ネットワーク環境を作る「インフラエンジニア」は、近年では需要が高まり人材不足の傾向にあります。

インフラエンジニアの求人は多く、名前だけは知っているという人も多いと思いますが、実際にはどんな仕事をするのか、どんな役割の職種なのか知らない人も多いと思います。

さらには、インフラエンジニアという職種を理解するには、「ネットワークエンジニア」や「サーバーエンジニア」についてもそれらの違いを知っておかなければなりません。

また、すでに今インフラエンジニアとして働いている人が、待遇アップや年収アップのために転職を考えている人もいるでしょう。

インフラエンジニアをこれから目指そうと思っている未経験の人を含め、インフラエンジニアに転職するときに求めらるスキルや能力、さらには平均年収や将来性などについて解説していきます。



インフラエンジニアの種類とそれぞれの仕事内容

SE 長男SE 長男

インフラとはインフラストラクチャーの略で、もともとは水道や電気、ガスなど生活に欠かせない設備や基盤のことを指しています。

IT業界で言うインフラとは、パソコンやサーバー、ハードウェア、ネットワーク、データーベースなどを設計、構築し、正しく運用できるよう整備することです。

インフラエンジニアはITインフラに携わるエンジニアの総称で、その種類にはサーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、インフラ保守、インフラ運用オペレーターがあります。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容は、主に「設計」・「構築」・「運用」の3つであり、インフラの性能を予算や工期を考慮して設計し、設計書をもとにインフラを構築します。

必要な機器を取り付け、ソフトウェアをインストールしたら、動作確認や負荷テストを行います。

運用では、設計・構築されたインフラの動作を監視・保守したり、トラブルへの対応を行っていきます。

ITインフラは24時間365日稼働しなければならず、正常に動作しておらず何か障害が発生したときには速やかに原因を見つけ、スムーズに復旧作業を行うのも仕事の1つとなっています。

  • サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーに関する設計や構築、テストを行うエンジニアで、OSに関して幅広い知識が求められる業務です。

クライアントが求める予算や要件に合わせてサーバー環境を整えラッキングやインストールなどを行います。

他のエンジニアと比べて物理サーバについて配線などの作業も行い、OSやアプリケーション知識も必要となるエンジニアです。

サーバーエンジニアについてはこちらサーバーエンジニアの仕事内容、年収、おすすめの資格は?転職や求人についてへ。

  • ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアはスイッチやルーターなどの設置によりネットワーク構築を行うので、ネットワーク機器やケーブルなどを取扱う力仕事もあります。

クライアントへのヒアリングやネットワークの設計、サーバー間での疎通などサーバーエンジニアの業務にも関わるため、両方の知識と技術が求められるといえます。

ネットワークエンジニアについてはこちらネットワークエンジニアの年収、資格、未経験採用はどう?転職の注意点と将来性はある?へ。

  • データベースエンジニア

データベースエンジニアは顧客情報など企業の最重要部分の取り扱いを行うため、セキュリティエンジニアとしての高度な専門知識や技術・経験が必要です。

近年では設計から構築までをサーバーエンジニアと兼任する傾向があり、サーバー構築の段階での使い勝手やメンテナンスなどを見通して設計を行うことが必要といえます。

データーベースエンジニアについて詳しくはこちらデータベースエンジニアの平均年収、必要な資格は?キャリアパスや将来性、転職はどう?へ。

  • インフラ保守エンジニア

インフラ保守エンジニアは、ネットワーク環境完成後に発生するトラブルへの対応や保守を専門とします。
トラブルは複合的な要素が原因となっていることが多いので、幅広い知識や経験とトラブルへの対応力が求められる仕事です。

  • インフラ運用オペレーター

インフラ運用オペレーターは24時間365日休みなく運用されているネットワークを監視して、ある程度のトラブルに対応する技術力が求められるエンジニアといえます。

インフラエンジニアの仕事は、その企業の規模によっても異なる事が多く、全ての工程を行わないで下請け企業に任せたり、業務を分担して行っているケースもあります。

インフラエンジニアの残業時間は?

インフラエンジニアの残業時間については、そのときの業務内容によって異なることが考えられます。

例えば設計などではそこまで残業することはなかったとしても、構築では深夜や休日にテストを実施したり、納期に間に合わない場合には長時間残業をしなければならないこともあるでしょう。

運用・保守では、24時間365日システムの稼働をチェックする必要があるため、シフト勤務であることが多く、障害が起きた場合には回復するまで仕事が終われないこともあるでしょう。

インフラエンジニアに必須なスキルや、向いている人は?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

インフラエンジニアに必要なスキルとしては、設計書作成、プラットフォーム構築、障害に強いインフラ開発、LL言語(軽量プログラミング言語)、C言語のスキル、仮想化技術・知識、障害対応などが必要といえます。

