「病院でもシステムエンジニアって活躍しているの?」と思いがちですが、コンピューターの普及ともにSEの需要はあらゆる業界で高まっており、医療業界もそのひとつです。

最近は病院の受付からカルテなどを全て電子システムで管理する病院が増えていたりと、医療機関でもIT化は目まぐるしい進化をしており、院内SEの活躍はさまざまな職場で求められています。

今までシステムエンジニアという職種にはあまり関心がなかった人も、医療の現場で活躍するシステムエンジニアの仕事に興味を持ち始めた人も、「医療機関ではどんな仕事をするんだろう?」とか「残業って多いのかな?」「給料ってどれくらい受け取れるんだろう」と疑問に思っていることもあるでしょう。

そこで、システムエンジニアとして医療業界で働きたいと転職を考えている人向けに、院内SEの仕事内容や必要とされるスキル、年収、院内SEになるための方法などについてご案内します。



病院内SEとは?主な仕事内容とは?

院内SEとはその名の通り、病院内にてシステムエンジニアとして働く人のことを指します。

かつては受付業務や診察室でのカルテの作成について、全ての作業や管理業務を人の手によって行っていた病院がほとんどでしたが、パソコンの導入と共に、近年はさまざまな管理業務をIT化させている病院が多くなってきています。

似たものとして、一般企業で働く「社内SE」という職業がありますが、院内SEも社内SEに分類される職種であり、システムの設計や管理を行うという点では、基本的には企業に務める社内SEと似ています。

病院SEもまた、病院業務に関わるシステムの設計や運用、管理を行うことが主な仕事となっていますが、実際の仕事は”ヘルプデスク”的な役割を担うことも多くなっています。

ここからは具体的に院内SEの仕事内容について見ていきましょう。

(1)システムの保守、運用

診察券による受付業務では、診察券の中にさまざまな情報が入れられて、患者の受付から診察、診療報酬、支払いといったすべての流れがネットワークで管理されます。

それぞれの患者にどのような治療を行ったかといった具体的な診察内容や1つ1つの投薬の情報も、電子カルテとしてシステムで管理され、入院している患者であれば、食事の栄養管理やアレルギー、使用した薬や点滴など事細かな内容も全てシステムで管理される情報の対象となるのです。

特に病床数が多い病院などの場合、1人1人の情報を紙カルテで管理していくのは難しく、なにか1つでも人為的な記入ミスや記載漏れなどがあった場合には、病院という場所柄、直接的に人の命に関わってきてしまい、病院の存続にも大きな影響をもたらすことになります。

そのため、院内SEは病院に勤務していながら直接患者さんに医療行為を行うわけではありませんが、システムの保守や管理業務は病院にとってとても大切な存在となります。

ただし電子カルテなどの大掛かりなシステムの開発や設計に関しては、外部のベンダーに委託して管理に関わる部分だけ病院内SEが担当する傾向にあり、院内SEがシステム開発をすることはあまり多くはありません。



(2)ヘルプデスク的業務

上記で紹介したようなさまざまなシステムを利用する医師や看護師、薬剤師、事務員といった病院スタッフに、システムの利用方法を教えたり、新たにパソコンや周辺機器を導入する際や、普段の管理についても病院内SEが担当するケースが多いのも特徴です。

場合によっては、看護師や医師にエクセルやワードの使い方を教えることもあります。

さまざまな診療科が集まるような大きな病院に行ったことがある人はイメージが付きやすいと思いますが、病院内には診察時の医師が使うパソコンのほか、各検査室でのパソコンなどを合わせると院内で使用されるパソコンの数はかなりの台数になりますよね。

例えば、病院内で使用されているパソコンやサーバーにトラブルが発生した時に対応するのは院内SEとなりますし、「プリンターの調子が悪い」とか「パソコン操作でわからないことがある」など、病院内で働く従業員からの問い合わせに対応するのも仕事の1つとなります。

つまり、ITやパソコンに関わることなら全て院内SEに問い合わせや呼び出しがいくことになり、ヘルプデスク業務やカスタマーサポート的な仕事も多くなります

また、病院のホームページを企画したり作成したりするのも院内SEの仕事の1つです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

院内SEは基本的には本格的なシステム開発やセキュリティ対策などを行うことはなく、システムの管理やヘルプデスク業務がメインとなります。

「困ったら呼ぶ」といった感じで院内で働く多くのスタッフに頼りにされるので、業務の幅は広くなります。

医療現場ならでは?求められるスキルや向いている人とは?

