および企画を行うのです。
クライアントによっては、アウトソーシングの導入支援なども行いますし、新しいシステムが導入されればタスク全体の管理や運用テストを行うなど仕事内容は多岐にわたります。



CRM(顧客関係管理)やSCM(サプライチェーンマネジメント)、セキュリティ対策なども行いますが、このほかにも担当する分野は複数あります。
このように、あらゆる分野で活躍するITコンサルタントですが、その役割は一貫してクライアントのニーズを満たすということにあります。

IT技術を利用したシステム開発などにより、企業全体が抱える悩みを解決し将来性を確かなものにしていくことが、ITコンサルタントに求められる重要な役割といえるでしょう。

ITコンサルタントに必要なスキルと適性

ITコンサルタントには、コンサルタントとしてのベーススキルのほかにITに関する知識が必要です。

コンサルタントとして求められるのは、経営的視点に基づく論理的思考およびコミュニケーション能力です。
意外に思われるかもしれませんが、クライアントのニーズを引き出すことやくみ取ることもコンサルティングする上で重要なので、高いコミュニケーション能力も必要になります。

ITに関連する知識では、プロジェクト成功に欠かすことができないプロジェクトマネジメントスキルを求められることもあります。
そのため、クライアントのニーズを的確に理解し、解決策を見出す思考能力と問題解決能力が必要不可欠であるといえます。

また、提示された要求以上のものを生み出すことによって、クライアントからの厚い信頼を得ることができるため、仕事に対する向上心と強い責任感を必要とするプロフェッショナルマインドも大切です。



転職の女神 長女 転職の女神 長女

これらのことから、ITコンサルタントとして成功するには、論理的思考能力やコミュニケーション能力の高さが重要であり、トラブルを改善し支援する問題解決能力があるかどうかが基本的な適正となります。

また、コンサルタントはサービス業であるため、クライアントの手助けをすることで達成感や喜びを感じることができるかという点もITコンサルタントに求められる重要な部分といえるでしょう。

ITコンサルタントの年収は?

ネットワークの多様化やテクノロジーの進歩に伴い、ITに関連する仕事量は減ってきているといわれています。
そのなかで、新しいネットワーク技術の導入に加え、企業にどのシステムが適正なのかを判断し運用していくITコンサルタントの需要は高まっています。

さらに、IT業界において高いスキルと能力が求められるITコンサルタントの年収は、高水準を保っています。
2015年に転職サイトDODAで行われたアンケートによると、20代は400万円以上、30代は600万円以上、40代だと800万円を超える平均年収となっており、高収入を得られる職業であるといえます。

ITコンサルタントの年収が年齢で変わってくるのは確かですが、それよりも能力の高さが重要視される職業です。
スキルの高さを活かして実績を積むことで、さらに高い年収を目指すことも可能です。
コンサルティング会社によって給与水準が変わってくることもあるため、転職を考えている人は頭に入れておくと良いでしょう。

SE 長男SE 長男

このページ日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングでもわかる通り、ITコンサルタントの年収は日本人の平均年収の中でもかなり高いほうだよ。

IT業界で働く人間としては、キャリアプランの1つに考える人が多いはずだね。

また、コンサルタントは一般的にアナリスト、コンサルタント、マネージャーといった3つの役職に分かれています。
アナリストはコンサルタントへステップアップするためのスタートポジションであり、マネージャーはアナリストとコンサルタントの仕事内容をチェックする監督役です。

マネージャークラスになるとさらに高い収入を得られるため、ITコンサルタントになってからもスキルアップを目指すことで、より安定した将来への可能性を見出すことができます。
ITコンサルタントは、多方面で活躍できる仕事であるため需要が高く、収入において不安要素の低い職業といえるでしょう。

ITコンサルタントのキャリアパスは?転職してキャリアアップ?

ITコンサルタントへ転職してキャリアアップを目指す人は、業務系とインフラ系の2つの傾向に分かれます。

業務系では、IT関連の下流工程を学んだあとに分析などを行う上流工程を学びます。
インフラ系は、ネットワークスキルを身につけたあとさらにスキルの幅を広げながらキャリアアップを図ります。

キャリアパスの方向性については、マネージャークラスなど専門職に特化したキャリアパスが多い傾向です。
マネージャークラスの上をいくパートナークラスを目指す人もいます。



ITコンサルタントのキャリアパスの方向性は多彩であり、マネージャーを目指す人はもちろん下流工程スキルのみに特化する人、さまざまなプロジェクトに参加することで経験を積む人など選択肢は豊富です。

さらに、ITコンサルタントでいうマネージャーとはプロジェクトマネジメント、ビジネスマネジメント、サブジェクトマスターエキスパートといったように細かく分類されるため、より自分が望むルートを目指すことも可能なのです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職してからも、たくさんの選択肢の中からキャリアアップへの道を決めることができるのは、ITコンサルタント特有のメリットです。

収入の高さや将来性をみても、ITコンサルタントは転職に向いている職業であるといえるでしょう!