基本になる設計書作成は、誰が見ても理解できるような明確なものが求められるでしょう。

そして企業にとってより良いプラットフォーム構築のためには、運用ミドルウェアなどの知識やシェルプログラミングのスキルも習得することをおすすめします。

利用者が快適に利用可能かつ、負荷や障害に強いインフラを開発して提供できるシステムに関するスキルも重要です。

インフラエンジニアの強みになるのは、LL言語やC言語のスキルです。

LL言語は基本的なサーバー管理に、C言語はオープンソース系のサーバー管理に役立つので、プログラミングにも対応できるようになります。

また、近年クラウド化や仮想化に対応するためのSQLや、Perlなどのスキルも求められるようになりました。

この仮想化技術や知識を身につけることも大切になっているので、さまざまな仮想化の分野から自分が学びたいものを少しずつ習得していくことが必要でしょう。

また、トラブルに対応できるスキルは重要です。

例えば急激なアクセス増やキャパシティ管理など、大規模インフラ運用でのトラブルは避けられないものと考えられるので、負荷軽減やトラブル対応が素早くできるスキルができることも大切といえます。



インフラエンジニアには、クライアントやチームとのコミュニケーションを密にとることができ、最新の知識や技術を常に吸収して諦めずにトラブルに対応できる人が向いている仕事です。

基本的な仕事スキルのほか、コミュニケーション能力やマネジメント能力も求められるほか、クライアントのニーズを的確にヒアリングする力や、企画力なども必要でしょう。

具体的におすすめのIT資格名を挙げると…

CCIE(シーシーアイイー)

アメリカのCisco Systems社が認定する資格で、上からCCIE、CCNP、CCNA、CCENTと難易度が分かれており、最上位資格であるCCIEはネットワーク資格の最高位とも言われています。

CCIEを取得するには実務経験が数年以上あることが推奨されており、今後年収アップやキャリアアップを狙っていきたい人は特におすすめです。

LPIC(エルピック)


カナダのNPO法人Linux技術者認定機関「LPI」が認定する資格で、今後需要は高まり続けていくと予想されるLinuxの資格なので、取っておいて損はないでしょう。

LPICには3つのレベルがあり、企業によってはLPICを取得した社員を優先的に昇格させたりすることもあるので、転職にも有利だと考えられます。

LPICについてはこちらLPIC 日本支部へ。

インフラエンジニアの年収や、将来性はどう?

インフラエンジニアの年収は基本的に高額になる傾向があり、これは企業から求められる責任が大きいことがあげられるでしょう。

インターネット通信が途絶えてしまうトラブルは、企業に大きなリスクを与えてしまうことになります。

通信インフラ整備自体は知識さえあれば対応可能で、トラブルの対処法もそれほど難しくはありませんし、トラブルへの対応が素早くできるスキルを習得しておくことをおすすめします。

近年インフラエンジニアの通信キャリア、Webや仮想化、クラウド関連などのニーズが高まる傾向があり、低コストで素早いクラウド化の急速な拡大で、今後インフラエンジニアに求められる業務も変化していく見通しです。

しかし急激なニーズの増加には対応できない現状では、企業が求めるインフラエンジニアは人材不足の傾向です。

インフラエンジニアは、十分に将来性のある職種といえるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

株式会社ミクシィ・リクルートメントが運営するFind job!によると、インフラエンジニアの平均年収は456万円となっており、内訳で最も多いのは400~499万円で38%、次に300~399万円の24%、500~599万円の21%となっています。



(find jobインフラエンジニア(ネットワーク・DB・サーバ構築)の平均年収・給料・給与より)

これについては、2019年11月時点でインターネット上に公開されている求人をもとに算出されたものだそうです。

「Find job!」についてはこちらIT転職・Web求人情報サイト「Find Job!(ファインドジョブ)」で紹介しています。

また、さらに最近のもので求人ボックスの給料ナビによると、インフラエンジニアの平均年収は約502万円という結果が出ており、月給にすると42万円、新卒の初任給だと21万円前後、派遣社員は2205円が平均時給の相場となっているようです。


(求人ボックスインフラエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報より)

これは2019年11月に求人ボックスで実際に掲載されていた求人をもとに算出されたものなので、こちらも信頼性が高く、現実味のあるデータですね。

年収は、高いケースだと800万円を超える求人も出ており、これはどんな企業に勤務するか、さらには持っているスキルや経験などによっても年収は前後してくるものだということがわかります。

さらに地域別に比較すると、やはり最も平均年収が高いのは関東で、特に関東の中でも東京都が最も高い給料となっており、1番低い給料なのは沖縄県という結果が出ていました。



私が調べたところ、インフラエンジニアの未経験の場合、平均年収としては20代だと300万円前後となっていますが、その後キャリアアップしていけば未経験で仕事を始めてもしっかりと年収は上がっていくものだと言えます。

インフラエンジニアで年収1000万円は可能か?