病院SEは、病院内のシステム管理を行うことが仕事となり、一般企業で働く社内SEと比較すると、院内SEは病院が職場になり、仕事内容も同じような点は多く、SEとしてのシステムに関する基本的な知識は必須です。

医療の現場で働くため、システムについての専門的な知識を持っているだけではなく、医療の現場で使用される専門用語や、医療に関わる基本的な知識を持っていることも必要になります。

一般企業で使用されているものとはシステムが異なるので、例えば電子カルテの操作や運用など院内SEならではの知識が必要になることもあります。

また、病院では医師、看護師、薬剤師、医療事務員といったさまざまな職種の人が働いています。

医療の知識に加えて、さらに勤務する病院のワーキングフローについてもしっかりと把握しておくことが、業務を円滑に進めるためには大切なこととなります。

医療業界は常に進化しており、新たな技術とともに医療機器も常に新しいものが導入されており、病院SEとして働くためには、すでに持っている知識や技術に満足するだけではなく、常に自ら新しい知識を学ぼうとする姿勢を持っていることが求められるでしょう。

普段から何事にも自己の成長を心がけ、スキルアップを目指すことが好きな人に向いている仕事と言えます。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

また、院内SEは病院で働くスタッフたちのシステムに関するさまざまなトラブルや、問い合わせの対応を行うことも仕事です。

トラブルや問い合わせがあった際には、その都度さまざまなスタッフと接することとなるため、コミュニケーション能力が高い人に向いている仕事でもあります。

対応時には「何について困っているのか」、「どの点が不明点であるのか」といった個々の状況を的確に把握できるヒアリング能力や理解力も必要であり、それと同時に相手に解決方法についてわかりやすく伝える説明能力の高さも求められます。



さらに、システムトラブルを解決するためには、簡単な方法だけでは対応できないケースもあります。

何度もエラーを繰り返す中で解決へとつなげるケースは少なくなく、そのため病院SEだけに限りませんが、SEの仕事は忍耐力を持っている人が向いているといえるでしょう。

また、現場や状況に合わせた対応ができる、柔軟性を持っていることも求められます。

そして、何より命に関わることもある現場での仕事となるため、業務に対して正確に落ち着いた対応ができる人であることも重要なポイントとなります。

何かトラブルが起きたときに、院内SEが適切にスムーズにトラブルに対処しなければ、治療が進まない場面になることもあります。

私は先日大学病院で検査をすることになったんですが、その日は血液検査室のシステムに不具合が起きてしまったらしく、朝から患者さんや外来の血液検査がスムーズに進まず、システムが復帰するまで大勢の患者さんたちが待合室に溢れていました。

そういったシーンでも、いかに早く問題に対処できるかが病院内でシステムエンジニアを任されている人の役目となるのではないでしょうか。

仕事に緊張感を持ち、”自分も命に関わる仕事を担っている立場の1人”だという自覚を持って仕事が出来る人が活躍できる仕事だと思います。

ここまでお話したように、仕事内容としてはシステム開発をすることはほとんどないので、コードを書いてシステム開発がしたいと思っている人は院内SEは向いていないでしょう。

つまり、院内SEにとってコーディングのような高度なスキルは求められることはなく、そういった部分よりも仕事への考え方や姿勢についてのほうが求められることになると思います。

常に命の現場で緊張感のもと働いている医師や看護師たちと同じ職場で働くことになるので、そういった人たちと共に命の現場で働くという気持ちの覚悟のもと仕事ができることが重要です。

「院内SEなら残業は少なそう」とか、「激務じゃなさそう」と言った理由で目指すと、入職後のギャップに戸惑いを感じることになるため注意しましょう。

院内SEの年収はどれくらい?残業時間はどう?

転職をする際に気になるポイントのひとつが年収でしょう。

一般的にSEの年収は、勤務する会社の規模などによって異なり、SE職に限りませんが、大企業ほど高い年収に期待することができます。

また規模の大きな会社であれば、給与以外の手当などが充実しているため、実際に手元に入る金額が多くなることもあり、基本給に加えて住宅手当や家族手当をもらうことで、実質的に収入が増えるケースもあります。

院内SEの場合、一般的に病院内では事務職として扱われ、大掛かりなシステムの開発や設定を外部に委託している病院の場合、院内SEは数名のみの配属で十分となり、特別に専門部署を設ける必要はないからです。

このような場合には、他の一般職の事務員と同じ昇級システムが適用され、給与も特別高くなく、年収が将来的に大きくアップされるという期待もあまり持てません。

しかし、規模の大きな病院などではシステムの部署を別途設けて、専門職として事務職とは別の扱いをしているところもあり、その場合は専門職としての扱いとなることで、一般事務職より高めの給与が設定されるケースもあるのです。

厚生労働省の「平成30年度の賃金構造基本統計調査」によると、SEの平均年収は551.2万円となっています。


(厚生労働省平成30年度の賃金構造基本統計調査より)

大きな病院で需要があれば、転職により専門職として院内SEに就くことで、給料アップに期待することも可能となりますが、一般企業に勤務する社内SEとそれほど差はないと言えるでしょう。

さらに病院SEの場合、他の職場で働くSEと比べると残業代が少ない傾向にあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ただし病院SEの場合、他の職場で働くSEと比べると残業代が少ない傾向にあり、院内SEとして働く大きなメリットになります。

これは病院が、医療業界の中では比較的勤務時間や休日などが、はっきりとしていて安定していることが理由です。

このため、子育てや介護をしながらSEとして働く人にとっては、院内SEは他の職場と比べて働きやすい環境といえるでしょう。

院内SEになるには?院内SEに転職するには?

まず最初に、残業の少なさや待遇の良さはメリットになりますが、院内SEに転職したからと言って大幅な給料アップは見込めないということを頭に置いておきましょう。

院内SEとなるためには、まずは基本としてSEとしての専門知識を持っていることが必須です。

知識がない場合にはITや情報処理を専門とした学校、大学の情報系の学部や理系の学部で専門知識を学ぶことが必要となり、特に転職の場合には、ある程度の経験が求められることは少なくありません。

知識だけではなく、実際にシステム開発の現場で働き、システム管理についての経験を積むことも必要です。

一般企業でSEとしての経験を持っていても、医療業界でSEとして働いた経験がない場合には、まずは医療業界でどのような人が求められているのかといったニーズを知ることが必要です。

自分が興味のある病院の求人情報などを見て、具体的にどのような人材が求められているのか応募条件などからチェックしておくとよいでしょう

特に必要な資格の記載がない場合でも、事前に資格を取得しておくことは転職活動でプラスになります。



例えば病院で、患者さんの診療情報の管理や分析などを行う専門職である診療情報管理士といった資格を取得し、医療に関わる知識を学んでおくという方法もよいでしょう。

専門的な資格取得は、医療の知識を学ぼうとする姿勢の表れとなり、転職活動での自己のアピール手段のひとつとなります。

また、医療業界を得意とする転職エージェントを積極的に利用することも手段のひとつです。

個人では見つけることが難しい、条件の良い非公開求人情報を得ることも可能となります。

転職サイトと転職エージェントの違いについてはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットでお話しています。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職して医療業界で院内SEとして働きたいと考えている人は、まず求められているニーズをしっかりと把握しましょう。

数多くの求人の中から自分のスキルや希望に合った職場選びを慎重に行うことが大切なポイントとなります。

院内SEとして転職時の志望動機

院内SEを目指すために転職時に書類選考や面接を受けるときの志望動機としては、やはり一般的なシステムエンジニアと比較して、他のSEにはない院内SEならではの志望理由を書けるといいでしょう。

企業とは違って医療現場で働くスタッフの一員として、どう命の現場で自分が活躍したいかを盛り込むようにするといいと思います。

基本的な志望動機の書き方のポイントについては、こちらのページ履歴書の志望動機(志望理由)とはどう書くべき?バイトやパート、未経験、職種別書き方サンプル&例文も!へ。