インフラエンジニアとして年収1000万円以上獲得している人も少なくはなく、年収1000万円を目指すには、インフラエンジニアとしての経験はもちろんのこと、ITマネージャーやインフラ管理者、ネットワークプロジェクトマネジャーなどの役職であることが多く、資格なども取得しておくことでキャリアを形成しやすいと思います。

特にこうした1000万円以上の給与が提示されている求人では、例えば求人要件としてビジネス英語スキルやネットワークエンジニアとしての経験が数年~10年以上、ITマネジメントスキル、コンサルティング経験などが必要だと書かれていることが多いです。

ただ、求人案件自体は出ていることは出ているので、あとはそういった高給与求人に自分が採用されるかどうかということになりますね。

求人サイトごとで多少平均年収データの平均値が異なるのは、どんなデータをもとに平均値を出しているのかにもよりますし、特に自社の求人データを主に参考にしている場合は、転職サイトごとでどのような求人を持っているのかにもよると思います。

もしより高収入な求人を見つけたい場合は、さまざまな転職サイトを網羅したほうが、より自分の希望する給与に合った求人が見つかりやすいかもしれませんね。

インフラエンジニアになるには?必要な資格とは?

毎日の生活であたりまえに使われているネットワーク環境ですが、もはや生活基盤となっているといっても過言ではありません。

IT業界におけるインフラ整備を行うインフラエンジニアになるには、ある程度の知識は必要ですが未経験でも採用されている現状があります。

インフラ構築は1回で終了しますが、インフラ運用は継続するため大人数のチームを組む必要があり、需要が増加しています。

そのため近年ほとんどの企業では社内運用よりも、ITインフラ運用管理会社に外注している場合が多い傾向です。

大規模インフラの需要が増えていますが、人材がまだ不足しているため未経験者や文系出身者の採用も増加する見込みです。



実務に直結する資格としては、CCNAやLPIC-1があり、インフラエンジニアになるには取得することがすすめられていますが、約3週間でのCCNA取得を目指している企業もあり、たくさんの人が合格しているというケースもあります。

通信インフラを学ぶには基本は自学自習ですが、知識に関してはすべてを得るには限界があるでしょう。

そこでネットワークと通信インフラに関しては、企業レベルではなく自分でできる範囲での通信インフラの構築を実践しておくことが大切だといえます。

また運用工程の担当をする上ではプログラミングの技術や経験があり、Webシステム開発やアプリケーション開発の技術があれば実力が認められキャリアアップできる職種といえるでしょう。

インフラエンジニアの求人は未経験採用も多い?転職事情は?

インフラエンジニアが不足している現状では未経験者の求人も多く、文系や未経験でも業務を行うことができるよう、入社前や入社後の研修をしっかり受けながら徐々にスキルを身につけていくことになります。

アウトソーシングが多いインフラエンジニアは、クライアント先に派遣され長期的に関わることになります。

そのため未経験者には、資格取得を研修に組み込んだり、現場での業務に近い実践的な研修を行うなど、企業により2週間~1カ月、長いと3カ月ほどの教育研修を行っている傾向です。

これにより、人材不足で文系や未経験者を積極的に採用しても、その後しっかりと研修が行われていることで安心してスタートできるようになっていると言えます。

ただここまでお話したように、もちろんインフラエンジニアとしての経験や有利な資格を持っている人と比べると、やはり給与には差があるのが現状です。

しかし、未経験でスタートした人であっても、その後確実に給与アップしていっていることがわかりますので、努力する価値は十分にあるでしょう。

通信インフラの回線速度が急速に上がるなか、それに比例する安全性は得られていません。

ネット環境の通信トラブルは多くインフラエンジニアのニーズは高まっていますが、インフラエンジニアには待遇に見合うトラブルへの迅速な対応が求められています。

現状では、通信インフラは規模が大きいほどトラブルも大きくなる傾向で、インフラエンジニアの高いニーズは続くと見られているので、年収や将来性は保証されているといえるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

インフラエンジニアは転職を検討したときに、「将来的には自分しかできない仕事がしたい」「専門的なスキルを取得して長期に安定して働きたい」という人にはおすすめの職種です。

インフラエンジニアへの転職を検討する際には、市場を考慮したキャリアプランの構築することをおすすめします。



資格は働きながらでも取得できますし、最近では女性も活躍している人が多くなってきています。

未経験からインフラエンジニアを目指したい人や、今よりも待遇や給与がいいところへの転職を考えている人、年収1000万円以上の求人も視野に入れて転職したい人などは、IT業界の転職を専門に行う転職エージェントを利用すると、無駄なく効率的に採用を勝ち取ることができるかもしれません。

IT業界専門の転職エージェントについてはIT業界・Webエンジニアの転職サイト&転職エージェントへ。